2018年12月27日

保護区で国内新顔のキノコ

昨年、行徳保護区で日本新産種のキノコが発見されていました。

日本新産種とは、海外では見つかっているが日本で確認される
のは初めてという植物学・菌類学で使われることの多い用語だそうです。

このほど、そのキノコの発見者である糟谷大河先生らが
日本菌学会の会報「日菌報」に論文を執筆・掲載されました。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjom/59/2/59_jjom.H30-06/_article/-char/ja

キノコの名前は、Volvopluteus earlei
日本名は新称で「ヒメシロフクロタケ」としたそうです。
ハラタケ目ウラベニガサ科に分類されています。

このキノコは、日本以外ではアフリカのコンゴ、スペイン、
イタリア、インドなどで見つかってるそうです。
日本では現在のところ、新潟県柏崎市の海水浴場と
千葉県市川市新浜(つまり行徳保護区)で確認されています。
もしかしたら、海浜性の植物の生えているところであれば
さまざまなところから見つかる可能性があるそうです。

発見されたこの日2017年9月10日は、キノコ班の創設以来初の
観察会の下見会で、講師をお願いした糟谷先生をご案内して
初めて保護区を周回している途中でした。

けっこう乾燥していた堆肥置き場付近の路上で糟谷先生が
「おや、これは?」と立ち止まりました。
本当にちっちゃな、目立たない、ありふれた感じの、
見過ごしてしまいそうなキノコでした。
糟谷先生が、ニコニコしながら、「これは採取していきます」と
おっしゃったのを覚えています。

キノコ班では毎月第3木曜午後に定期調査を行っています。
来年度も糟谷先生を講師に迎えての観察会も企画しています。
興味のある方は是非ご参加下さい。
(キノコ班N村)
posted by スタッフN at 19:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

敷地(ごく一部)解放

DSCN2164.jpg
白鷺公園から観察舎に向かう芝生帯の一部が
通行可能になりました。
※観察舎前通路との出入りはできません。
※ベンチもありません。

ラベル:お知らせ
posted by スタッフN at 17:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

保護区鳥情報12/23

2018年12月23日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
チュウヒ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ、シメ
アオジ、オオジュリン
42種

1.ツグミ2羽。本調査では今季初です。この時期にしては
  とても少ないです。
2.カワウの巣材集めが本格化。20羽ほどのカワウが長靴池
  海側の松の樹上で枯れた枝や蔓を集めていました。
3. 先週はカワウコロニー300m付近のコントロール区間から
  カワウがいなくなっていましたが、また1巣作っている様子です。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:20| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

近況12/22

本日は昼から雨。野鳥病院の大掃除は学生さん達がヘルプに来てくれた
ので午前中に大部屋・中部屋があらかた終わり、午後のボランティアデー
は個別室の掃除をしていただきました。
KIMG0185.jpg

夕暮れ観察会(12月22日)
糖蜜を木にぬって、訪れる昆虫を観察する・・夏の宵の人気イヴェントだ。
「冬にやってみませんか」とご提案をいただいた。
●あいにくの雨模様。ガを呼び寄せるには不利な天候だが、靄の立つ保護区の
 中へ入った。大きな木を中心に数か所に糖蜜を塗りながら進む。
●日も落ちた帰路、糖蜜を塗った木に懐中電灯をてらしてみると・・・いたのである!!
 ノコメトガリキリガ。ベージュ色の三角形の羽にペンで描いたようなもよう。
 羽の先の切れ込みも美しい。
ノコメトガリキリガ.JPG
ノコメトガリキリガ(撮影・提供Kさん)
ノコメトガリキリガDSCN4790.JPG
(撮影・提供Hさん)


●その他にもガが糖蜜付近でみられたが、いずれもすぐに姿を消してしまい、
 同定はできず。晴れていたらもっと見られたかもしれないが、今回はこれでも大満足。
●鳥も結構豪華。ノスリ、ミサゴ、アオサギなどが見られたほか、。モズやウグイスも
 盛んに鳴いていた。
★次回は1月26日。観察舎解体工事の影響で、集合場所は「管理棟(野鳥病院のとなり)前」です。
 駐車場から観察舎までの道が封鎖されてしまうので、南行徳、塩浜橋、スポーツ広場方面から
 しかアクセスできません。行徳駅方面からお越しの際は、ご注意ください
(担当D)


観察舎解体工事は今週に入って足場にパネルが
取り付けられ、ほぼ全体が覆われました。
DSCN5837.jpg

昨日からトイレ側の外壁撤去が始まり、
そして本日
KIMG0186.jpg
階段部分まで進んでいました。壊す自体は意外と
早く終わりそう?

KIMG0170.jpg
12月6日時点

KIMG0153a.jpg
11月29日時点
ラベル:近況
posted by スタッフN at 16:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

週末行事案内

17日に実施した江戸前干潟研究学校(自主調査)。寒くなり種数も個体数も
かなり少なくなりましたが、百合ヶ浜の大網で80cm近いスズキが採れました。
KIMG0182s.jpg
今年度は採集した魚類は海洋大が持ち帰り
詳細な分析をしているのですが、さすがに
持ち帰るには大きすぎたのでその場で計測後
にリリースしました。


さて、連休の行事予定です。いずれも当日受付・参加無料。
観察会は雨天中止です。

○22日(土) 管理事務所前集合
・ボランティアデー 13時~15時半
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 今回は野鳥病院の大掃除。午前も手伝いたい方は10時に
 お越し下さい。主に大部屋と中部屋を実施予定。

・夕暮れ観察会 16時~18時
 日没前後の保護区を歩きます。防寒対策はしっかりと。
 懐中電灯があると帰りも安心です。

○23日(日)
・定例園内観察会 13時半~15時半 駐車場入口集合

○24日(月・振休)
・定例園内観察会 13時半~15時半 駐車場入口集合
 年内最後の行事(30日と1月1日の観察会はお休みです)。
 年明けは1月6日(日)から。

ラベル:近況 行事等情報
posted by スタッフN at 16:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする