2018年11月01日

解体に向けて

観察舎内の物品整理はほとんど終了。2階と3階はすっからかんに
なりました。
DSCN1963.jpg
観察舎2階

DSCN1964.jpg
事務室と図書室(奥側)

観察舎玄関前の自販機も撤去(電源と設置場所確保困難のため)
となり、本日よりトイレも利用停止です。

DSCN1961.jpg
観察舎3階から見た保護区。
この景色ももう見られなくなります。

解体工事が始まるまでは観察舎前の通路は通り抜け通行可能です。
工事開始日が判明次第こちらのブログでもお知らせいたします。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 20:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

11月行事予定

2018年11月の行事予定です。

観察舎解体工事は上旬から下旬から開始予定。詳細は決まり次第お知らせします。

※11月より観察舎は電気・水道が使えなくなります。
 トイレは駐車場に移した仮設トイレまたは管理事務所のものをご利用ください。
※解体工事期間中は駐車場の利用及び駐車場~観察舎までの通行は原則出来ません。
 基本的に野鳥病院・管理事務所へは丸浜川下流側、塩浜橋方向からの通行となります。
※工事期間中は各イベントの集合場所が変更となります。ご注意下さい。
 ・定例園内観察会→駐車場
 ・その他観察会等→管理事務所前

・1日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催

・3日(土・祝)キノコ観察会 9時45分~15時半 ※参加受付は終了してます。

・3・4日(土日)ジャパンバードフェスティバル2018
 我孫子市手賀沼周辺で開催の恒例イベント。友の会は水の館横のオオバン広場
 にて出展。鳥マスコット色塗り(100円)や活動紹介ポスター展示など。

・11日(日)定例新浜探鳥会 10時行徳駅駅前広場集合 毎月第2日曜開催
 参加費200円(18歳未満無料)・要昼食 雨天決行
 直接保護区に向かうショートコース(13時半頃解散)、バスで江戸川放水路を
 経由して保護区に行くロングコース(15時半頃解散)の2コースあります。
 いずれも解散は観察舎。天候等により1コースのみとなる場合もあります。
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催

・15日(木)江戸前干潟研究学校 10時千鳥橋観察舎前集合 雨天決行
 ※11月~3月は関係者による自主調査となります。基本的に現場で数・種類を
  記録していきます。今回は試験的に千鳥橋集合。不安な方は9時半管理事務
  所前集合で。※まだ通行止めにならないようなので観察舎玄関前集合に
  なりました(11月9日追記)。参加希望の方はお問合せください。
  トイレが遠い(導流堤経由で管理事務所か外に出てユニディか)ので注意。

・24日(土)第4土曜行事 管理事務所前集合 雨天中止
 ボランティアデー 13時~15時半頃 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 夕暮れ観察会 16時~18時 日没前後の保護区を歩きます。

・日曜・祝日 定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
 解体工事が始まるまでは観察舎玄関前集合。
 11月から駐車場集合に変更としました。

・みどりの国 土曜・日曜・祝日 9時~15時
 保護区外周部、行徳高校・塩浜学園側の1辺を週末に公開しています。
 これからの季節は島陰で休むカモ類や猛禽類の食痕などが見られるかも。

問い合わせ:管理事務所 047-397-9046
      行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 16:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

保護区鳥情報10/27ほか

2018年10月27日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ
カワセミ
コゲラ
チョウゲンボウ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
キビタキ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
アオジ、オオジュリン
ドバト
30種

1.本調査では今季初めてのコガモ1羽です(南極島付近海上)。
  今季は今のところコガモがとても少ないです。
2.チョウゲンボウ♂が1羽のハクセキレイにアタックしたかと思ったら反転して
  2羽のハクセキレイに追われていました。(排水機場)
3.ウミアイサ2羽、スズガモ208羽の群と一緒。
(スタッフK)

オカヨシガモは26日初認。ハシビロガモも同日見られています。
25日には観察舎裏の福栄4丁目住宅地内でトラツグミの羽根が採集
されています。
(スタッフN)

ボランティアデーは湊池棚田の稲刈りを実施。小人数でしたが1枚分が終了。
20181027_134911_00002.jpg
20181027_145324_00000.jpg


夕暮れ観察会(10月27日)
●夕陽を浴びてたたずむ猛禽ミサゴで幕開け。キーッと叫ぶヒヨドリ
(参加した子供たちは「サルドリ」ですって)、黄葉の枝先から
 聞こえるシジュウカラの歌。
DSCN1911.jpg
DSCN1915.jpg
観察舎前からみたミサゴ

●トビハゼ、クロベンケイガニ。赤いベンケイガニも多い。藤紫の
 ウラギクも咲いている。いずれも塩性湿地のおかげで生きている。
 もうすぐ越冬期、そろそろ見納めだ。
●竹林では、キノコがたくさん。個性的なサンコタケ、スッポンタケなど。
 この世界、ハマリそう。
●茜色から藍色に染まる棚田に、アオアシシギの哀調が響く。鴨たちが、
 あちらから2羽、こちらから4羽、5羽と、次々に着水する音が聞こえる。
 まさに晩秋の水鳥の音風景。
●暗くなると、セイタカアワダチソウはガの仲間のレストラン。ヤガ、メイガ
 の仲間を中心に様々な種類が来ている。
●頭上に3つの星がかがやいている。参加者の方が早速調てくださった。
 なんと夏の大三角形。過ぎた夏の思い出のように、高く明るく輝いていた。
★次回は11月24日。観察者解体工事の影響で、集合場所が変わり、
「管理棟(野鳥病院のとなり)前」です。駐車場から観察舎までの道が
 封鎖されてしまうので、南行徳、塩浜橋、スポーツ広場方面からしか
 アクセスできません。行徳駅方面からお越しの際は、ご注意ください。
(担当Ⅾ)

28日は南行徳駅前で開催された南行ホコ天に出展。
DSCN1919.jpg
トビハゼ・カニの展示とパタパタ鳥工作、ポストカード配布
など。お立ち寄りいただいたみなさまありがとうございました。


ラベル:鳥情報 行事報告
posted by スタッフN at 13:32| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

近況10月下旬・週末行事案内

DSCN1899.jpg
シャリンバイの実が色づいてきました。

20181024_133029_00000.jpg
観察舎は解体に向けて急ピッチで荷物の整理中。
24日は備品類の廃棄を実施。観察舎1階はだいぶ
すっきりしました。

DSCN4497.jpg
本日動物園に移送予定だった野鳥病院のアカショウビンは
先方の都合で31日に延期。もうしばらくご覧いただけます。

○10月27日(土)
 行徳保護区は第1回選定箇所として参加している
 関東・水と緑のネットワークの交流会が開催されます。
 午前に保護区を見学し、午後は南行徳駅前の会場で
 事例発表など。参加無料。詳細はリンク先にて。
 締切は本日ですがまだ参加者には余裕があるとの事。

・ボランティアデー 13時~15時半頃
 先月に続き湊池棚田の稲刈りを予定。

・夕暮れ観察会 16時~18時
 今月から30分早い冬時間となります。

○10月28日(日)
南行徳ホコ天 11時~17時
 南行徳駅周辺で開催される南行ホコ天に出展します。
 ぱたぱた鳥工作(100円)や生き物展示、活動紹介など。
 ぜひ遊びに来てください。

・定例園内観察会 13時半~15時半
 ようやくカモが増えてきたようです。ジシギ類もちらほらと。
 来月になるとカニやトビハゼはがくっと減るので干潟の生き物
 を見るなら今のうち。

いずれも参加無料。



ラベル:行事等情報 近況
posted by スタッフN at 15:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

保護区鳥情報10/21

2018年10月21日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
ヤマシギ、イソシギ
セグロカモメ
オオタカ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メボソムシクイ上種
メジロ
セッカ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
ハクセキレイ
アオジ、オオジュリン
31種

1.先週より10種も増えました。冬鳥が今週一気にやってきた様子です。
  今季初認アオジ、キンクロハジロは本日、カンムリカイツブリ10/20、
  ハジロカイツブリ10/16、マガモ10/19、オオジュリンも確か数日前
  だったかな?調べておきます。
2.スズガモは200羽を越えました、マガモ、キンクロハジロ、ホシハジロと
  群を形成していました。(南極島付近)
3.秋の渡り、メボソムシクイ上種、キビタキ♀。
4.珍しい、ヤマシギ。
5.まだ数の少ないオオバンの羽が散乱(長靴池付近)、ふと見上げると
  オオタカが飛んでいました。彼女の仕業かな?
(スタッフk)

オオバンは10/19初認、ジョウビタキが10/18に出ています。
(スタッフN)
DSCN4352.jpg
オオバン(10/19スタッフYM撮影)

DSCN4391.jpg
マガモ(10/19スタッフYM撮影)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 22:46| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする