2019年09月23日

週末行事案内

今週末の行事予定です。
特記なければ当日受付・参加無料・雨天中止・管理事務所前集合

○9/28(土)第4土曜行事 
ボランティアデー 13時~15時半頃
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。今回は稲刈り。
 持物:軍手・長靴(あれば)・帽子・飲料・タオル
 20190920_134936.jpg
 9/20、刈った稲を干すための稲架を立てました。
 20190920_143351.jpg

夕暮れ観察会 16時半~18時半
 日没前後の保護区を歩く観察会。なんといっても9月は
 虫の声。カンタンやカネタタキ、ウマオイなど様々な
 音色に耳を澄ましてみましょう。その他増えてきたカモ
 類や猛禽類にも注目。

○9/29(日)
キノコを探そう!@行徳保護区 10時~15時 小雨決行
 ※定員につき受付は終了しました。
 参加費:大人200円・小学生以下無料 観察舎駐車場集合・要昼食
 糟谷大河さんを講師にキノコ入門のお話と保護区でのキノコ観察会、
 屋内での顕微鏡観察など。

フィールドミュージアム「カニの巣穴」 10時~14時半頃 小雨決行
 参加費50円
 桝本輝樹さんの指導の下、カニの巣穴に石膏を流して巣穴の型を取って
 みます。

定例園内観察会 13時半~15時半
毎週日曜日・祝日開催。普段は入れない保護区内をご案内します。

問合せ:野鳥観察舎(管理事務所) 047-397-9046
    tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp(友の会)
ラベル:行事案内
posted by スタッフN at 16:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

9月行事追加:9/29フィールドミュージアム「カニの巣穴」

ツルシギは17日にも見られたとの事。
昨日はシマアジが観察されています。
DSCN8147.jpg

さて9月行事に追加。
・9/29(日)フィールドミュージアム「カニの巣穴」 小雨決行
10時~14時半頃 管理事務所前集合 当日受付・参加費50円
コメツキガニの巣穴に石膏を流して、巣穴の形を調べてみましょう。
DSCN1375.jpg
DSCN1407.jpg
昨年の様子


ラベル:鳥情報 行事案内
posted by スタッフN at 10:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

9/15江戸前干潟研究学校

ツルシギは本日も定例観察会時に見られたとのこと。

KIMG0547.jpg
本日の江戸前干潟研究学校では百合ヶ浜沖の大網で
大きなアカエイが出ました。保護区では珍しいツバクロエイも。
KIMG0554.jpg

水車池では先月に続き今回もウナギが。

DSCN4778.jpg
DSCN4777.jpg
百合ヶ浜沖では初記録のクロサギ、カマスsp.、ニジギンポ(下の画像)
DSCN4753.jpg

など全体的に数は少なくなってきましたが、バラエティ豊か
な結果でした。次回は10月13日(日)頃を予定。

ラベル:魚類 行事報告
posted by スタッフN at 20:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

保護区鳥情報9/14:ツルシギがいました

2019年9月14日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、コガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
ツルシギ、アオアシシギ
カワセミ
コゲラ
サンコウチョウ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
22種

急に涼しくなりました。
1.コガモ6羽(下池)。9/8が初認日とのこと、時期的には例年通りです。
2.ツルシギ若1羽(竹内ヶ原)。保護区での記録は2002年以来、なんと
  17年ぶりの記録でした。
3.メジロの大群、少なくとも30羽以上、もしかしたら50羽くらいいたかも。
  サンコウチョウも一緒でした。
4.ヒヨドリの声が急に増えた感じです。
(スタッフK)

DSCN7860.jpg
DSCN7842.jpg
(撮影:スタッフYM)

ツルシギは竹内ヶ原で盛んに採餌していました。
17時頃にも確認。連休中滞在してくれるとよいのですが。
なお、数年前に保護区上空を飛んでいる姿が常連カメラマン
によって撮影されているようです。
(スタッフN)



ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:29| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

台風過ぎて

台風15号通過の影響は保護区内より丸浜川沿いの通路や
外周の通路沿いで被害が大きかったようです。

KIMG0514.JPG
通路沿いではトウネズミモチやニセアカシアが
折れたり倒れていたほか、小さな枝葉は無数に
散乱していました。

DSCN4627.jpg
倒木で塞がれた緑の国観察路。観察路も管理通路
も落ちた枝葉でいっぱいで、問題無く通行できる
までには時間がかかりそうです。

DSCN4648.jpg
外周部管理通路を塞ぐ倒木

周辺と比べると保護区本土部はそれほど大きな
被害は無かったようです。
田の字池・長靴池・竹内ヶ原では水位が上がり、
一部はあふれて観察路が水浸しでした。
DSCN4658.jpg
冠水した田の字池観察壁入口付近。
DSCN4659.jpg
その路上には何故かボラが落ちてました。まだ生きて
いたので海へ戻しました。

DSCN4660.jpg
田の字池出口の水路にもボラが。海から上がって
来ていた所だったのか、池まで入っていたのが
流されたのか。こちらも1匹は生きていたので海へ。

DSCN4672.jpg
水位の上がった竹内ヶ原ではカルガモ(手前の島で休憩中)
とコガモ(水面)が。姿は見ていませんがアオアシシギが
保護区数カ所で鳴いていました。

今回の強風の影響か、野鳥病院では朝から問合せや
入所が相次ぎました。一日に6羽は久しぶり。
中にはオオミズナギドリやアカエリヒレアシシギも。
ラベル:魚類 鳥情報 近況
posted by スタッフN at 21:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする