2020年02月29日

保護区鳥情報2/29

2020年2月29日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、チュウヒ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ、シメ
アオジ、オオジュリン
42種

1.カワウの雛の声の聞こえる範囲がカワウコロニーからほぼ
  全域に広がった様子です。上北岬の対岸辺りに大きな雛3羽
  も見えました。
2.スズガモは先週より更に増えて100羽を越えました。
  オカヨシガモは16羽と多めです。
3.河津桜は満開ですね、ヒヨドリ、メジロが数十羽集まっていました。
(スタッフK)

DSCN6195.jpg
保護区外周の管理通路、カワウコロニーにて
吐き戻しのコノシロが落ちていました。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:01| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

近況2/28

DSCN6186.jpg
常連Kさんからの情報で芝生帯のコブシが開花
しているのを確認しました。早いですね。

DSCN6175.jpg
昨日保護区内のトラップにかかっていたアライグマ。
足跡やセンサーカメラの映像で確認していたので
捕獲を試みていましたが、ようやく成功。
本日午前、市川市に引き渡しました。

明日29日(土)は日中工事のため一部通行止めとなります。
緑の国は休園(とりあえず3/12まで)です。定例園内観察会等の
行事も3月前半は中止となりましたのでご注意ください。

ラベル:近況 哺乳類 植物
posted by スタッフN at 14:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

近況2/24

DSCN6034.jpg
丸浜川沿いの河津桜が見頃を迎えています。
本日は天気も良く多くの通行人で賑わっていました。

保護区内でも一番早い湊池のサクラ(たぶんカンヒザクラ混じり)
が開花していました。例年だと3月15日前後に咲き出すのですが、
2月中の開花は初めてではないでしょうか。
DSCN6035.jpg
DSCN6040.jpg

DSCN6026.jpg
保護区内ではツクシが出始めています。

DSCN6032.jpg
エノキの芽も開き出しました。


この冬植生管理作業を行っていた浄化池3系列。
1月は降雨が多く作業が進みませんでしたが今月
急ピッチで進めた結果なんとか一通り終了。昨日から
水を戻し始めました。
DSCN5900.jpg
2月10日 3系列6枚目作業前

DSCN5912.jpg
作業中の様子。ガマやアシなど地下茎を掘り返す
のと土壌の天日干しを兼ねる。この後踏み固めて
トラクタがけを行い、地下茎を更に分断する。


DSCN5908.jpg
2月10日 ユンボによる掘り返し作業後

DSCN5985.jpg
2月12日 踏み固め後

DSCN4535.jpg
2月18日 トラクターがけ(途中)

DSCN4726.jpg
2月21日 再度踏み固め後

DSCN4846.jpg
2月23日3系列水車池 水入れ開始直後

DSCN6019.jpg
2月24日午前11時頃

DSCN6023.jpg
2月24日午前11時頃 3系列3枚目まで水が入る。

そろそろカエルも動き出しているので産卵前に
水を戻せてよかったです。

ラベル:近況 植物 作業
posted by スタッフN at 13:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

保護区鳥情報2/23

2020年2月23日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
ベニマシコ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
39種

1.ウグイスのさえずりが聞こえるようになりました。(丸浜川)
2.冬の間、単独で縄張りを持っていたモズがペアになっています。
  雌が不思議な甘い声で鳴きながら雄の羽を触っていました。春ですね。
  (三島池観察壁付近)
3.ホオジロ。今季はホオジロがとても少ないです。私は今冬初めての記録です。
  (百合池)
4.カワウの雛の声が対岸から聞こえます。巣数は600強です。この3週間巣数があまり
  増加していない様子です。新しい巣が作られていないという様子でもなくて、
  営巣を止めてしまった巣もそこそこある様子です。
5.スズガモ76羽、キンクロハジロ52羽、コガモ28羽、増加しています。
保護区は春が近づいている様子です。
(スタッフK)

DSCN5965.jpg
21日、欠真間三角にてゴイサギ(若鳥)が1羽。
保護区で見かけるのは随分少なくなりました。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

2/22行事報告

22日の行事報告です。
日中は雨も無く干潟にはヤマトオサガニも出ている陽気。
DSCN5971.jpg

ボランティアデーは6系列・7系列水路の手入れ。
DSCN5981.jpg
レーキで水路に溜まった落ち葉(と泥)を引き上げ。

DSCN5994.jpg
DSCN5976.jpg
DSCN5997.jpg
作業中にベンケイガニが1匹見られたそうです。
本格的に動き出すのは後一ヶ月半ほど先になる
でしょうか。
(スタッフN)


夕暮れ観察会(2月22日) 早春のランデブー

●タカの姿を求めて北池へ。アシ原の猛禽チュウヒは不在のようだったが、
 参加者の方が上空にミサゴを発見。すぐにもう一羽が現れた。大きさが
 多少違うようだから、雌雄かもしれない。ピイー、ピイー、という優しい声が
 降ってきた。早春の夕風の中でランデブーだろうか。
●スズガモ・コガモなどのカモ類の姿や、ウグイス、アオジ、オオジュリン、
 ジョウビタキなど小鳥たちの地鳴きもよく聞かれた。
●帰途、カバナミシャクの仲間が出現。地味な小型種だが、よく見ると
 羽の模様がきれいだ。

★今回、復路の一部に滑りやすい区間があり、足を滑らせた方、転倒された方も
 おられました。別の道を選択すべきでした。申し訳ありませんでした。
 今後はさらに安全を心がけて観察会を実施していきます。
 どうぞよろしくお願いいたします。

次回は3月28日(土)午後4時30分、管理事務所前集合です。
日が長くなり、春の花も咲き始めています
(担当D)
ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 23:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする