2018年09月29日

やちょかん祭り終了

本日開催していたやちょかん祭りは降雨がひどく
なってきたので13時に終了となりました。
雨の中お越しいただいたみなさまありがとうございました。

以下は午前更新分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P9290030.jpg
雨が降っていますが、やちょかん祭りやってます。
雨がひどくなってきたら早めに終了となりますので
お早めにお越しくださいませ。

P9290024.jpg
P9290023.jpg
P9290031.jpg
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 10:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

やちょかん祭りは明日29日に決行

やちょかん祭りは予定通り明日29日(土)に開催します。
10時~15時観察舎前芝生帯

午後より崩れる予報のため、降雨量によっては
15時より前に終了とさせていただきます。

主な内容(天候状況により変わる場合もございます)
〇物販(テント)
・海苔(福田海苔店)
・ホンビノス貝(市川市漁協)
・おこわ(ヒロちゃんの八百屋)
・クッキー(ロチュス)
・ピザ(ピザーラ浦安店)
・チョコバナナ・コーヒー(友の会)
・バザー(友の会)

〇遊び(芝生)
・ガチャ
 (チラシ又は行徳新聞9月21日号掲載のガチャ券、ちりつもクーポン
 のいずれかが必要です)
・マスコット色塗り(100円)
・ゴム人形すくい(100円)
・輪投げ
・野ゲーキ作り(11:00~/13:00~ 各回1時間・途中参加可)
・スタンプラリー

〇他
・バザー(観察舎玄関前:友の会)
・野鳥病院ツアー(野鳥病院:12:00~/14:00~ 各回30分)
・ちりつもポイント紹介(芝生:明光企画)

問合せ:野鳥観察舎管理事務所 047-397-9046
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 09:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

明日のキノコ観察会は決行予定

明日27日(木)予定のキノコ観察会ですが、
雷雨等よっぽどひどく荒れなければ予定通り開催いたします。

DSCN3471.jpg
〇キノコ観察会 10時~15時 当日受付
講師:糟谷大河さん(千葉科学大学)
集合:9時45分観察舎駐車場
持物:昼食・筆記用具
参加費:大人200円・中高生100円・小学生以下無料
内容:午前・保護区内にてキノコ観察
   午後・講座「キノコと虫たち」
      机上観察
※天候状況により保護区立入りと講座を入れ替える可能性もあります。
※この観察会は千葉県環境財団の助成を受けて開催します。
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 17:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

連休中の行事から

9月2回目の3連休の行事報告です。

DSCN3700.jpg
湊池棚田のヒガンバナが見頃を迎えています。

DSCN1331.jpg
アケビの実も開き始めました。

〇22日(土)
・ボランティアデー「稲刈」
20180922_131951_00002.jpg
20180922_143654_00002.jpg
先週は雨続きで足元がぬかるみ稲は倒れてとても
やりづらかったです。1枚分が終了しましたが、
倒れて水に浸かっていた稲穂が発芽しており、
3分の1弱は刈り倒したままにしました。
DSCN1336.jpg

・夕暮れ観察会
〇断続的に降り続いた雨が午後から上がった。夕陽に赤く染まる雲が美しい。
 終盤には雲の切れ間に、4惑星(火星、土星、木星、金星)と月が輝いた。
〇鳥影は少なめだがエナガの群れに遭遇。梢を飛び交い、やがて次々に飛び
 出していく。長いしっぽがかわいい。水辺の猛禽、ミサゴも暮れなずむ空
 を飛んでいく。
〇畦道をふわふわと舞うアオモンイトトンボの群れ、力強く飛びまわるギンヤンマ。
〇虫のコーラス最高潮。アオマツムシ、マツムシ、エンマコオロギ、カンタン、
 ヒロバネカンタン、ハヤシノウマオイ、ケラなど。
〇トビハゼ、ベンケイガニ(黒・赤とも)、オニグモ(でかい)。アマガエル(声のみ)など。
 様々な幻想的なキノコが観察路を彩っていた
DSCN1332.jpg
★次回は10月27日16時から(集合時間が30分早くなります。ご注意ください)。
 モズやカモなど、秋の夕暮れにふさわしい鳥たちも来ているでしょう。
 (担当D)

〇23日(日)
・フィールドミュージアム「カニの巣穴を見てみよう」
DSCN1375.jpg
小島岬でコメツキガニの巣穴に石膏を流し込み、
巣穴の型を取ってみました。
DSCN1407.jpg
DSCN1413.jpg
採れた巣穴の形。入口付近が少しすぼまっています。

DSCN7486.jpg
長めなのはヤマトオサガニの巣穴。斜めに平べったい形。

DSCN1408.jpg
クロベンケイガニの巣穴。5㎏分の石膏を流し
込みましたが全ては掘り出せず。思ったより中は
広そうです。掘った土はどこにいってるんでしょうね?




ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 11:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

保護区鳥情報9/23

2018年9月23日の保護区鳥類調査の結果です。

スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
クサシギ、イソシギ
カワセミ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
エゾビタキ、キビタキ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
22種

1.秋の渡り(旅鳥)の季節です。クサシギ(新浄化池)。
  エゾビタキ(湊池棚田)。キビタキ♀(保護区入口)。
  12時頃にサンコウチョウも出たとのこと。
2.冬鳥スズガモ、25羽(南極島付近)。この規模の群れ
  としての記録は昨日(49羽)が今季初のようです。
3.カイツブリの若鳥1羽。(旧淡水池)
4.ジムグリ(湊池付近)。体長40㎝強でしょうか、まだ
  若い個体のようです。千葉県レッドリスト:一般保護生物
  (準絶滅危惧種相当)、お隣、東京都では絶滅危惧Ⅱ類。
  本来、森林性のネズミ専門の蛇で、夏眠、冬眠するそうです。
  夏眠が終わって出てきたところなのでしょうか。春に
  ネズミの巣を狙って子ネズミを食べたら翌年まで食べない
  個体もいるとか。性格は大人しく穏やかな生活の蛇ですね。
JimguriI20180923.jpg
(スタッフK)

サンコウチョウは22日午前にも見られたようです(保護区入口付近)。
ジムグリは9月6日にも竹のトンネル付近で観察されています。

DSCN1368.jpg
22日観察舎上空を飛んでいたトビ

DSCN3722.jpg
クサシギ(22日千鳥水門堤防上。スタッフYM撮影)

(スタッフN)


ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:04| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする