2019年02月07日

濃霧

KIMG0236.jpg
今朝方はとても濃い霧に覆われていました。
画像は朝8時頃の丸浜川(旧観察舎正面)。導流堤
から先の保護区は白く霞んで全然見えませんでした。

KIMG0235.jpg
通路もこんな感じ。ここまでの濃霧は近年見たことが
ありません。海からは船の警笛が盛んに聞こえていました。

その後は晴れ上がって行き、気温も上昇。
保護区内ではアオダイショウが見られたそうです。

KIMG0238.jpg
観察舎解体工事はいよいよ地中杭の除去に
取りかかった模様。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 19:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

ぽかぽか陽気

立春とはいえ朝からコートいらずのずいぶん暖かい一日でした。

DSCN2601.jpg
セイゴ水道でアシハラガニが1匹。ヤマトオサガニや
チチュウカイミドリガニを冬に見かける事はありますが
2月頭のアシハラガニは初めて見ました。

DSCN2604.jpg
乾燥続きで干上がっていた旧淡水池は先週と前夜の
雨で少し水たまりができていました。
DSCN2603.jpg
亀が2匹泥の中を這いずり回っていました。クサガメかな?

丸浜川沿いに植栽された河津桜は先月下旬には数輪
咲き出しています。今日の陽気でずいぶん花芽が
ふくらみましたが、見頃になるのはもう少し先になりそう。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 16:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

保護区鳥情報2/3

2019年2月3日の保護区鳥類調査の結果です。
44種

1.カワウコロニーの雛の声は大きくなっています。元気な雛の姿も
  見えましたが、巣は先週より減少しているみたいです。無くなっ
  ている巣もあったので落ちてしまったのでしょうか。
2.カンムリカイツブリの1羽は、頭部が少しオレンジ色になっていました。
  換羽が始まっているようです。
3.ウミアイサ4羽のうち、1羽は下北岬に上陸して羽繕いしていました。
(スタッフK)

DSCN2575.jpg
DSCN2578.jpg
千鳥町交差点近くの巣。右が成鳥、左と中央がヒナ。
左のヒナは親とあまり変わらないサイズまで育って
いますが、まだぽわぽわとした羽根のためヌイグルミ
の様な質感です。(2日夕方撮影)

DSCN2594.jpg
観察舎は地上部がすっかり無くなりました。
この後は地下杭を除去していく作業に移行
していくかと。
(スタッフN)

ラベル:近況 鳥情報
posted by スタッフN at 20:30| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

コアホウドリ無事放鳥

1月29日に入所したコアホウドリは31日に無事放鳥いたしました。
放鳥を担当したスタッフSの報告です。
-------------------------------
昨日、九十九里にてコアホウドリ放鳥してきました。
出発時にぽつぽつ雨が降り始め、現地到着時にはやや本降りに。
本来であれば晴天時に放鳥するべきでしたが、保護時から外傷
もなく、しっかりと鳴いていて、調子・撥水良好であったため、
やや雨降りが弱まった時点で砂浜にて放鳥しました。

箱から出すと、まずは羽を伸ばし、天に向かって雄たけび。
RIMG5035.JPG
数分後に微風に向かって走り出し、飛び去りました。
RIMG5037.JPG
砂浜上をいったん内陸方向へ飛び、ぐるりとまわって
波打ち際を北上、その後海上に出て南下しました。
その間、一度も着水なし。

昨日は九十九里では珍しく、ほぼ無風の状態でしたが
見事に飛んでいきました。


放鳥後、銚子方面へ足を延ばしました。今年は特に
大型カモメ、ウミネコの個体数が少ない印象でしたが、
寒波の影響なのか海が荒れていたからか、外川漁港では
今シーズン初めて500羽程度の大型カモメの群れを観察
できました。

漁港付近で鳥を見ているとテグス被害の野鳥を目にしますが、
この日も片貝漁港でアビの幼鳥が1羽、外川漁港ではウミネコ
幼鳥の口から長いテグスが出ていました。
RIMG5060.JPG

RIMG5061.JPG
ウミネコは首尾よく捕獲する事ができ、針も飲み込んでいな
かったので外して足環を付けて放鳥してきました。

テグスの長さは約2mもありました。
テグス被害が少しでもなくなりますように。
ラベル:傷病鳥
posted by スタッフN at 14:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

コアホウドリ

DSCN7711.jpg
昨日君津の方木更津から入所したコアホウドリ。
先週末からウロウロしていたのが見られていたとのこと。

アホウドリやミズナギドリなど普段外洋を飛んでいる海鳥は、
天候不良等で内陸に不時着してしまうと、衰弱していること
もありなかなか飛び立てません。

この個体は特に問題はなさそうなので明日外房にて放鳥予定。

野鳥病院ではここ最近年1羽くらいのペースで来ています。
見慣れたカモメ類と比べてでかいので存在感があります。

ラベル:傷病鳥
posted by スタッフN at 10:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする