2018年10月11日

11/3キノコ観察会

保護区のキノコ観察会のお知らせです。
181103キノコ観察会ポスター.jpg

キノコを探そう!@行徳保護区

日時:11月3日 午前9時45分集合~午後3時半まで
(午前のみ参加・午後のみ参加ok)
場所:千葉県市川市行徳鳥獣保護区(集合場所・観察舎駐車場)

講師:糟谷大河先生(千葉科学大学)
内容:午前・保護区で観察会
   午後・糟谷先生の講演「千葉県のキノコ」&机上観察会・検証会

参加費:小学生以下無料 大人200円、中学生~19歳100円
定員:15名(先着順)
持物:飲料・昼食・雨具(雨天時)
服装:長袖・長ズボン・運動靴または長靴・帽子を推奨

申込み:氏名・住所(市町村まで)・連絡先電話番号・参加人数と
    未成年者がいる場合は年齢を下記までおしらせください。
  
    行徳野鳥観察舎(管理事務所) 047-397-9046
    メール tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp

[担当者より]
保護区の晩秋のキノコは、写真のマツカサキノコモドキ、ニセマツカサシメジが
期待されます。保護区フィールドでは、糟谷先生が見つかるキノコをひとつひとつ
解説してくださいます。興味深いキノコの生態について丁寧にお話しくださるのが
毎回好評です。

また、午後のご講演では、千葉県に生息するキノコについてお話しくださる予定
です。顕微鏡による観察や、保護区で観察・採取したキノコの名前の検証も行い
ます。みなさま、どうぞふるってご参加ください!


*この観察会は千葉県環境財団による助成金を受けて開催しております*
ラベル:行事案内
posted by スタッフN at 14:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

くわえていたのか抜けなかったのか

20181009_141730185.jpg
本日導流堤に、何かのカップ的なものを被ったタヌキが
歩いていました。躊躇なく歩いていたので、前は見えて
いるようです。(スタッフSY)
ラベル:哺乳類
posted by スタッフN at 21:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

保護区鳥情報10/6

2018年10月6日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、スズガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
イソシギ
セグロカモメ
ミサゴ、トビ、オオタカ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
ノビタキ、キビタキ
スズメ
キセキレイ、ハクセキレイ
ドバト
26種

1.秋の渡り鳥。キビタキ(笹トンネル付近)、ノビタキ(三島池観察壁)。
2.冬鳥スズガモ、50羽弱(南極島付近)。セグロカモメ(下北岬)
3.モズが増えているようす、鳴き声が頻繁に聞こえます。
  ヒヨドリが10羽前後の群で行動している姿が目立ちます。
4.オオタカが脚に何かつかんで鴨場方面へ飛んでいきました。(北池)
(スタッフK)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 22:31| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

台風過ぎて(10月1日)

台風が通過した1日、幸い保護区周辺は降雨量も
大したことなくすみましたが、強風で樹木が折れたり
倒れたりしていました。

RIMG4222.JPG
通路を塞いでいたニセアカシア


DSCN1463.jpg
芝生のヤマモモは根元から倒れました。

RIMG4226.JPG
野鳥病院前の街灯はガラスが割れて
しまいました。

DSCN1453.jpg
保護区内では稲架が破損。
DSCN1490.jpg
補修後

DSCN1461.jpg
保護区入ってすぐ、セイゴ水道の堤防部分。
シャリンバイが折れてました。
DSCN1462.jpg
撤去後

DSCN1458.jpg
竹のトンネルではアカメガシワが倒れました。
DSCN1495.jpg
処理後

大きなところでは以上ですが、細い枝の落下や
倒伏は多数みられました。

・おまけ
田の字池の観察壁前でタヌキが一心不乱に
何かをかじってました。
DSCN1475.jpg
DSCN1479.jpg
こちらに気づいた後、
DSCN1480.jpg
何かをくわえて去って行きました。魚?

ラベル:近況
posted by スタッフN at 15:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

10月行事予定

2018年10月の保護区等行事予定です。
特記なければ野鳥観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止

〇定例行事
・4日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。

・14日(日)新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
 (日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催)
 参加費200円(18歳未満無料)・雨天決行
 持物:昼食・観察道具(あれば)
 保護区に直接向かうショートコース(13時半頃解散)と、バスで
 江戸川放水路経由のロングコース(15時半頃解散、別途バス代400円)
 があります。いずれも観察舎前で解散。
 天候等により1コースのみとなる場合もあります。

・27日(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。10月も稲刈りを予定
 夕暮れ観察会 16時~18時(通常より30分早くなっています)
  日没前後の保護区を歩きます。色付く植物、増えてきたカモ類
  などを楽しみます。

・毎週日曜日・祝日 定例園内観察会 13時半~15時半
 普段は入れない保護区の中を2時間ほど案内します。

〇その他行事
・14日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 小雨決行
 保護区水辺に前日設置の網を回収して採集された魚やエビ・カニ類を調べます。
 午前のみ参加も可。11月~3月はスタッフによる自主調査となるため、今年度
 の一般参加行事としては今回がラストです。
 持物:軍手・長靴・筆記用具・昼食

・28日(日)南行徳ホコ天
 メトロ東西線南行徳駅前周辺にて開催されるホコ天に友の会として参加します。
 ぱたぱた鳥の紙工作で出展予定。

申込・問合せ:行徳野鳥観察舎管理事務所 047-397-9046(TEL/FAX)
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする