2017年06月11日

谷津干潟の日終了

10・11日に開催された谷津干潟の日フェスティバルは
無事終了しました。今年は天候も良く主催者によると
約9,000人の人出との事。

DSCN5781.jpg
友の会テント2日目の様子。本日もトビハゼ
に注目が集まりました。

DSCN5769.jpg
展示中のトビハゼ。先週のいちかわ環境フェア
からずっと水槽内で頑張りました。本日夕方
保護区の干潟に帰還しています。お疲れさま。

傷病鳥救護活動への募金箱には二日間で
5,213円のご寄付をいただきました。
ご協力ありがとうございます。
いただいたお金は野鳥病院の餌代等に
充てさせていただきます。


次の行事は18日(日)フィールドミュージアム。
今回はカニを調べます。10時~15時。参加費50円。

江戸前干潟研究学校は16日(金)の平日開催(自主調査)。
参加希望の方は観察舎までご連絡ください。
10時観察舎集合です。


観察舎前を流れる水路の丸浜川。今シーズンは少なくとも
2組カルガモの親子が観察されていますが、本日野鳥病院
から新たに1組+αが放鳥されました。交通事故で足を骨折
してしまった親鳥+ヒナ生き残り6羽と別の場所で保護された
やや大きめのヒナ2羽の組。どうぞ見守ってあげてください。



posted by スタッフN at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

保護区鳥情報6/10

2017年6月10日の保護区鳥類調査の結果です。


キジ
カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
コチドリ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ドバト
17種

1.巣立った若鳥を連れたムクドリが
  とても多い(計442羽)。サクラの実を
  食べたり日向ぼっこをしている。
2.ハシブトガラスの若鳥。(上池)
3.田の字池のカイツブリは先週と同じところで
  巣造りしていました。先週から比べると巣の
  大きさ、高さがあまり変わっていない様子。
4.オオヨシキリは下池1羽と北池で4羽囀って
  いました。この時期になってもオオヨシキリが
  こんなに囀っているのは5年ぶりです。
(スタッフK)

DSCN5753.jpg
トビハゼ祭り開催の本日、谷津干潟で開催の
谷津干潟の日にも出展していました。
DSCN5747.jpg
友の会テントの様子。
DSCN5750.jpg
トビハゼもひっそりと展示中。
明日11日も参加していますのでどうぞお越しください。

トビハゼ祭りは導流堤開放に約180名。工作コーナー
と合わせると200名以上が来られたとの事。ご来場
ありがとうございました。
画像は後日に。友の会Facebook友の会非公式Twitterに当日の様子が
載っています。
(外回りイベント担当スタッフN)


posted by スタッフN at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

6/10トビハゼ祭り準備中

いよいよ今週末、10日(土)はトビハゼ祭りです。
着々と準備の方も進んでいます。

20170607_151913.jpg
トビハゼルート木道の板をリニューアル。
イベント当日は11時/13時半開始のミニ観察会で
訪れます。より近くからトビハゼが観察できます。

DSCN9922.jpg
トビハゼバンダナサンプル
あらかじめ目と尾ビレを付けた三角巾にカラーペンで
模様を自由につけてもらいます。
11時/14時より各回先着15名。参加費200円

DSCN9924.jpg
配布資料の「トビハゼもの知り帳」
当日は保護区入口~導流堤の一部を開放します。その際
来場者に配布いたします。とりあえず100部用意しましたが
品切れの際はご了承ください。

6月10日(土)トビハゼ祭り 10時~15時 雨天中止
・保護区・・・観察してみよう
 入口から導流堤の一部を開催時間中開放します。
 堤防の上から干潟のトビハゼやヤマトオサガニなどを
 自由にご覧いただけます。
 ※立入人数把握のため入口で名簿にご記入いただきます。
 ※干潟に降りたり生物の採集はできません。
 11時と13時半よりミニ観察会も開催。より干潟に近い
 位置からトビハゼを見に行きます。各30分~小一時間程度

・観察舎周辺・・・探してみよう
 スタンプラリー。5種類のトビハゼイラストスタンプを集めます。
 用紙は管理事務所にて配布します。

・管理事務所・・・作ってみよう
 マスコット色塗り(100円)
  石粉粘土で作ったトビハゼマスコットにアクリル絵の具で彩色。
 バンダナ作り(200円)
  目と尾ビレの付いた三角巾にカラーペンで自由に模様付け。
  11時からと14時から。各回先着15名。

どうぞお楽しみに。

posted by スタッフN at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

保護区鳥情報6/3・いちかわ環境フェア終了

2017年6月3日の保護区鳥類調査の結果です。

キジ
カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
コチドリ
トビ
コゲラ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ドバト
22種

1.ツバメの若鳥(4羽)が親鳥が通るたびに鳴いて
  餌をねだっている様子でした。(丸浜川のアシ原)
2.ツバメが草刈り後の枯れ草や泥を集めていました。(湊池棚田)
3.前回失敗の田の字池のカイツブリは、巣造り中です。
4.スズメとムクドリの若鳥が急に増えた感じです。
5.北池には少なくとも3羽のオオヨシキリが囀っている
  ようです。
(スタッフK)

4日、市川市のニッケコルトンプラザと現代産業科学館を会場に
開催されたいちかわ環境・防災フェア2017に出展しました。
DSCN5692.jpg
友の会パネルの様子
DSCN5681.jpg
今回は千葉商大の学生さん2名がボランティア
として手伝ってくれました。暑い中着ぐるみ
お疲れさまでした。

DSCN5678.jpg
展示に使用したトビハゼ。
本日放送の「ダーウィンが来た」はトビハゼ特集
でしたがご覧いただけたでしょうか。番組中では
有明海が取り上げられていましたが、東京湾奥にも
生息しています。江戸川放水路などでも観察出来ますが、
是非6月10日のトビハゼ祭りで実物をご覧ください。
(スタッフN)
posted by スタッフN at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

近況6月初頭

暑い日が続きますね。

丸浜川沿いではだいぶビワの実が色づいてきました。
DSCN5668.jpg
今年は実が大きめ。食べ頃になるのは来週辺りでしょうか。(2日撮影)
※味見程度に摘まむのは構いませんがビニール袋に大量に
 持ち帰ったり枝を切り取っての採集はご遠慮下さい。

カルガモの親子は健在。どうやら11羽連れと10羽連れ
と二組いるみたい?
DSCN5675.jpg
(3日撮影)


いよいよ来週10日はトビハゼ祭りです。

20170602_115022_00002.jpg

2日、南風が強く日中はなかなか潮が引きませんでした。
トビハゼルート木道ではちゃぷちゃぷ浮かぶ渡り板に
トビハゼたちが休憩していました(撮影:スタッフY)

明日4日のいちかわ環境・防災フェアでは友の会ブースにて
トビハゼを水槽展示します。
取り上げられます。10日の予習に是非どうぞ。

posted by スタッフN at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする