2020年08月08日

セミの羽化を観察してみよう

毎年今頃は観察舎芝生帯でセミ羽化観察会を開催しているのですが、
今年は新型コロナウィルスの影響で開催中止としています。

けれどもセミは梅雨も明けましたしどんどん羽化をしていますので
観察自体は何の問題も無くできます。この週末は懐中電灯と虫よけ
装備で夜の散歩はいかがでしょうか。

1.下見
まずはセミが居なければ話になりません。日中公園などで
羽化していそうな場所に当たりを付けておきましょう。

チェックポイントは
・地面に人の指ほどの穴が開いている
KIMG1038.jpg
幼虫は地中で木の根から養分を吸っています。
大きな木の周りをのぞいてみましょう。

・抜け殻を探す
KIMG1040.jpg
KIMG1065.jpg
DSCN5237.jpg
地面から出た幼虫は木を登り、葉先で羽化を始めます。
丈の低い草やベンチ等の人工物でも気にしないようです。
ちょうどいい場所があるのか好みが似るのか集中している
場合も。


2.観察
早ければ夕方6時半頃から出始める個体もいるようです。
地面を歩く幼虫を踏まないようライトは足元から照らしながら
移動しましょう。

ポジションが決まったら背中に切れ目が入り、脱皮が始まります。
DSCN9580.jpg

エビぞりで脚が出たら
DSCN9597.jpg

体を元に戻して尾部を引き出します。
DSCN9592.jpg

そのままぶら下がり、翅を伸ばしていきます。
DSCN9599.jpg

背中から出始めてから上の画像の状態になるまで
約小一時間。この後、翅が乾くまでじっとしています。
KIMG1049.jpg
右の個体はだんだんアブラゼミっぽく色づいている。

この間セミには手を触れてはいけません。翅がうまく
固まらずに飛べなくなってしまいます。


たいていお子さんは途中で飽きてしまい、最後まで見て
感動しているのは保護者の方だったりしますが、夏の夕涼み
がてらチャレンジしてみてください。

蚊に刺されまくるので虫よけは必須。場所によっては
住宅地も近いので騒いだりして通報されないようご注意ください。

観察舎の敷地では駐車場から観察舎までの芝生帯、特に
白鷺公園から観察舎の区間が見やすいです。外灯は無いので
枝や木の根には気を付けて。


おまけ
KIMG1064.jpg
8日、野鳥病院仮設禽舎に落ちていたトビのペリット。
アブラゼミ幼虫の破片が多数。小屋の網内外に
抜け殻が付いていますが、運悪く食べられてしまう
個体もいるようです。
posted by スタッフN at 12:17
"セミの羽化を観察してみよう"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。