2020年05月29日

近況5月下旬

多くの鳥たちは繁殖のシーズン。野鳥病院にもヒナの問合せや入所
が増えています。

DSCN7106.jpg
DSCN7107.jpg
巣立った小鳥たちはカヤに入れて飼育

DSCN7109.jpg
本日入所したのはカルガモのヒナ。生後4、5日と
いったところでしょうか。

たいていの場合は親鳥がいて世話をするので
持ち帰って元の場所に戻してもらう事も多いです。
基本的にはヒナは拾わないようお願いします。

ヒナをみつけた(日本野鳥の会)


DSCN7103.jpg
保護区の中は草たちがもりもりと育ってます。
今年は観察会を休止しているのとコロナ対応で
スタッフの出勤日が減っているのもありどこもかしこも
伸び放題。気が付いたら通行不能な観察ルートも。

DSCN7104.jpg
左右から伸びる草を刈り倒し、路面上は自走式草刈機で
整えます。そろそろ観察会再開も見えてきたので
準備を間に合わせねば。



posted by スタッフN at 20:12
"近況5月下旬"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。