2019年12月14日

保護区鳥情報12/14

2019年12月14日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ツミ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ヒレンジャク
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ
アオジ、オオジュリン
ドバト
43種

1.カワウのディスプレイが始まりました。樹上で羽をパタパタさせて、
  グルルルル…と声が対岸まで聞こえてきます。
2.ツミ雄(先々週も北池で確認されてます)、オオタカ若鳥、ノスリは2羽。
3.ヒレンジャク2羽。
4.カモ類はさらに少なくなりました。スズガモは130羽ほど、キンクロハジロ4羽、
  ホシハジロ2羽。他のカモ類も数羽づつといったところです。
(スタッフK)

DSCN2418.jpg
ヒレンジャク(撮影スタッフYM)
午前中通路の白鷺公園近くで見られたとのこと。
posted by スタッフN at 19:53
"保護区鳥情報12/14"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。