2019年06月01日

保護区鳥情報6/1

2019年6月1日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アマサギ、アオサギ、ダイサギ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
19種

1.カワウの巣数は急に減っているようです。葉が茂って数え損なっているものも
  あると思いますが1050個ほどを数えました。カワウの若鳥は下北岬、上北岬な
  ど保護区の海岸線にあふれかえっています。
2.アマサギ。(新浄化池)
3.オナガガモのペアがまだ残っています。(旧淡水池)
(スタッフK)

DSCN3179.jpg
下北岬に集まるカワウたち(5/31撮影)
DSCN3151.jpg
上北岬のカワウ(5/31)

アマサギは昨日が今シーズン初認。
DSCN3027.jpg
5/31浄化池
DSCN3645.jpg
6/1浄化池。前日とは別個体

DSCN3670.jpg
6/1、先週のボランティアデーに続く田植え2回目を
実習に来ていた千葉保健医療大学の学生さんに
やっていただきました。

DSCN3652.jpg
先週植えた田んぼではツバメが泥を採取してました。
DSCN3686.jpg
ついばんだ跡でしょうか。

DSCN3693.jpg
アマガエル。今年は姿も鳴き声も多いです。
(スタッフN)
posted by スタッフN at 20:45
"保護区鳥情報6/1"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。