2019年04月13日

保護区鳥情報4/13

2019年4月13日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
バン、オオバン
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
セッカ
ムクドリ
シロハラ、アカハラ
スズメ
カワラヒワ
アオジ、オオジュリン
37種

1.エナガ2羽(ウラギクカニルート)。エナガは昨年、保護区で若鳥が
  確認されており保護区もしくは近隣で繁殖したようです。今年も
  今見られるということは繁殖しているかもしれません。
2.チュウサギ少なくとも3羽。(今季初認は3/31)
3.冬鳥のユリカモメ、セグロカモメ、ツグミは見られませんでした。
  キンクロハジロ145羽、スズガモ202羽と急に少なくなりました。
4.カワウの巣は計1598巣を記録しまだまだ増えています。人工巣台も
  利用していて53巣。緑の国に1巣あるようです。
(スタッフK)

ここ数日欠真間三角でヒクイナが鳴いています。本日は下池でも
鳴き声が聞こえてきました。

KIMG0344.jpg
本日下池沿いの観察路に落ちていたのは
KIMG0343.jpg
フグでした。クサフグでしょうか。
(スタッフN)
posted by スタッフN at 23:32
"保護区鳥情報4/13"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。