2016年12月17日

野鳥病院鳥インフルエンザ対応について(12/17)

野鳥観察舎野鳥病院では、国内での鳥インフルエンザ発生状況に
伴い、2016年12月より鳥インフルエンザリスク種について
外傷のある場合のみ受け入れとしていましたが、
本日より今シーズンは一切受け入れを停止することとなりました。
※2017年5月12日解除となりました。

〇受け入れ不可(鳥インフルエンザリスク種。千葉県内生息種のみ記載)
・カモ類・カモメ類・サギ類・クイナ類(オオバンなど)・カイツブリ類
・タカ類・ハヤブサ類・フクロウ類・カワウ

〇受け入れ可
・上記以外の種類(スズメ目の小鳥など)

傷病野鳥を保護された方には大変申し訳ないのですが、
受け入れ不可の種類の場合は元の場所に戻すか保護場所近くの
水辺に放してください。



posted by スタッフN at 16:26
"野鳥病院鳥インフルエンザ対応について(12/17)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。