2015年12月30日

観察舎休館関連

野鳥観察舎の休館に関していろいろと
応援や支援のメッセージ、あるいはお問い合わせ
を多数いただいています。聞かれる事の多い
事項をまとめてみました。

Q1:なんで休館なの?
A1:観察舎建物の耐震強度不足のためです。
 2015年夏の耐震診断の結果、基準と比べかなり数値が
 悪いため、利用者の安全確保のため2015年12月28日
 から無期休館となりました。

Q2:いつ再開するの? 補強工事や建替えはするの?
A2:(2018年10月11日追記)
 ・本年4月1日をもって観察舎は廃止されました。当項目への掲載
 が遅れてすみません。11月上旬から2019年3月まで解体工事が
 行われます。工事期間中は観察舎前の通路は通り抜け不可となり
 ます。ご注意ください。

A2:わかりません。
 千葉県は行政改革審議会において公の施設の見直しを
 進めており、野鳥観察舎については廃止の方向で検討
 となっています。この答申の結果が出てからの判断と
 なります。
→千葉県行政改革審議会 平成27年度第2回概要
 資料2-3のPDFに観察舎の項があります。
→(2016年1月9日追記)
 平成27年度第3回(1月19日開催)にて観察舎の審議が
 行われるとの事。 
→(2016年1月22日追記)
 新聞報道・傍聴者によると1月19日の結論は
 「県の施設としては廃止せざるを得ない」
 「現行の建物 は解体するのが適切」
 「解体後について、県と市川市で協議を進めてほしい」
 との事で、継続審議となっているそうです。
 (2016年7月23日追記)
 県の方針が告知されました
→(2018年11月21日追記)
 観察舎跡地には市川市が観察施設を設置する方向で県と市の
 協議が進んでいます。


Q3:観察舎以外はどうなるの?
A3:継続して活動いたします。
 野鳥病院や保護区管理業務、保護区観察会・緑の国
 は今まで通りです。駐車場も利用可能です。観察舎
 の建物のみが(1階ポーチやトイレも)利用できません。
 団体利用等についてはご相談ください。
 (2018年10月11日追記)
 2018年11月上旬~2019年3月下旬まで解体工事が行われます。
 期間中は原則として駐車場から観察舎までが通行止めとなり、
 一般の方の駐車場利用も出来なくなります。

Q4:トイレはどうなるの?
A4:管理事務所のトイレまたは近隣の公衆トイレをご利用ください
  最寄りは福栄公園(24時間)か福栄スポーツ広場
 (9-17時・毎月最終月曜休)となります。
 いずれも事務所より徒歩約10分。

 仮設トイレは駐車場に移動しました。解体工事期間中は施錠して、
 観察会時のみの利用となります。


Q5:職員はどうなるの?
A5:野鳥病院隣の管理人棟に移って業務を継続しています。
   観察舎清掃担当のシルバー人材センタースタッフは派遣終了です

Q6:何か支援したいのだけど、どうすれば?
A7:千葉県へ声を届けてください。
 まずは皆さんの意見を千葉県へ伝えてください。

 利用者有志による署名活動も始まっています。
 ・行徳野鳥観察舎を愛する者
  早期再開を要望します!(change.org web署名)


休館中は色々とご不便やご迷惑をおかけいたしますが
どうぞよろしくお願いいたします。


posted by スタッフN at 22:45
"観察舎休館関連"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。