2018年09月26日

明日のキノコ観察会は決行予定

明日27日(木)予定のキノコ観察会ですが、
雷雨等よっぽどひどく荒れなければ予定通り開催いたします。

DSCN3471.jpg
〇キノコ観察会 10時~15時 当日受付
講師:糟谷大河さん(千葉科学大学)
集合:9時45分観察舎駐車場
持物:昼食・筆記用具
参加費:大人200円・中高生100円・小学生以下無料
内容:午前・保護区内にてキノコ観察
   午後・講座「キノコと虫たち」
      机上観察
※天候状況により保護区立入りと講座を入れ替える可能性もあります。
※この観察会は千葉県環境財団の助成を受けて開催します。
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 17:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

連休中の行事から

9月2回目の3連休の行事報告です。

DSCN3700.jpg
湊池棚田のヒガンバナが見頃を迎えています。

DSCN1331.jpg
アケビの実も開き始めました。

〇22日(土)
・ボランティアデー「稲刈」
20180922_131951_00002.jpg
20180922_143654_00002.jpg
先週は雨続きで足元がぬかるみ稲は倒れてとても
やりづらかったです。1枚分が終了しましたが、
倒れて水に浸かっていた稲穂が発芽しており、
3分の1弱は刈り倒したままにしました。
DSCN1336.jpg

・夕暮れ観察会
〇断続的に降り続いた雨が午後から上がった。夕陽に赤く染まる雲が美しい。
 終盤には雲の切れ間に、4惑星(火星、土星、木星、金星)と月が輝いた。
〇鳥影は少なめだがエナガの群れに遭遇。梢を飛び交い、やがて次々に飛び
 出していく。長いしっぽがかわいい。水辺の猛禽、ミサゴも暮れなずむ空
 を飛んでいく。
〇畦道をふわふわと舞うアオモンイトトンボの群れ、力強く飛びまわるギンヤンマ。
〇虫のコーラス最高潮。アオマツムシ、マツムシ、エンマコオロギ、カンタン、
 ヒロバネカンタン、ハヤシノウマオイ、ケラなど。
〇トビハゼ、ベンケイガニ(黒・赤とも)、オニグモ(でかい)。アマガエル(声のみ)など。
 様々な幻想的なキノコが観察路を彩っていた
DSCN1332.jpg
★次回は10月27日16時から(集合時間が30分早くなります。ご注意ください)。
 モズやカモなど、秋の夕暮れにふさわしい鳥たちも来ているでしょう。
 (担当D)

〇23日(日)
・フィールドミュージアム「カニの巣穴を見てみよう」
DSCN1375.jpg
小島岬でコメツキガニの巣穴に石膏を流し込み、
巣穴の型を取ってみました。
DSCN1407.jpg
DSCN1413.jpg
採れた巣穴の形。入口付近が少しすぼまっています。

DSCN7486.jpg
長めなのはヤマトオサガニの巣穴。斜めに平べったい形。

DSCN1408.jpg
クロベンケイガニの巣穴。5㎏分の石膏を流し
込みましたが全ては掘り出せず。思ったより中は
広そうです。掘った土はどこにいってるんでしょうね?




ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 11:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

ケリが出た

18日、保護区小島岬に久しぶりにケリがいました。
2005年以来になるでしょうか。

その他エゾビタキ・コサメビタキ・キビタキに
サンコウチョウも見られたそうです。

22日(土)のボランティアデーは稲刈りを予定して
いますが、今週は夜に豪雨が続いておりなかなか
水が抜けません。

23日(日)はフィールドミュージアム。カニの巣穴に
石膏を流して形を取り出してみます。
DSCN7451b.jpg
DSCN7486.jpg
メインはコメツキガニですが、昨年断念した
クロベンケイガニの穴も再挑戦する予定。

DSCN3485.jpg
20180918_150550_00001.jpg
来週木曜27日はキノコ観察会。先月はカラカラに乾燥した
保護区でしたが今月はたくさん見られそうです。

午前10時〜午後3時(午前だけ、午後だけ参加OK)
参加費:大人200円、中学生以上100円、小学生以下無料
集合:9時45分観察舎駐車場
午前は行徳保護区にてキノコの観察会、昼食を挟んで午後は
隣接するかもめ自治会集会所にて講演「キノコと虫たち」、
机上観察会
講師:糟谷大河(千葉科学大学)
posted by スタッフN at 14:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

ヒガンバナ開花

野鳥病院の脇でヒガンバナが咲きだしました。
DSCN9429.jpg
posted by スタッフN at 16:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

膨らむ鳥

野鳥病院に収容している鳥は主に衝突事故が多いのですが、
気嚢という器官の損傷で体内に空気がたまってしまう事が
たまにあります。

P9132175.jpg
背部が風船のように膨らんだヒヨドリ幼鳥。

たいていは自然に傷が塞がるようで、その内
体内への空気漏れは無くなるのですが、治るまでは
たまに針で空気を抜いてやる必要があります。

P9132176.jpg
空気抜き後。

本人たちはあまり気にしていないように見えるのですが、
息苦しかったりつっぱり感があったりするのでしょうか。

ちなみに画像のヒヨドリは巣立ちビナ。他の小鳥と比べると
ヒヨドリはまだ飛べない段階でもう巣から出てしまいます。
たいていは親鳥が面倒を見ているので野外で見かけても
基本的には放っておいて大丈夫です。
ラベル:傷病鳥
posted by スタッフN at 19:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

近況9/13

今週は過ごしやすい気温ですがこのまま秋になって
くれるといいですね。

野鳥病院収容中だったオオグンカンドリは残念ながら
今朝方お亡くなり。少し調子が良くなっていたのに無念。

浄化池のアカエリヒレアシシギは11日を最後に観察されていません。


DSCN3214.jpg
10日の降雨で旧淡水池の水位も戻りつつあります(11日撮影)

DSCN3153.jpg
9日時点の旧淡水池

野鳥病院裏ではヒガンバナの茎が伸びてきています。
開花も後数日といったところでしょうか。
DSCN1292.jpg

週末、15日(土)はクモ観察会(10時集合・参加費100円)
小雨決行ですがちょっと天気が不安です。以下の画像は
観察会担当の(昆)虫班の12日調査から。
チュウガタシロカネグモ.JPG
チュウガタシロカネグモ

メスジロハエトリ♂.JPG
メスジロハエトリ♂

posted by スタッフN at 23:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

明日NHKにて保護区映像放映

9月1日に取材対応した映像が明日のNHK
ひるまえほっと(11時5分~11時30分)にて放映
されるそうです。

保護区のほかに梨園や江戸川放水路など市川市の紹介
がされます。6日の首都圏ネットワーク内にて放映
されたものよりちょと長めのバージョンになるとのこと。

posted by スタッフN at 16:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

アカエリヒレアシシギ

アカエリヒレアシシギは本日も見られました。
ツメナガセキレイは見当たらず。

DSCN1284.jpg
本日のミニガイドはアカエリヒレアシシギを見に行きました。
人を恐れないというか気にしないようで近くまで寄ってきました。
(画像の黒丸内)

DSCN1289.jpg
ナンバンギセル。今年はまだ少ないです。

DSCN1291.jpg
野鳥病院のオオグンカンドリは本日大部屋本体に
出してみました。入所当初よりは元気になったものの
まだまだ放せそうにはないです。
posted by スタッフN at 17:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

9月6日ヒレアシシギ

本日の平日観察会時に浄化池でハイイロヒレアシシギが
観察されました。
DSCN1235.jpg
DSCN1237.jpg
台風の影響で流されてきちゃったのでしょうね。
保護区では2001年5月以来の記録。
(17:55追記。色々と調べてみましたが、
 どうもアカエリヒレアシシギのよう?それだと
 2002年以来の記録となります。)



DSCN1255.jpg
こちらも久しぶりのジムグリ。
ラベル:鳥情報 爬虫類
posted by スタッフN at 12:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

台風過ぎて

猛烈な勢いの台風21号でしたが、保護区周辺は風でいくつか枝が
折れた程度で通過していきました。トビハゼルートの木道が一部
流されたり小島岬の止まり木が折れてしまったのはその内直さなくては。

風は強かったものの降水は大してなく、干上がりかけの旧淡水池は
あまり水位は変わりませんでした。シギチ類にはちょうどよいみたい
でアオアシシギやコチドリがよく入っているようです。

DSCN1156.jpg
8月30日時点の旧淡水池。池中央部に埋設してある
遮水シートの縁部分が白っぽく見えています。

DSCN2875.jpg
本日の旧淡水池。水面は画面右奥に水たまり程度。
乾いた池底には草が生えてきています。
DSCN2869.jpg

DSCN2955.jpg
ヒメアマツバメが飛んでいた模様。

DSCN2786.jpg
4日にはクロハラアジサシが見られたそうです。

(以上画像撮影スタッフYM)
ラベル:近況
posted by スタッフN at 15:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

グンカンドリその後

先週保護区周辺で観察されたグンカンドリは、
27日を最後(29日にも飛んだみたいですが)に
見られなくなった模様。外洋に戻ってくれてる
と良いのですが。

野鳥病院収容中のオオグンカンドリは入所当初と
比べると回復したようですが、まだ立てないまま。
現在大部屋に収容中ですが外からは基本見えません。

ずっと床にいると尻周りが汚れてよろしくないので
本日は一時的に脚立の上に載せて様子を見ました。
DSCN1176.jpg
止まり木に止まれるくらい回復してくれると
希望が持てるのですが・・・

ラベル:鳥情報 傷病鳥
posted by スタッフN at 20:37| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

9月行事案内

2018年9月の保護区等行事予定です。
特記なければ野鳥観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止

〇定例行事
・6日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。

・9日(日)新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
 (日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催)
 参加費200円(18歳未満無料)・雨天決行
 持物:昼食・観察道具(あれば)
 保護区に直接向かうショートコース(13時半頃解散)と、バスで
 江戸川放水路経由のロングコース(15時半頃解散、別途バス代400円)
 があります。いずれも観察舎前で解散。
 天候等により1コースのみとなる場合もあります。

・22日(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。稲刈りか観察路整備を予定。
 夕暮れ観察会 16時半~18時半
  日没前後の保護区を歩きます。虫の音の最盛期。心地よい音色を楽しみます。

・毎週日曜日・祝日 定例園内観察会 13時半~15時半
 普段は入れない保護区の中を2時間ほど案内します。

・8日(土)ミニガイド 13時半
  行事等のない土曜開催。30分~小一時間ほど観察舎周辺のミニ観察会。

〇その他行事
・15日(土)クモとあそぼう~クモ観察会~ 10時~14時 小雨決行
 参加費100円 午前の部10時~12時 午後の部13時~14時
 持物:観察用の透明な容器(小さめが便利)・クモ図鑑(あれば)
    昼食(午後も参加の方)
 保護区に生息する色々なクモを探して観察します。午前のみ参加も可。
 参加者にはオリジナル缶バッジを進呈。
 講師:新井浩司さん(日本蜘蛛学会会員)
 ※千葉県環境財団の助成を受けて開催します。
DSCN9420.jpg

・16日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 小雨決行
 保護区水辺に前日設置の網を回収して採集された魚やエビ・カニ類を調べます。
 午前のみ参加も可。
 持物:軍手・長靴・筆記用具・昼食

・23日(日)フィールドミュージアム「カニの巣穴を見てみよう」
 10時~14時半頃 小雨決行
 参加費50円 持物:軍手・長靴・筆記用具・昼食 
 カニの巣穴に石膏を流して、巣穴の形を調べてみます。
 講師:桝本輝樹さん

・27日(木)キノコ観察会 10時~15時 要申込 小雨決行
 参加費:大人200円・中高生100円・小学生以下無料
 持物:昼食・筆記用具
 午前中は保護区でキノコを探し、午後は専門家の解説を交え詳しく観察。
 講師:糟谷大河さん
 ※千葉県環境財団の助成を受けて開催します。

・29日(土)やちょかん祭り 10時~15時 荒天翌日
 秋の恒例行事。今年はいつもより早めの開催となるため稲の脱穀体験は
 ありませんが、その他はいつも以上に力を入れてます!?


申込・問合せ:行徳野鳥観察舎管理事務所 047-397-9046(TEL/FAX)
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 19:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

8月残りの行事予定

夏休みも残り少なくなりました。
先週末の気温低下の辺りからセミたちも
一息ついたようで、だいぶ鳴き声も姿も
減ってきた感じです。

今後の行事等情報です。いずれも参加無料・当日受付・観察舎玄関前集合

〇8月25日(土)
・ボランティアデー 13時~15時半頃 雨天中止
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。8月は市川市夏休み体験ボランティア
  対象事業です。参加者には参加証と市川エコボカード(20ポイント)を贈呈。
  作業は海岸部のゴミ拾いや棚田の草抜きを予定。
  持物:長靴(あれば)・軍手・帽子・飲料
・夕暮れ観察会 16時半~18時半 雨天中止
  日没前後の保護区を歩きます。日中の暑さも落ち着いてくる頃。虫の音も
  だんだん増えてきました。

〇8月26日(日)
・キノコ調査 10時~15時頃
  保護区で月一回キノコ調査をしているキノコ班。今月は一般参加者と一緒に
  調査。午前は保護区を回り、午後は管理事務所にてキノコの検証をします。
  要申込・昼食 小学4年生以上推奨。学生の方は交通費支給あり。
  ※観察会ではありません。9月27日(木)と11月3日(土・祝)に講師を招いての
   観察会開催予定。
・定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
  普段は入れない保護区を歩く観察会。気温等の状況により短縮して開催する
  場合があります。

その他
〇東京湾ぐるっとスタンプラリー 9月2日まで
 東京湾岸11施設を巡るスタンプラリー。3ヶ所・6ヶ所で記念品あり。コンプリート
 した方には抽選で10名に東京湾セットを贈呈。
 DSCN9400.jpgDSCN9401.jpg
 全て回るのは結構大変ですが、この機会に訪れてみてください。

〇浦安市郷土博物館企画展示 9月2日(日)まで。入場無料
 キミの街で会える! 鳥と自然大百科[行徳・浦安編]
  浦安市郷土博物館・浦安野鳥の会と行徳野鳥観察舎友の会の共同企画。
  浦安・行徳地区で見られる野鳥を中心とした生き物を写真や標本で取り上げました。
  同時開催中の「もっと知りたいふるさと浦安」(8月31日まで)とあわせて
  どうぞご覧ください。東京湾スタンプラリーのポイントでもあります。
 会場:浦安市郷土博物館 2階企画展示室前~1階階段壁面
 時間:9:30~17:00(入館は16:30まで。月曜休館日)
 DSCN1102.jpgDSCN1105.jpg
ラベル:行事等情報
posted by スタッフN at 19:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

オオグンカンドリ

DSCN1110.jpg
8月20日、銚子にて釣り糸が絡んで飛べずにいたところを
保護されたオオグンカンドリ。本日午前、九十九里海岸にて
放鳥すべく野鳥病院を出発しました。無事飛んでいけますように。
(17:25追記。無事飛んで行ったとのこと)


野鳥病院では2016年に続く2例目。
(2016年入所の個体は、当時コグンカンドリとしていましたが、
各部の測定値から後日オオグンカンドリと判定)

※2018年8月24日19:35追記。最後の括弧内の表記が紛らわしかった
 ので修正しました
ラベル:傷病鳥
posted by スタッフN at 11:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

本日の保護区

DSCN0619.jpg
青潮は完全ではないものの解消したようで、本日
千鳥水門を開放しました。水門の外側は魚貝が
死んだ臭いが漂っていました。

DSCN0601.jpg
保護区では珍しいジャコウアゲハ

DSCN0627.jpg
オオカマキリに捕食されるアブラゼミ

DSCN0645.jpg
ベッコウクモバチがオニグモを捕らえたようです。

DSCN0640.jpg
水路のクロベンケイガニ。
明日のフィールドミュージアムは「カニ」がテーマです。
何種類見られるでしょうか。

posted by スタッフN at 16:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

青潮続報と週末行事案内

DSCN1387.jpg
本日も千鳥水門外側は青潮で開放できませんでした。

DSCN1388.jpg
ウミネコが多数集まっていました。
DSCN1316.jpg
カキ礁に集まるサギ類。
左からダイサギ・チュウサギ・コサギ・チュウサギ

DSCN1459.jpg
死んだり弱ったりした魚たち狙いの様です。

DSCN1371.jpg
水門堤防上で休むウミネコとカワウ。

DSCN1357.jpg
ウミネコの若鳥も混じってました。

DSCN1407.jpg
保護区内ではセイタカシギ4羽。先月のとは別グループ?

DSCN1468.jpg
夕方、コアジサシが50羽近く飛び交っていました。
縮小したのでわかりづらいですが、中央部を左
から右に向かって飛んでいます。
(以上撮影・スタッフYM)

それでは週末の行事情報です。いずれも当日受付。
新浜探鳥会以外は観察舎玄関前集合。
暑い盛りです。飲料は必ずお持ちください。
(8/11追記。現在観察舎玄関前の自販機は500ml
 ペットボトルは大半が売切れとなってます)

〇11日(土・祝)
・定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
気温状況によっては短縮開催となります。

・セミ羽化観察会 18時半~20時半 雨天中止
参加費:1組300円 要虫よけ・懐中電灯
※今年は観察舎玄関前集合です。ご注意を!
観察舎前の芝生帯で羽化するセミの姿を探します。
今年はセミの出が早くピークは過ぎています。
ゼロということは無いと思いますが、例年と比べると
探すのが大変そうです。

〇12日(日)
・フィールドミュージアム「カニカニ大行進」 10時~14時半頃
小雨決行・荒天中止 参加費50円
保護区には20種近いカニが生息していますが、ベンケイガニの仲間を
中心に色々なカニを探して形や生息場所の違いを観察してみましょう。
要昼食・長靴・筆記用具・軍手

・定例新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅駅前広場
参加費200円(18歳未満無料) 要昼食
日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催。
保護区に直接向かうショートコースと江戸川放水路経由のロング
コース(別途バス代400円)があります。
じっくりと鳥を見たい人、初心者にもおススメです。
詳細はこちらで(日本野鳥の会東京HP)

・定例園内観察会
 13時半~15時半 雨天中止
気温状況によっては短縮開催となります。

問合せ:野鳥観察舎管理事務所 047-397-9046
posted by スタッフN at 18:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

台風過ぎて

台風13号はだいぶ東寄りを進んだため保護区周辺では
これといった被害はありませんでした。

もう少し降ってくれてたら池の水位も回復(雨水頼りの
旧淡水池と鴨場北池は水位低下中)したのですが・・・

高潮警戒のため前日から閉鎖していた千鳥水門は、青潮が
発生していたため本日も閉鎖のまま。

DSCN0571.jpg
東京湾とつながる千鳥水門上から千鳥橋方向。
右側が保護区内、左側が保護区外。

DSCN0565.jpg
水面近くをアカエイが泳いでいました。
DSCN0566.jpg
魚たちも水面に集まってました。これはマゴチ?

DSCN0572.jpg
湊池棚田では稲穂が出ていました。

DSCN0594.jpg
堆肥置き場で生育中のトウモロコシ。
野鳥病院の鳩餌の残りから大きくなりました。
ラベル:近況 魚類 植物
posted by スタッフN at 17:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

8月行事案内

暑さの厳しい時期、帽子・飲料等熱中症対策はしっかりと。
特記ない限り観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止
8月3日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。平日午前の保護区を小人数でじっくりと。虫や
 植物に強い参加者が多いのでそちらに興味のある方も是非。

8月4日(土)虫捕り観察会 10時~12時
 幼稚園・小学生とその保護者10組・参加費1組300円・要申込
 バッタやカマキリなど虫を捕まえて観察します。
 ※保護区内で捕まえた虫は持ち帰りできません。観察後野に放します。
 持物:帽子・飲料・捕虫網・虫かご

8月11日(土・祝)セミ羽化観察会 18時半~20時半 参加費1組300円
 観察舎前の芝生広場で羽化するセミの様子を観察します。
 持物:懐中電灯・虫よけ

8月12日(日)フィールドミュージアム「カニカニ大行進」10時~14時半頃 荒天中止
 参加費50円
 保護区には20種近いカニが生息しています。その中でもベンケイガニの仲間を中心に
 いろいろなカニを捕まえて観察してみましょう。
 持物:軍手・長靴・帽子・飲料・昼食

 定例新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
 参加費200円(18歳未満無料) 毎月第2日曜開催・雨天決行・要昼食
 保護区に直接向かうショートコースと江戸川放水路経由のロングコース
 (バス代400円)の2コース。解散はいずれも観察舎前。天候状況等により
 どちらか片方のコースのみとなることもあります。
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催

8月18日(土)夜の生き物観察会 19時~20時半 雨天・荒天時翌日
 小学生以上定員30名・要申込・参加費大人200円中高生100円小学生以下無料
 夜の保護区で、灯りや蜜に引き寄せられる虫や暗闇の中活動する生き物たちを
 観察します。
 持物:懐中電灯・虫よけ

8月19日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 荒天中止
 保護区水辺の生きもの調査。前日に仕掛けておいた網を回収して
 採集された魚やエビ・カニ類などを調べます。午前は採集、午後は
 同定・計測作業。午前のみ・午後のみ参加可
 持物:長靴・軍手・帽子・飲料・筆記用具 昼食(午後も参加の方)

〇8月25日(土)
 ・市川市自然環境講座 10時~12時
  市川市主催の保護区カニ観察会。参加方法等詳細は8月4日の市川市広報にて。
 
 ・ボランティアデー 13時~15時半頃 雨天中止
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。海岸部のゴミ拾い他。
 7月と8月は市川市の夏休み体験ボランティアの対象事業です。
 参加者には参加証とエコボカード(20ポイント分)を差し上げます。
 持物:軍手・長靴(あれば)・帽子・飲料

 ・夕暮れ観察会 16時半~18時半
 日没前後の保護区を歩く観察会。日中の暑さも多少は落ち着いているでしょうか。
 季節が進むごとに虫の声も増えてきます。コガモはもう飛来しているでしょうか?

〇8月26日(土)キノコ調査 10時~15時頃 要申込・昼食
 昨春から保護区で月1回の自主調査をしているキノコ班の調査日。普段は
 参加できない社会人・学生の方大歓迎。

毎週日曜・祝日 定例園内観察会 13時半~15時半
 普段は入れない保護区内をスタッフが案内します。夏場は気温状況により短縮して
 開催する場合がございます。

申込・問合せ
行徳野鳥観察舎管理事務所 047-397-9046
tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp(行徳野鳥観察舎友の会)
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 14:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

8/1~9/2東京湾ぐるっとスタンプラリー

明日8月1日(水)から9月2日(日)まで
スタンプラリーやります。
2018スタンプラリーポスターr.jpg

昨年6~7月に実施した東京湾岸施設を巡るスタンプラリー。
今年は参加施設も増えた拡大版として開催します。
スタンプ3個でポストカード、6個でクリアファイル、11個
で東京湾セット(中身はお楽しみ)がもらえます。
(いずれも先着順、東京湾セットは抽選、施設によりポストカード
やクリアファイルが異なる場合があります)

こちらは「行徳鳥獣保護区」として参加していますので
来場の際にはぜひスタンプを押して行ってください。
DSCN9332.jpg
スタンプ設置場所(管理事務所玄関)
DSCN9333.jpg
他参加施設のパンフレットもあります
DSCN9334a.jpg
保護区スタンプ押印見本。各施設紹介欄の丸い
点線内に押していく形式です。

大半は東京湾奥部に集中していますが、館山から観音崎まで
東京湾を文字通りぐるっと回るスタンプラリーです。
コンプリートは大変ですが、この機会にぜひ足を運んでみて
下さい。各施設のミニレポートも付ければ夏休みの自由研究
にも使えそうです。

     ふなばし三番瀬環境学習館 
     行徳鳥獣保護区(友の会HP)
     東京都葛西臨海水族園 
     しながわ水族館(シート配布のみ)
     大師河原干潟館 
     観音崎自然博物館    
主催:東京湾の窓プロジェクトチーム 
協賛:光写真印刷株式会社
   マルハニチロ株式会社
   特定非営利活動法人日本国際湿地保全連合
後援:東京湾再生官民連携フォーラム
   東京湾の環境をよくするために行動する会
問合せ先:スタンプラリー事務局
   大森 海苔のふるさと館(担当:小山)TEL 03-5471-0333
   谷津干潟ワイズユース・パートナーズ(担当:芝原)TEL 047-454-8416
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 12:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

近況7月下旬

先週と比べると過ごしやすい一週間でした。

すっかり草むらと化した上池の草刈
20180727_103054_00001.jpg
27日10時半
20180727_172428_00003.jpg
27日17時半。午後は3人がかりでの作業。

DSCN0322.jpg
新浄化池ではサギ類が多数入っています。(25日)

DSCN0407.jpg
昨年度に続き今年も海洋教育教員研修の実地研修先
としてご利用いただきました(27日)

27日夜に野鳥病院に入所したのはルアーが絡んで
飛べず植え込みに居たアオサギ。
P7272160.jpg
P7272164.jpg
P7272165.jpg
左脚下腿骨と右足指に針が刺さり、糸が絡みついて
いる状態でした。釣り糸・釣り針事故はなかなか
無くなりません。

posted by スタッフN at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

夏休み保護区行事案内

今年もかなりの暑さになりそうです。保護区内は風が吹いていないと
厳しい暑さとなります。参加にあたっては体調や気温状況等を考え
無理の無いようお願いいたします。帽子・飲料必須。

特記なければ旧観察舎玄関前集合・当日受付・雨天中止・参加無料

7月22日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 荒天中止
 保護区水辺の生きもの調査。前日に仕掛けておいた網を回収して
採集された魚やエビ・カニ類などを調べます。午前は採集、午後は
同定・計測作業。午前のみ・午後のみ参加可
持物:長靴・軍手・帽子・飲料・筆記用具 昼食(午後も参加の方)

7月28日(土)ボランティアデー 13時~15時半頃 雨天中止
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。海岸部のゴミ拾い他。
 7月と8月は市川市の夏休み体験ボランティアの対象事業です。
 参加者には参加証とエコボカード(20ポイント分)を差し上げます。
 持物:軍手・長靴(あれば)・帽子・飲料

 ・夕暮れ観察会 16時半~18時半
 日没前後の保護区を歩く観察会。日中のツバメに代わり、アブラコウモリが
 宵闇を飛び回ります。虫の声も増えてきていることでしょう。

7月29日(日)フィールドミュージアム「夏休み自由研究」10時~14時半頃
 小雨決行・荒天中止 参加費50円 定員50名
 保護区小島岬周辺で干潟・水辺の生きものを調べてワークシート作り。
 拾い集めた貝殻でミニ標本箱を作ります。
 持物:軍手・長靴・帽子・飲料・昼食・筆記用具

8月3日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。平日午前の保護区を小人数でじっくりと。虫や
 植物に強い参加者が多いのでそちらに興味のある方も是非。

8月4日(土)虫捕り観察会 10時~12時 雨天中止
 幼稚園・小学生とその保護者10組・参加費1組300円・要申込
 バッタやカマキリなど虫を捕まえて観察します。
 ※保護区内で捕まえた虫は持ち帰りできません。観察後野に放します。
 持物:帽子・飲料・捕虫網・虫かご

8月11日(土・祝)セミ羽化観察会 18時半~20時半 雨天中止 参加費1組300円
 観察舎前の芝生広場で羽化するセミの様子を観察します。
 持物:懐中電灯・虫よけ

8月12日(日)フィールドミュージアム「カニカニ大行進」10時~14時半頃 荒天中止
 参加費50円
 保護区には20種近いカニが生息しています。その中でもベンケイガニの仲間を中心に
 いろいろなカニを捕まえて観察してみましょう。
 持物:軍手・長靴・帽子・飲料・昼食

 定例新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
 参加費200円(18歳未満無料) 毎月第2日曜開催・雨天決行・要昼食
 保護区に直接向かうショートコースと江戸川放水路経由のロングコース
 (バス代400円)の2コース。解散はいずれも観察舎前。天候状況等により
 どちらか片方のコースのみとなることもあります。
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催
8月18日(土)夜の生き物観察会 19時~20時半 雨天・荒天時翌日
 小学生以上定員30名・要申込・参加費大人200円中高生100円小学生以下無料
 夜の保護区で、灯りや蜜に引き寄せられる虫や暗闇の中活動する生き物たちを
 観察します。
 持物:懐中電灯・虫よけ

8月19日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 荒天中止
 保護区水辺の生きもの調査。前日に仕掛けておいた網を回収して
 採集された魚やエビ・カニ類などを調べます。午前は採集、午後は
 同定・計測作業。午前のみ・午後のみ参加可
 持物:長靴・軍手・帽子・飲料・筆記用具 昼食(午後も参加の方)

〇8月25日(土)
 ・市川市自然環境講座 10時~12時
  市川市主催の保護区カニ観察会。参加方法等詳細は8月4日の市川市広報にて。
 
 ・ボランティアデー 13時~15時半頃 雨天中止
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。海岸部のゴミ拾い他。
 7月と8月は市川市の夏休み体験ボランティアの対象事業です。
 参加者には参加証とエコボカード(20ポイント分)を差し上げます。
 持物:軍手・長靴(あれば)・帽子・飲料

 ・夕暮れ観察会 16時半~18時半
 日没前後の保護区を歩く観察会。日中の暑さも多少は落ち着いているでしょうか。
 季節が進むごとに虫の声も増えてきます。コガモはもう飛来しているでしょうか?

〇8月26日(土)キノコ調査 10時~15時頃 要申込・昼食
 昨春から保護区で月1回の自主調査をしているキノコ班の調査日。普段は
 参加できない社会人・学生の方大歓迎。

毎週日曜・祝日 定例園内観察会 13時半~15時半
 普段は入れない保護区内をスタッフが案内します。夏場は気温状況により短縮して
 開催する場合がございます。

申込・問合せ
行徳野鳥観察舎管理事務所 047-397-9046
tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp(行徳野鳥観察舎友の会)
ラベル:行事案内
posted by スタッフN at 20:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

明日から浦安市郷土博物館で写真展

今年度3回予定している保護区紹介の写真展。第1弾はお隣浦安市の
郷土博物館を会場に、郷土博・浦安野鳥の会と共催で企画展示を行います。
21日からの郷土博企画展示「夏休みふるさと浦安相談会」も合わせてどうぞ。


DSCN0346.jpg
〇キミの街で会える!鳥たちと自然大百科[行徳・浦安編]
会場:浦安市郷土博物館2階企画展示室前スペース及び階段壁面
期間:7月20日(金)~9月2日(日) 9時半~17時(月曜休館)入場無料
内容:行徳鳥獣保護区の生きもの写真展示
   浦安市で見られる野鳥
   浦安市内で保護された野鳥
   アホウドリ類2種のヌイグルミ展示
   顔出しパネル
   羽根展示など
期間中の土曜午後2時から4時まで、展示関係者が会場に詰めています。
尋ねたいことがありましたらどうぞお声をおかけください。

以下設営時の画像から。
DSCN0345.jpg
1階ロビー。左奥のエレベーター脇の階段から始まります。
DSCN0359.jpg
DSCN0354.jpg
DSCN0353.jpg
浦安野鳥の会による浦安市内各所の野鳥情報

DSCN0348.jpg
企画展示室内のケースでは市川市自然博物館より
お借りした身近な野鳥の剥製を展示。
この展示のみは7月21日~8月31日の公開。

image4.jpeg
企画展示室入口。このシルエットは何の鳥でしょうか。
正解は会場にて。


写真展第2回は9月シルバーウイーク頃、市川動植物園にて
開催予定です。

   

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 20:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

キノコ班夏の学生・社会人ウェルカムデー キノコ班調査員募集

180621ヌメリガサ科SP.jpg
ヌメリガサ科sp.

行徳キノコ班夏休み学生・社会人ウェルカムデー

行徳保護区では2017年4月より「キノコ班」が毎月1回、
生息する菌類(キノコ)の調査を行っています。

「調査」というと難しそうなイメージですが、保護区の森を
探索してキノコを見つけ、写真を撮って記録する「キノコ探し」と、
図鑑やウェブ情報を使ってキノコの種類を調べる「キノコの名前調べ」
を行っているのです。
180621観察中.jpg
調査中の様子

保護区の森はさまざまな生き物の宝庫。色とりどり、形も様々の
キノコもたくさん生息しています。保護区にどんなキノコが住んで
いるか、ほかの生き物とどんな関係があるのか。
それを調べるのが「キノコ班の調査」なのです。面白そうでしょ?

行徳キノコ班では、7月19日(木)と、8月26日(日)に夏のキノコ調査
を行います。

両日とも要昼食持参。
午前10時~12時 保護区でキノコ探し
午後1時~3時 管理棟にてキノコの名前調べ

どなたでも、参加表明してくだされば参加していただくことができます。
学生さん(学籍のある方。年齢不問)については交通費支給
一緒に、保護区でキノコを探しませんか?
もちろん! 社会人の方も大歓迎です!!!

ご興味ある方、下記のメール、電話までどしどしお問い合わせください。
メール  kvgwannyan@ybb.ne.jp (行徳キノコ班 中村)
電話  047-397-9046(行徳野鳥観察舎管理事務所)

180517ヒイロベニヒダタケ.jpg
ヒイロベニヒダタケ
ラベル:告知
posted by スタッフN at 13:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

7月行事情報

2018年7月の行事予定です。特記ない限り観察舎玄関前集合、
雨天中止・当日受付・参加無料

〇5日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。繁殖シーズンも終わりに近づいてきました。
 巣立ったカワウやサギたち、小鳥類の姿や虫などを探してみましょう。

〇8日(日)定例新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
 参加費200円(18歳未満無料) 毎月第2日曜開催・雨天決行・要昼食
 保護区に直接向かうショートコースと江戸川放水路経由のロングコース
 (バス代400円)の2コース。解散はいずれも観察舎前。天候状況等により
 どちらか片方のコースのみとなることもあります。
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催

〇22日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 小雨決行・荒天中止
 保護区水辺の生きもの調査。前日に仕掛けておいた網を回収して、
 採集された魚・エビ・カニ類を調べます。午前:採集、午後:計測・同定
 ※午前のみ・午後のみ参加も可。
 持物:帽子・飲料・軍手・長靴・筆記用具・昼食(午後も参加の方)

〇28日(土)第4土曜行事
 ・ボランティアデー 13時~15時半頃
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。海岸部のゴミ拾い他。
  7月と8月は市川市の夏休み体験ボランティアの対象事業です。
  参加者には参加証とエコボカード(20ポイント分)を差し上げます。

 ・夕暮れ観察会 16時半~18時半
  日没前後の保護区を歩く観察会。日中のツバメに代わり、アブラコウモリが
  宵闇を飛び回ります。虫の声も増えてきていることでしょう。

〇29日(日)フィールドミュージアム「夏休み自由研究」10時~14時半頃
 小雨決行・荒天中止 参加費50円 定員50名
 保護区小島岬周辺で干潟・水辺の生きものを調べてワークシート作り。
 拾い集めた貝殻でミニ標本箱を作ります。

〇毎週日曜日・祝日 定例園内観察会 13時半~15時半
 普段は入れない保護区内を案内します。巣立ったカワウ、干潟のトビハゼや
 カニたち、草むらの昆虫など季節の生きものを楽しみます。気温が高い日は
 時間を短縮する場合がございます。

〇ミニガイド 行事等の無い土曜日 13時半~小一時間
 観察舎周辺のミニ観察会。野鳥病院の鳥紹介や導流堤散策など。
 7月は7日・14日・21日予定。

〇緑の国 土・日・祝日 9時半~16時 台風等荒天時閉鎖することがあります。
 保護区外周部の一画、行徳高校・塩浜学園側の樹林帯を開放しています。
 降雨や雨上がりにはアカテガニの姿も。木陰が嬉しい季節、散策にどうぞ。


◇企画展示:キミの街で会える!鳥たちと自然大百科【浦安・行徳編】
 7月20日(金)~9月2日(日) 浦安市郷土博物館1階~2階階段及び2階ロビー
 9時半~17時(入館は16時半・月曜休館) 入館無料
 今年度3回予定している保護区紹介写真展の第1弾。今回は浦安市郷土博物館と
 浦安野鳥の会と共同で浦安・行徳地域の野鳥を中心とした展示を行います。
 会期中の土曜午後14時から2時間ほど、関係者が解説など対応いたします。


問合せ:野鳥観察舎管理事務所 047-397-9046
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

近況6月下旬

DSCN0247.jpg
梅雨はどこ行ったかと思うような暑い晴天の続く今週は
近隣の小学校3校を案内しました。鳥の少ない時期なので
もっぱら干潟・水辺の生きもの観察ルート。

保護区に入ってまずはセイゴ水道のトビハゼ・ヤマトオサガニ。
カニルートでベンケイガニ・クロベンケイガニ。
トビハゼルートでトビハゼとチゴガニ。途中ショウリョウバッタや
カマキリを見つつ小島岬で海岸探索して観察舎に戻るコース。
20180626_110515_00002.jpg
前日に設置した網を引き上げて、採れた生き物も見てもらいました。
KIMG0066.jpg
毎回いたのはマハゼ・スズキ・クサフグ・チチュウカイミドリガニ・シラタエビ・
ユビナガホンヤドカリ。1回だけニホンウナギも入ってました。
小島岬の網ではたぶん初。


DSCN9112.jpg
カワウコロニーでカラーリングを付けたアオサギも
無事巣立ったようです。(26日浄化池)

DSCN8913.jpg
数年前に付けられたカラーリングのアオサギ(26日カワウコロニー)

DSCN9099.jpg
タヌキ。夏毛でしょうか。(26日浄化池)

その他丸浜川沿いでは25日にアブラゼミ今期初鳴き。
28日にニイニイゼミ。ハシビロガモ♂2羽もいたそうです。

いよいよ夏ですね。

ラベル:近況
posted by スタッフN at 13:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

近況

明日のボランティアデーは先月に続き田植えを行います。
小雨くらいなら実施します。

DSCN0103.jpg
町田池でハンゲショウが咲いています。

DSCN0110.jpg
20180622_154841_00002.jpg
梅雨時なだけあってキノコも色々と出ています。
21日のキノコ班調査でも40ほど見つかったとのこと。

DSCN0104.jpg
コウガイビル(21日)

DSCN0174.jpg
緑の国管理通路でアカテガニがウロウロしてました。
器用にブロックをよじ登ってます。

浄化池畦でカルガモのヒナ4羽がいたそうです。
トラクター小屋付近ではモズの♂成鳥が出たとの事。
posted by スタッフN at 09:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

江戸前干潟研究学校(自主調査)

PHOT0033.jpg
今月の江戸前干潟研究学校は非公開の自主調査。
梅雨の一休み、暑いくらいに晴れた中実施しました。

今回は海の方が青潮気味だったようで、表層に
出てきた種類も見られました。
PHOT0010.jpg
鈴ヶ浦で取れた15㎝ほどのシャコ。江戸前干潟学校
では3例目。左下はイシガレイ

PHOT0030.jpg
ギマ。保護区では夏に出現。腹部のトゲで立たせる
事が可能(本記事1枚目画像参照)

PHOT0029.jpg
上からアユ、マルタ、イカsp.

PHOT0026.jpg
久しぶりのタイワンガザミ

PHOT0017.jpg
長靴池のぼさ籠にはヤゴが多数入っていました。

次回7月は22日(日)予定。今度は公開行事として開催します。

ラベル:魚類 近況
posted by スタッフN at 14:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

本日トビハゼの日開催

本日のトビハゼの日は以下の予定です。

10時開始 15時終了
○第1会場(保護区)参加無料
・導流堤開放(一部)
 保護区入口で受付名簿に立入人数と居住市町村のご記入
 をお願いします。
・トビハゼ観察会 11時半~/13時半~
 各回30~45分程度。保護区入口集合。
・トビハゼ水槽展示
※午後の方が潮が引くため干潟はよく出ています。

○第2会場(観察舎玄関前)
いずれも品切れになり次第終了。
・コーヒー(150円)
・クッキー(250円・300円)
・トビハゼバンダナ(100円)
・トビハゼマスコット色塗り(100円)
・カップランタン作り(100円)
・その他販売(500円くらいまで)
・ガチャ・・・ガチャ券の提示が必要です。掲載は以下のいずれか。
 (チラシ・先週の行徳新聞掲載のチケット・ちりつもタイムラインクーポン)
 お一人様1種に付き1回(最大1人3回)
お待ちしております。

今朝方もクロツラヘラサギはいたようです。

<16:30追記>
トビハゼの日、無事終了しました。多くの方にお越しいただきました。
ありがとうございます。

DSCN9970.jpg
DSCN9973.jpg
DSCN9981.jpg
DSCN9967.jpg
モニタも用意しましたが、カバーが無いと屋外
だと見づらかったですね。

DSCN9989.jpg
観察会。午前も午後も盛況でした。

DSCN9955.jpg
観察舎前会場。
DSCN9986.jpg
マスコット色塗り・ランタン作り
DSCN9222.jpg
絵の具の乾燥待ちのトビハゼマスコット。
釣りあげられたみたい

DSCN9960.jpg

DSCN9994.jpg
クロツラヘラサギは午前中は竹竿で休んでいて、
昼からは盛んに採餌していました。


ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 08:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

明日予定のトビハゼの日は17日(日)に順延

tobi5.jpg
16日開催予定のトビハゼの日ですが、
降雨と気温低下の予報のため、17日(日)に
順延させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

問合せ
友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp
観察舎管理事務所 047-397-9046
ラベル:告知 行事情報
posted by スタッフN at 09:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

週末はトビハゼの日

今週末はトビハゼの日を開催予定です。
今のところ16日の天気予報は良くないので17日へ
延期の可能性が高いです。最終的な開催判断は明日15日
夕方となります。

DSCN9861.jpg
イベント当日一部開放予定の導流堤。保護区入口から
観察舎手前辺りまで、天面のみとなります。
gyotoku1-1a.jpg
赤丸:物販・工作コーナー(観察舎前)
黄色:導流堤開放区間(10時~15時)
青丸:トビハゼ観察会予定地(11時半~/13時半~)


DSCN9860.jpg
今年は白鷺公園近くのヤマモモが豊作。まだ人が
食べるには未熟ですが、既にカラスやムクドリが
集まっています。

DSCN9878.jpg
ネジバナが咲きだしていました。らせんの向きは
右回り・左回り両方見られ、ねじれがない直線状の
個体もあります。小さいですがこれもランの仲間。
見かけた際はじっくり観察してみてください。

DSCN9886.jpg
芝生帯のベンチ脇で小さなキノコ?がありました。
何だろう?
(2018年6月14日19:30追記)
マメホコリという枯木につく粘菌の仲間のようです。

ラベル:植物 行事情報
posted by スタッフN at 16:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする