2019年01月08日

三番瀬いいとこ鳥展

お隣船橋市のふなばし三番瀬環境学習館(三番瀬海浜公園内)にて
開催中の企画展「三番瀬いいとこ鳥展
ほんの少しですが観察舎からも展示に協力しています。

DSCN2212.jpg
鳥の骨格展示コーナーの
DSCN2213.jpg
スズガモの剥製(画像左)
これは観察舎にあった剥製の一つ。
ものが綺麗にクリーニングされ再び人前に。
活用いただいたスタッフの皆様には感謝の
気持ちで一杯です。

展示の方は三番瀬で見られる鳥の骨格・渡り
・重さ・標識調査などが紹介され、映像や
手に取れる展示もあって親子で楽しめるかと。
DSCN2214.jpg
DSCN2215.jpg
DSCN2217.jpg

展示は2月24日(日)まで。会期が長いので
展示も密かにアップデートされていたりするようです。

企画展詳細は環境学習館のHP
でご確認ください。
posted by スタッフN at 20:32| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

保護区植生管理作業

保護区の淡水湿地は浅く開けた水面を維持して、
シギやチドリをはじめとする水鳥が利用することを
目標に維持管理しています。

春から秋まではトラクターで耕耘したり、草刈をして
水面維持作業をしていますが、水源が都市排水で栄養
たっぷりなこともあり、植物の勢いに追いつけません。

また、トラクターを入れ易い浄化池以外はなかなか耕耘
もできず、ガマで覆われた池や水のついたヨシ原状態に
なってしまいがちです。

そこで、定期的に池を干し上げて草を刈り、トラクターや
ユンボで地下茎を寸断する管理作業を冬場に行っています。

今年度は浄化池(4系列)と5系列(上池・下池・竹内ヶ原)で
作業を実施中です。
DSCN2161.jpg
浄化池のトラクターがけ(12月26日)

DSCN6571.jpg
草刈直後の下池(1月2日)
DSCN2208.jpg
草をどけた後(1月7日)

ユンボで地面を掘り返していきます。
DSCN2194.jpg
この後踏み固めてトラクターがけを行います。
一度ユンボでほじくり返すのは、トラクターの刃だと
ガマの地下茎の深さまで届かないため。嫌気的状態
になっている土壌の撹拌や天日干しも兼ねてます。

作業が終わったら水を戻していきます(2月半ば~3月初頃)。

水生生物にとっては毎度たまったものじゃないでしょうし、
労力もかかる作業なので、もっと良いやり方や
アイデアがあれば是非知りたいです。
ラベル:保護区作業
posted by スタッフN at 17:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

明日から保護区写真展

明日5日(土)から30日(水)までJR市川駅南口の
市川市市川駅南口図書館内えきなんギャラリーにて
保護区の生き物たちの写真展示を行います。

昨夏の浦安市郷土博物館、秋の市川市動植物園に
続く保護区写真展第3回。今回は写真34点と保護区
紹介ポスターを展示しています。今回新たに追加
したものもあるので前2回を見られた方も是非。
(これらの写真展は千葉県環境財団の助成で開催)

P1040016.jpg
i-linkタウンいちかわ ザタワーズウェスト3階入口
ここを入って左手です。

P1040001.jpg
P1040014.jpg
展示スペースの様子(図書館の許可を得て撮影しています)

P1040015.jpg
感想ノートも設置したのでよろしければご記入を。


えきなんギャラリー展示
「魅力たっぷり行徳保護区~あそびにきてね」
 NPO法人行徳野鳥観察舎友の会
期間:2019年1月5日(土)~1月30日(水)
開館:平日9時半~21時 土日祝日9時半~18時
休館日:1/7(月)、15(火)、21(月)、28(月)
会場:市川市市川駅南口図書館えきなんギャラリー
 市川市市川南1-10-1 I-linkタウンいちかわ ザタワーズウェスト3階
 TEL047-325-6241

ラベル:行事等情報
posted by スタッフN at 16:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

1月行事案内

DSCN6537.jpg
2019年の保護区初日の出

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年1月の行事予定です。観察舎解体工事中につき
集合場所が変更となっているものがあります。ご注意下さい。

特記なければ当日受付・参加無料・雨天中止

・10日(木)平日観察会 10時~12時 管理事務所前集合
 3日は正月休み中のため今月は第2週開催です。

・13日(日)定例新浜探鳥会 10時 行徳駅駅前広場集合
 参加費200円(18歳未満無料) 雨天決行 要昼食
 保護区に直接向かうショートコースと江戸川放水路経由の
 ロングコースがあります。詳細は日本野鳥の会東京のサイトにて。

 江戸前干潟研究学校(自主調査) 10時~13時半頃 千鳥橋集合 要問合せ
 前日に設置した網を回収して採集された生物を記録していきます。
 11月~3月は関係者による自主調査となります。参加希望の方は
 事前にご連絡を。9時半に管理事務所前か10時に千鳥橋集合です。

・26日(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃 管理事務所前集合
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。今月は外周管理通路(カワウコロニー)
  の掃き掃除辺りを予定(変更となる場合もあります)。 

 夕暮れ観察会 16時~18時 管理事務所前集合
  今月の気温次第では丸浜川の河津桜が咲き出しているかも。

・27日(日)CCC2018 6時~20時半 要申込 
 保護区のカワウはどこへ採餌に行っているのでしょうか。カワウをテーマにした
 調査イベント。例年クリスマス頃に開催していましたが今年度は諸事情により
 この時期となりました。早朝採餌場所調査(6~9時)、講演会(14時~15時)、
 打ち上げ(18時~20時半)など。 参加申込は20日(日)まで。
定例園内観察会 日曜・祝日 13時半~15時半 駐車場入口集合

保護区写真展 5日(土)~30日(水) 市川市市川駅南口図書館
 浦安市郷土博、市川市動植物園に続く今年度3回目の写真展。
 市川駅南口のIリンクタウンウェスト3階の図書館内ギャラリーにて
 保護区の生き物の写真や活動紹介ポスターを展示します。
  
 月曜休館(祝祭日は翌平日)、平日9時半~21時、土日祝9時半~18時
 1月ギャラリーポスター.pdf
ラベル:行事等情報
posted by スタッフN at 12:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

年末年始について

2018年末~2019年始の利用案内です。
観察舎解体工事中につき大変ご不便をおかけしますが
どうぞよろしくお願いいたします。

○野鳥病院
 年中無休です。ただし12/28~1/4は塩浜橋側からの車の入口は
 施錠されている(福栄スポーツ広場休業期間)ため、車で鳥を持って
 こられる場合は事前にご連絡ください。

○綠の国
 年末年始は休園です。年明けの1/5(土)から開園します。

○定例園内観察会
 12/30(日)と1/1(火・祝)は休止です。新年は6日(日)から開催。

○元日の初日の出
・例年多数の方にご利用いただいていた観察舎前のスペースは
 解体工事のため閉鎖されています。駐車場方向からは立ち入り
 できませんので、塩浜橋側よりお越しいただき、綠の国入口から
 野鳥病院までの通路沿いからご覧ください。湾岸の倉庫群の上
 から昇るため、市川市の初日の出予想時刻(6:50頃)より数分遅れます。

・トイレはございません。必要な場合は野鳥病院か管理事務所のスタッフ
 に声をおかけください。

・駐車場は利用できません。

・白鷺公園から観察舎芝生部分の公開部分は通路との出入りはできません。
 初日の出も位置的にご覧になれないのでご注意ください。 

・初日の出と鳥初めを楽しむ+Young探鳥会 6時半~9時(日本野鳥の会東京主催)
 6時半駐車場入口集合・受付 参加費200円(18歳未満無料)
 保護区に入り導流堤から初日の出を見た後、早朝の保護区内を歩きます。
 晴天なら富士山やタカの姿も期待できます。霜や草露で足下が濡れるので長靴推奨。
 ※元日駐車場側から入場できるのはこの観察会の参加者のみです。
  トイレは駐車場設置の仮設トイレをご利用ください。 


問い合わせ:管理事務所047-397-9046

posted by スタッフN at 19:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

保護区で国内新顔のキノコ

昨年、行徳保護区で日本新産種のキノコが発見されていました。

日本新産種とは、海外では見つかっているが日本で確認される
のは初めてという植物学・菌類学で使われることの多い用語だそうです。

このほど、そのキノコの発見者である糟谷大河先生らが
日本菌学会の会報「日菌報」に論文を執筆・掲載されました。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjom/59/2/59_jjom.H30-06/_article/-char/ja

キノコの名前は、Volvopluteus earlei
日本名は新称で「ヒメシロフクロタケ」としたそうです。
ハラタケ目ウラベニガサ科に分類されています。

このキノコは、日本以外ではアフリカのコンゴ、スペイン、
イタリア、インドなどで見つかってるそうです。
日本では現在のところ、新潟県柏崎市の海水浴場と
千葉県市川市新浜(つまり行徳保護区)で確認されています。
もしかしたら、海浜性の植物の生えているところであれば
さまざまなところから見つかる可能性があるそうです。

発見されたこの日2017年9月10日は、キノコ班の創設以来初の
観察会の下見会で、講師をお願いした糟谷先生をご案内して
初めて保護区を周回している途中でした。

けっこう乾燥していた堆肥置き場付近の路上で糟谷先生が
「おや、これは?」と立ち止まりました。
本当にちっちゃな、目立たない、ありふれた感じの、
見過ごしてしまいそうなキノコでした。
糟谷先生が、ニコニコしながら、「これは採取していきます」と
おっしゃったのを覚えています。

キノコ班では毎月第3木曜午後に定期調査を行っています。
来年度も糟谷先生を講師に迎えての観察会も企画しています。
興味のある方は是非ご参加下さい。
(キノコ班N村)
posted by スタッフN at 19:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

敷地(ごく一部)解放

DSCN2164.jpg
白鷺公園から観察舎に向かう芝生帯の一部が
通行可能になりました。
※観察舎前通路との出入りはできません。
※ベンチもありません。

ラベル:お知らせ
posted by スタッフN at 17:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

近況12/22

本日は昼から雨。野鳥病院の大掃除は学生さん達がヘルプに来てくれた
ので午前中に大部屋・中部屋があらかた終わり、午後のボランティアデー
は個別室の掃除をしていただきました。
KIMG0185.jpg

夕暮れ観察会(12月22日)
糖蜜を木にぬって、訪れる昆虫を観察する・・夏の宵の人気イヴェントだ。
「冬にやってみませんか」とご提案をいただいた。
●あいにくの雨模様。ガを呼び寄せるには不利な天候だが、靄の立つ保護区の
 中へ入った。大きな木を中心に数か所に糖蜜を塗りながら進む。
●日も落ちた帰路、糖蜜を塗った木に懐中電灯をてらしてみると・・・いたのである!!
 ノコメトガリキリガ。ベージュ色の三角形の羽にペンで描いたようなもよう。
 羽の先の切れ込みも美しい。
ノコメトガリキリガ.JPG
ノコメトガリキリガ(撮影・提供Kさん)
ノコメトガリキリガDSCN4790.JPG
(撮影・提供Hさん)


●その他にもガが糖蜜付近でみられたが、いずれもすぐに姿を消してしまい、
 同定はできず。晴れていたらもっと見られたかもしれないが、今回はこれでも大満足。
●鳥も結構豪華。ノスリ、ミサゴ、アオサギなどが見られたほか、。モズやウグイスも
 盛んに鳴いていた。
★次回は1月26日。観察舎解体工事の影響で、集合場所は「管理棟(野鳥病院のとなり)前」です。
 駐車場から観察舎までの道が封鎖されてしまうので、南行徳、塩浜橋、スポーツ広場方面から
 しかアクセスできません。行徳駅方面からお越しの際は、ご注意ください
(担当D)


観察舎解体工事は今週に入って足場にパネルが
取り付けられ、ほぼ全体が覆われました。
DSCN5837.jpg

昨日からトイレ側の外壁撤去が始まり、
そして本日
KIMG0186.jpg
階段部分まで進んでいました。壊す自体は意外と
早く終わりそう?

KIMG0170.jpg
12月6日時点

KIMG0153a.jpg
11月29日時点
ラベル:近況
posted by スタッフN at 16:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

週末行事案内

17日に実施した江戸前干潟研究学校(自主調査)。寒くなり種数も個体数も
かなり少なくなりましたが、百合ヶ浜の大網で80cm近いスズキが採れました。
KIMG0182s.jpg
今年度は採集した魚類は海洋大が持ち帰り
詳細な分析をしているのですが、さすがに
持ち帰るには大きすぎたのでその場で計測後
にリリースしました。


さて、連休の行事予定です。いずれも当日受付・参加無料。
観察会は雨天中止です。

○22日(土) 管理事務所前集合
・ボランティアデー 13時~15時半
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 今回は野鳥病院の大掃除。午前も手伝いたい方は10時に
 お越し下さい。主に大部屋と中部屋を実施予定。

・夕暮れ観察会 16時~18時
 日没前後の保護区を歩きます。防寒対策はしっかりと。
 懐中電灯があると帰りも安心です。

○23日(日)
・定例園内観察会 13時半~15時半 駐車場入口集合

○24日(月・振休)
・定例園内観察会 13時半~15時半 駐車場入口集合
 年内最後の行事(30日と1月1日の観察会はお休みです)。
 年明けは1月6日(日)から。

ラベル:近況 行事等情報
posted by スタッフN at 16:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

管理事務所PC故障中

昨日午後より管理事務所のデスクトップPCが故障、使用不能に
なりました。環境再構築まではメール等のレスポンスが遅れる
かと思います。ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願い
いたします。
ラベル:告知
posted by スタッフN at 08:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

近況12/6

ここ何日かの暖かさから一転、肌寒い雨天となりました。

観察舎解体工事は少しずつ進行中。観察舎を囲う準備も
始まりました。日曜は休工日となりますが、通路の出入り口
部分は施錠されているため、定例観察会等以外での通行は
原則できません。

ご不便をおかけしますが塩浜橋~野鳥病院での折り返し通行を
お願いいたします。

KIMG0168.jpg
白鷺公園もフェンスで囲われました。


KIMG0165.jpg
本日保護区トビハゼルートに落ちていた魚の頭。
KIMG0166.jpg
スズキかな? ここまで運んできたのは
ミサゴかトビかハシブトガラスの仕業か、
はたまたタヌキあたりか。

KIMG0167.jpg
カニルートで1輪、ムラサキサギゴケが季節外れに
咲いていました。

ラベル:近況
posted by スタッフN at 15:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

12月行事案内

2018年12月の行事予定です。

観察舎解体工事中につき集合場所が変更になっています。ご注意ください。
江戸前干潟研究学校以外は当日受付。

・6日(木)平日観察会 10時~12時 管理事務所前集合 雨天中止
 毎月第1平日木曜開催。

・9日(日)定例新浜探鳥会 10時行徳駅駅前広場集合 毎月第2日曜開催
 参加費200円(18歳未満無料)・要昼食 雨天決行
 直接保護区に向かうショートコース(13時半頃解散)、バスで江戸川放水路を
 経由して保護区に行くロングコース(15時半頃解散)の2コースあります。
 いずれも解散は観察舎駐車場。天候等により1コースのみとなる場合もあります。
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催

・16日(日)巣箱教室 13時~16時 管理事務所前集合 雨天中止 
  昨年丸浜川通路沿いに設置した鳥の巣箱を回収し、巣箱の使用状況を確認・
 掃除・再設置を行います。昨年度は巣材はあったものの巣立ちまで確認できた
 巣箱はありませんでした。今年の状況はどうだったでしょうか。
 定員15名程度。

・17日(月)江戸前干潟研究学校 10時千鳥橋集合 解散13時半頃 雨天決行
 ※11月~3月は関係者による自主調査となります。参加希望の方はご連絡ください。
  基本的に現場で数・種類を記録していきます。千鳥橋集合。不安な方は9時半に
  管理事務所前集合で。
  トイレが遠い(導流堤経由で管理事務所か保護区外に出て近隣のホームセンターか)ので注意。

・22日(土)第4土曜行事 管理事務所前集合 雨天中止
 ボランティアデー 13時~15時半頃 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 夕暮れ観察会 16時~18時 日没前後の保護区を歩きます。

・日曜・祝日 定例園内観察会 13時半~15時半 観察舎駐車場集合 雨天中止
 ※スタッフの案内で通行止め区間を通り保護区に入ります。
 ※12月30日は実施しません。

・みどりの国 土曜・日曜・祝日 9時~15時
 保護区外周部、行徳高校・塩浜学園側の1辺を週末に公開しています。
 これからの季節は島陰で休むカモ類や猛禽類の食痕などが見られるかも。

問い合わせ:管理事務所 047-397-9046
      行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 17:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

ウナギ

<お知らせ>
観察舎解体工事は手続きが遅れているとの事で、まだ駐車場利用と
通路の通行は可能です。


昨日の江戸前干潟研究学校(自主調査)で
網がねじれていて失敗した百合ヶ浜の大網。
本日やり直し分を回収したところ、大きな
ウナギが3匹かかっていたとのこと。
DSCN9497.jpg
ニホンウナギ(3匹) 
江戸前干潟研究学校の調査では久しぶりの記録。

DSCN9496.jpg
大きさがわかるでしょうか。一番大きい個体は
90㎝近くありました。


IMG_20181115_133952.jpg
15日、スタッフYTが保護区内で見かけたホオジロsp.
ミヤマホオジロでしょうか?数羽で居たそうです。
IMG_20181115_134002_1.jpg
IMG_20181115_134000.jpg
ラベル:近況
posted by スタッフN at 12:05| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

猛禽類の食痕

先月下旬頃より保護区内で猛禽類に捕食された鳥の羽根をよく見かけます。
タカやハヤブサの仲間は鳥を捕まえるとまず羽根をむしってから食べるので、
お食事場所では散乱した被害鳥の羽根が見られます。

保護区で見かけるのはサギ類・カモ類・ドバト・キジバト・オオバン
が多いです。

DSCN5070.jpg
13日に竹のトンネル内で見られたのは・・・

DSCN9493.jpg
ツツドリの羽根でした。前日の12日に保護区内でトケン類が
見られていたのでおそらくこの個体だったのでしょう。

保護区で散乱している羽根はサギ類・カモ類・ドバト・キジバト・オオバン
が多いですが、過去にはタマシギやカケスが食べられていた事もありました。
いずれも保護区では珍しい種類。まぁ偶然なのでしょうが、
タカの方も普段は見ない種類で目についたからとか理由があったりして。


〇お知らせ
明日予定の江戸前干潟研究学校(関係者による自主調査。一般参加可)は当初
10時千鳥橋集合としていましたが、観察舎解体工事に伴う通路の通行止めは
まだ始まっていないので通常通り観察舎前集合に変更しています。
参加予定の方はご注意ください。

ラベル:近況
posted by スタッフN at 16:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

保護区鳥情報11/10

2018年11月10日の保護区鳥類調査の結果です。

ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ
チュウヒ、ノスリ
カワセミ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
35種

1.今日はとても暖かく汗ばむほどでした。湊池ではアマガエルの声が
  よく聞こえました。風も穏やかでアオジやメジロなど小鳥の記録が
  目立ちました。
2.10:25頃、5000羽ほどのカワウが海側から帰還、数えるのが大変でした。
3.エナガは少なくとも6羽の群でした。眉の模様のはっきりしない個体と、
  しっかり模様のある個体が混ざっています。
4.ヒドリガモ6羽、コガモ7羽、旧淡水池にいました。今年とても少ない
  淡水カモ類の入っていた唯一の内陸水面でした。
(スタッフK)

保護区ではありませんが、観察舎裏の福栄4丁目にてツバメが8日に観察
されたそうです。こんな時期に珍しいですね。
(スタッフN)
posted by スタッフN at 21:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

11/3キノコ観察会

11月3日、無事キノコ観察会が終了いたしました。
参加者28名(講師・スタッフ含む)、5歳~70代まで
の方が参加しました。
|
前日の下見では17種見つけていましたが、ふたを開けてみたら、
参加者のみなさんが夢中でキノコを探し、35種(不明種を含む)
を記録しました。

1週間の乾燥が続いた晩秋の保護区では、クロマツの林松の
厚くつもった松葉の下に、マツカサから生えるキノコがすでに
たくさん出ていて、見つけた参加者からは歓声があがっていました。

また、台風で落ちた枯れ枝などから、色とりどりの硬質菌が出ていたり、
人工的にかく乱された通路わきを好んで生えるアカハツ(クロマツと
菌根共生する美味しい食菌)なども観察されました。
アカハツ.jpg
アカハツ

竹林近くからは、サンコタケ、スッポンタケ幼菌(白い卵状)、数ミリ
しかないシロスズメノワンなどの不思議な形のものも観察できました。
それぞれのキノコについてその場で糟谷講師から、基礎知識から学名
にまつわる裏話などまで豊富に添えた詳しい解説をいただきました。
サンコタケ.jpg
サンコタケ

シロスズメノワン.jpg
シロスズメノワン

181103観察会2.jpg

午後には糟谷講師から、「千葉県のキノコ」の題で千葉県の気候風土、
植生、また歴史や地理、文化などにも踏み込んだ、非常に興味深いお話
をいただきました。
181103観察会1.jpg

千葉県では、700種あまりのキノコが見つかっているそうです。内陸性の
気候と、湾岸の温暖な気候、太平洋側の夏涼しく冬温かい気候、二次林
としての松林、標高差は少ないけれど急峻な山地の複雑な植生に根ざして、
さまざまな生態を持つキノコがあるのだそうです。

千葉県には松林はあっても「マツタケ」は産出されません。ところが
近縁種である「バカマツタケ」「ニセマツタケ」が産出します。また、
千葉県民はハツタケやアカハツ、ショウロなどのキノコ狩りを楽しんで
きたそうです。

二次林としての松林は、人の手が入らないと荒れてしまいなくなっていきます。
この100~200年で千葉県の森林相も変わり、キノコの種類も変わってきている
とのことでした。

行徳保護区では、この2年の間に糟谷講師によって日本新産種の「ヒメシロフクロタケ」
および、まだ学名のついていない「カヤバノクヌギタケ」が発見されています。
今後、調査の及んでいない海浜部もぜひ調査してみてほしいというお話でした。

これから保護区は、一見してキノコが見つかりにくい季節に入ります。ですがぜひ、
マツの林松で松葉をかき分けてみてください。真冬にも観察できるキノコたちが
ひっそりと生活しています。彼らもまた、行徳保護区の自然を陰ながら支えている
大切な生き物なのです。
(キノコ班NM)

<観察会で見つかったキノコ一覧>
1 マツカサキノコモドキ
2 ニオイコベニタケ
3 アラゲキクラゲ
4 ニセマツカサシメジ
5 シロスズメノワン
6 アカハツ
7 不明
8 カヤタケSP
9 サンコタケ
10 サルノコシカケSP
11 スッポンタケ
12 クヌギタケSP
13 マメザヤタケ
14 キララタケ
15 コフキサルノコシカケ(広義)
16 コヤクタケSP
17 ノウタケ
18 未採取
19 未採取
20 センベイタケ
21 チャカイガラタケ
22 ビロードムクエタケ
23 ツチスギタケ
24 クヌギタケSP
25 スエヒロタケ
26 ヒイロタケ
27 アラゲカワラタケ
28 ムジナタケ
29 テングタケ
30 ハダイロガサ
31 キツネタケ
32 アセタケSP
33 ムラサキコウヤクタケ
34 ホウキタケSP
ホウキタケSP.jpg
 ホウキタケsp.

35 ヒラタケ

ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 08:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

JBF2018出展中

我孫子市手賀沼で開催されているジャパンバードフェスティバル2018
に行徳野鳥観察舎友の会として出展しています。

DSCN1979.jpg

友の会ブースは水の館の東側、オオバン広場
(鳥の博物館駐車場)です。恒例の鳥マスコット色塗り(100円)
や缶バッジ(100円)販売など。
DSCN1967.jpg
DSCN1971.jpg

明日4日(日)は9時半~15時(鳥マスコット色塗りは
14時半まで)です。ご来場の際はどうぞお立ち寄りください。


[2018年11月5日追記]
JBFは無事終了しました。2日目は曇天で時折雨がパラついたものの、
多くの人出で賑わっていました。友の会ブースにお越しいただいた
みなさま、どうもありがとうございました。

傷病鳥救護活動募金には2日間で27,649円+α(一年間こつこつ貯めた
とビン2本分の小銭をいただきました)のご協力をいただきました。
野鳥病院のエサや薬、活動費に充てさせていただきます。
ありがとうございました。


ラベル:行事等情報
posted by スタッフN at 20:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

JBF2018出展中

我孫子市手賀沼で開催されているジャパンバードフェスティバル2018
に行徳野鳥観察舎友の会として出展しています。

DSCN1979.jpg

友の会ブースは水の館の東側、オオバン広場
(鳥の博物館駐車場)です。恒例の鳥マスコット色塗り(100円)
や缶バッジ(100円)販売など。
DSCN1967.jpg
DSCN1971.jpg

明日4日(日)は9時半~15時(鳥マスコット色塗りは
14時半まで)です。ご来場の際はどうぞお立ち寄りください。



ラベル:行事等情報
posted by スタッフN at 20:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

解体に向けて

観察舎内の物品整理はほとんど終了。2階と3階はすっからかんに
なりました。
DSCN1963.jpg
観察舎2階

DSCN1964.jpg
事務室と図書室(奥側)

観察舎玄関前の自販機も撤去(電源と設置場所確保困難のため)
となり、本日よりトイレも利用停止です。

DSCN1961.jpg
観察舎3階から見た保護区。
この景色ももう見られなくなります。

解体工事が始まるまでは観察舎前の通路は通り抜け通行可能です。
工事開始日が判明次第こちらのブログでもお知らせいたします。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 20:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

11月行事予定

2018年11月の行事予定です。

観察舎解体工事は上旬から下旬から開始予定。詳細は決まり次第お知らせします。

※11月より観察舎は電気・水道が使えなくなります。
 トイレは駐車場に移した仮設トイレまたは管理事務所のものをご利用ください。
※解体工事期間中は駐車場の利用及び駐車場~観察舎までの通行は原則出来ません。
 基本的に野鳥病院・管理事務所へは丸浜川下流側、塩浜橋方向からの通行となります。
※工事期間中は各イベントの集合場所が変更となります。ご注意下さい。
 ・定例園内観察会→駐車場
 ・その他観察会等→管理事務所前

・1日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催

・3日(土・祝)キノコ観察会 9時45分~15時半 ※参加受付は終了してます。

・3・4日(土日)ジャパンバードフェスティバル2018
 我孫子市手賀沼周辺で開催の恒例イベント。友の会は水の館横のオオバン広場
 にて出展。鳥マスコット色塗り(100円)や活動紹介ポスター展示など。

・11日(日)定例新浜探鳥会 10時行徳駅駅前広場集合 毎月第2日曜開催
 参加費200円(18歳未満無料)・要昼食 雨天決行
 直接保護区に向かうショートコース(13時半頃解散)、バスで江戸川放水路を
 経由して保護区に行くロングコース(15時半頃解散)の2コースあります。
 いずれも解散は観察舎。天候等により1コースのみとなる場合もあります。
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催

・15日(木)江戸前干潟研究学校 10時千鳥橋観察舎前集合 雨天決行
 ※11月~3月は関係者による自主調査となります。基本的に現場で数・種類を
  記録していきます。今回は試験的に千鳥橋集合。不安な方は9時半管理事務
  所前集合で。※まだ通行止めにならないようなので観察舎玄関前集合に
  なりました(11月9日追記)。参加希望の方はお問合せください。
  トイレが遠い(導流堤経由で管理事務所か外に出てユニディか)ので注意。

・24日(土)第4土曜行事 管理事務所前集合 雨天中止
 ボランティアデー 13時~15時半頃 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 夕暮れ観察会 16時~18時 日没前後の保護区を歩きます。

・日曜・祝日 定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
 解体工事が始まるまでは観察舎玄関前集合。
 11月から駐車場集合に変更としました。

・みどりの国 土曜・日曜・祝日 9時~15時
 保護区外周部、行徳高校・塩浜学園側の1辺を週末に公開しています。
 これからの季節は島陰で休むカモ類や猛禽類の食痕などが見られるかも。

問い合わせ:管理事務所 047-397-9046
      行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 16:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

近況10月下旬・週末行事案内

DSCN1899.jpg
シャリンバイの実が色づいてきました。

20181024_133029_00000.jpg
観察舎は解体に向けて急ピッチで荷物の整理中。
24日は備品類の廃棄を実施。観察舎1階はだいぶ
すっきりしました。

DSCN4497.jpg
本日動物園に移送予定だった野鳥病院のアカショウビンは
先方の都合で31日に延期。もうしばらくご覧いただけます。

○10月27日(土)
 行徳保護区は第1回選定箇所として参加している
 関東・水と緑のネットワークの交流会が開催されます。
 午前に保護区を見学し、午後は南行徳駅前の会場で
 事例発表など。参加無料。詳細はリンク先にて。
 締切は本日ですがまだ参加者には余裕があるとの事。

・ボランティアデー 13時~15時半頃
 先月に続き湊池棚田の稲刈りを予定。

・夕暮れ観察会 16時~18時
 今月から30分早い冬時間となります。

○10月28日(日)
南行徳ホコ天 11時~17時
 南行徳駅周辺で開催される南行ホコ天に出展します。
 ぱたぱた鳥工作(100円)や生き物展示、活動紹介など。
 ぜひ遊びに来てください。

・定例園内観察会 13時半~15時半
 ようやくカモが増えてきたようです。ジシギ類もちらほらと。
 来月になるとカニやトビハゼはがくっと減るので干潟の生き物
 を見るなら今のうち。

いずれも参加無料。



ラベル:行事等情報 近況
posted by スタッフN at 15:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

着々と・・・

来月から始まる観察舎解体工事に向け、館内物品の整理が
進んでいます。

DSCN4324.jpg
観察舎3階。

DSCN4319.jpg
観察舎2階

DSCN9475.jpg
DSCN9478.jpg
観察舎1階。展示ケースの剥製はふなばし三番瀬環境学習館さんに
引き取っていただきました。(18日)

観察舎1階ポーチ部分では処分扱いの図書や物品を
無料提供しています。状態の悪いものが大半ですが、
マニアにはお宝があるかも?
DSCN9479.jpg
DSCN9480.jpg
28日頃まで。持ち帰り用の容器・袋等は用意
していませんので各自ご用意ください。

明日20日(土)10時より解体工事の説明会が
福栄連合自治会館(観察舎駐車場入口前の建物)にて
開催されます。事前申し込み不要。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 13:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

迷蝶

DSCN1674.jpg
常連の蛾伯ことFさんが本日丸浜川沿いで見つけたカバマダラ。
熱帯~亜熱帯が主分布の南方系の毒蝶で、近年は九州にも生息
し、分布が北上しているそうです。台風に乗って飛んできたの
でしょうかね。


昨日開催の江戸前干潟研究学校では長靴池でモクズガニが9匹
捕獲されました。今まで1匹ずつしか出現していないのでビックリ。
PA140003.jpg

ラベル:行事報告 昆虫
posted by スタッフN at 18:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

OK牧場解体

観察舎解体工事に先駆けて、野鳥病院と観察舎の間に設置していた
囲い(通称OK牧場)を撤去しました。
DSCN9467.jpg

元々は大部屋に入れておくには大きく、他の個体を
圧迫するので隔離用に作成した大型水禽ケージで、
当初は野鳥病院の裏、物置とらせん階段の間のスペース
に設置していました。
20100702P1100466.jpg
2010年7月旧OK牧場

その後水交換等の手間もかかるため、現在の
野鳥病院と観察舎間のスペースに移動。
20120816P8160008.jpg
新スペースに作成中のOK牧場(2012年8月)

20121009PA094585.jpg
20121009PA094571.jpg
完成して利用開始したのは2012年10月9日でした。

当初収容していたのはコブハクチョウ2羽に
コクチョウ1羽、カナダガン1羽。時折大きく
育ったカルガモのヒナ軍団を放鳥前に入れたり
しながら利用していましたが、野鳥病院の収容方針
の変更により、ハクチョウ類が他所へ引き取られた
後は猛禽やハトなど様々な鳥を入れていました。

手狭な野鳥病院である程度飛べるスペースがあり、
通行人からも見やすいためとても重宝していましたが、
本日6年の役割を終えて解体となりました。

ラベル:野鳥病院
posted by スタッフN at 18:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

11/3キノコ観察会

保護区のキノコ観察会のお知らせです。
181103キノコ観察会ポスター.jpg

キノコを探そう!@行徳保護区

日時:11月3日 午前9時45分集合~午後3時半まで
(午前のみ参加・午後のみ参加ok)
場所:千葉県市川市行徳鳥獣保護区(集合場所・観察舎駐車場)

講師:糟谷大河先生(千葉科学大学)
内容:午前・保護区で観察会
   午後・糟谷先生の講演「千葉県のキノコ」&机上観察会・検証会

参加費:小学生以下無料 大人200円、中学生~19歳100円
定員:15名(先着順)
持物:飲料・昼食・雨具(雨天時)
服装:長袖・長ズボン・運動靴または長靴・帽子を推奨

申込み:氏名・住所(市町村まで)・連絡先電話番号・参加人数と
    未成年者がいる場合は年齢を下記までおしらせください。
  
    行徳野鳥観察舎(管理事務所) 047-397-9046
    メール tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp

[担当者より]
保護区の晩秋のキノコは、写真のマツカサキノコモドキ、ニセマツカサシメジが
期待されます。保護区フィールドでは、糟谷先生が見つかるキノコをひとつひとつ
解説してくださいます。興味深いキノコの生態について丁寧にお話しくださるのが
毎回好評です。

また、午後のご講演では、千葉県に生息するキノコについてお話しくださる予定
です。顕微鏡による観察や、保護区で観察・採取したキノコの名前の検証も行い
ます。みなさま、どうぞふるってご参加ください!


*この観察会は千葉県環境財団による助成金を受けて開催しております*
ラベル:行事案内
posted by スタッフN at 14:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

くわえていたのか抜けなかったのか

20181009_141730185.jpg
本日導流堤に、何かのカップ的なものを被ったタヌキが
歩いていました。躊躇なく歩いていたので、前は見えて
いるようです。(スタッフSY)
ラベル:哺乳類
posted by スタッフN at 21:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

台風過ぎて(10月1日)

台風が通過した1日、幸い保護区周辺は降雨量も
大したことなくすみましたが、強風で樹木が折れたり
倒れたりしていました。

RIMG4222.JPG
通路を塞いでいたニセアカシア


DSCN1463.jpg
芝生のヤマモモは根元から倒れました。

RIMG4226.JPG
野鳥病院前の街灯はガラスが割れて
しまいました。

DSCN1453.jpg
保護区内では稲架が破損。
DSCN1490.jpg
補修後

DSCN1461.jpg
保護区入ってすぐ、セイゴ水道の堤防部分。
シャリンバイが折れてました。
DSCN1462.jpg
撤去後

DSCN1458.jpg
竹のトンネルではアカメガシワが倒れました。
DSCN1495.jpg
処理後

大きなところでは以上ですが、細い枝の落下や
倒伏は多数みられました。

・おまけ
田の字池の観察壁前でタヌキが一心不乱に
何かをかじってました。
DSCN1475.jpg
DSCN1479.jpg
こちらに気づいた後、
DSCN1480.jpg
何かをくわえて去って行きました。魚?

ラベル:近況
posted by スタッフN at 15:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

10月行事予定

2018年10月の保護区等行事予定です。
特記なければ野鳥観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止

〇定例行事
・4日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。

・14日(日)新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
 (日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催)
 参加費200円(18歳未満無料)・雨天決行
 持物:昼食・観察道具(あれば)
 保護区に直接向かうショートコース(13時半頃解散)と、バスで
 江戸川放水路経由のロングコース(15時半頃解散、別途バス代400円)
 があります。いずれも観察舎前で解散。
 天候等により1コースのみとなる場合もあります。

・27日(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。10月も稲刈りを予定
 夕暮れ観察会 16時~18時(通常より30分早くなっています)
  日没前後の保護区を歩きます。色付く植物、増えてきたカモ類
  などを楽しみます。

・毎週日曜日・祝日 定例園内観察会 13時半~15時半
 普段は入れない保護区の中を2時間ほど案内します。

〇その他行事
・14日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 小雨決行
 保護区水辺に前日設置の網を回収して採集された魚やエビ・カニ類を調べます。
 午前のみ参加も可。11月~3月はスタッフによる自主調査となるため、今年度
 の一般参加行事としては今回がラストです。
 持物:軍手・長靴・筆記用具・昼食

・28日(日)南行徳ホコ天
 メトロ東西線南行徳駅前周辺にて開催されるホコ天に友の会として参加します。
 ぱたぱた鳥の紙工作で出展予定。

申込・問合せ:行徳野鳥観察舎管理事務所 047-397-9046(TEL/FAX)
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

やちょかん祭り終了

本日開催していたやちょかん祭りは降雨がひどく
なってきたので13時に終了となりました。
雨の中お越しいただいたみなさまありがとうございました。

以下は午前更新分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P9290030.jpg
雨が降っていますが、やちょかん祭りやってます。
雨がひどくなってきたら早めに終了となりますので
お早めにお越しくださいませ。

P9290024.jpg
P9290023.jpg
P9290031.jpg
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 10:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

やちょかん祭りは明日29日に決行

やちょかん祭りは予定通り明日29日(土)に開催します。
10時~15時観察舎前芝生帯

午後より崩れる予報のため、降雨量によっては
15時より前に終了とさせていただきます。

主な内容(天候状況により変わる場合もございます)
〇物販(テント)
・海苔(福田海苔店)
・ホンビノス貝(市川市漁協)
・おこわ(ヒロちゃんの八百屋)
・クッキー(ロチュス)
・ピザ(ピザーラ浦安店)
・チョコバナナ・コーヒー(友の会)
・バザー(友の会)

〇遊び(芝生)
・ガチャ
 (チラシ又は行徳新聞9月21日号掲載のガチャ券、ちりつもクーポン
 のいずれかが必要です)
・マスコット色塗り(100円)
・ゴム人形すくい(100円)
・輪投げ
・野ゲーキ作り(11:00~/13:00~ 各回1時間・途中参加可)
・スタンプラリー

〇他
・バザー(観察舎玄関前:友の会)
・野鳥病院ツアー(野鳥病院:12:00~/14:00~ 各回30分)
・ちりつもポイント紹介(芝生:明光企画)

問合せ:野鳥観察舎管理事務所 047-397-9046
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 09:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする