2017年11月18日

保護区鳥情報11/18

2017年11月18日の保護区鳥類調査の結果です。


オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
アオアシシギ
ユリカモメ
チュウヒ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
アカハラ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ
アオジ、オオジュリン
ドバト
42種


1.ツグミも記録されるようになりました(今季初認11/14)。
  冬鳥の顔ぶれが揃った様子です。
2.スズガモはあまり増えることもなく減り始めています。
  今日は39羽でした。それにしても全体的にカモ科が少ないです。
3.コガモやオナガガモが観察舎前の丸浜川に姿を見せるように
  なりました。
(スタッフK)
DSCN7767.jpg
本日昼過ぎ頃、観察舎正面にカワウの大群が
見られました。
DSCN7772.jpg
保護区では海から内陸へ採食場が移る時期に
見られる光景です。例年だと10月中下旬頃が多い
印象。

DSCN7782.jpg
餌場に来ていた常連のカラーリング黄「3J3」
繁殖羽に変わりつつある個体も増えてきました。

RSCN7716.jpg
保護区では珍しいエナガ。12日頃から見られて
いるようです。(撮影・提供Kさん)

DSCN2709.jpg
15日、保護区でスタッフYが見つけたオオバンの死体。
はやにえの如くヨシに刺さっていた模様。
上空から落ちて偶然刺さった?
(スタッフN)
ラベル:鳥情報 近況
posted by スタッフN at 20:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

止まり木立て

今日の作業は観察舎正面付近の止まり木たて。
だいぶ傷んでボロボロになっていたので新しい
ものに交換しました。

IMG_5201.JPG
支柱をたてて

IMG_5213.JPG
横木を取り付け

IMG_5224.JPG
今回は3基分設置。通路から見やすい位置になったでしょうか?

ラベル:近況 作業
posted by スタッフN at 19:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

ツツドリ

昨日野鳥病院に「タカのヒナを保護した」と問合せが。
この時期にヒナはありえないし、何の鳥が来るんだろう
と思っていたらやってきたのはやや時期外れのツツドリ。
DSCN2696.jpg
野鳥病院では9・10月の渡りの時期に衝突事故で来ること
が多い鳥です。市内で保護されたのですが、11月に
見られるのは珍しいです。

幸い目立つ外傷もなく本日午後放鳥しています。
無事南方に渡っていけますように。

ラベル:傷病鳥 野鳥病院
posted by スタッフN at 17:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

シマクイナ動画

何人かから問合せがありましたので。

2001年に野鳥病院に入所したシマクイナの動画
YouTubeにて先日公開されたようです。
当該個体は残念ながら2003年にお亡くなりになっています。

現在基本的に禽舎内に無関係の方は立ち入りいただけません
のでご注意ください。
ラベル:傷病鳥 告知
posted by スタッフN at 14:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

近況11月上旬

いつの間にやら観察舎玄関前の自販機で電子マネーが
使用可能になっていました。
DSCN7722.jpg
iD、楽天Edy、WAON、nanacoが使えるようです。

1510216683655.jpg
先週野鳥病院入所のコアホウドリを9日、九十九里片貝海岸
にて放鳥しました。無事大海原を飛び回っていますように。

DSCN2620.jpg
観察舎前の導流堤にユリカモメが集まってきました。
カラーリング付もちらほらと。記号が読みとれた場合
はぜひお知らせください。(2017年11月11日画像差替え)

DSCN2577.jpg
ジョウビタキのきれいなオスが丸浜川沿いや保護区内で
見られています。


DSCN7694.jpg
丸浜川沿いでビワの花が咲いていました。

DSCN7711.jpg
保護区内ではハマヒサカキの花が独特の芳香を漂わせています。

IMG_20171110_140837_20171110144557s.jpg
DSCN7491.jpg
築山前面に設置していた海苔網に海苔の付着が確認されました。
今年2月に周辺のヨシに付着していた自生の海苔が無事
夏場を越せたようです。


下の画像は閲覧注意

DSCN7687.jpg
浜通りでオオバンが捕食されていました(9日)。
オオタカ辺りでしょうかね。夜中にタヌキが
持って行ったか10日は羽根だけが残ってました。

ラベル:植物 近況
posted by スタッフN at 17:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

野鳥病院の一部鳥種受入停止について

11月5日に島根県で回収されたコブハクチョウの死体から
高病原性鳥インフルエンザが確認されました。これにより
国内の対応レベルが1から2に上がりました。

これを受けて野鳥病院では以下の水鳥の新規収容が本日より停止
となります。大変ご不便をおかけしいたしますが、ご理解と
ご協力をお願いいたします。

受入停止となる鳥種(下記環境省マニュアル記載の検査優先種中の水鳥)
・カモ類(カモ目カモ科)
・カイツブリ類(カイツブリ目カイツブリ科)
・カモメ類(チドリ目カモメ科)
・オオバン
・カワウ
・アオサギ


※レベル3になった場合は検査優先種全て(上記水鳥に加えて猛禽類)が
 受入停止となります。
※保護区が重点監視区域になった場合は全ての種の新規受入が停止します。

今後も発生状況により受入状況も変化します。お持ち込みの際は
なるべく事前にお問合せ下さい。

野鳥病院(行徳野鳥観察舎) 047-397-9046
ラベル:野鳥病院 告知
posted by スタッフN at 18:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

JBF2017無事終了

ジャパンバードフェスティバル2017、無事終了しました。
イベント中は良く晴れて人出も良かったのですが、オオバン広場
のぬかるみだけが残念。足元の悪い中友の会ブースにお立ち寄り
いただいた皆様どうもありがとうございました。

いただいた募金とマスコット色塗りの代金の一部は野鳥病院の
餌代など傷病鳥救護活動費に使用させていただきます。

DSCN7667.jpg
マスコット色塗りは二日間で約100名が参加。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 17:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

JBF2017

我孫子市手賀沼で今日明日と開催されている

観察舎友の会はオオバン広場にブースを出しています。
石粉粘土製のマスコット色塗り(100円)、Tシャツ販売
(1枚500円・サイズに限りがあります)、傷病鳥救護募金
等をやっています。どうぞお立ち寄りください。

DSCN7631.jpg
友の会ブース外観

DSCN7639.jpg
マスコット色塗り。大人も子供もOKです。

DSCN7655.jpg
テントの多いオオバン広場はかなりぬかるんでいます。
来られる際は長靴推奨です。友の会テントのお隣、
日本野鳥の会さんで販売している長靴を現地調達するのも有り。

会場では光学機器メーカーの展示や鳥関連の書籍・グッズ
販売等も充実しています。鳥好き(野鳥・飼鳥とも)の方は
一度来てみてはいかがでしょうか。


ラベル:近況 行事情報
posted by スタッフN at 21:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

野鳥病院近況

先月の台風2連続もあってか、先月下旬より禽舎ではレア
な鳥が連日入所しています。

コシジロウミツバメ(放鳥済)、フルマカモメ(放鳥済)、
オオミズナギドリ、オシドリ、クイナなど。
11月1日には館山の海岸でヨタカ、本日は柏市の倉庫で
コアホウドリが保護されました。

PB012009.jpg
ヨタカ。野鳥病院では2009年以来。試しに入れた止まり木に
横に止まろうとするのはさすが?
PB012011.jpg
大きな口を開けて威嚇してきます。

PB022012.jpg
2日に保護されたコアホウドリ。首に傷がありましたが
翼等は大丈夫そうです。

元気な内に放鳥できると良いのですが。


【お知らせ】
インフルエンザのシーズンとなりました。今年度は国内で
鳥インフルエンザ発生が確認された場合、野鳥病院の
新規受け入れが停止となります(発生状況により種類限定~
全面停止まで段階があります)のでご注意下さい。
持ち込む前にお問合せいただくのが確実です。
ラベル:野鳥病院
posted by スタッフN at 21:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

11月行事情報

2017年11月の保護区行事予定です。
特記ない限り野鳥観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止

・2日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。ユリカモメがちらほらと現れ始めました。
 猛禽類もあらかた観察されています。カニやトビハゼはそろそろ
 シーズンオフとなります。

・4日(土)稲刈り 13時~15時半頃
 先月のボランティアデーに続き今週も実施。湊池棚田の稲刈りを
 行います。台風で倒れた丈の長い古代米なのでちょっと大変かも。
 持物:軍手・あれば長靴

・12日(日)定例新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
 参加費200円(18歳未満無料) 毎月第2日曜開催・雨天決行・要昼食
 保護区に直接向かうショートコースと江戸川放水路経由のロングコース
 (バス代400円)の2コース。解散はいずれも観察舎前。天候状況等により
 どちらか片方のコースのみとなることもあります。
  日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催

・23日(木・祝)やちょかん祭り 10時~15時雨天中止
 今年もやりますやちょかん祭り。観察舎前芝生帯にて。
 ・脱穀体験・・・足踏み脱穀機や唐箕を使って保護区産稲の脱穀をやってみよう
 ・遊び(一部有料あり)・・・野ゲーキ作り・ゴム人形釣り・マスコット色塗りなど
 ・飲食・物販・・・三番瀬の貝・海苔、野菜、クッキー・おこわ・焼きそば・キノコ汁など

・25日(土)
 ボランティアデー 13時~15時半
  毎月第4土曜開催。スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 持物:軍手・長靴・飲料

 夕暮れ観察会 16時~18時
  毎月第4土曜開催。日没前後の保護区を歩きます。10月から1月は
 30分早くなります。ご注意を。日没前に飛び交う猛禽類、薄暗い水面に
 採餌に出てくるカモのシルエットなどを楽しみます。


・定例園内観察会 毎週日曜日・祝日 13時半~15時半
  普段は入れない保護区内を2時間ほどご案内。鳥や植物などを観察して歩きます。
 秋も深まってきました。色づく草木、実る果実。カモやカモメ類、猛禽類も増えて
 きました。保護区では一番カモ類が多くなる月。お隣の鴨場からはカモを寄せる
 給餌の合図の音も聞こえてきます。カニやトビハゼは今月中旬頃まではそこそこ
 見られます。

・ミニガイド 行事のない土曜日(11/11・18) 13時半~14時
  導流堤や野鳥病院など観察舎周辺のミニ観察会。普段の観察会は時間的に
 ちょっと・・・という方もどうぞ。

 我孫子市手賀沼で開催されるジャパンバードフェスティバルに出展します。
 友の会ブースは水の館東側のオオバン広場(例年出展していた鳥博駐車場の南側)
 日本野鳥の会本部と野鳥の会東京さんの間となります。いつものポスター掲示
 と石粉粘土製マスコット色塗り(1個100円)、傷病鳥救護活動募金、Tシャツ販売など。
 ご来場の際はどうぞお立ち寄りください。

問合せ:野鳥観察舎047-397-9046
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 13:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

10月28日行事報告

・ボランティアデー
時折ぱらぱらと降る程度だったので予定通り
湊池棚田の稲刈りを実施。台風で倒れて刈り
にくかったものの、足場は先月よりずっと
マシだったとは参加者の談。黒米1枚分を
刈り取りました。
PA280016.jpg
PA280018.jpg


・夕暮れ観察会
昼前から降り出した雨にしっとりと濡れた保護区を歩いた。
モズが激しく鳴いている。

●北池では、暮れなずむ鉄塔の頂にたたずむハヤブサ、
 軽快に飛びまわるチュウヒを観察できた。両者とも
 今夜はここで眠るのだろうか。

●ツグミを今季初認。ジョウビタキ、アオジの声も叢から
 聞こえてくる。タチバナモドキ、ノイバラ、アオツヅラフジの
 実も色づき、秋の深まりを感じる。(担当S)

★次回は11月25日 16時から。
 日没後湿地に飛んでくる水鳥の野性味あふれるシルエットが
 観察できればと思います。
明日の江戸前干潟研究学校は雨天決行の行事ですが、
雷が鳴っているような場合は危険なので中止です。
posted by スタッフN at 22:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

週末行事情報

今週末もまた降雨予報ですが・・・

〇10月28日(土)
・ボランティアデー 13時~15時半 雨天中止
  毎月第4土曜開催。スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
  今月も先月に続き稲刈りを行います。小雨程度なら実施。
  足元が悪いので長靴推奨。
  ※稲刈りは11月4日(土)にも実施予定。
  20170923_140325_00001.jpg
  先月の様子。

・夕暮れ観察会 16時~18時 雨天中止
  日没前後の保護区を歩く観察会。10月から1月までは通常より
  30分早い開催となります。ご注意ください。

〇10月29日(日)
・江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 雨天決行
  保護区水辺に仕掛けた定置網を回収して、採れた魚や甲殻類を調べます。
  天候状況により午前のみで解散になる場合もございます。濡れると寒い
  時期ですのでご無理のないよう。
  持物:軍手・長靴・雨具(雨合羽推奨)・昼食・飲料

・定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
  毎週日曜と祝日開催。普段は入れない保護区内を2時間ほどご案内します。
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 18:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

東京メトロスタンプラリー

沿線を巡るスタンプラリーが明日より始まります。

メトロ社員が選んだ90スポット(パスポート9種に各10スポット)
の一つとして行徳鳥獣保護区(市川野鳥の楽園として
パスポート5「愛でる」に記載)が紹介されています。

観察舎管理棟玄関前にスタンプを設置します
DSCN9988.jpg
スタンプラリーは10月27日から2018年1月24日まで

スタンプシートはメトロ各駅で配布されるパスポート
裏表紙にあります(観察舎でも少部ですが配布)。
スタンプ1個から応募できるとの事。
お立ち寄りの際はぜひ押印を。

ラベル:告知
posted by スタッフN at 15:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

台風一過

台風は早朝に通過して久々に抜けるような青空が広がりました。
DSCN7611.jpg

20171022_145332_00000.jpg
22日の丸浜川の様子(観察舎前餌場付近)

保護区周辺は幸い風も雨も大したことはなかったようで、
顕著な被害は見られませんでした。保護区内各所では
水位が上がり観察路も冠水していました。
DSCN7597.jpg
満水になった旧淡水池
DSCN7577.jpg
田の字池からあふれた水で冠水している管理通路

DSCN7548.jpg
夏場干上がった鴨場北池もようやく水位が戻りました。

夏から続いた天候不良もこれでようやく解消となるでしょうか。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 13:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

東京湾大感謝祭、2日目は中止

21日の東京湾大感謝祭、雨の中お越しいただいた
皆様どうもありがとうございました。

PHOT0011.jpg
東京湾再生官民連携フォーラムのテント
PHOT0013.jpg
保護区から持って行ったカニたち

当日機材トラブルで流せなかったトビハゼ動画はこちら↓
(2017年10月26日追加)
https://youtu.be/wSPv7t6YlUM


2日目の22日は荒天予報のため中止となりました。
行かれる予定だった方はご注意下さい。


posted by スタッフN at 00:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

今週末は東京湾大感謝祭

今度の土日、横浜赤レンガ倉庫広場で東京湾大感謝祭2017
が開催されます。

広場のイベントステージ横、東京湾再生官民連携フォーラム
の東京湾の窓PTメンバーとして保護区のトビハゼやカニを
展示します。東京湾岸の自然系施設を中心にチラシ・パンフレット
の配布を行っています。ご来場の際はどうぞお立ちより下さい。

10月21日(土)10時~17時
10月22日(日)10時~16時半 ※2日目は中止となりました。
会場:横浜赤レンガ倉庫広場ほか
雨天決行・荒天中止

詳細は公式サイトhttp://tbsaisei.com/fes/ にて

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 19:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

保護区のトビハゼ紹介ビデオ

10月21・22日に開催される東京湾大感謝祭にて
展示に使用するトビハゼを捕まえるついでに 、
動画でトビハゼや保護区を紹介してもらおうということで
10月2日にYouTuberのさん に撮影していただきました。

その時の動画が 公開されています。感謝祭ではもっと短く
まとめたものが披露される予定。


行徳鳥獣保護区で生物観察!前編
https://www.youtube.com/watch?v=fN_Wc09tfus&feature=youtu.be

行徳鳥獣保護区で生物観察!後編
https://www.youtube.com/watch?v=bo4G56z6P-E
posted by スタッフN at 17:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

フィールドミュージアム「カニの巣穴を見てみよう」

本日のフィールドミュージアムは晴天の中、石膏を使った
カニの巣穴観察を行いました。
DSCN7451.jpg
クロベンケイガニの巣穴に石膏を流してみる

DSCN7462.jpg
干潟でコメツキガニの巣穴を観察

DSCN7465.jpg
牛乳パック利用の型枠を置き石膏を流し込みました

DSCN7475.jpg
固まったら慎重に掘り返し

DSCN7480.jpg
持帰って砂や土を洗い流したところ

DSCN7486.jpg
途中で折れてしまいましたが大き目のものもとれました。

DSCN7489.jpg
講師の桝本さんが持って来た大き目の標本を見る一同

最初に石膏を流したクロベンケイガニの巣穴は
1Lくらい流したのですが表面までは届かず、
50㎝ほど掘り返しても先が見えず断念。結構深く
掘り進んでいるようです。

DSCN7482.jpg
本日一番きれいにとれたのはタヌキの足跡

寒くなり生き物が少なくなるのと野外講座は厳しくなってくるので
今年度のフィールドミュージアムは今回で終了(12月に特別編が
出来るかも?)。来年度またよろしければお願いいたします。
テーマのリクエストもあればお寄せください。

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 15:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ヨシによじ登る

普段は地面で暮らしているクロベンケイガニですが、
雨の日や降雨後などにはヨシやセイタカアワダチソウ
の茎を登っている姿が観察されます。
 植物の葉を食べに上がっているようですが、目線の
高さでカニを見るのはちょっと不思議な感覚です。

DSCN7406 (640x480).jpg
DSCN7404 (640x480).jpg
器用にしがみついています。

DSCN7397 (640x480).jpg
ベンケイガニも。

DSCN7436 (640x480).jpg
本日はスズガモとキンクロハジロの群れが見られました。
100羽くらいいたでしょうか。

DSCN7416 (640x480).jpg
鈴なりのアケビ。こんなに大量についているのははじめてです。

明日8日(日)は10時からフィールドミュージアム「カニの巣穴の形」
石膏を使ってカニの巣穴観察をします(参加費50円)。同じく10時に
東西線行徳駅改札口前広場集合で野鳥の会の探鳥会(参加費200円)、
13時半から定例園内観察会(参加無料)が開催されます。
どうぞご参加ください。
草露とぬかるみがまだ残っているので長靴推奨です。
posted by スタッフN at 15:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

センサーカメラに映っていたもの

現在保護区内では自動撮影カメラを何台か設置して
普段はわからない生き物の行動の様子を調べています。

今回は旧淡水池と下池の間にあるタヌキの溜め糞場に
設置されたカメラのデータ(2017年6月~8月)から何点か紹介。
(動画データは全て日本大学動植物研究会より提供)

DSCN6882.jpg
カメラ設置個所。右側が下池方向(以下動画では画面奥側)

タヌキ。6月頃の保護区のタヌキは落ちている桜の実を
食べまくっています。溜め糞に残っているのはほぼ桜の実。

糞は分解されて種ばかりになるのですが、どうやらドブネズミは
その種を食べに来ているようです。
DSCN6881.jpg
溜め糞場に残った桜の種。割れていたのはネズミ達の
仕業だったようです。

スズメも種狙い?


1回だけでしたがヒクイナも映っていました。何か
ついばんでいるようですが、たまたまなのか、狙ってきたのか。


野良猫。あまり保護区周りでは見かけない柄の個体。


ラベル:哺乳類
posted by スタッフN at 17:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

米の提供について

新米の季節となりました。

この時期ときおり「野鳥病院の鳥用に」と古米を持ってきて
いただいたり、ご提供の旨ご連絡いただいたりします。

しかしながら現在野鳥病院には米を食べる鳥はいませんし、
積極的に白米を与えることもありません。

ご厚意に応えられず大変申し訳ないのですが、
現在基本的にはお米の提供はお断りしています。
いただいた場合も保護区で堆肥にしまいますので
ご了承ください。



ラベル:告知
posted by スタッフN at 17:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

トビハゼを捕まえる

本日はほぼ一日保護区の干潟で過ごしたスタッフNです。
目的は今月下旬に開催される東京湾大感謝祭で展示に使う
トビハゼの採集とその様子の撮影。

実物を展示するだけではなく、トビハゼの生活する泥干潟
の様子も動画で見てもらおうという事で、日本国際湿地保全連合
Hさんの紹介でYou Tuberの鰐さんに撮影していただく事に
なった次第。

PA020024.jpg
トビハゼ採集の様子

PA020030.jpg
ローアングルで狙う先は・・・

PA020031.jpg
足場板に並ぶトビハゼ


実は今回世界唯一(?)の干潟漫画「ガタガール」作者の
小原ヨシツグ先生も同行しており、保護区の
干潟も色々見ていただきました。今後トビハゼとか
保護区をモデルにしたネタが登場するといいなぁ。


動画は鰐さんによる編集の後大感謝祭会場や
You Tubeにて後日公開予定。お楽しみに。
(2017年10月14日追記・動画公開されました)

※今回の採集・撮影は管理者の千葉県の許可を得て
おこなっています。
ラベル:魚類 近況
posted by スタッフN at 22:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

10月行事案内

2017年10月の保護区行事予定です。
特記ない限り野鳥観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止

・5日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。セイタカアワダチソウが色づいてきました。
 ススキやオギの穂も出ています。ウラギクの花にはまだ早いかも。
 徐々に姿を見せ始めたカモやカモメ類、移動途中の小鳥類等を探して
 みましょう。

・8日(日)
 フィールドミュージアム「カニの巣穴の形」 10時~14時半頃
  参加費50円・雨天決行
 カニの巣穴や鳥の足跡に石膏を流して形を観察してみます。
 持物:長靴・飲料・昼食・筆記用具

 定例新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
  参加費200円(18歳未満無料) 毎月第2日曜開催・雨天決行・要昼食
 保護区に直接向かうショートコースと江戸川放水路経由のロングコース
 (バス代400円)の2コース。解散はいずれも観察舎前。天候状況等により
 どちらか片方のコースのみとなることもあります。
  日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催

・28日(土)
 ボランティアデー 13時~15時半
  毎月第4土曜開催。スタッフと一緒に保護区管理作業体験。10月も
 9月に続き稲刈りを予定。
 持物:軍手・長靴・飲料

 夕暮れ観察会 16時~18時
  毎月第4土曜開催。日没前後の保護区を歩きます。10月から1月は
 30分早くなります。ご注意を。日没前に飛び交う猛禽類、薄暗い水面に
 採餌に出てくるカモのシルエットなどを楽しみます。

・29日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 雨天決行
  保護区水辺に仕掛けた定置網を回収して採れた魚やエビ・カニ類を
 調べます。今年度の一般公開行事としてはラストの予定。11月から3月
 はスタッフによる自主調査(参加希望の方はご連絡下さい)となります。
 持物:軍手・長靴・筆記用具・飲料・昼食
 ※午前のみ・午後のみ参加も可

・定例園内観察会 毎週日曜日・祝日 13時半~15時半
  普段は入れない保護区内を2時間ほどご案内。鳥や植物などを観察して歩きます。
 渡りの時期。徐々に増えてくる冬鳥たちや立ち寄る小鳥類、色づく草木や実など
 一週ごとにさまざまな出会いがあることでしょう。お隣の鴨場からはカモを
 寄せる給餌の合図の音も聞こえてくる時期。散歩にちょうど良い気温です。
 どうぞお越しください。

・ミニガイド 行事のない土曜日(10/7・14・21) 13時半~14時
  導流堤や野鳥病院など観察舎周辺のミニ観察会。普段の観察会は時間的にちょっと・・・
 という方もどうぞ。

問合せ:野鳥観察舎047-397-9046
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 14:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

9/24フィールドミュージアム「トンボ」

24日は適度な風と晴天で観察会にはちょうどよい天候でした。
今回のフィールドミュージアムは「トンボ」
トンボ研究家の互井賢二さんを講師に保護区のトンボ観察を
行いました。

DSCN7177.jpg
網を手にトンボ採集に挑戦する参加者

DSCN7186.jpg
ギンヤンマのオスとメス

DSCN7205.jpg
午後はトンボ・ヤゴの標本も使ってトンボ講座。

赤トンボ類がとても少ない今年の保護区。
本日確認したのは
シオカラトンボ・コシアキトンボ・ギンヤンマ
アキアカネ・ノシメトンボ
アジアイトトンボ・アオモンイトトンボ
の7種でした。

次回フィールドミュージアムは10月8日(日)
カニの巣穴などに石膏を流して形を観察します。
どうぞよろしく。
ラベル:行事情報 近況
posted by スタッフN at 14:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

保護区近況

本日昼過ぎ、小島岬にサギ類が20羽ほど集まっていました。
DSCN7128.jpg
アマサギとチュウサギがメインだったようです。
渡り前の集合といったところでしょうか。

DSCN7166.jpg
浄化池ではアオアシシギが比較的近くで
観察できました。

20170923_140325_00001.jpg
DSCN7144.jpg
ボランティアデー作業は湊池棚田の稲刈り。
ひとまず黒米を刈り取りました。

DSCN7142.jpg
18日に見かけたアケビは割れ始めていました。

明日は10時からフィールドミュージアム「トンボ」
13時半から定例園内観察会です。どうぞよろしく。
(スタッフN)


〈夕暮れ観察会報告〉
雲間から細い月がのぞいている、趣のある夕暮れだった。

〇清楚なヒメジソの花、シックで個性的なナカグロクチバ
(ガの一種)、赤紫のナンバンギセルなどを観察しながら
保護区の奥へと歩いた。

〇浄化池では、2羽のアオアシシギが仲良く食事中だったが、
やがてそろって眠り始めた。起こさないようにそっと現場を
離れた。秋の渡り鳥。来年も来てくれることを願わずにいられない。

〇日が暮れると、虫の大合唱。アオマツムシやカンタンに交じって
マツムシも例年になく勢いがいい。「チンチリリン」という澄んだ音
があちらこちらで聞かれた。

〇終盤、闇夜から「ピョウ!」という声が断続的に降ってきた。
正体は謎。私は、ササゴイ(サギの一種)ではないかと思ったのだが、
帰宅してからネットで聴いてみると少し違うようだ。
秋の夜も、ミステリアスであることよ・・・(担当S)

★次回は10月28日(土)16時から。
集合時間が30分早くなりますのでご注意ください。
ラベル:行事情報 近況
posted by スタッフN at 22:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

週末行事案内

今週末の行事情報です。いずれも観察舎玄関前集合・当日受付

〇9月23日(土・祝)
・ボランティアデー 13時~15時半頃 雨天中止
 毎月第4土曜開催。スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 今回は稲刈りを行います。本日の雨で足元のコンディションは
 悪くなりますので長靴・汚れても良い服装で。
 20170922_110216_00002.jpg
 稲刈り予定の湊池棚田。稲を干す稲架も準備済。

・定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
 保護区内を2時間ほど歩きます。20日にはサシバが見られたとのこと。

・夕暮れ観察会 16時半~18時半 雨天中止
 日没前後の保護区を歩きます。毎月第4土曜開催。9月は虫の声の最盛期。
 マツムシやカンタン、カネタタキなどを楽しみます。

〇9月24日(日)
・フィールドミュージアム「トンボ」 10時~14時半頃 小雨決行
 トンボ研究家の互井賢二さんを講師に保護区のトンボ観察会。
 参加費50円 
 持物:長靴・飲料・昼食・筆記用具 あれば捕虫網・虫かご
 ※捕まえたトンボは持ち帰りできません。
 P9294465s.jpg

・定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
 毎週日曜日と祝日開催。

問合せ:野鳥観察舎047-397-9046

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 17:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

台風一過

台風18号通過で青空と暑さに覆われた1日でした。

キノコ観察会はスタッフ等含め35名で保護区での
観察・採集と自治会館をお借りしての講座を実施。
キノコを探そうa.jpg
見つかったかな?
キノコを探そうb.jpg
採集したキノコの同定・解説
キノコを探そうc.jpg
本日のキノコ一覧。21種であったとの事。

保護区内では干上がりかけていた旧淡水池の
水位が今回の雨でようやく回復。
DSCN6884.jpgDSCN7079.jpg
9月11日                 9月18日

北池はまだまだ水たまり状態。カモ類が本格化する
前に水面が出来るでしょうか。

DSCN7105.jpg
丸浜川沿いで見られたキジ。尾羽がない個体でした。
生え替わり中なのか抜けてしまったのか。

DSCN7110.jpg
鈴なりのアケビを発見。食べ頃にはまだ少し
早いようです。


ラベル:近況
posted by スタッフN at 23:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

江戸前干潟研究学校9月

本日の江戸前干潟研究学校は雨の中親子4組を含む14名が参加。
PHOT0001.jpg

DSCN9978.jpg
百合ヶ浜の大網はクラゲによってよじれてしまっており、
採集できませんでしたが、長靴池でかつてないサイズの
ウナギが捕れていました。
その他は海域ではニクハゼ・シラタエビが多かったですが、
全体的には天候のせいか少なめでした。

次回は10月29日(日)。今年度の一般公開調査としては
最後の予定(自主調査は月1回実施していきます)。

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 17:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

保護区鳥情報9/16と8月夕暮れ観察会報告

2017年9月16日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
イソシギ
トビ、オオタカ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ドバ
25種

1.珍しいササゴイが、千鳥水門付近のカキ礁で口に余り
  そうな大きな魚(ボラ?)を採っていました。
2.モズの高鳴きが聞かれるようになりました。(UFO島、百合池)
  9/14が今季初認のようです。
3.オオタカの成鳥。
4.先週辺りからカルガモが急に減っている様子です。
(スタッフK)

午後のミニガイドは千鳥水門方面へササゴイ
を探しに行きました。残念ながらササゴイに
は会えませんでしたが管理通路でオオタカが。
DSCN5016.jpg
最初はカラスだけかと思ったら右端にオオタカ
DSCN5016a.jpg
何かを捕食していた模様。
DSCN5017.jpg
樹脂製リングの付いた白っぽいドバトが
襲われた様です。

戻る途中ではコミスジを発見
RSCN5026.jpg
保護区では初かも。(以上画像撮影・提供Kさん)
(スタッフN)

夕暮れ観察会報告(8月22日)

親子連れの皆さんも複数組参加してにぎやかに出発。

●セイゴ水道の泥干潟では、ヤマトオサガニの大群がお出迎え。
 壮観でした。名物のトビハゼも、かすんでしまうほど。

●本土に入ると、こんどはクロベンケイガニがぞろぞろ。全身が
 赤いベンケイガニも参加者の方が次々にみつけてくださいました。
 すっかりカメラ目線?で悠然とポーズをとるカニも。

●田園風景の中をシラサギやカルガモが飛び立っていきました。

●夕方の空で虫をとる生物・・・ツバメ、コウモリ、ギンヤンマが
 乱舞する光景。素敵です。

★次回は9月23日 16時30分から。いよいよ年に一度の虫たちの
大合唱の季節。お楽しみに!
(担当S)
 
ラベル:行事情報 鳥情報
posted by スタッフN at 07:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

近況と連休中の行事案内

観察舎前の通路沿いでヒガンバナが咲きだしました。
DSCN9975.jpg
DSCN9976.jpg
駐車場入り口など白いものもちらほらと。

DSCN6895.jpg
保護区内ではナンバンギセルが咲いていました(10日撮影)。
ススキなどイネ科植物に寄生します。

DSCN6875.jpg
タチバナモドキに実がついていましたが、まだ色付く
には早いようです(10日撮影)

DSCN6891.jpg
クズが花盛りを迎えて甘い香りを放っています。
今年はちょっと遅め?

DSCN6885.jpg
干上がりかけた旧淡水池(11日撮影)
他から水の流入がない旧淡水池。今年は空梅雨で水位が低下
し、8月も降雨日数の割に降水量は少なかったのでどんどん
池が干上がっています。週末の台風で水量回復するでしょうか。

週末の行事予定です。キノコ観察会以外はすべて
当日受付・観察舎玄関前集合・参加無料

〇9月16日(土)
・ミニガイド 13:30~14:00 雨天中止
 観察舎周辺を案内します。

〇9月17日(日)
・江戸前干潟研究学校 10:00~14:30頃 雨天決行
 保護区水生生物調査。台風接近で降雨だけでなく風も強い場合は
 スタッフによる自主調査に切り替えます。ご参加は無理の無いように。

・定例園内観察会 13:30~15:30 雨天中止
 カモ類が少しづつ種類が増えてきています。

〇9月18日(月・祝)
・キノコを探そう@行徳保護区 10:00~15:00 小雨決行
 ※定員につき申込は締め切っています
 保護区のキノコ観察会。午前は保護区で観察・採集、午後は
 かもめ自治会館にて顕微鏡観察や講師のお話、
 参加費大人200円・中高生100円・小学生以下無料
 9:45観察舎駐車場集合

・定例園内観察会 13:30~15:30 雨天中止
ラベル:近況 行事情報
posted by スタッフN at 17:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする