2017年07月15日

保護区鳥情報7/15

2017年7月15日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン
コチドリ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
19種

1.北池の水面はかなり小さくなりました。そこに
  ダイサギを中心にサギ類が40羽ほど集まっていました。
2.久しぶりのバン(成鳥)1羽。
3.カワウコロニーのカワウの巣は25巣に減りました。
4.田の字池でカイツブリが激しく追いかけっこしていました。
(スタッフK)

14日には丸浜川下流部でコムクドリとツミが観察されています。
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

保護区鳥情報7/8

2017年7月8日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
コチドリ
イソシギ
コゲラ
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
19種

1.カルガモ34羽の群(新浄化池) 。
2.干上がった北池に13羽のコチドリが群れて
  休んでいる様子でした。新浄化池や旧淡水池
  にもいたので合計すると結構な個体数です。
3.カワウコロニーのカワウの巣は激減しました。
  先週400強でしたが、今日は91巣。
(スタッフK)
クロツラヘラサギは6日から観察されていません。
干潟などではカワウの巣立った若鳥が目立ちます。
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

保護区鳥情報7/1

2017年7月1日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
クロツラヘラサギ
コチドリ
トビ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
18種

1.カルガモ、親とほぼ同じくらいの大きさの
  7羽の雛連れ家族(丸浜川)。まだ産毛の4羽
  の雛連れ家族(旧淡水池)
2.カワウコロニーのカワウの空巣はこの1週間
  で急激に増えました。巣の数は先週のほぼ
  半分で400個ほどになりました。
4.クロツラヘラサギ1羽。(北池)
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

保護区鳥情報6/24

2017年6月24日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
クロツラヘラサギ
コチドリ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ドバト

19種

1.クロツラヘラサギ1羽、水深の浅くなった
  北池で採餌に忙しそうでした。
2.カワウの巣も数えているのですが空き巣も
  目立ってきています。木も茂っていたりして
  全ては数えられないのですが、今日の巣の
  合計は816個となりました。
(スタッフK)

DSCN4318.jpg
カワウコロニー内で営巣中のダイサギ。
だいぶヒナも大きくなっています。
(20日、スタッフY撮影)

DSCN6015.jpg
水位低下中の北池。23日にはハシビロガモが
見られました。
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

保護区鳥情報6/10

2017年6月10日の保護区鳥類調査の結果です。


キジ
カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
コチドリ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ドバト
17種

1.巣立った若鳥を連れたムクドリが
  とても多い(計442羽)。サクラの実を
  食べたり日向ぼっこをしている。
2.ハシブトガラスの若鳥。(上池)
3.田の字池のカイツブリは先週と同じところで
  巣造りしていました。先週から比べると巣の
  大きさ、高さがあまり変わっていない様子。
4.オオヨシキリは下池1羽と北池で4羽囀って
  いました。この時期になってもオオヨシキリが
  こんなに囀っているのは5年ぶりです。
(スタッフK)

DSCN5753.jpg
トビハゼ祭り開催の本日、谷津干潟で開催の
谷津干潟の日にも出展していました。
DSCN5747.jpg
友の会テントの様子。
DSCN5750.jpg
トビハゼもひっそりと展示中。
明日11日も参加していますのでどうぞお越しください。

トビハゼ祭りは導流堤開放に約180名。工作コーナー
と合わせると200名以上が来られたとの事。ご来場
ありがとうございました。
画像は後日に。友の会Facebook友の会非公式Twitterに当日の様子が
載っています。
(外回りイベント担当スタッフN)


posted by スタッフN at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

保護区鳥情報5/27

2017年5月27日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン
コチドリ
チュウシャクシギ
チョウゲンボウ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
19種

1.種数が随分少なくなりました。カモ科はカルガモ
  以外いなくなりました。
2.スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、シジュウカラ
  の若鳥の声や姿が目に付きます。
3.巣を作っているのでしょうか、草枝を採って運ぶ
  アオサギ。(竹内が原)
4.チョウゲンボウ(小島岬上空)、チュウシャクシギ(サギ止まり付近)
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

保護区鳥情報5/20

5/20の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、ホシハジロ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
チュウシャクシギ、キアシシギ
コゲラ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ホオジロ
22種

1.シジュウカラ、2羽の若鳥を連れた家族がいました。
  ほかにもヒヨドリ、カワラヒワの若鳥も出ています。
2.ホオジロの囀り2件(ウラギクカニルート、新浄化池)、
  地鳴き2羽(小島岬付近)。
3.ツバメ、新浄化池で巣材の泥集めをしていました。
4.田の字池のカイツブリの巣、先週卵があったのですが、
  今日はウシガエルが座っていました。繁殖は失敗の模様。
  田の字池観察壁のすぐ前に新しい巣を作っている様子です。
5.カワウコロニーのアオサギ2羽の雛は、羽ばたき練習を
  していました。巣は見えませんが付近にダイサギが4羽
  止まっていています。ダイサギの巣は4巣ほどあるそうです。
6.スズガモ3羽、ホシハジロ1羽と海上のカモ類はほぼ姿を
  けしました。
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

保護区鳥情報5/14

2017年5月14日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、ホシハジロ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
タシギ、イソシギ
カワセミ
コゲラ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
22種

1.今週は植物の成長が特に大きかったように感じました。
  北池のアオサギの巣は見えず、カワウコロニーの
  カワウの巣もずいぶん見えにくくなりました。カワウ
  コロニーでは巣から顔を出すカワウ雛の姿がもとても
  多いです。千鳥町交差点付近にアオサギの雛2羽が見え
  ました。
2.田の字池のカイツブリは、先週見つけた巣から3mほど
  離れたところの巣で抱卵中、少なくとも2卵は確認でき
  ました。
3.ツバメが新浄化池で巣材の泥を集めていました。
4.トウキョウダルマガエルの声が多いです(上池~新浄化池)、
  アカミミガメが産卵中でした(新浄化池)
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

保護区鳥情報5/7

2017年5月7日の保護区鳥類調査の結果です。


キジ
カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
コチドリ
タシギ、チュウシャクシギ、キアシシギ、イソシギ
ウミネコ
トビ
カワセミ
コゲラ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ドバト
33種


1.北池のアオサギの巣はヒメガマの成長でほとんど
  見えなくなりました。一つだけ見える巣には雛2羽
  が見えます。ジジジジッ・・・・と雛の鳴き声が
  聞こえます。
2.田の字池にカイツブリの巣がありました。今季初です。
  巣の上で羽繕いをしていました。
3.セッカが多いです、7個体ほどかと思われます。一時、
  ほとんどいなくなっていたセッカでしたが、昨年度は
  少し増えたので今年度はどうなるか見守りたいです。
4.タシギ(新浄化池、竹内が原)。
  チュウシャクシギ、キアシシギ、イソシギ(海)。
(スタッフK)
5日の観察会では鴨場北池でチュウヒが見られました。
DSCN5246.jpg

DSCN5362.jpg
丸浜川沿いではニセアカシアの花が満開を
迎えています。
(スタッフN)

タグ:鳥情報 近況
posted by スタッフN at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

保護区鳥情報4/29

2017年4月29日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
バン、オオバン
タシギ
トビ
カワセミ
コゲラ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
アオジ
ドバト
34種

1.夏鳥のアマサギ、チュウサギ1羽づつ、今季初認。(竹内が原)
2.オオヨシキリ、セッカの囀り。オオヨシキリは3個体はいたようです。
  草刈り後の百合池にアシが勢いよく伸びてきています、オオヨシキリ、
  セッカに気に入ってもらえるといいですね。
3. 北池のアオサギの雛が見えました。ヒメガマが勢いよく伸びていて
  巣は大分見えにくくなりました。
(スタッフK)

午後の観察会時には残念ながらチュウサギ・アマサギは
確認出来ませんでしたが、北池でチュウヒが盛んに飛んで
いました。そのせいかハシビロガモの群れが北池から飛び
出していました。
DSCN5105.jpg

28日にはミゾゴイが観察されています。
保護区初記録。

タグ:鳥情報 近況
posted by スタッフN at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

保護区鳥情報

2017年4月22日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
タシギ、イソシギ
ツミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
オオヨシキリ
ムクドリ
アカハラ
スズメ
セグロセキレイ
カワラヒワ
アオジ
30種

1.オオヨシキリのさえずりが聞こえました。
  今季初認。(UFO島)
2.最近少なくなっていくキンクロハジロでしたが、
  今日は南極島付近に86羽の群がいました。
3.アオジ、セグロセキレイが囀っていました。
4.ツミが電線に止まってくつろいでいました。
  (カワズザクラ並木付近)
(スタッフK)

カウント時にはひっかかりませんでしたが、
本日は他にもいくつか見られています。
DSCN0197.jpg
オオハシシギ

DSCN0163.jpg
シメ (以上2枚はスタッフY撮影)

夕方にはコアジサシの鳴き声も聞かれました。
こちらも今期初認。
(スタッフN)

タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

保護区鳥情報4/15

2017年4月15日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
クイナ、バン、オオバン
ユリカモメ
カワセミ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
セッカ
ツグミ属sp.
スズメ
セグロセキレイ
アオジ
ドバト
27種

1.とても強い南風。小鳥類が少なめでした。
2.セッカの囀り。(ウラギク湿地)
3.ウグイスの囀りが4月に入ってもあまり多くならず、
  この時期にしては少ないように感じます。
4.保護区本土からカワウコロニー千鳥町交差点付近に
  アオサギの巣が一つ見えます。
(スタッフK)
15日丸浜川の処理場水門付近でオナガガモが1羽
DSCN4908.jpg

13日には魚をくわえたカンムリカイツブリが
見られました。マゴチ?マハゼ?
DSCN4853.jpg

カワウコロニー内のアオサギは7,8巣ある
ようです。道路側にあるので保護区内からは
ほとんど見えません。ダイサギも2巣ほどあるとの事。
(スタッフN)

タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

保護区鳥情報4/10

2017年4月10日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ハイタカ
カワセミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ
アオジ
ドバト
32種

1.北池のアオサギは4巣ありそうです。他にまだ巣
  はないようですがペアが1組、仲良さそうに近くに
  止まっていました。
2.カワウコロニー(千鳥町交差点側角付近)には、巣は
  良く見えないのですが、アオサギ2巣?とダイサギも
  営巣しているようです。
3.ダイサギのきれいな婚姻色の出ている個体が見られる
  ようになりました。
4.カワウは巣材集めで忙しそうです。築山周辺に150羽
  ほど集まってイタドリ?の枯れた茎を持って行く様子。
5.繁殖が盛り上がっているようでカワウコロニーのカワウ
  が急増しました。「緑の国」側は特に多く過去最大
  (200羽ほど)、繁殖域も「緑の国」側へ拡大している
  ようです。
(スタッフK)

タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

保護区鳥情報4/2

2017年4月2日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
クイナ、オオバン
コチドリ
セイタカシギ、タシギ、イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
チュウヒ、ハイタカ
カワセミ
チョウゲンボウ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
シロハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ、シメ
アオジ
43種

1.セイタカシギ1羽。頭と襟が黒い個体。(北池)
2.北池のアオサギは3巣で抱卵中です。
3.カルガモは21羽。冬鳥のカモ類がいなくなると
  ともにカルガモが増えた様子です。
4.モズの♂♀が一つの木に止まっていました。
  そろそろ単独縄張りの季節が終わり繁殖期です。
  (観察舎前)
5.保護区の中ではヒヨドリが一羽も確認無し。
  ツグミも減りました。ユリカモメ、セグロカモメは
  1羽ずつとほぼ姿を消しました。
(スタッフK)

セイタカシギは3月31日にもいたとの事。
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

保護区鳥情報

2017年3月25日の保護区鳥類調査の結果です。


オカヨシガモ、マガモ、コガモ
キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
コチドリ
タシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
チュウヒ、オオタカ
カワセミ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ
ジョウビタキ
カワラヒワ、ベニマシコ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
38種

1.ツバメ。新浄化池、竹内が原。今季初でしょうか?
2.コチドリもやって来ました。初認は3/19。
3.アオサギの巣に2卵を確認。枯れた枝で作った
  巣の上に卵の水色がとてもきれいでした。
4.オオタカが悲鳴を上げながら逃げるツグミを、
  観察壁に翼をかすりながらも追跡。(上池観察壁)
5.スズガモは25羽と急に減ったようです。
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

保護区鳥情報3/19

2017年3月9日のの保護区鳥類調査の結果です。


コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
クイナ、バン、オオバン
タシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ノスリ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ、
カワラヒワ、ベニマシコ
ホオジロ、アオジ
ドバト
38種

1.北池のアオサギ、先週から1巣増えて3巣に
  なっていました。うち1巣では親鳥が座っていました。
2.スズガモは75羽と増加傾向が続いています。
  オオバンも57羽とずいぶん集まっています。
3.観察舎の建物の中で、ホソミオツネントンボ♂を
  見つけました。成虫で越冬した個体だと思いますが、
  観察舎のどこかで冬眠していたのでしょうね。
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

保護区鳥情報3/11

2017年3月11日の保護区鳥類調査の結果です。 

カルガモ、コガモ
キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、チュウヒ
カワセミ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
セグロセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
35種

1.北池のアオサギは、例年の繁殖場所(ヒメガマ群落)に2巣を
  確認しました。まだ抱卵はしていませんでした。例年より
  1か月ほど遅いですね。カワウコロニーには抱卵している巣が
  1個あるそうです。きれいな婚姻色の出ている個体も増えました。
2.スズガモ、キンクロハジロは個体数に変化はありませんが、
  その他のカモ類はあまり見られなくなっています。
3.町田池にアカガエルの卵塊3個。
(スタッフK)

DSCN4476.jpg
北池ヒメガマ群落のアオサギ。(11日撮影)
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

保護区鳥情報3/4

2017年3月4日の保護区鳥類調査の結果です。


オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
チュウヒ、ノスリ
カワセミ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ、
カワラヒワ、シメ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
44種

1.アオサギに強い婚姻色の出ている個体が1羽いました。
  けれども北池に繁殖の気配は今のところない様子。
2.スズガモ57羽、キンクロハジロ53羽、ホシハジロも
  16羽と少々増加しているようです。
3.カワウの雛の声は一段と大きくなりました。
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

保護区鳥情報2/25

2017年2月25日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
チュウヒ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ベニマシコ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
41種


1.ここ数年、北池で繁殖していたアオサギなのですが、
  このところ姿を見せていません。昨年の2月半ばには
  5つ巣があって座っていました。
2.珍しくノスリを追うチュウヒの姿。
  ノスリも脚で反撃していました。(北池)
3.ハシボソガラス15羽ほどの群が先週より滞在中。
4.ウミアイサ♂1羽の後に3羽の♀。(海上)
(スタッフK)

今シーズンはカワウも繁殖数が少なめです。2月は強風が多く
巣が落っこちてしまいやり直している巣も多数。ヒナはまだ
少ないですが、夜間には観察舎前でヒナの鳴き声が聞こえてきます。

DSCN4289.jpg
ヤマトオサガニ
24日は日中暖かく、干潟にはカニが出始めて
いました。

DSCN4301.jpg
コメツキガニの巣穴周辺。砂団子が多数。

DSCN4308.jpg
チゴガニ

植物は今年は早めな傾向のようです。
DSCN6329.jpg
ツクシ(24日)

DSCN9886.jpg
通路沿いのコブシも咲き出しています。

170225_154740.jpg
保護区内で一番早い湊池の桜が一輪咲いていました(25日)。
2月に開花したのはたぶん初記録。
例年は3月中旬頃に咲き出します。

posted by スタッフN at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

保護区鳥情報2/18

2/18の保護区鳥類調査の結果です。


マガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
クイナ、オオバン
タシギ、イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、ノスリ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
ベニマシコ、シメ
アオジ、オオジュリン
41種

1.ウグイスの囀りが聞かれました。(下池付近、北池)
2.カンムリカイツブリの頭部が夏羽に変わり始めている
  個体がいました。
3.いつもと比べて今日はハシボソガラスが多かったです。
4.観察舎前の丸浜川にオナガガモが10羽と今期にしては
  多かったです。クイナも現れました。
(スタッフK)
ヤマシギPICT0321s .jpg
保護区内に設置しているセンサーカメラ。
堆肥置き場でヤマシギが何度か撮れていました。
画像は1月31日。タヌキが右側に写っています。
2月に入ってからは記録なしとの事。
食べられてしまった?
(この調査は東京ガス環境おうえん基金の助成
により実施しています)


posted by スタッフN at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

保護区鳥情報2/11

2017年2月11日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
タシギ、イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ、ウソ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
50種


1.カワウコロニーからの雛の声が聞こえるようになりました。
  コロニーのカワウは300羽ほどとこの時期としてはとても少ないです。
2.ハジロカイツブリ、1羽だけでしたが夏羽になっていました。
3.久しぶりのハイタカとオオタカ。相変わらず猛禽は多いです。
4.タシギが観察舎前の排水口下の泥池で採餌しています。右足に
  メタルリングが付いていました。
5.このところ丸浜川でヒクイナが見られてます。決まった場所で
  見られているようでカメラマンさん達が集まっている様子です。
(スタッフK)

この他午後の定例観察会ではマガモ・クイナが見られ、
夕方には保護区上空をコブハクチョウ5羽が通過して
いったとの事。7日には導流堤でズグロカモメ2羽が
見られたそうです。
(スタッフN)

タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

保護区鳥情報2/4

2017年2月4日の保護区鳥類調査の結果です。


オカヨシガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ
キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
タシギ、イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、トビ、チュウヒ、ノスリ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp.
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ベニマシコ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
41種


1.オオバンが観察舎目の海上に38羽、その他を合計すると
  50羽ほど。これほどのオオバンを記録したのは11月中旬
  以来久しぶり。
2.オナガガモが久しぶりに観察舎前に3羽やってきました。
3.オオタカ、ハイタカの記録がこのところない様子です。
4.保護区入口の河津桜が開花しています。
(スタッフK)

丸浜川下流のヒクイナは出たり出なかったりのようです。
DSCN4064.jpg
(4日撮影)
本日はクイナの姿も見られたとのこと。
近くの河津桜にウソもいたそうです。
(スタッフN)
続きを読む
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

保護区鳥情報1/22・CCC2016

2017年1月22日の保護区鳥類調査の結果です。


マガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ
クイナ、バン、オオバン
タシギ、イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ベニマシコ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
46種


1.カワウコロニーのカワウは巣作り、ディスプレイで
  盛り上がっています。保護区各地(浄化池、ドブ池、北池など)
  で巣材集めに忙しそうです。
2.風少なく小鳥の記録が多かったのですが、とくにオオジュリン
  の数がいつもより多くなりました。
3.北池にいつもいたホシハジロがいなくなりました。この時期
  カモ科4種は少な目です。
4.クイナ丸浜川、声が旧淡水池と下池で確認されました。
5.モズ2羽、町田池あたりで威嚇し合っていました。
  縄張りの境界なのでしょうね。
(スタッフK)
20日(金)にはシメが野鳥病院前のエノキで、
丸浜川の下流部塩浜橋付近でヒクイナが観察
されています。
(撮影:スタッフY)

本日実施のCCC2016。いつもより1ヶ月遅れでの開催
でした。カワウたちは繁殖期真っ盛りのせいか大きな
動きはあまり見られず、保護区内で巣材を集める姿も
よく見られました。
DSCN3737.jpg
早朝採食場所調査結果。7:26保護区を飛び出した
120~200羽の集団が関ヶ島7:29(旧江戸川常夜灯公園付近)
~篠崎水門7:29(江戸川・旧江戸川分岐付近)~市川橋7:34
と北上し、7:45新中川高砂橋付近で着水、採餌する
動きが捕捉出来ました。
(スタッフN)
タグ:近況 鳥情報
posted by スタッフN at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

保護区鳥情報1/14

2017年1月14日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、コガモ、
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
チュウヒ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ、ウソ、シメ
アオジ、オオジュリン
ドバト
46種


1.午前中は晴れていたものの昼近くからどんより
  した重い雲が現れ一時は雪も降りました。とても
  寒い一日でした。
2.全般に小鳥類の声があまりしません。
3.カモ類で多かったのはホシハジロ116羽。北池の
  北側に集まっていました。その次に多かったのは
  スズガモ55羽でした。
  ちなみに午前中浦安探鳥会で三番瀬のスズガモは
  7~8万羽でした。
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

保護区鳥情報1/7

2017年1月7日のの保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ
オオバン
タシギ、イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ、ツグミ属sp
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ、ウソ、シメ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
48種

1.あけましておめでとうございます。さすがに水面は
  凍っていましたが風もなくこの時期にしては暖かささ
  え感じる良い日和でした。そのせいなのかウグイスの
  囀り(谷渡り)が聞こえました(北池)。
2.カモ類は少ないです。一番多かったのは北池の
  ホシハジロ94羽でした。
3.一方、猛禽類は多いです。ノスリ、ハイタカは少なくとも
  2羽はいる様子。ノスリは5日には3羽はいたとのこと。
  他にミサゴ、トビ、オオタカ若。
4.今冬はシロハラ、アカハラが少な目のようです。
5.ウソ4羽。(保護区入口)
(スタッフK)
6日、7日は午前中丸浜川や保護区内の池で結氷が見られました。
DSCN3588.jpg
葉っぱの霜(7日)
DSCN3592.jpg
水面の氷。5mmくらいの厚さの場所も。(6日)

DSCN3550.jpg
北池に集まるホシハジロ(5日の平日観察会時に撮影)

DSCN3567.jpg
保護区入口手前、水門付近のウソ(6日)
今冬はウソが比較的良く見られています。
(スタッフN)
タグ:鳥情報 近況
posted by スタッフN at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

保護区鳥情報12/31

2016年12月31日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
タシギ、イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
44種


1.ムクドリ94羽、ヒヨドリ236羽、カワラヒワが多かった
  です。ツグミ48羽も多いですね、とくに刈り払われた
  百合池から三島池に多く集まっていました。
2.今年のオオジュリンは少な目な感じです。
3.カワウの繁殖羽がとてもきれいです。コロニーのディス
  プレイする個体がとても多くなったようです。
4.保護区では珍しいミミカイツブリ1羽。
(スタッフK)
観察舎前の通路沿いではヒヨドリ・ムクドリたちが
トウネズミモチやセンダンの木に群がり実を食べています。
年明け早々には食べ尽くしそうな勢いです。

明日元日は6時40分より日本野鳥の会東京のYoung探鳥会。
丸浜川の対岸、導流堤から初日の出を見てから早朝の保護区
を歩きます。
参加費200円(18才未満無料)。集合:観察舎玄関前

観察舎は休館中ですが、元旦6時半頃~8時頃まで観察舎1階の
トイレを利用可能です。

観察舎前からの初日の出は、塩浜の三菱倉庫の屋根の隙間から
昇るので東京湾三番瀬(6時50分頃)と比べ10分ほど遅れての
7時頃となります。丸浜川沿いは場所により見える時間・位置が
多少変わってくるのでご注意下さい。
P1010317.jpg
2014年元旦の初日の出の様子(観察舎正面)

なお1月1日(日)・2日(月)は祝日・休日ですが
定例園内観察会(午後1時半~3時半)と緑の国(9時半~15時)
はお休みとなります。お気を付けください。
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

保護区鳥情報12/23

2016年12月23日の保護区鳥類調査の結果です。
 
オカヨシガモ、マガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
オオタカ、ノスリ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ベニマシコ、ウソ、シメ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
41種

1.カワウコロニーではディスプレイやグルルルルという声が
  よく聞こえるようになりました。ようやく繁殖の気運が
  上がってきた様子です。
2.ウソ4羽(保護区入口)。
3.オオタカ(成鳥)、UFO島の梢にとまり、観察舎前のマガモに
  アタックしていました。
(スタッフK)

22日にはオシドリ♀2羽(鈴ヶ浦)、キジ♂1羽(丸浜川導流堤)が
見られました。
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

保護区鳥情報12/17

2016年12月17日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ハイタカ
カワセミ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
ドバト
43種

1.朝はかなり冷えました。初霜・初氷の様子。
  丸浜川の氷上を歩くオオバン、氷はそこそこ厚いようです。
2.ツグミが増えています。
3.観察舎前での給餌がない為でしょうか、観察舎前の丸浜川には
  ほとんど鳥がいません、コガモとオオバンが数羽。カモメ類は
  導流提から海上、千鳥水門へと見られる場所が広がっています。
(スタッフK)

14日に見られたオガワコマドリ。その後はスタッフも含めて
目撃情報はありません。
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

保護区鳥情報12/10

2016年12月10日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
オオハシシギ、イソシギ
ユリカモメ、ズグロカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
ハヤブサ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
47種

1.カワウ、1800羽ほどコロニーにいましたが、ディスプレイ
  しているのは6羽のみ、グルルルル…という声もほとんど
  聞こえませんでした。繁殖の気運はいまいちの様子。
2.オオハシシギ、ズグロカモメ。(導流提)
3.ミサゴは2羽。1羽は小島岬で魚を食事中。1羽は大きな魚を
  ぶら下げて飛んでいました。
(スタッフK)


DSCN3409.jpg
保護区コロニーのカワウ(10日撮影)。繁殖羽の個体は
随分増え、巣材運びも見られているのですが・・・

ハヤブサは本日空中でドバトを捕まえ、つかんだまま保護区外へ
飛び去る様子も見られたそうです。
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

保護区鳥情報12/3

2016年12月3日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
アカハラ、ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
43種

1.9時半頃、カワウコロニーのカワウが一斉に
  飛んでいきましたが、コロニーにはほとんど
  いなくなってしまいました。例年ですとこの
  時期繁殖の始まる時期なので居残る個体もいて
  ディスプレイなどで盛り上がり声もよく聞こえる
  のですがシーンと静まり返っていました。
2.カモ科がさらに少なくなっています。スズガモは
  18羽、もっとも多かったのはコガモの39羽。
3.観察舎前での給餌制限のためか、カモ科、オオバン、
  カモメ類など、集まっている鳥が少ない。
4.猛禽は多いです。ほぼフルメンバーです。
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする