2018年09月16日

保護区鳥情報9/16

2018年9月16日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
イソシギ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
セグロセキレイ
ドバト
19種

1.オオヨシキリ、久しぶりでしたが、あまり気合いは入っていない
  感じの囀りでした。もうそろそろ南の国へ帰るころですね。(田の字池)
2.モズのキチキチ・・・とけたたましい声、一方こちらは縄張りの主張に
  余念がない感じです。(ウラギク湿地付近)
3.カワウ、4000羽弱でした。主に周辺緑地で記録されましたが、コントロール
  区間(400~100m)にもびっしり止まっていました。コントロール区間に、
  今までこれほどたくさん止まっているのを見たのは初めてでした。
(スタッフK)

DSCN3296.jpg
14日に観察されたコムクドリ

午後の観察会ではコガモが見られたそうです。
今シーズン初?

KIMG0096.jpg
保護区内でもヒガンバナ開花していました(水車池付近)。
植えてはない場所の筈ですが・・・

本日開催の江戸前干潟研究学校では
トビハゼルートでシラタエビが1,000尾を
超えたくらいで、その他は種類も数も少なめでした。
DSCN1299.jpg
久しぶりの大きなスズキ

DSCN1300ヒイラギ.jpg
保護区では少数派ヒイラギ

DSCN1304ギマ.jpg
指先に乗るくらいの小さなギマ。同じくらいの
サイズのアミメハギ(初記録)も1個体いました。

DSCN1311.jpg
今回はガザミ・タイワンガザミが良く捕れました。
総計15匹以上。

次回江戸前干潟研究学校は10月14日(日)開催。
どうぞよろしく。
(スタッフN)







ラベル:鳥情報 行事情報
posted by スタッフN at 20:02| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

保護区鳥情報9/9

2018年9月9日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
コチドリ
イソシギ、アカエリヒレアシシギ
ウミネコ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
セッカ
ムクドリ、カラムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
25種

1.アカエリヒレアシシギ1羽。(新浄化池3系列) 
  木曜日から見られているらしく、今日も午前中、
  午後ずーっと同じ池で見られています。
2.カラムクドリ1羽。ムクドリ4羽と一緒でした(湊池棚田)。
  実は先週もドブ池付近で見ていたのですが、しっかり
  確認できず保留にしていました。
3.コチドリ2羽、モズ1羽(旧淡水池)
(スタッフK)

カラムクドリは保護区初記録となります。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 22:51| Comment(2) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

ヒレアシシギとセキレイ

ヒレアシシギは本日もいたそうです。
ハイイロではなくアカエリヒレアシシギの様ですね。
昨日のは誤報という事で。
DSCN3035.jpg

DSCN3010.jpg
その他浄化池ではツメナガセキレイもいた模様。
どうやら保護区初記録2例目
(2011年10月に初記録のようです)


ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 18:08| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

保護区鳥情報9/2

2018年9月2日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
アオアシシギ、キアシシギ、イソシギ
オオタカ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ドバト
26種

1.雨が思ったよりたくさん降っていましたが、涼しくて鳥たちも急に増えた感じです。
  こんな日はハプニングが多いものですが、オオタカがコサギを食べている様子が
  見られました。(新浄化池)
  オオタカ180902.jpg
2.セッカが久しぶりによく鳴いていました(北池、竹内が原、小島岬)。
  ゴイサギも久しぶり(新浄化池)
3.アオアシシギ3羽(下北岬)、キアシシギ1羽(上北岬)。
(スタッフK)

1日には同じく新浄化池でオオタカ若鳥がコサギを捕食
していました。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:21| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

ヒクイナ

グンカンドリは昨日今日も飛んでいるようです。
土曜ほど頻繁には出ていない模様。塩浜海岸では昨日2羽見られたとか。

DSCN2268.jpg
26日、湊池棚田にヒクイナがいました(撮影スタッフYM)
posted by スタッフN at 14:17| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

保護区鳥情報8/25

2018年8月25日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
オオ(?)グンカンドリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
キアシシギ、イソシギ
ウミネコ
コゲラ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
21種

1.台風の影響でとても強い風でした。こんな日は珍しい鳥が入る
  ことあるのですが、グンカンドリが10時半~12時(その後は知り
  ませんが・・・)、保護区上空を飛んでいました。観察舎前では
  ずいぶん低く飛んだときもあったので肉眼でもよく見えました。
  コグンカンドリとの識別は難しいのですが、脇腹の模様など
  オオグンカンドリの傾向が大きいとしました。
2.キアシシギ。(千鳥水門付近)
3.エナガは今日もシジュウカラ、コゲラと一緒です。(保護区入口付近)
(スタッフK)

DSCN1130.jpg
25日のグンカンドリは午後1時40分頃に飛んだのが
最後でした。三番瀬でも飛んでいたそうなので
行き来していたのでしょうかね。
(スタッフN)

DSCN2102.jpg
エナガ(撮影スタッフYM)


夕暮れ観察会(8月25日)
●うだるような猛暑が夕方にも引かず。どうなることかと思ったが、
 参加者の皆さんに支えられ無事に実施できた。深く感謝したい。
●鳥影は少なめだったが、ふわふわと飛ぶサギ類が美しい。
 特筆すべきは、参加者の方が見つけてくださったヒメアマツバメ。
 鋭い翼で風を切り、晩夏の空を滑っていく。羽音が降ってきそうだ。
 近くでひらひらと飛んでいたツバメとも比較できた。
●アブラゼミ、ツクツクボウシの蝉時雨。日が暮れるとようやく、
 アオマツムシ、ツヅレサセコオロギ、カンタンなどが鳴き始めた。
 マツムシ(これも参加者の方が聞き分けてくださった)、エンマコオロギ
 などは、まだ目立たない。少し時間が早かったかもしれない。
●トビハゼ、クロベンケイガニ、ベンケイガニ、アカテガニ(?)、
 ギンヤンマなども姿をみせた。
●観察会終了間際、南から西の空に、火星、土星、木星、金星と、4つの
 惑星がそろって輝いた。東にはまあるいお月様。近所の公園から夏祭り
 の盆踊りの賑わいが流れてきた。夏も終盤である
★次回は9月23日。秋の虫のオーケストラが最高潮に。お聞きのがしなく。
(担当S)
ラベル:鳥情報 行事情報
posted by スタッフN at 13:38| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

グンカンドリsp.

本日昼頃、保護区上空をグンカンドリが飛んでいました。
DSCN2028.jpg
台風で吹き流されてきたのでしょうか。

8月25日追記
本日も飛んでいます。
DSCN1137.jpg
昼頃の様子
DSCN1141.jpg
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 13:18| Comment(2) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

保護区鳥情報8/18

2018年8月18日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
イソシギ
ウミネコ
オオタカ
カワセミ
チョウゲンボウ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
オオヨシキリ
ムクドリ、コムクドリ
スズメ
カワラヒワ
25種

1.猛暑も一段落でしょうか、今日は風に涼しさを感じました。
  種数も25種と急に増えました。
2.上池観察壁にダイサギ(かな?)の羽散乱、オオタカの仕業でしょうか?
  北池ではオオタカがムクドリを追いかけていました。鴨場上空には
  チョウゲンボウ2羽でした。
3.チュウサギ、15羽。(新浄化池)
4.エナガ(少なくとも3羽)が、シジュウカラの群と一緒でした。(保護区入口)
5.オオヨシキリのつぶやくような声。(下池、三島池)
(スタッフK)

KIMG0075.jpg
上池観察壁近くに散乱していたサギの羽

本日開催の夜の生き物観察会。風が強く,気温も
下がり乾燥していたせいか例年より出現数は少な
めな印象でした。
DSCN0955.jpg
浄化池に設置したライトトラップ

DSCN0959.jpg
アオドウガネ

DSCN0951.jpg
オオカマキリ

DSCN0987.jpg
糖蜜に寄ってきたムクゲコノハ

DSCN1008.jpg
同じく糖蜜に飛来したオオシマカラスヨトウ

その他マツムシやアオアシシギの鳴き声、飛び交う
アブラコウモリ、鳴きながら飛んでいったアオサギ
などが観察されました。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報 行事情報
posted by スタッフN at 22:48| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

保護区鳥情報8/12

2018年8月12日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
セイタカシギ、ソリハシシギ、イソシギ
ウミネコ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
20種

1.カワウの今期の繁殖について、コロニーに昨年12/9に
  初めての巣を確認して以来、今日、ようやく営巣を確認
  できませんでした。カワウの繁殖期の終わりが、ここ
  数年遅くなっているように見受けられます。
2.ソリハシシギ(今季初?)が1羽でしたが、導流提に
  止まっていました。シギ・チの季節が来ましたね、
  盛夏もそろそろ終わりでしょうか?
(スタッフK)

昨日は昼にハヤブサ、本日は新浜探鳥会でオオタカ(若)が
出たそうです。

昨夜のセミ羽化観察会は70名を超える参加者となりました。
今年はセミの出が早く、本当に観察出来るかやきもきしていましたが、
幼虫は割と直ぐにみつけることが出来ました。ただ、なかなか羽化を始めず、
このまま羽化を見られず終了となるかと思いましたが、

20180811_190335.jpg
地面を歩く幼虫を見守る

20180811_200950.jpg
終了間際、ようやく羽化している個体を発見。

その後は相次いで羽化する姿を見ることができました。
DSCN2199.jpg

12日のフィールドミュージアムのテーマは「カニ」
保護区や東京湾岸でカニ調査をされていた柚原剛さん(東北大)
を講師に保護区でカニを探しました。
DSCN0710.jpg
水路でクロベンケイガニ探し

DSCN0719.jpg
小島岬ではコメツキガニ

DSCN0728.jpg
午後は採集したカニの種類をチェック。
11種+1種(脱皮殻)が見つかりました。

DSCN0733.jpg
狭いながらも多様な環境に棲み分けているのが
わかるでしょうか。

来週19日は江戸前干潟研究学校。今回は
見られなかった海中のカニが見られるかも。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報 行事情報
posted by スタッフN at 20:14| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

保護区鳥情報8/4

2018年8月4日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
ドバト
14種

1.暑いとはいえ種数はずいぶんと少ないです。カワウは
  保護区の外に漁に出ているようでほとんどおらず、
  他の鳥もとても少なかったです。
2.ハシブトガラスの20羽ほどの群、半分は若鳥でした(丸浜川沿い)。
  スズメの50羽ほどの群、こちらも若鳥がとても多かったです(竹内ヶ原)。
3.ダイサギの若鳥が、親鳥に甘えて…鳴きながら姿勢を低くして
  口を開けて餌をねだっていましたが、親鳥に嘴でつつかれて
  追い払われていました。それでもめげずに親鳥の後を追いかけて
  いましたが…。(上北岬)
(スタッフK)

1日には鈴ヶ浦でセイタカシギが2羽。先月下旬に見られたのとは別?
2日には長靴池でホシハジロ(♂)が出現しています。
丸浜川沿いではカワセミや子ダヌキ連れのタヌキが最近観察されています。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:47| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

保護区鳥情報7/29

2018年7月29日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
コチドリ
コゲラ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
18種

1.台風の影響が残っていて朝方は時折激しい雨でした。
  また、セミ時雨がとても大きくて樹林のなかでは鳥
  の声もかき消されるほどに感じました。
2.チュウサギ(4~6羽ほど)が7/24から来ています。
(スタッフK)

幸い保護区周辺は台風の被害もなく、フィールドミュージアムは
開始時には雨も止み、蒸し暑い中での開催でした。
講師の風呂田先生は昨年は不調だったものの、今年は晴れ男ぶりを
遺憾無く発揮しているようです。

DSCN0403.jpg
小島岬で貝殻集め

DSCN0419.jpg
集めた貝を分類して
DSCN0424.jpg
ミニ標本箱を作成。東京湾では見られなくなった
貝殻も出てきました。

DSCN0441.jpg
小島岬では今年生まれのトビハゼが遊泳生活を終えて
早くも上陸していました。2cmにも満たない小さな
個体が多数見られました。


DSCN0431.jpg
台風の影響で野鳥病院に保護・持ち込まれたのは
銚子でコアホウドリと
DSCN0429.jpg
柏市でシロハラミズナギドリ。
いずれも外傷は無く衰弱している模様。
早く回復すると良いのですが。
(スタッフN)

〈2018年8月4日追記〉
シロハラミズナギドリは8月2日、九十九里海岸
にて放鳥しました。無事飛んでいったとのこと。

posted by スタッフN at 19:55| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

保護区鳥情報7/22

2018年7月22日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン
セイタカシギ
トビ
コゲラ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ドバト
22種

1. 繁殖期がほぼ一段落といった感じで、若鳥の姿が目立ちます。
  ハシブトガラスの若鳥2羽(丸浜川沿い)、シジュウカラの
  少なくとも若鳥4羽の群と一緒に久々のメジロ(保護区入口付近)、
  バンの若鳥(湊池棚田)、カイツブリの若鳥1羽(どぶ池)
2.カワウコロニー800m付近にダイサギの巣、雛2羽はかなり大きく、
  対岸でもよく聞こえる大きな声で親におねだりしていました。
3.セイタカシギ成鳥2羽、若鳥2羽の家族。保護区には昨日からの様子。(新浄化池)
4.カワウは合計で300羽ほどと、繁殖期が始まって以来最小レベルで、
  ほとんど保護区の外に出ている様子です。まだ20巣弱残っていますが、
  カワウの巣立ちはほぼ終了です。
(スタッフK)

DSCN0362.jpg
新浄化池で見られたセイタカシギ家族(21日)
DSCN0130.jpg
片親はどうやら2007年に標識された個体の様です。

DSCN9867.jpg
水浴びするスズメ(18日)
DSCN9898.jpg
先週は新浄化池でクサシギがちょくちょく見られてました。(18日)

DSCN9902.jpg
居残りオナガガモ(18日)

DSCN0369.jpg
キカラスウリの花も咲き出しています(21日)

ラベル:植物 鳥情報
posted by スタッフN at 21:01| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

保護区鳥情報7/14

2018年7月14日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
コチドリ
イソシギ
トビ
カワセミ
コゲラ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ドバト
26種

1.35℃ほどのかなり暑い一日でした。
2.オオヨシキリは先週まで6~7羽が囀っていたのですが、
  今日はユリ池で小さな一声のみでした。オオヨシキリは
  過去のデータからも7月に入ると急に静かになっていますね。
3.セッカはひさしぶりの確認でした。
4.コサギが、少数(2~3羽)ながらいる様子。冠羽が立派で、
  足も赤いきれいな婚姻色の個体もいます。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:08| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

保護区鳥情報7/7

2018年7月7日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
イソシギ
カワセミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ドバト
20種

1.田の字池のカイツブリ、まだら模様のはっきり
  した雛少なくとも2羽です。2度目の繁殖のようです。
2.カワセミ、丸浜川で魚を採っていました。
3.カワウの巣はだいぶ減って70巣ほど。
(スタッフK)

DSCN9296.jpg
今年保護区で標識したカラーリング(左に白リング
で「00G」~「29G」)付きのアオサギ・ダイサギ。
彼らの巣立った姿が観察されるようになりました。
画像は「12G」(6日)

DSCN9334.jpg
コシアキトンボ(左)とウチワヤンマ(右)
今年はウチワヤンマが良く見られています。
(7日長靴池)

DSCN9346.jpg
ミズアオイの花がちらほらと咲き出しています。(7日)
(以上撮影はスタッフYM)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 23:55| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

保護区鳥情報6/30

2018年6月30日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
イソシギ
ウミネコ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
20種

1.晴れて暑く強い南風でした。昨日梅雨明けしたとか。
  今年はサクラもモモもカワウの繁殖期もちょっと
  前倒しで早く終わりそうな感じです。
2.シジュウカラの群(若鳥4羽はいる様子)とエナガ(少なくとも2羽)
  が一緒に行動している様子です。
  (保護区入口からウラギクカニルートの林)
3.カイツブリの雛の声。(下池)
(スタッフK)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 14:00| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

保護区鳥情報6/24

2018年6月24日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、コガモ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ドバト
21種

1.朝方は10時半ころまで雨でしたが、晴れると気温も
  上がり暑いくらいでした。
2.カルガモ、5羽のヒナ連れ。(新浄化池)
3.カイツブリの雛の声。(北池)
4.アオサギが多く計70羽ほど。半数ほどはカワウコロニー
  (千鳥町交差点方面)です。
  コロニー内で巣立ちした若鳥達の様子です。
5.今期繁殖したエナガでしょうか、まだ保護区周辺にいる
  ようですね。(保護区入口付近)
(スタッフK)

DSCN8774.JPG
DSCN8777.JPG
浄化池のカルガモ親子(24日撮影)

P6230002.JPG
P6230005.JPG
24日のボランティアデーは小雨がぱらつく中
田植えを実施。湊池棚田はこれで全て植え終わりです。
(スタッフN)



ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:22| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

保護区鳥情報6/16

2018年6月16日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ドバト
15種

1.朝まで雨、最高気温も17℃とかなり寒い。
2.ムクドリ数百羽の群。ツバメも若鳥を含む群、
  とくに新浄化池では20羽以上が水面すれすれに
  飛び続けいて壮観でした。
3.北池で、カイツブリの雛の声。
4.鳥の少ないこの時期に、オオヨシキリは相変わらず
  大きな声でさえずっています。
(スタッフK)

16時半頃より観察舎正面鈴ヶ浦にクロツラヘラサギが出現。
盛んに採餌しながら歩いていました。
(スタッフN)
DSCN9919.jpg
DSCN9915.jpg
DSCN8652.jpg

DSCN8619.jpg
浄化池を飛び交うツバメ

DSCN8626.jpg
浄化池畦のムクドリ

明日のトビハゼの日は以下の予定です。
10時開始 15時終了
○第1会場(保護区)参加無料
・導流堤開放(一部)
 保護区入口で受付名簿に立入人数と居住市町村のご記入
 をお願いします。
・トビハゼ観察会 11時半~/13時半~
 各回30~45分程度。保護区入口集合。
・トビハゼ水槽展示
※干潟は午後の方が潮が引くためよく出ています。

○第2会場(観察舎玄関前)
いずれも品切れになり次第終了。
・コーヒー(150円)
・クッキー(250円・300円)
・トビハゼバンダナ(100円)
・トビハゼマスコット色塗り(100円)
・カップランタン作り(100円)
・その他販売(500円くらいまで)
・ガチャ・・・ガチャ券の提示が必要です。掲載は以下のいずれか。
 (チラシ・先週の行徳新聞掲載のチケット・ちりつもタイムラインクーポン)
 お一人様1種に付き1回(最大1人3回)

お待ちしております。
ラベル:行事情報 鳥情報
posted by スタッフN at 22:36| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

保護区鳥情報6/9

2018年6月9日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、スズガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
17種

1.若鳥を連れたムクドリの群、数百羽。
  まだ飛ぶのがぎこちない若鳥も多い。
2.田の字池のカイツブリの若鳥2羽はずいぶん大きく
  なりました。親鳥とほぼ変わらない大きさ。
3.オオヨシキリは百合池、三島池、北池、田の字池で
  大きな声でさえずっています。
(スタッフK)

谷津干潟で開催中の谷津干潟の日フェスタ。
本日はとても暑い一日でした。
水槽のトビハゼは元気でしたが、餌用に用意
していたイトミミズの方がゆだってしまい
全滅してました。
DSCN9834.jpg
明日は降雨予報ですがご来場の際は
どうぞお立ち寄りください。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報 行事情報
posted by スタッフN at 20:06| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

ホトトギス

今月は何回かホトトギスが鳴いていました。
私が確認したのは10日・24日・31日と何故か木曜日。
まぁ偶然でしょうね。

本日は日中何度か鳴いており、丸浜川沿いでは姿も
観察されたそうです。
IMG_9933.jpg
水門付近で鳴いていたホトトギス(撮影・提供Fさん。画像加工済)

保護区ではほぼ毎年確認されている種類ですが、
姿が見られるのは珍しいです。
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:54| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

保護区鳥情報5/26

2018年5月26日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオムシクイ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ドバト
16種

1.種数が急に減りました。先週は26種でした。
2.カイツブリの雛にザリガニを給餌している親の姿。(田の字池)
3.オオムシクイのさえずり。(旧淡水池の海側樹林)
4.シジュウカラの若鳥を連れた家族。(保護区入口付近)
(スタッフK)

DSCN9751.jpg

DSCN9752.jpg
DSCN9757.jpg
本日のボランティアデーは湊池棚田で田植えを
行いました。緑米を2枚分。残り4枚分も折を見て
植えていく予定。
(スタッフN)

夕暮れ観察会
●満潮だったが、流木の上にちょこんと乗った
 トビハゼを見ることができた。
●あちらこちらの葉陰で、サクラの実が熟していた。
 もうすぐムクドリたちが食べに来るだろう。
●「田の字池」では、大音量のオオヨシキリの歌を聞きながら、
 カイツブリの親子を観察した。ヒナはだいぶ大きくなったが、
 首をふりながら親の後をついて泳いでいた。
●野鳥病院のゲージにしがみついていたオオミズアオを保護区内に
 放した。薄いミントグリーンの羽で夕空を舞う。
 ほかにドクガやシロチョウの仲間、オニグモの仲間なども見られた。

★次回は6月23日。あたたかければクロベンケイガニがゾロゾロ。
 ツバメに交じってギンヤンマなども飛び交います。(担当D)
ラベル:鳥情報 行事情報
posted by スタッフN at 19:18| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

保護区鳥情報5/19

2018年5月19日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
チュウシャクシギ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ
ウミネコ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
ドバト
26種

1.上北岬の一部が水没するほどの高潮でした。シギはいない
  だろうと思っていたら千鳥水門付近にキョウジョシギ4羽、
  キアシシギ2羽、チュウシャクシギ1羽がいました。
2.カイツブリの雛2羽、巣もよく探してみたら近くにありました。
  今季初です。(田の字池)
3.カワウは急に減った感じです。多くの若鳥も保護区の外に
  出かけている様子です。巣の数は、昨年度は5~6月にかけて
  1000個前後で推移していたのですが、今日の巣の数は600個
  ほどでした。巣数を昨年度と比べると、繁殖期の終わる7月を
  間近にした6月下旬のレベルです。
(スタッフK)

DSCN8136.jpg
田の字池のカイツブリ親子

DSCN8091.jpg
導流堤にいたカルガモ。標識足環付きでした。
番号は読めませんでしたが、野鳥病院放鳥個体かも?
(2枚とも19日スタッフY撮影)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:21| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

保護区鳥情報5/13

2018年5月13日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
コチドリ、キアシシギ、イソシギ
ウミネコ、コアジサシ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ドバト
23種

1.南風強く雨混じりの天気でした。オオヨシキリがよく鳴いています。
  北池、百合池、田の字池、旧淡水池と保護区全体に広がっている
  様子です。
2.最近、記録の途絶えていたセッカがまた記録されるようになりました。
3.コアジサシ(少なくとも)14羽。ダイビングして採餌する姿も見られ
  ました。
4.竹内が原観察壁付近にムクドリの羽散乱。猛禽の仕業のようです。
  先週はオオタカが確認されていたようですね。
(スタッフK)

10日は保護区外へ飛び去るサンショウクイが、11日は鴨場でヒメアマ
ツバメが観察されています。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:16| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

保護区鳥情報5/5

2018年5月5日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、コガモ、スズガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
チュウシャクシギ、キアシシギ、イソシギ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ドバト
24種

1.カワラヒワ成鳥♂♀と3羽の若鳥の家族など、
  このところカワラヒワがとても増えた感じです。
2.カルガモの交尾。(長靴池)
3.アオサギの雛1羽見える。(カワウコロニー)
4.ツバメが泥を集めている。(湊池棚田)
5.昨年に続きオオヨシキリが北池でたくさん囀っています。
  5羽ほどいるようです。追いかけっこしている様子も。
6.キアシシギ5羽、チュウシャクシギ少なくとも2羽。
(スタッフK)

本日観察会時にコガネグモが見られました。
DSCN9489.jpg
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:09| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

保護区鳥情報4/21

2018年4月21日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ
チュウヒ、ハイタカ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
アオジ
ドバト
24種

1.南風が強いせいか小鳥の記録が少なく、冬鳥が
  ずいぶん減りました。種数は先週より11種も減りました。
2.カモ科も減ったもののスズガモ137羽、ハシビロガモ
  75羽が南極島付近海に見られました。
3.ハシブトガラスが保護区本土(小島岬への外回りのルート)
  で巣を作っています。巣材に青いハンガーも見えます。
  保護区本土部分でのハシブトガラスの営巣は初めて見ました。
(スタッフK)

その他の鳥情報。
・コアジサシは14日に初認
・保護区では珍しいアジサシ(15日)
DSCN7566.jpg
・キビタキ♂(17日)
DSCN7618.jpg
・サンショウクイが鴨場から南西方向へ飛んで
 いったそうです(21日)。
・定例観察会参加者の一部がオオルリを観察(22日)
・鴨場北池でオオヨシキリ(23日。今期初認)
・チュウシャクシギ3羽(23日。今期初認)
DSCN9329.jpg

DSCN9325.jpg
観察路2か所でドバトが猛禽に食べられた跡が
ありました(23日)

保護区では春の花がどんどん増えています。
DSCN9283.jpg
トベラ

DSCN9305.jpg
ノイバラ

DSCN9290.jpg
シロツメクサ

DSCN9301.jpg
ムラサキツメクサ

DSCN9310.jpg
コメツブツメクサ

DSCN9313.jpg
ヘラオオバコ

DSCN9321.jpg
ハマダイコン

DSCN9287.jpg
エノキの実が落ちている所では歩くたびに
プチプチと心地よい音と触感がします。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報 植物
posted by スタッフN at 15:27| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

保護区鳥情報4/14

2018年4月14日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン
オオバン
コチドリ
イソシギ
ユリカモメ
トビ、オオタカ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
セッカ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、シメ
アオジ、オオジュリン
ドバト

37種

1.カワウコロニー1,000~1,100mあたりのアオサギの巣に
  雛1羽の姿が見えました。
2.セッカのさえずりが聞かれるようになりました。
3.ハシビロガモが南極島付近に80羽以上も集まっていました。
  今季最大数です。
4.カワウの巣が先週は1256個と今期最大でしたが、今日は空いて
  いる巣もちらほら見えて986個とずいぶん減りました。先週は
  とても風の強い日もあり(11日でしたか)、風で落ちた巣もかなり
  あったのかもしれません。
(スタッフK)

DSCN7533.jpg
保護区浄化池の畦にカワウの卵が点々と。
どうやらカラスの仕業のようです(13日)

DSCN9185.jpg
ショウブの花とヒメオドリコソウ(7日)
posted by スタッフN at 22:22| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

保護区鳥情報4/7

2018年4月7日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、コガモ
キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
コチドリ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ
カワセミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ
スズメ
カワラヒワ、シメ
ホオジロ、アオジ
ドバト
37種

1.強風のためでしょうか小鳥類は少な目でした。カワウの巣は
  若干落ちているところもある様子ですが、全体としては少し
  増えて1260個ほどでした。
2.シジュウカラが保護区入口で巣を作っています。数分おきに
  巣材を運び入れていました。かなり大きな枝を上手に運び
  入れていました。シジュウカラが保護区近辺での確実な営巣
  の確認は初めてです(※)。うまく成功するといいですね。
3.昨年度までアオサギが巣を作っていた北池ですが、先週辺り
  からアオサギが集まっています。今日は10羽が北池真ん中
  ほどのヒメガマ群落に降りていました。
(スタッフK)
S02_20180407.jpg
S01_20180407.jpg
保護区入口で営巣中のシジュウカラ(7日)

※丸浜川沿いの通路に設置された巣箱に
 シジュウカラが出入りしている姿は
 昨春に観察されています。昨年12月に
 巣箱内を確認したところ数個で巣材が
 見られました。繁殖に至るまではいか
 なかった模様。(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:21| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

保護区鳥情報3/31

2018年3月31日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、コガモ
キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
コチドリ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト

39種

1.カモ類は減りました。スズガモはまだ200羽ほどいますが、
  他のカモは種、数ともに減っています。
2.モズの求愛給餌。雛のようにチィーチィー…となくメスに
  オスが虫を採ってきてあげていました。(丸浜川)
3.カワウの巣は1200を超えています。既に昨シーズン4月末の
  最大数を越えています。
(スタッフK)
20180330_150224_00001.jpg
干しておいたブルーシートを畳もうとしたら
シマヘビが出てきました(30日トラクター小屋)。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:22| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

保護区鳥情報3/25

2018年3月25日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
コチドリ
タシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、チュウヒ、ノスリ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
アオジ、オオジュリン
ドバト
43種

1.コチドリ1羽、今季初(新浄化池)。ツバメ(北池~排水機場上空)。
  ツバメは3/17が初認。
2.エナガ2羽を確認しました。3月に繁殖期に入るといわれているの
  ですが繁殖しているのでしょうか?
3.アオサギは昨年繁殖していた北池に全くいないのですが、カワウ
  コロニーに15巣はあるとのこと(3/20)。対岸からはアオサギが首
  を伸ばしていないと見つけられず、2巣しか確認できませんでした。
4.カワウの巣は先週593巣から急増して984巣。昨年と比べると増加が
  急激な感じです。昨年の今頃は700巣ほどでした。
5.バン2羽(下池)。
6.メジロはほとんど見られなくなり、ツグミも記録されませんでした。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 18:03| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

保護区鳥情報3/17

2018年3月17日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ジョウビタキ
スズメ
アオジ、オオジュリン
ドバト
39種

1.海ガモが増えています。スズガモ168羽、キンクロハジロ181羽、
  ホシハジロ60羽でした。
2.アオサギの婚姻色がきれいです。
3.ゴイサギが野鳥病院の前の木の中に塒をとっています。
  気が付きませんでした。
(スタッフK)

[3月31日追記]
DSCN7115.jpg
野鳥病院前の木立の中のゴイサギ。気がつかず
に通り過ぎる人がほとんどです。
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 23:25| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

保護区鳥情報3/10

2018年3月10日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ジョウビタキ
スズメ
カワラヒワ、ベニマシコ、シメ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
45種

1.湊池にて、ハイタカがツグミを捕らえて柳島の
  方へと飛び去っていきました。
2.アオサギは北池での繁殖の様子は無し、一方
  カワウコロニー内に増えていて7巣ほどあるとのこと。
3.カワウの雛がずいぶんと顔を出しています。
  親ほどの大きさのものもいました。
4.カイツブリのケレレレ…という声がよく聞こえる
  ようになりました。ウグイスは4か所でさえずりが
  聞こえました。
5.カワセミは2ペア(丸浜川、下北岬付近)、
  モズも1ペア(観察舎前丸浜川)います。
(スタッフK)

DSCN8821.jpg
保護区で一番早い湊池のサクラが本日
咲き出していました。(スタッフN)

ラベル:鳥情報 近況 植物
posted by スタッフN at 22:53| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする