2020年10月11日

10/11江戸前干潟研究学校と新観察舎正式オープン

本日の江戸前干潟研究学校は降雨もなく一時は晴れ間も見えました。
PA110006.jpg
旧淡水池

PA110011.jpg
長靴池では大きなウナギ2匹にモクズガニが20匹。

台風14号の接近に伴い9日午前から千鳥水門を閉鎖しているので
今回海側の小網はどこも非常に採集数が少なかったです。
潮の流れがかなり影響しているようです。

百合ヶ浜の大網では数は少ないものの大物が採れました。
PA110030.jpg
スズキは一番大きいので約90㎝。
PA110032.jpg
子供の腕より太いウナギも同じくらいの長さ
PA110028.jpg
細長いのはサヨリ
PA110033.jpg
ヒイラギ・コノシロ・シログチ
PA110031.jpg
小さなアカエイが1匹

PA110044.jpg
最後は新観察舎前のスペースで振り返り。
次回は11月15日予定。11月から3月は関係者に
よる自主調査となるので参加希望の方はお問合せ下さい。

PA110043.jpg
新観察舎あいねすとは本日正式オープン。
初日は多くの人で賑わっていました。

館内モニターでは市長による開館記念動画も上映中。
(動画は市川市のサイトでも公開中。上記リンクより視聴可能)







ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 15:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください