2020年07月25日

行事報告7/25

本日は江戸前干潟研究学校を実施。月1回の調査は行っていましたが、
今回は昨秋以来久しぶりの一般公開での開催です。残念ながら途中で
雨が降ってきたので途中解散となってしまいましたが、参加した親子
の皆様には楽しんでいただけたようです。

江戸前干潟研究学校

P7250002.jpg
午前中は潮が高いため干潟は現れず

P7250009.jpg
トビハゼルート(汽水水路)。シラタエビが多数採れていました。

P7250015.jpg9
長靴池(淡水)モクズガニと久しぶりに大きめのテナガエビ(下側のトレー

P7250024.jpg
百合ヶ浜沖の大網(海水)
この時期としては総数は少なめでしたが
色々入っていました。
P7250022.jpg
クルマエビ(中央)が1つ採れていました。初記録。
右上はクサフグ、下端にちらっと見えているのは
タイワンガザミ。

P7250028.jpg
小さいですがシャコも1匹。

来月も開催予定ですが、新型コロナウィルスの
状況によってはまた非公開行事となるかもしれません。


午後のボランティアデーは雨のため中止になりました。


夕暮れ観察会(7月25日) 雨の保護区

●どんよりした雨模様の保護区は活気にあふれていた。トビハゼ、
 ヤマトオサガニ、クロベンケイガニ、ベンケイガニ。
 イトトンボやショウリョウバッタ、そしてミミズまで。

●雨の中で見るクモも良い。コガネグモのレモンイエローが鮮やかだ。
 オニグモやナガコガネグモなども、みんな生き生きとしている。

●浄化池では、カルガモの親子を堪能。子どもたちは親と区別がつかない
 ほど成長しているが、手前で警戒している個体がきっと母親だ。
 遠くの緑地にはシラサギが白い花のようだ。大きな翼のアオサギがゆっくり
 よぎっていく。オオヨシキリも歌っていた。
(担当D)
ラベル:魚類 行事報告
posted by スタッフN at 16:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください