2019年12月28日

保護区鳥情報12/28

2019年12月28日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ、コガモ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、チュウヒ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ベニマシコ、シメ
アオジ、オオジュリン
42種

1.カワウは人工巣台からユニディ側はほとんどいません。
  人工巣台より緑の国側に集まっています。今日は350羽
  ほど数えましたがディスプレイしている個体は5羽ほど。
  例年のこの時期と比べると異例の静けさです。みんな、
  きれいな白髪鵜になっているんですけれど。
  巣上で交尾している姿が見られました。
2.スズガモはさらに減少、50羽ほど。キンクロハジロ、
  ホシハジロは今週も記録されず。
  その他のカモ類、夜になっても保護区にあまり入ってない
  様子とのこと。
3.ウミアイサ、雄2、雌3。
4.カイツブリのさえずりが北池で聞こえました。
(スタッフK)

DSCN3510.jpg
繁殖羽のカワウたち(27日)


夕暮れ観察会(12月28日) ミサゴと明星

●群青の空に一羽のミサゴが舞っている。滑空したり、はばたいたり、
 翼をすぼませたりしながら、頭上を静かに流れていく。
●西の空に金星が輝きだした。右下に細い月。
●小鳥たちがどんどん木の実を食べる季節。一羽のムクドリが残った
 センダンを食べていた。橙色のタチバナモドキはまだ残っていて、
 残照の中で燃えるように浮かび上がっている。
●ミサゴの他にハイタカ、オオタカ、種類不明の猛禽類(2~3羽)も飛んだ。
●カモ類は少なめ。千水門付近でオカヨシガモ、下池ではコガモの小群が
 笛のような声を残して飛び立ったのが素敵だった。

次回は1月25日。午後4時、管理事務所前集合です。
ねぐら入り前の猛禽類や小鳥などに期待。(担当D))
ラベル:鳥情報 行事報告
posted by スタッフN at 19:17| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください