2019年09月29日

保護区鳥情報9/29

2019年9月28日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、コガモ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
クサシギ、イソシギ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
コサメビタキ、キビタキ
スズメ
ハクセキレイ
21種

1.旅鳥、キビタキ雄、コサメビタキ(少なくとも2羽) (保護区入口付近)、
  クサシギ(少なくとも2羽) (竹内が原、新浄化池)
2.モズの高鳴きがよく聞こえるようになりました。
3.スズガモ、23羽(南極島付近)
(スタッフK)


夕暮れ観察会(9月28日)
●地元の新聞に掲載していただいた影響か、家族連れも含む
 にぎやかな顔触れが集まった。
●護岸にへばりついているトビハゼや、観察路のカニの大群
 (クロベンベンケイガニ、ベンケイガニ)、ショウリョウバッタ
 などは健在。トウネズミモチやノイバラの実はまだ青い。
●棚田(浄化池)では、アオサギやダイサギが静かに立っていたが、
 やがて大きな翼でゆっくりととびたった。ギンヤンマがいくつも
 飛んでいた。日没前後からはアブラコウモリもヒラヒラと舞っていた。
●雲の切れ間から、木星、その後土星が見えた。
●そして今日のメインテーマ、虫の大合唱。序盤からアオマツムシや
 エンマコオロギが鳴き出し、中盤からはカンタンが低い美しい声を
 響かせ、澄んだマツムシの声も加わった。ヒロバネカンタン、
 カネタタキなども聞こえてきた。

次回は10月26日午後4時、管理事務所前集合です。集合時間が30分早く
 なりますので注意。(担当D)

ラベル:行事報告 鳥情報
posted by スタッフN at 12:57| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください