2019年05月04日

保護区鳥情報5/4

2019年5月4日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
ヒクイナ
オオジシギ、チュウシャクシギ、アオアシシギ、イソシギ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
オオジュリン
30種

1.旅鳥、オオジシギ、チュウシャクシギ、アオアシシギ。
2.カワウの巣は先週より50個ほど増えて1705個でした。
  実質的にはあまり増えていないかも。雛が大きくなった
  おかげで、木の陰などで見えない巣もカウントできた感触です。
3.ヒクイナの声。(旧淡水池)
(スタッフK)

ヒクイナは本日午後北池で鳴いていました。朝晩は欠真間三角で
鳴いている事が多いようです。
(スタッフN)


◎春の花に囲まれて。夕暮れ観察会(4月27日)報告

●カラスノエンドウやオオジシバリなど、春の花が咲き誇る畔を
 歩いていくと、タシギが一羽飛び立った。鳥のほうも「春の渡り」開幕。
 ツバメがとび、オオヨシキリも遠慮がちに鳴き始めている。
●以前の4月の夕暮れ観察会で皆で見たオドリコソウ。その後は
 絶えてしまったようだ。植物の世界も厳しい。
●新緑がまぶしい。イタドリにはキバラモクメキリガ・アヤモクメキリガの
 幼虫が、ギシギシにはコガタルリハムシの幼虫が見られた。
 しっかり栄養つけてね、と応援したい気分。

★次回は5月25日。午後4時30分、管理事務所前集合です。
 初夏の花の香、水鳥の声、カニなどが楽しみ。(担当D)

ラベル:行事報告 鳥情報
posted by スタッフN at 20:27| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください