2019年04月15日

4/14江戸前干潟研究学校

14日の新浜探鳥会でサシバが見られたそうです。
20190414サシバ.JPG
撮影・提供Iさん
保護区では観察例の少ない種類。


昨日の江戸前干潟研究学校は約半年ぶりの公開調査。
まだ水温が低めなためか、マハゼもエビも少なめ。
一番多かったのはボラの稚魚で約1600匹、次がスズキ(稚魚)約450匹。
百合ヶ浜の大網でニホンスナモグリが1匹(江戸前調査初記録)。

長靴池では子供の腕より太い大きなウナギが2匹
KIMG0357.jpg
7,80cmはありました。記録後は池に戻しています。
同じ網ではドブネズミが1匹溺死していました。
こちらは江戸前調査2例目。水面を泳いでいる内に
網に入り込んでしまうのでしょうか。

DSCN3275.jpg
食事中・・・ではなく大量の海藻に絡んだ小魚を選別中。

次回は5月。日程は決まり次第告知いたします。


posted by スタッフN at 09:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください