2019年01月05日

保護区鳥情報1/5

2019年1月5日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、コサギ
オオバン
ヤマシギ、イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
42種

1.お昼には14度近くまで上がったとか、暖かくほぼ無風。
  そのせいでしょうか、オオジュリンなどアシ原の小鳥類の
  姿がよく見えました。一方、猛禽は少なくノスリのみ。
2.カワウは営巣やぐらより緑の国側は営巣少ないが千鳥町側
  は急増しました。先週のほぼ倍の238巣。
3.長靴池海側の松に巣材集めか50羽ほどカワウが集まっていました。
  中には枝に止まってパタパタ・ディスプレイする個体もいました。
  営巣するつもり?
4.カモメ類急に増加しました。ユリカモメ3~40羽→106羽。
  セグロカモメ1~2羽→5羽。給餌の影響?
5.ヤマシギ。(保護区入口付近)
(スタッフK)

現在、1月下旬の捕獲調査に向けて保護区内小島岬にて
連日午後にユリカモメへの給餌を行っています。
例年だと1月中下旬にユリカモメが一時激減するのですが、
今回はどうなるでしょうか。

丸浜側沿いではちらほらとバンの姿が見られています。
DSCN6613.jpg
(4日、スタッフYM撮影)

DSCN6763.jpg
長靴池脇のクロマツに群がるカワウ(6日撮影)

欠真間三角ではベニマシコ(♀)が見られたとか。

P1050004.jpg
丸浜側沿いのセンダンの実。年末頃からヒヨドリ
がセンダンやトウネズミモチに群がっています。
年内に食べ尽くしてしまうかと思いましたが、
まだ残っている模様。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:12| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください