2018年12月08日

保護区鳥情報12/8

2018年12月8日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
チュウヒ、ノスリ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
アカハラ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
シメ
アオジ、オオジュリン
39種

1.観察舎の工事が本格的に始まり、観察ルートを事務所から緑の国入口を
  通って導流提から保護区に入るようにしました。いつもと違うルートの
  お蔭で、カルガモやコガモが丸浜川にけっこういることが分かりました。
  保護区の中にはほとんどいないのですが。
2.カワウの営巣が始まりました。カワウコロニー400~600mに特に多く
  合計36巣を数えました。300m付近はカワウが営巣しないようにコント
  ロールしている区間なのですが、仲の良さそうなカップルが巣作りして
  いるのが見えました。
(スタッフK)

DSCN5462.jpg
ウミアイサとハジロカイツブリ(8日。スタッフYM撮影)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:50| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください