2018年11月10日

保護区鳥情報11/10

2018年11月10日の保護区鳥類調査の結果です。

ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ
チュウヒ、ノスリ
カワセミ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
35種

1.今日はとても暖かく汗ばむほどでした。湊池ではアマガエルの声が
  よく聞こえました。風も穏やかでアオジやメジロなど小鳥の記録が
  目立ちました。
2.10:25頃、5000羽ほどのカワウが海側から帰還、数えるのが大変でした。
3.エナガは少なくとも6羽の群でした。眉の模様のはっきりしない個体と、
  しっかり模様のある個体が混ざっています。
4.ヒドリガモ6羽、コガモ7羽、旧淡水池にいました。今年とても少ない
  淡水カモ類の入っていた唯一の内陸水面でした。
(スタッフK)

保護区ではありませんが、観察舎裏の福栄4丁目にてツバメが8日に観察
されたそうです。こんな時期に珍しいですね。
(スタッフN)
posted by スタッフN at 21:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください