2018年11月05日

保護区鳥情報11/4

2018年11月4日の保護区鳥類調査の結果です。

ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
アオアシシギ、イソシギ
ユリカモメ
ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
セッカ
ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
37種

1.冬の小鳥たちが続々とやって来ています。ウグイス(下池、町田池付近)、
  ホオジロ(築山)は今季初認のようです。ジョウビタキもやって来ました。
2.シロハラもしくはアカハラと思われるツグミ属の地鳴き(上池観察壁付近)
3.海上のカモ類も増加中、スズガモ140羽ほど、ホシハジロ80羽ほど、
  キンクロハジロ40羽ほど。
4.道端にはいろいろな鳥の羽が散乱しています、猛禽の仕業ですね。
  オナガ羽散乱(小島岬付近)、ユリカモメ羽散乱(三島池付近)等々。
5.時間外、8時前頃にミソサザイの声(保護区入口付近の笹薮)。
(スタッフK)

3日の観察会ではヤマシギが見られたそうです。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 08:33| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください