2018年09月24日

連休中の行事から

9月2回目の3連休の行事報告です。

DSCN3700.jpg
湊池棚田のヒガンバナが見頃を迎えています。

DSCN1331.jpg
アケビの実も開き始めました。

〇22日(土)
・ボランティアデー「稲刈」
20180922_131951_00002.jpg
20180922_143654_00002.jpg
先週は雨続きで足元がぬかるみ稲は倒れてとても
やりづらかったです。1枚分が終了しましたが、
倒れて水に浸かっていた稲穂が発芽しており、
3分の1弱は刈り倒したままにしました。
DSCN1336.jpg

・夕暮れ観察会
〇断続的に降り続いた雨が午後から上がった。夕陽に赤く染まる雲が美しい。
 終盤には雲の切れ間に、4惑星(火星、土星、木星、金星)と月が輝いた。
〇鳥影は少なめだがエナガの群れに遭遇。梢を飛び交い、やがて次々に飛び
 出していく。長いしっぽがかわいい。水辺の猛禽、ミサゴも暮れなずむ空
 を飛んでいく。
〇畦道をふわふわと舞うアオモンイトトンボの群れ、力強く飛びまわるギンヤンマ。
〇虫のコーラス最高潮。アオマツムシ、マツムシ、エンマコオロギ、カンタン、
 ヒロバネカンタン、ハヤシノウマオイ、ケラなど。
〇トビハゼ、ベンケイガニ(黒・赤とも)、オニグモ(でかい)。アマガエル(声のみ)など。
 様々な幻想的なキノコが観察路を彩っていた
DSCN1332.jpg
★次回は10月27日16時から(集合時間が30分早くなります。ご注意ください)。
 モズやカモなど、秋の夕暮れにふさわしい鳥たちも来ているでしょう。
 (担当D)

〇23日(日)
・フィールドミュージアム「カニの巣穴を見てみよう」
DSCN1375.jpg
小島岬でコメツキガニの巣穴に石膏を流し込み、
巣穴の型を取ってみました。
DSCN1407.jpg
DSCN1413.jpg
採れた巣穴の形。入口付近が少しすぼまっています。

DSCN7486.jpg
長めなのはヤマトオサガニの巣穴。斜めに平べったい形。

DSCN1408.jpg
クロベンケイガニの巣穴。5㎏分の石膏を流し
込みましたが全ては掘り出せず。思ったより中は
広そうです。掘った土はどこにいってるんでしょうね?




ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 11:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください