2018年08月18日

保護区鳥情報8/18

2018年8月18日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
イソシギ
ウミネコ
オオタカ
カワセミ
チョウゲンボウ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
オオヨシキリ
ムクドリ、コムクドリ
スズメ
カワラヒワ
25種

1.猛暑も一段落でしょうか、今日は風に涼しさを感じました。
  種数も25種と急に増えました。
2.上池観察壁にダイサギ(かな?)の羽散乱、オオタカの仕業でしょうか?
  北池ではオオタカがムクドリを追いかけていました。鴨場上空には
  チョウゲンボウ2羽でした。
3.チュウサギ、15羽。(新浄化池)
4.エナガ(少なくとも3羽)が、シジュウカラの群と一緒でした。(保護区入口)
5.オオヨシキリのつぶやくような声。(下池、三島池)
(スタッフK)

KIMG0075.jpg
上池観察壁近くに散乱していたサギの羽

本日開催の夜の生き物観察会。風が強く,気温も
下がり乾燥していたせいか例年より出現数は少な
めな印象でした。
DSCN0955.jpg
浄化池に設置したライトトラップ

DSCN0959.jpg
アオドウガネ

DSCN0951.jpg
オオカマキリ

DSCN0987.jpg
糖蜜に寄ってきたムクゲコノハ

DSCN1008.jpg
同じく糖蜜に飛来したオオシマカラスヨトウ

その他マツムシやアオアシシギの鳴き声、飛び交う
アブラコウモリ、鳴きながら飛んでいったアオサギ
などが観察されました。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報 行事情報
posted by スタッフN at 22:48| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください