2018年05月26日

保護区鳥情報5/26

2018年5月26日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオムシクイ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ドバト
16種

1.種数が急に減りました。先週は26種でした。
2.カイツブリの雛にザリガニを給餌している親の姿。(田の字池)
3.オオムシクイのさえずり。(旧淡水池の海側樹林)
4.シジュウカラの若鳥を連れた家族。(保護区入口付近)
(スタッフK)

DSCN9751.jpg

DSCN9752.jpg
DSCN9757.jpg
本日のボランティアデーは湊池棚田で田植えを
行いました。緑米を2枚分。残り4枚分も折を見て
植えていく予定。
(スタッフN)

夕暮れ観察会
●満潮だったが、流木の上にちょこんと乗った
 トビハゼを見ることができた。
●あちらこちらの葉陰で、サクラの実が熟していた。
 もうすぐムクドリたちが食べに来るだろう。
●「田の字池」では、大音量のオオヨシキリの歌を聞きながら、
 カイツブリの親子を観察した。ヒナはだいぶ大きくなったが、
 首をふりながら親の後をついて泳いでいた。
●野鳥病院のゲージにしがみついていたオオミズアオを保護区内に
 放した。薄いミントグリーンの羽で夕空を舞う。
 ほかにドクガやシロチョウの仲間、オニグモの仲間なども見られた。

★次回は6月23日。あたたかければクロベンケイガニがゾロゾロ。
 ツバメに交じってギンヤンマなども飛び交います。(担当D)
ラベル:鳥情報 行事情報
posted by スタッフN at 19:18| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください