2017年08月09日

保護区生まれのアオサギが谷津干潟で観察されました

毎日暑い日が続きますね。
さて先日、山階鳥類研究所から行徳のコロニーにて捕獲・標識放鳥した
アオサギが 谷津干潟で観察されたとの情報をいただきました。

2017年7月29日千葉県習志野市谷津干潟
アオサギ (性不明・成鳥)
足環の番号:青00C
観察したときの状況:干潟で採食し、しばらくして飛び去りました。
IMG_6966(2)a.jpg
IMG_6966(2)b.jpg
谷津干潟にて7月末に観察されたアオサギ(撮影・情報提供:Y.Nさん)


観察舎スタッフ有志で2007年から山階鳥研の行っているサギ類カラーリング調査
に協力しており、千葉県内のコロニーにて調査を実施しています。
近年は主に南房総方面の館山市と行徳鳥獣保護区にて調査を実施しています。

今回の青00Cを装着したアオサギは、2014年5月17日に保護区にて
捕獲・放鳥した個体です。
標識時アオサギ00C.JPG
標識時のアオサギ青00C

この年は館山市と行徳の2か所で調査を実施し、行徳では2日間でアオサギ6羽、
ダイサギ6羽の12羽(うちカラーリングは11個体)を捕獲・標識放鳥しています。

標識した個体の再観察は、放鳥数が少ないことも関係していると思われますが
あまりなく、特に行徳にて標識放鳥されたアオサギの他所での再観察例は初となります。
無事に成長し、再観察されてとてもうれしいです!

今年も行徳のコロニーでは、アオサギが北池にて7巣。カワウコロニー内10巣。
ダイサギ7巣が確認されています。また行徳と館山市にてサギの標識調査を実施しています。
(今年は黄色地に黒文字刻印)

2017年6月15日 館山市正木
標識数(うちカラーマーク装着数)
ダイサギ  6羽(6羽)
チュウサギ 26羽(7羽) 
コサギ  101羽(38羽)
ゴイサギ  33羽(0羽)
合計   166羽(51羽)
カラーマーク 黄「00F」~「05F」、「15F」~「59F」

2017年6月17日 市川市行徳鳥獣保護区
標識数(うちカラーマーク装着数)
ダイサギ 8羽(8羽)
アオサギ 2羽(1羽)
合計   10羽(9羽)
カラーマーク 黄「06F」~「14F」

ぜひサギ類を見かけましたら足をご確認いただき、足環がついている個体を
みかけましたら、ご一報をお願いいたします。

(スタッフS:標識調査担当)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 15:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください