2016年08月31日

9月行事案内

2016年9月の観察舎行事予定です。
特記ない限り観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料

・1日(木)
 平日観察会 10時〜12時 雨天中止
  毎月第1平日木曜開催。そろそろコガモ等がやってきている頃。
  台風一過で変な鳥が入っている可能性も。ナンバンギセルも探してみます。

・3日(土)
 昆虫観察会 9時半〜11時半 雨天中止
  保護区内でバッタやカマキリ等を捕まえて観察します。定員20名
  持物:補虫網・虫かご・帽子・飲料 軍手・運動靴か長靴(サンダル不可)
  ※保護区内で採集したものは原則持帰ることはできません。

 ロシア鳥調査報告会 13時〜15時 会場:行徳公民館第5研修室 定員30名
 「白夜のツンドラ 渡り鳥の故郷を訪ねて」話:佐藤達夫
  今年6・7月にロシア・レナ川河口のコクガン繁殖地での標識調査に参加した
  スタッフによる報告。現地で見られた鳥なども紹介します。

・24日(土)
 フィールドミュージアム「植物」 10時〜12時半 雨天時翌日開催
  定員20名・参加費50円
  保護区内で植物調査を担当している友の会植物班のメンバーが指導・解説。
  様々な葉を採集して比べてみます。

 ボランティアデー 13時〜15時半頃 雨天中止
  毎月第4土曜開催。スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
  今回は稲刈りを予定(生育状況等により変更あり)

 夕暮れ観察会 16時半〜18時半
  毎月第4土曜開催。日中とは少し違う顔を見せる日没前後の保護区を歩きます。
  鳴く虫の最盛期。マツムシやカンタン、カネタタキ、コオロギやキリギリスの
  仲間たちの奏でる音色を楽しみましょう。
  
毎週日曜・祝日
 定例園内観察会 13時半〜15時半 雨天中止
  普段は入れない保護区の中を歩きます。冬鳥・旅鳥たちの姿が徐々に増える
  一方、ツバメなどの夏鳥たちは南へ移動していきます。台風後には思わぬ種類
  に出会うことも。草木は色づき始め様々な実が出てきます。

問合せ:野鳥観察舎 047-397-9046


タグ:行事情報
posted by スタッフN at 12:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日、ロシア調査報告会に行ってきました。興味深く楽しいお話ありがとうございました。今回の調査で付けた標識のシギチやコクガンをこちらで見つけられる日が来ると良いですね。
Posted by のり at 2016年09月03日 16:52
報告会へのご参加ありがとうございました。
スタッフも断片的にしか聞いていなかった
ロシアの様子、本人が充実した日々を過ごせた
ようで良かったです。

コクガンは難しそうですが、セグロカモメや
シギチたちは是非とも見つけたいですね。
みなさまからの観察情報もお待ちしています。
Posted by スタッフN at 2016年09月03日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441444667
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック