2021年12月30日

年末年始予定

昨日29日、ヒメアマツバメ2羽が飛んでいたとのこと。

さて、遅くなりましたが年末年始の情報です。

・あいねすと 12/29(水)~1/3(月)休館
 新年は1月4日(火)から。

・みどりの国 現在休園中

・野鳥病院 年中無休ですが、新規入所受入れは現在停止中

・コミュニティバスあいねすと循環ルート 12/29~1/3運休中
 新年は1月4日から運行再開。

・1月1日(土)
丸浜川沿いの通路から初日の出をご覧いただけます。場所により太陽が
出てくる時間は前後しますが、あいねすと前付近では7時頃となります。
DSCN1344.jpg
あいねすと前での今年(2021年)の初日の出の様子。
右上の木は野鳥病院前のサクラ。

駐車場は前夜より開放していますが、日の出前30分
ほどは混雑します。ある程度余裕をもってお越しください。

野鳥の会による元日早朝の保護区観察会は今回も
開催中止です。保護区には入れませんのでご注意ください。

それではよいお年を。
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 14:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月25日

保護区鳥情報12/25

2021年12月25日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ
トビ、チュウヒ、オオタカ、ノスリ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
アオジ、オオジュリン
34種

1.朝方雨のち晴れて比較的暖かい日和でした。ツグミ、オオジュリンが増えました。
2.カワウの雛の声は先週聞こえていたのですが、今日は姿も確認できました。
 今季のカワウの雛の初認は12/18。昨年より一月ほど早いです。
3.ホシハジロ、キンクロハジロがそれぞれ60羽ほどした。久しぶりにたくさんのカモ
 が海に浮かんでいるのを見ました。ただし、スズガモは2羽でした。
4.オオタカ(若)がキンクロハジロの羽をむしっているところに遭遇、驚いて
足でつかんだまま飛び去りました。(新浄化池)
(スタッフK)

DSCN1321.jpg
DSCN1317.jpg
チュウヒは午後にあいねすと正面のアシ原に
比較的長い時間止まっていました。

DSCN1330.jpg
ユリカモメも午後に飛来。カラーリング付もちらほらと。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:15| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年12月22日

綿毛舞う

DSCN1270.jpg
本日の保護区は北風でススキやヨシ、セイタカアワダチソウなどの
綿毛が粉雪のように舞っていました。枝先にも樹氷のごとく
くっついて陽光に光り輝いていました。

DSCN1269.jpg

DSCN1247.jpg
水面にも多数浮いていました。
ラベル:植物 近況
posted by スタッフN at 15:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月21日

観察会等中止のお知らせ

2022年1月4日、以下の制限事項は解除、行事等は通常開催に戻りました

<2021年12月16日14時丸浜川観察会を追加>
休止中の保護区定例園内観察会に代わり丸浜川を案内する観察会を開催いたします。
12月19日(日)、26日(日)13時半~ 雨天中止・参加無料
あいねすと横広場集合・定員10名
---------------------------------------------------

疑似患畜が発生したのを受け、本日の観察会等の保護区立入は中止となりました。

本日より野鳥監視重点区域が解除されるまで、管理作業以外での保護区内への
立入は制限されます。また、以下については期間中開催中止となります。

・園内観察会(定例・平日・夕暮れ観察会及び新浜探鳥会)
・ボランティアデー
・みどりの国
・保護区立入を伴う団体利用
・12月26日に予定していた巣箱教室は開催を延期いたします。

また、野鳥病院前の通路も立入禁止となる他、新規の傷病鳥受付を停止
いたします。

野鳥観察舎(あいねすと)は本件に関して特に制限は無く、
通常通りの開館・営業となります。

大変ご不便をおかけしますがご理解とご協力をお願いいたします。


[千葉県]令和3年12月5日

[環境省]令和3年12月5日
ラベル:告知
posted by スタッフN at 10:32| Comment(0) | 利用案内 | 更新情報をチェックする

2021年12月19日

カワウの草むしり

保護区のカワウは現在繁殖期真っ只中。
頭部や脚の付け根に白い繁殖羽を生やした彼らは
保護区のあちこちで巣材採集にいそしんでいます。

群れで行動しているせいか、巣材をとる場所は
ある程度集中する様で、この時期保護区の海岸
沿いではカワウによってすってんてんになった
場所が現れます。
KIMG2018.jpg

何日かセンサーカメラを設置してみると・・・

これをうまく誘導できれば草刈作業も楽になる?
ラベル:鳥情報 植物
posted by スタッフN at 16:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月18日

保護区鳥情報12/18

2021年12月18日の保護区鳥類調査の結果です。
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、キンクロハジロ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
イソシギ
トビ、チュウヒ、オオタカ、ノスリ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
アオジ、オオジュリン
ドバト
33種

1.晴れてはいましたが、冷たい北風、気温も低めでした。
 田の字池など水面の一部が凍り付いていました。
2.カワウの巣は1000個を越えました。
3.コガモ40羽ほど。(旧淡水池)
4.トビが下北岬付近上空に次から次へと集まって来て10羽を数えました。
 保護区では珍しい光景です。以前、保護区ではトビはほとんど見られ
 なかったのに、ここ数年増えています。
(スタッフK)

12月12日、あいねすと正面のサギどまり樹上にコチョウゲンボウが
居たとのこと。保護区ではどうやら1975年以来の記録のようです。

本日18日にはサギどまり前の水面にてアオサギがハジロカイツブリを
捕食しようとしたのがあいねすとから観察されたそうです。ハジロ
カイツブリは負傷したものの何とか逃げることができたみたい。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:32| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年12月16日

北海道標識カワウ再び

15日、カワウコロニーにて赤いカラーリング「X47]
を装着したカワウが見られました。
DSCN1714.jpg
(撮影:スタッフYM)

2020年6月6日に北海道湧別川コロニーで巣内幼鳥
として標識されました。

2021年は2月末に初認、4月上旬行徳で終認、
4月15日には湧別川のセンサーカメラに写っている
のが確認されています。
X47-210415.JPG
(画像及び情報提供:北海道カワウ研究会)

湧別川では今年6月まで確認されていたとのこと。

今年は繁殖羽も見られており行徳で繁殖するかも?

ラベル:鳥情報 標識
posted by スタッフN at 12:09| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年12月11日

保護区鳥情報12/11

2021年12月11日の保護区鳥類調査の結果です。

オシドリ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
イソシギ
トビ、ノスリ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシボソガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
アオジ、オオジュリン
ドバト
34種

1.今日も晴れて風少なくよい陽気でしたが、鳥の記録は少な目でした。
2.カワウの巣は急増しています、800個ほどでした。
3.珍しいオシドリ1ペア、ミコアイサ1羽。(長靴池)
4.カモ類は今日も少なく、一番多かったのはキンクロハジロ17羽、
  続いてマガモ8羽。
(スタッフK)

本日午前、タゲリが見られたそうです。昨日はホオジロガモの♀が居ました。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:32| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年12月06日

保護区鳥情報12/4

2021年12月4日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ
カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
イソシギ
オオタカ、ノスリ
モズ
オナガ、ハシボソガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
アオジ
ドバト
31種

1.晴れて風少なくよい陽気でしたが、鳥は全体的に少な目でした。
2.カワウの巣は450個を越えました。人工巣台に29巣を数えました。
 前年と同じくNo.11赤の巣台が8巣と一番人気です。
3.カワウは鴨場と保護区の境目の樹林にたくさん集まっています。
 ディスプレイや声で賑やかです。
4.カモ類は今日も少なく、一番多かったのはホシハジロ27羽でした。
5.猛禽の食跡とみられるオオバンの羽散乱。(ドブ池付近)
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 09:39| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年12月01日

12月行事案内

2021年12月の行事予定です。
新型コロナ等の影響によっては中止・変更となる場合が
あります。最新の情報をご確認ください。

○定例園内観察会 毎週日曜・祝日 13時半~15時半
 あいねすと横広場集合※13時より整理券配布
 普段は入れない保護区の中を2時間ほど案内いたします。

○2日(木)平日観察会 毎月第1平日木曜開催 10時~12時
 あいねすと前集合

○25日(土)第4土曜行事
・ボランティアデー 13時~15時半頃 管理事務所前集合
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 持物:汚れても良い服装、(あれば)軍手・長靴

・夕暮れ観察会 16時~18時 あいねすと前集合
 日没前後の保護区を歩きます。懐中電灯があると便利。
 防寒対策はしっかりと。

以上いずれも当日受付・定員10名・雨天中止

○26日(日)巣箱教室 10時~12時 管理事務所前集合
 定員10名・要申込
 丸浜川沿いに設置した小鳥用巣箱を回収して利用状況の確認、
 清掃・再設置を行います。昨年度は初めて繁殖成功巣を確認
 できましたが今年はどうだったでしょうか。

DSCN8524.jpgDSCN8527.jpg

○写真展示 12月18日(土)まで
 江戸川の対岸にあるクリーンスパ市川1階にて写真展示実施中。
 保護区の生き物など40点。塗り絵も配布中。
 閲覧は無料ですが入館料が必要です。休館日・営業時間等はクリーン
 スパ市川のサイトhttps://www.cleanspa.jp/ でご確認ください。
 DSCN1131.jpg

○あいねすと・みどりの国は通常通り営業中。
みどりの国は冬時間で15時半閉園(入場は15時まで)と
なっているのでご注意ください。
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 11:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする