2021年09月30日

動画2点

お隣の宮内庁鴨場からコンコンコン・・・と音が聞こえてくる季節
となりました。

これは鴨場でカモへの給餌の際に木の板を叩いている音。秋から冬の間、
日中はほぼ毎日のように聞こえてきます。この音を聞くとカモのシーズン
になったことを実感します。


もう一つ動画。
保護区のカワウたちは保護区の外へ餌を捕りに行きます(夏は三番瀬、
冬は江戸川・荒川等内陸部)。戻って来る時間は日により異なりますが、
次から次へと飛来する群れが保護区手前でばらけて乱舞する姿は壮観。
本日は10時頃の帰還でした。撮影場所は浄化池。ずっと聞こえているのは水車の音。

ラベル:動画
posted by スタッフN at 15:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年09月26日

保護区鳥情報9/26

2021年9月26日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、ハシビロガモ、コガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
イソシギ
オオタカ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
20種

1.旅鳥、キビタキ。
2.冬鳥、ハシビロガモ(北池上空通過)、コガモ(旧淡水池)。
  モズの高鳴きも聞こえるようになりました。
3.オオタカ(成鳥)。(三島池付近)
(スタッフK)

DSCN7369.jpg
ハシビロガモは24日に初認。

本日は午後小島岬の杭にミサゴがとまっていました。
竹内ヶ原上空にトビも見られています。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 17:44| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

10月からコミュニティバスの運行実験開始

行徳駅・行徳支所と野鳥観察舎(あいねすと)を結ぶ
市川市のコミュニティバスの試験運行が10月1日より
始まります。


一日8便、定員12名。大人200円・小児100円(現金払いのみ)


あいねすと最寄りは「白鷺公園」となります。
20210922_084107.jpg
あいねすとは公園を抜けて緑地側にあります。

運休日は月曜日(祝日にあたる場合は翌平日。あいねすと休館日と同じ)

来年3月31日までの半年間の試験運行です。
この機会にどうぞご利用ください。
ラベル:告知
posted by スタッフN at 14:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

保護区鳥情報9/19

2021年9月19日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
キアシシギ、イソシギ
ミサゴ
カワセミ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
スズメ
ハクセキレイ
21種

1.台風一過の秋めいた青空。ツクツクボウシがまだ少し鳴いていました。
2.冬鳥、モズ1羽。(湊池)
3.旅鳥、キアシシギ1羽(千鳥水門付近)
4.カワウが5000羽以上、たくさん保護区に留まっていました。
  その中に白髪(繁殖羽)になっている個体が2羽いました。
(スタッフK)

モズは12日午後に今シーズン初認。
DSCN0563.jpgDSCN0564.jpg
アケビの実がそろそろ食べ頃になりだしています。

DSCN0573.jpgDSCN0571.jpg
草刈り作業中に子グモのまどいを見つけました。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報 植物
posted by スタッフN at 18:18| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

ヒガンバナ開花

DSCN0513.jpg

例年よりやや早く、14日からヒガンバナが咲きだしました。
画像は野鳥病院仮設禽舎裏のヒガンバナ。

キンモクセイは11日頃から香りが漂い始めました。

ラベル:植物
posted by スタッフN at 14:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

江戸前干潟研究学校9月

12日、月一回の保護区水生生物調査「江戸前干潟研究学校」を実施しました。
(今年度はコロナのため非公開で開催しています)

東京湾奥での青潮発生のため前日まで千鳥水門を閉鎖しており、開放後
すぐの調査となりました。

KIMG1891.jpgKIMG1893.jpg
百合ヶ浜沖の大網。小さいサッパ・ヒイラギが大半。

DSCN1586.jpg
アカエイは大小5匹。このサイズのトラフグは初めて。

DSCN1583.jpg
カワハギは初記録。

KIMG1894.jpg
ガザミはりっぱなサイズでした。

KIMG1900.jpg
クサフグは145匹(大型個体はトラフグ)

DSCN1578.jpg
三島池出口ではシャコが1個体。青潮を避けて
上がってきたのでしょうか。

DSCN1567.jpg
KIMG1904.jpg
ウナギは水車池で18㎝、トビハゼルートで70㎝ほどの
個体が出現。

このほかマハゼも普段より多く総計540匹がとれていました。


ラベル:魚類
posted by スタッフN at 15:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

保護区鳥情報9/12

2021年9月12日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
クサシギ、イソシギ
カワセミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
20種

1.旅鳥、クサシギ。(新浄化池)
2.猛禽の食跡と思われるドバトの羽散乱。(ドブ池付近)
3.チュウサギは先週に引き続き少なくとも7羽と多めです。(下池)
(スタッフK)

本日午後はオオタカとミサゴが観察されています。
保護区入口付近ではカメラマンさんがキビタキ(8日)、サンコウチョウ(13日)
を確認しています(いずれも今季初認)。

青潮警戒で閉鎖していた千鳥水門は11日昼前から開放しています。
幸い今回は保護区内での影響はほぼ無かった模様。
(スタッフN)
posted by スタッフN at 19:31| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年09月09日

青潮

先週末頃より東京湾奥部で青潮が発生しています。
行徳保護区も3日昼過ぎより千鳥水門を閉鎖して
様子見中。

幸い保護区内では今の所被害はありませんが、
水門の外側では魚の死体が増えてきました。

20210906.jpg
9月6日魚の死体を初確認。この日は数匹でした。

20210908.jpg
9月8日水面から顔を出して呼吸するマハゼ

20210909.jpg
20210909a.jpg
9月9日水門付近に溜まった死体が増えていました。

20210909b.jpg
干潮時に出てくるカキ礁の辺りにも死体が点々と。

早く解消してくれるとよいのですが。
ラベル:近況 魚類
posted by スタッフN at 17:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年09月06日

保護区鳥情報9/5

2021年9月5日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
イソシギ
オオタカ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
セッカ
ムクドリ、コムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
20種

1.雨混じりの曇り空でした。気温も低くなり…11時時点で23度ほどとのこと、
  秋めいてきました。保護区内のヒヨドリ、メジロが若干増えた感じです。
2.スズメは600羽以上の群、若鳥も多い。上池観察壁の前に集まっていました。
  観察壁の中にいても雨の音がかき消させれるほどの群の声。
3.オオタカ(成鳥)(下北岬付け根)
4.今年は記録の少なかったセッカのさえずり。(旧淡水池、小島岬)
5.カワウコロニーで、1巣だけ抱卵姿勢のカワウは今日も座っていました。
  巣は手入れしているようです。他の使い終わった巣は黒っぽくなっている
  のですが、このカワウの巣だけは、新しい巣材が組み込まれているようで
  黄褐色に目立っていました。
(スタッフK)

210901コガモ1号.jpg210901コガモ1号2.jpg
コガモは1日が今シーズン初認。サギどまりに1羽。3日には5羽が浄化池で観察されました。

DSCN5637.jpg
ゴイサギ若(4日) この夏はちょこちょこと出現。

8月31日には行徳地区で衝突したセンダイムシクイが
野鳥病院に入所。残念ながら翌日にはお亡くなり。


ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 09:33| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年09月01日

9月予定

今月も観察会等行事は休止継続しています。

野鳥観察舎(あいねすと)、緑の国は営業中。
※混雑時は入場制限有り。
※館内での飲食は出来ません。
※団体利用は停止中。

ラベル:行事案内
posted by スタッフN at 19:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする