2021年02月21日

保護区鳥情報2/21

2021年2月21日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
ミサゴ、ノスリ
カワセミ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
ドバト
38種

1.とても暖かい日でした。小鳥類や猛禽類など移動しているの
  でしょうか、全体的に少なくなってきました。
2.カワウの巣数は先週1300巣を越えましたが、今日は1360巣ほどと
  あまり増えていません。ちょっと増加速度が鈍ったかもしれません。
  雛の声はカワウコロニー全体に広がっていて対岸からもよく聞こえます。
3.カワセミがザリガニを捕まえて食べていました。(北池)
(スタッフK)


作業をしていると汗ばむほどの陽気でした。
DSCN9083.jpg
ノスリ(21日午後保護区入口付近)
UFO島にはオオタカ(若)がいたそうです。

あいねすとスタッフがカンムリカイツブリのディスプレー
(求愛ダンス)を観察しています。

DSCN9090.jpg
DSCN9092.jpg
枝切り作業中に子グモ(種不明)がワラワラと出てきていました。

丸浜川沿いではコブシの花が咲き出していたとの事。
DSCN9100.jpg
咲き出したコブシ(22日撮影)
(スタッフN)

DSCN4022.jpg
アオサギも婚姻色の個体が増えています。
(20日スタッフYM撮影)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:49| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする