2021年02月08日

保護区鳥情報2/7

2021年2月7日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
イソシギ
トビ、チュウヒ、ノスリ
カワセミ
モズ
カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ、シメ
アオジ、オオジュリン
ドバト
42種

1.カワウの巣数は1000巣を越えました。昨年度、一昨年度は
  1000巣を越えたのが3月の半ば頃でしたので、今年度は巣の
  増加速度が早いようです。保護区本土の長靴池海側の林から
  下北岬の基部にかけて、作りかけの巣も加えると30個くらい。
  また、周辺緑地には15巣ほど地面に巣を造っていました。
  営巣場所に苦労している様子です。
2.キンクロハジロは今季、たいてい10~20羽ほどでしたが、
  今日は107羽を記録しました。ホシハジロも増えて26羽でした。
(スタッフK)

2日19時半頃、駐車場付近の樹上にフクロウがいたとのこと。

DSCN8981.jpg
DSCN8980.jpg
今シーズンカワウが集まっている長靴池海側の林(7日)

RSCN2629.jpg
丸浜川下流ではモンシロチョウが観察されました。
(7日今季初認。撮影・提供Kさん)

DSCN8987.jpg
丸浜川沿いの河津桜も花が増えてきました。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 09:38| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする