2021年01月31日

保護区鳥情報1/31

2021年1月31日保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、
キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
ユリカモメ
トビ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
カケス、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
41種

1.カワウの巣材集めは益々活発になっています。今日は竹内ヶ原の
  刈草の積山にカワウが集まっていました。本土にも巣を懸けています。
 (長靴池海側の松林に10個ほど、旧淡水池の海側サクラの樹に2個)。
  周辺緑地のカワウコロニーの樹林はだいぶダメージを受けていて
  巣を懸ける場所探しに苦労している様子です。今日は少し暖かかった
  ですね、雛の姿も見られました。
2.カケスは、保護区周辺で越冬しているようです。
3.アライグマ、1頭。鴨場との境にある鉄管の上を歩いていました。(町田池)
(スタッフK)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 23:01| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

近況1/25

先週末の雨は久しぶりのまとまった降水でした。
カラカラに乾いていた旧淡水池は中央部のシート埋設部まで
水がつきました。
DSCN8879a.jpg

DSCN8787.jpgDSCN8788.jpg
1/11時点。



DSCN8882.jpg
堆肥置場付近でオオイヌノフグリが開花していました。



DSCN8877.jpg
本日はあいねすと前の丸浜川岸に生えた樹木の
伐採作業がありました。
KIMG1454.jpg
野鳥病院前がすっきりしました。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 17:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

保護区鳥情報1/22

2021年1月22日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、
キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
チュウヒ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
ハクセキレイ、タヒバリ
ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
ドバト
38種

1.カワウの雛の声が聞こえました。カワウの巣材集め、ドブ池畔に
  集まっていてきれいに草刈りしたよう。
2.猛禽の記録は少ないものの、食跡は所々に。
 (コガモ雄、キジバト2か所など羽が散らばっていました…)
3.竹内ヶ原の土をひっくり返した後には今日もムクドリ60羽ほど、
  ツグミ10羽ほど、ハクセキレイ、タヒバリなど集まっていました。
(スタッフK)

DSCN3000.jpgDSCN3001.jpg
作業中の竹内ヶ原に集まるムクドリ(22日)

DSCN2667.jpgDSCN2668.jpg
同17日


DSCN8845.jpg
22日午後、欠真間三角でタシギが居ました(計4羽)

DSCN8871.jpg
猛禽に補食されたコガモの羽根(カニルート)

DSCN8832.jpg
昨秋から狂い咲きしているので開花日がはっきり
しませんが、丸浜川沿いの河津桜もつぼみの
ふくらみが大きくなってきました。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 23:10| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

シマヘビ

KIMG1450.jpg
本日あいねすと前の通路下で日向ぼっこしていたシマヘビ。

常連さんによると最近ちょこちょこ見られているようです。
通路の石垣の隙間に潜んでいるらしく、寒い日は顔だけ
出しているとか。

こんな時期には何を食べているのでしょうね。

ラベル:爬虫類
posted by スタッフN at 16:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

保護区紹介動画冬編開始

観察会休止中につき、スタッフのヤマタクによる保護区紹介動画を再開。


ラベル:動画
posted by スタッフN at 16:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

保護区鳥情報1/17

2021年1月17日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、オナガガモ、コガモ、
キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
イソシギ
トビ、チュウヒ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
38種

1.カワウの巣は800巣ほどになりました。
2.ノスリは複数羽(3羽?)いました。
3.カモメ類はいませんでした。カモ類もとても少ないです。
  お隣の鴨場の職員の方のお話では、カモ類が今年とくに
  少ないことはないとのこと、でも狩猟期間の終わる2/15を
  境に給餌が止まるとパタッと来なくなるとのことでした。
  やっぱり餌の吸引力が大きいのでしょうね。
4.竹内ヶ原のショベルカーで耕された地面にムクドリ30羽ほど、
  ハシボソガラスなど10羽ほど、ツグミ、ハクセキレイ、と
  たくさん集まっていました。おいしいものがあるのでしょうね。
(スタッフK)

16日夕方にはUFO島でレンジャクsp.1羽がいたそうです。
薄暗くなっておりヒレンジャクかキレンジャクかはわからなかったとの事。

DSCN2296.jpg
掘り返された地面からオケラを捕まえたモズ(9日。撮影スタッフYM)


本日実施した江戸前干潟研究学校(非公開自主調査)では
海水域では主にマハゼのみ。淡水の池の方が採集量が
多かったです。

長靴池ではモクズガニ8匹(ついでにドブネズミ1匹)。
KIMG1438.jpg

水車池ではタモロコが400匹近く。
KIMG1447.jpg
右上の大きな個体(約10㎝)は保護区で今まで見たこと
のないサイズ。
(スタッフN)

posted by スタッフN at 17:26| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

ここ数日ぐっと最低気温が下がりました。
今朝方は野鳥病院外の流しのホースや水道が凍っていました。

DSCN2488.jpg
セイゴ水道で波打ち際が凍っていました。

DSCN2512.jpg
長靴池ではハクセキレイが凍った水面を歩いていました。
途中で足を滑らすのがご愛敬。

(以上撮影スタッフYM)
ラベル:動画 鳥情報 近況
posted by スタッフN at 20:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

保護区鳥情報1/9

2021年1月9日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、オナガガモ、コガモ、
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、コサギ
オオバン
ユリカモメ
トビ、チュウヒ、ツミ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
ハクセキレイ、タヒバリ
ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
39種

1.カワウの巣は600巣を越えました。
2.今年は少ない様子のベニマシコ。(ウラギクカニルート)
3.今日も猛禽は多いです。トビ、チュウヒ、ツミ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ。
4.一昨日でしょうか強風だったせいかユリカモメが500羽ほど、セグロカモメは
  50羽ほど保護区にやって来たようですが、今日はユリカモメ3羽のみでした。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 17:29| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

観察会・観察舎休止について

さて、緊急事態宣言発令に伴い、1月8日以降の
保護区での観察会等行事は当面の間中止となります。
再開時期は未定。宣言解除後様子を見ての判断となります。
ご不便をおかけしますがご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

野鳥観察舎(あいねすと)・みどりの国も休館となりますので
ご注意下さい。
KIMG1422.jpg
[市川市]緊急事態宣言発出に伴う休館・行事中止情報


本日は新年初の観察会である平日観察会。
暴風警報が発令される強風で小鳥類はツグミ・ヒヨドリ以外はさっぱり
でしたが、終始上空を猛禽が飛び回っていました。
DSCN8766.jpg
トビ。最大5羽いた模様。

DSCN8768.jpg
ミサゴ。こちらは2羽が飛んでいました。

この他ハイタカ、チュウヒの姿も。強風に抗って
餌探しをしているせいかいつもより低く長く飛んで
いたのでじっくりと観察できました。

猛禽以外ではカワウ・ユリカモメが多数舞う姿も。

DSCN8769.jpg
キカラスウリ。

DSCN8777.jpg
ウラギク湿地に流れ込む水路出口ではウラギクの花が
残っていました。通常秋に咲く種類ですが、年を越しました。

DSCN8778.jpg
丸浜川で甲羅干しするミシシッピアカミミガメ。
丸浜川も結氷や降雪する日が昔と比べて減り、
冬場でも姿を見かけることが増えました。


さて、緊急事態宣言発令に伴い、本日以降の
保護区での観察会等行事は当面の間中止となります。
再開時期は未定。宣言解除後様子を見ての判断となります。

ご不便をおかけしますがご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
ラベル:行事報告 告知
posted by スタッフN at 16:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

いちかわエコギャラリー開始

メディアパーク市川にて、市川市内の環境活動団体の
ポスター展示「いちかわエコギャラリー」が開催されています。
KIMG1421.jpg
KIMG1417.jpg

メディアパーク市川1階ロビーにて1月13日(水)まで。入場無料。
1月12日(火)は休館日です。

[1/6 20:35追記]
緊急事態宣言発令予定を鑑み、エコギャラリーは中断とのこと。
(会場の臨時閉館が決まったようです)
7日午後から撤収となります。残念。


ラベル:告知
posted by スタッフN at 17:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

夕暮れ観察会報告

KIMG1416.JPG
駐車場角のロウバイ(ソシンロウバイ)が咲いて
甘い香りを漂わせています。白鷺公園へ向かう
通路沿いのスイセンも花を開いています。


遅くなりましたが先月の夕暮れ観察会報告。

澄んだ夕景 夕暮れ観察会報告(2020年12月26日)
●集合場所に人だかり。観察会参加者だけでないようだ。
 丸浜川にヒクイナが出ているとのこと。川に生えたアシの
 根本にひそんでいるらしいが、残念ながら私には見えない。
 赤茶色の胸が美しい水鳥。初夏の風物詩だが、近年は行徳で越冬も。

●木の実は小鳥たちに食べられはじめている。トベラの実はぱっくり割れて
 ザクロのよう。ウラギクも完全に種子になり、風に吹かれている。

●北池では、暮れなずむ葦原からクイナの声。冒頭のヒクイナに対し
 フユクイナの名も。キー、キーと物悲しい。

●築山からは、前回よりくっきりと富士山が見える。澄んだ夕方の空気に
 塩浜団地の灯が美しい。対岸のネオンを映した水面をカモの群れが漂い
 過ぎていく。スズガモかハジロガモの仲間だろう。

●木星と土星が接近。西の空で親子のように輝いていた。
(担当S記)

posted by スタッフN at 09:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

保護区鳥情報1/3

2021年1月3日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、オナガガモ、コガモ、
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ
トビ、チュウヒ、ツミ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、タヒバリ
カワラヒワ、シメ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
45種

1.暖かい冬ですが、少し寒さが厳しくなってきたように感じました。
2.ツグミが増えました(30羽以上)。
3.ウミアイサ、9羽の群で行動していました。
4.カワウの巣は500巣を越えました。
5.猛禽は多いですね。猛禽の食べ跡があちこちに見られます。
 昨日はヒレンジャクの羽が散乱していたそうですね。他にも小鳥類等
 の羽の散乱した場所がいくつか見られました。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:03| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

新年早々

本日スタッフYMが保護区内で拾ってきた小鳥の羽根。
DSCN8757.jpg

DSCN8758.jpg
初列風切羽。先端には白斑。背景はA4のクリップボードです。

DSCN8762.jpg
特徴的な尾羽は右下の4枚。

ということでヒレンジャクが猛禽に捕食されたようです。
生きている姿を見たかった...


posted by スタッフN at 21:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

謹賀新年

DSCN8744.jpg
2021年1月1日 観察舎前からの初日の出

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

DSCN1403.jpg
保護区から見た富士山

DSCN1366.jpg
ノスリ。毎年元日に見られているのはノスリが多いです。
本日はオオタカもいた模様。


2021年1月の保護区行事予定です。
特記なければ当日受付・参加無料・雨天中止
※新型コロナウィルスの状況によっては
開催中止・変更となる場合があります。

・7日(木)平日観察会 10時~12時 あいねすと前集合
 毎月第1平日木曜開催

・23日(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃 管理事務所前集合
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。持物:軍手・長靴

 夕暮れ観察会 16時~18時 あいねすと前集合
  日没前後の保護区を歩きます。防寒対策はしっかりと。

・定例園内観察会 日曜日・祝日 13時半~14時半
 あいねすと横広場集合。13時より受付開始。
 普段は入れない保護区内をご案内します。1月は10日(日)から。
 1日と3日はお休みです。

○市川市行徳野鳥観察舎(あいねすと) 9時~17時 利用無料
 新年は5日(火)より開館。

○みどりの国 土日祝日9時半~15時半(入園は15時まで) 利用無料
 保護区外周部の一画を週末及び祝日に開放しています。林内の
 観察路をご利用いただけます。現在ブロック塀改修工事のため
 管理通路には出られません。ご注意ください。

・お知らせ
 行徳鳥獣保護区・野鳥病院の管理運営を受託者の
 特定非営利活動法人 行徳野鳥観察舎友の会は1月1日から
 NPO行徳自然ほごくらぶ へと会の名称を変更しました。
 活動内容に変わりはありません。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 07:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする