2020年12月30日

ユリカモメ・ズグロカモメ

DSCN8703.jpg
今月下旬に入りようやくユリカモメが(例年よりはかなり少ないですが)
増えてきました。導流堤上にもちらほらと見られ、たまにズグロカモメ
も1,2羽が入っているようです。

DSCN8717.jpg
ズグロカモメ(30日)
ユリカモメ達とは微妙に距離を取っていることが多いです。


野鳥観察舎(あいねすと)・みどりの国は年末年始のため閉鎖中。
1月4日(月)まで最寄りの公衆トイレは福栄公園となりますので
ご注意ください。

定例園内観察会も1月3日まではお休みです。新年の行事は
1月7日の平日観察会からを予定。あいねすとは1月5日(火)から、
みどりの国は1月9日(土)から通常営業となります。

野鳥病院は年中無休ですが、現在鳥インフルエンザ対応モード
のため受入可能な鳥がかなり制限されています。なるべく事前
にご確認くださいますようお願いいたします。
ラベル:告知 鳥情報
posted by スタッフN at 15:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

保護区鳥情報12/26

2020年12月26日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
ユリカモメ、ズグロカモメ、セグロカモメ
ハイタカ、ノスリ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、タヒバリ
アオジ、オオジュリン
38種

1.暖かく風のほとんどない日でした。この時期、モズやオオジュリンなどの
  小鳥はあまり鳴かないので記録が少な目になるのですが、今日は陽気の
  せいでしょうか、姿がよく目に付きました。
2.少数派のズグロカモメ、導流提でカニを食べていました。
3.カワウの巣数は295巣を数えました。人工巣台も利用が始まり9巣を数えました。
(スタッフK)

このほか本日はチュウヒ、旧淡水池では大きなドジョウを食べるアオサギが
観察されています。

DSCN8676.jpg
繁殖羽、巣上のカワウ(26日カワウコロニー)
(スタッフN)


ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:18| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

年末年始予定

今年も残すところわずかとなりました。
年末年始の予定です。
いずれも行事は定員10名・当日受付・参加無料・雨天中止

○26日(土)
・ボランティアデー 13時~15時半頃 管理事務所前集合
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 今回は観察壁スクリーン(稲束)の交換をやります。

・夕暮れ観察会 16時~18時 あいねすと前集合
 日没前後の保護区を歩きます。防寒対策はしっかりと。
 懐中電灯があると便利です。

○27日(日)
・定例園内観察会 13時半~14時半 あいねすと横広場集合
 受付は13時より開始。

○28日(月)~1月4日(月)
・あいねすと休館
・みどりの国休園
・定例園内観察会休止

○2021年
例年開催していた1月1日の早朝観察会(日本野鳥の会東京Young探鳥会)
は中止です。あいねすとも休館期間のため館内入場はできません。
トイレは福栄公園の公衆トイレをご利用ください。

新年は1月5日(火)より通常営業となります。

○1月7日(木)
・平日観察会 10時~12時 あいねすと前集合


野鳥病院は年中無休ですが、現在鳥インフルエンザ対応のため
大幅に入所対応する鳥種を制限しています。ご注意ください。
なるべく事前のご連絡をお願いいたします。
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 18:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

大掃除

年末ということでちょっとずつ野鳥病院の大掃除を開始しています。
本日は人手と天気が良かったので治療室を実施。

DSCN8623.jpg
部屋の中身を全部出して水洗い。この後バルサン燻蒸しました。
明日中身を戻して完了です。

ラベル:野鳥病院
posted by スタッフN at 17:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

保護区鳥情報12/19

2020年12月19日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
オオタカ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、タヒバリ
カワラヒワ
アオジ
42種

1.寒さが少し厳しくなりました。
2.ツグミ、計20羽ほど。ユリカモメ14羽、セグロカモメ2羽。
  増えています。
3.カワウの巣も増えています。150巣ほど。
4.オオタカ若鳥、右目が怪我をしている様子。
(スタッフK)

このほか14日にズグロカモメ1羽が観察されています。
※20日導流堤でも見られたとのこと。2,3回カニを
捕まえてきては食べていたそうです。

17日には丸浜川でオオタカ成鳥がオオバンを捕獲した模様。

DSCN8604.jpg
DSCN1766.jpg
右目がおかしいオオタカ若鳥。かなり衰弱している様子(18日撮影)
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 08:20| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

お知らせ

告知をいくつか。

○あいねすとで館内に展示する作品を募集しています。
DSCN8616.jpgDSCN8615.jpg

○あいねすと内では行徳駅~あいねすとを結ぶコミュニティバス運行
に関するアンケートを実施中です。こちらもどうぞご協力ください

○行徳野鳥観察舎友の会は来年1月1日より会の名称を変更します。
新名称は「NPO行徳自然ほごくらぶ」
保護区や野鳥病院の管理運営業務や観察会開催等活動内容に変わりはありません。
今後ともよろしくお願いいたします。


○オリジナルグッズ通販中
主にイベント時の販売用に昨秋作成した友の会オリジナルグッズ。
今年はイベント出展が無かったので機会が無かったのですが、会の名称変更
を記念(?)して期間限定でネット通販を始めました。
DSCN5327.jpg
ハンカチタオル2種
DSCN5328.jpg
サコッシュ

DSCN5277.jpg
マグボトル(赤のみ)

詳細はこちらから。1月末までとなります。

管理事務所でも購入できます。スタッフにお声がけください。
ラベル:告知
posted by スタッフN at 17:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

保護区鳥情報12/12

2020年12月12日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
チュウヒ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
アオジ、オオジュリン
40種

1.カワウは10時頃に300羽ほどが帰ってきました。カワウコロニーの
  ディスプレイする個体が増えています。少なくとも20巣を数えました。
2.ツグミが少し増えました(7羽)。声もよく聞こえるようになりました。
3.今冬は、オオタカの記録が少ないような感じです。
(スタッフK)

このほか12日は丸浜川で10時頃(野鳥病院前)と夕方(あいねすと前)でヒクイナ。
17時半頃仮設禽舎横の桜にフクロウがいました。フクロウは発見後直ぐに
UFO島方向へ飛び去りました。保護区では久々の記録。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

冬の植生管理作業中

保護区の池は街中のドブの水を水源にしています。
栄養分たっぷりなので植物の成長も著しく、水面を
覆ってしまいます。

保護区で誘致を目指している水鳥は浅く開けた水面を好む種類。
夏場は草刈りやトラクターがけで開水面確保に努めていますが、
植物の勢いは強く地下茎もはびこるので冬場は池の水を抜いて
植生管理作業を行っています。

今年は浄化池4系列と5系列(上池・下池・竹内ヶ原)で実施。
DSCN8458.jpg
DSCN8459.jpg
地面が乾いたら草を刈り(11月23日竹内ヶ原)

DSCN9768.jpg
刈った草をどけて(11月27日上池)

KIMG1395.jpg
まずはユンボで地面を掘り返します(12月12日下池)

この後踏み固めてトラクターをかけ、地下茎を
寸断します(土壌の天日干しも兼ねています)。
場合によってはユンボとトラクターがけを2回繰り返す事も。
作業が終了したら最後に水を戻して完了となります。

今年は降雨も少ないので今のところ順調に進行中。
ラベル:作業
posted by スタッフN at 14:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年12月10日

高病原性鳥インフルエンザの国内発生に伴う野鳥病院の受入停止鳥種について

野鳥病院では千葉県の方針(施設として鳥インフルエンザに対応していない
・現収容鳥保護を優先)により、2020年10月30日より当面の間以下の
水鳥・猛禽類については受け入れを停止していますが、国内での発生増加に
伴い、更に対策を強化することとなりました。ご協力をお願いいたします。

受入停止対象種
水鳥
・カモの仲間(カモ目カモ科)
・カイツブリの仲間(カイツブリ目カイツブリ科)
・カモメの仲間(チドリ目カモメ科)
・カワウ
・アオサギ
・オオバン
猛禽類
・タカの仲間(ミサゴ及びタカ目タカ科)
・フクロウの仲間(フクロウ目フクロウ科)
・ハヤブサの仲間(ハヤブサ目ハヤブサ科)

上記該当種はお持ちいただいても対応できませんので大変申し訳ありませんが、
保護現場やその近辺の茂み・水辺等へ戻していただくようお願いいたします。

上記の種以外でも、「明確な外傷が見られる」「事故状況が明確(ガラスにぶつかった等)」
な場合以外は受入を停止いたします。お持ち帰りいただく事もございますので
ご注意下さい。

この他野鳥病院見学の際は周囲に設置した消毒槽を踏み込み靴底消毒にご協力ください。

誠に申し訳ありませんがご理解の程どうぞよろしくお願いいたします。
ラベル:告知 野鳥病院
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

タゲリとヒメウ

DSCN0157.jpg
本日午前、タゲリが見られました。
常連カメラマンさんから保護区内ウラギク湿地に
降りたとの情報をいただいたので保護区内作業を
していたスタッフに連絡。3羽いたそうです。

DSCN0178.jpg
飛び去るタゲリ。午後は確認出来ず。


IMG_5179.jpg
夕方カワウコロニー内で枝にひっかかっていたのは
保護区初記録のヒメウでした。どうも落下した際に
折れた枝に翼が刺さってしまっていた模様。
RIMG0003.jpg
野鳥病院に収容したヒメウ。野鳥病院でも初記録。
左翼に裂傷と左脚もどうやら痛めている様子。
元気になると良いのですが・・・
ラベル:鳥情報 傷病鳥
posted by スタッフN at 20:30| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

保護区鳥情報12/6

2020年12月6日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、
キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
ユリカモメ
チュウヒ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
ヤマガラ、シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
42種

1.カワウの営巣が始まりました。昨年の営巣の初認は
  遅めでしたが(12/20頃)、今季は例年通りの時期です。
  尾を立てているので抱卵しているようです。
  10時半頃、2,500羽ほど海から帰ってきました。
  声を上げてディスプレイするもの、巣作りするもの、
  賑やかになりました。(カワウコロニー)
IMG_20201206_カワウ初抱卵巣_01.jpg
※カワウは水かきとお腹の間に卵を抱きますが、
 その際尾羽は画像のように垂直になるので
 抱卵しているかどうかがわかります。
2.オオタカ(若)、オオバンを食事中。(ウラギク湿地への水路出口)
3.メジロが水浴びをしていました(6系水路)。
  ヤマガラ、シジュウカラの混群(丸浜川沿い)。
4.スズガモは、先週より更に減って19羽。
(スタッフK)


DSCN8512.jpg
本日午前は巣箱観察会。丸浜川沿いの通路に設置
した巣箱の中身を確認し、掃除の後再設置していきました。

DSCN8527.jpg
今回は8個の内4個で巣がありました。内1つは
ヒナが巣立った様です。2016年に設置開始して
以来初めて巣立ちまでの利用が確認出来ました。
DSCN8542.jpg
左から巣立ち確実・1羽か2羽巣立ったかも?・途中放棄
ヒナが育ってくると動き回るのでフワフワしていた巣が
つぶれてくるとの事。糞など汚れ具合も異なります。

DSCN8555.jpg
DSCN8556.jpg
空の巣箱ではアシナガバチとヤモリが入り込んでいました。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報 行事報告
posted by スタッフN at 21:19| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

あいねすとでコミュニティバスアンケート実施中

DSCN8502.jpg
1日からお隣の福栄スポーツ広場の池で
トモエガモ(♂)1羽が見られています。本日は
午後に草刈作業に驚いてカルガモ達と飛び去って
しまったとのこと。戻ってくるでしょうか?


KIMG1384a.jpg
現在あいねすと入口入ってすぐの場所で
市川市のコミュニティバス(あいねすとルート)に
関するアンケートを実施しています。

行徳駅からあいねすと(駐車場)や福栄かもめ自治会を
結ぶ新ルート(来秋の運行実験に向けて検討中)について
の資料となります。お立ち寄りの際には是非ご協力ください。

アンケートは1月中旬まで設置予定。


ラベル:鳥情報 告知
posted by スタッフN at 21:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

12月行事予定

KIMG1372.JPG
カニルートでムラサキサギゴケが狂い咲き(11/30)


2020年12月の保護区行事予定です。

特記なければ・当日受付・定員10名・参加無料・雨天中止。

※新型コロナウィルスの状況や悪天候等により中止・変更と
 なる場合があります。
※第2日曜の新浜探鳥会は今月も中止です。

○3日(木)平日観察会 10時~12時 あいねすと前集合
 毎月第1平日木曜開催。

○6日(日)巣箱の中を見てみよう 10時~12時 管理事務所前集合・要申込
 丸浜川通路沿いに設置している巣箱を回収して中身の様子を
 確認します。シジュウカラの巣はあるでしょうか。
○13日(日)江戸前干潟研究学校 10時~13時半頃 小雨決行・荒天中止・要申込
 保護区水辺の生き物調査。前日に仕掛けておいた網を回収して
 採集された魚やエビ・カニ等を記録します。11月~3月は採集数が少なく
 なる上に外気温も下がるので関係者による自主調査となります。
 参加希望の方はあらかじめご連絡下さい。
 持物:帽子・長靴・軍手・飲料・筆記用具 

○26日(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃 管理事務所前集合
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。

 夕暮れ観察会 16時~18時 あいねすと横広場集合
  日没前後の保護区を歩きます。雲がなければ星空観察も。
  防寒対策はしっかりと。懐中電灯があると便利です。

○定例園内観察会 日曜日・祝日13時半~14時半 あいねすと横広場集合
 ※11月から受付方法が変更となっています。
 13時~集合場所にて整理券配布開始。
 13時20分受付開始。定員埋まり次第出発

○みどりの国 土日祝日 9時半~15時半(入場は15時まで)
 保護区外周部の一画、行徳高校側の緑地を週末に開放しています。
 11月~2月は閉場が通常より早くなっています。
 ※ブロック塀改修工事(下記参照)期間中は安全のため管理通路(舗装路)
 は通行不可となります。原則林内の観察路のみをご利用いただく形と
 なるのでご注意下さい。

・行事等問合せ・申し込み
行徳保護区管理事務所 047-397-9046(FAX兼用)
行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp


○その他お知らせ
・新野鳥観察舎(あいねすと)は9時~17時開館・入館無料・月曜と年末年始休館
 電話047‐702‐8045
 新型コロナウィルス対応として、館内利用者が多い場合は入場制限と
 なることがあります。また小学校等団体利用時も一時的に入館制限される
 場合があるのでご注意ください。
 また現在屋上への太陽光パネル設置工事のため1階中庭(ライトコート)は
 利用不能となっています。

 事前にご確認ください。

・保護区外周部のブロック塀改修工事は順調に進行中。終了は来年3月予定。
 既存のブロック塀・万年塀を撤去し、新たにパネルフェンスを設置します。
 工事期間中はご不便をおかけしますがどうぞご協力をお願いいたします。
 DSCN8433.jpg
 国道357号側は既に半分以上新フェンスが出来ています。
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 18:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする