2020年11月07日

保護区鳥情報11/7

2020年11月7日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
ヒクイナ、バン、オオバン
イソシギ
ミサゴ、ツミ、ノスリ
カワセミ
モズ
カケス、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ツグミ、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ、ウソ
アオジ、オオジュリン
44種

1.今日は44種と種数がどんどん増えてます。アオジの声が賑やかです。
  ツグミ、ベニマシコ(ウラギクカニルート、北池)、ウソ(竹内ヶ原)。
2.スズガモは46羽でした。例年、10月下旬から11月初旬はスズガモの
  個体数のピークが来るのですが、今年は過去最小レベルです。
  年度によってバラつくことはあるものの、多いときは1000羽を越える
  年もあります。昨年度は700羽ほどでした。その他のカモ類も、種数は
  増えたものの個体数は少な目です。
3.先月に現れたカケス、まだ保護区に滞在中のようです。過去に保護区
  で越冬した例もあります。今季はどうなるでしょうか。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:54| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする