2020年02月09日

保護区鳥情報2/9

2020年2月9日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
シロハラ、アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ルリビタキ、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
ドバト
43種

1.晴れましたが、北風強くかなり寒い日でした。
  そのためか小鳥類は少な目でした。
2.カワウの繁殖は拡大中。計600巣弱になりました。カワウコロニーのある
  周辺緑地では、千鳥水門から数10mのところに巣がかかりました。今まで
  巣のかかったことのない場所です。年々、巣を懸ける木が少なくなっている
  ので仕方のないことなのでしょう。一方、人口巣台には計24巣。特に新型の
  赤い人工巣台は人気で5巣も懸かっており、さらに2羽がディスプレイしています。
  色々なタイプの人工巣台が設置されてきましたが、これは良いんじゃないでしょうか。
3.少数派のルリビタキ(雌)。
(スタッフ)

DSCN5775.jpg
直線ルートの竹のトンネル付近で見られたルリビタキ(8日)
足環付きで、保護区内の標識調査で昨年11月末に新規捕獲、
1月上旬に再捕獲された個体と思われます。越冬している模様。
(撮影:スタッフYM)

DSCN5905.jpg
8日夕方、丸浜川でカワセミが魚をくわえていました。

DSCN5903.jpg
思われるコサギの死体が緑の国林内にありました(8日)

DSCN5895.jpg
鴨場北池外周の土手でフキノトウが出ていました(8日)
(スタッフN)


ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:38| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする