2020年01月29日

通路一時通行止めのお知らせ

新施設建設工事に伴い、下記期間丸浜川沿いの通路が通行止めとなります。
白鷺公園から野鳥病院の区間は通り抜け出来ないのでご注意ください。

○1月29日(水)8時15分~17時
○2月7日(金)8時15分~17時
※悪天候の場合延期になる場合があります。

KIMG0739.jpg
ラベル:告知
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 利用案内 | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

1/25行事報告

25日、午前は三菱電機さんによる保護区作業。
DSCN5820.jpg

今回は保護区外周部管理通路の手入れ。
舗装路に溜まった落ち葉や台風等で落下した枝を
林内へ掃き集めてもらいました。
DSCN5811.jpg
DSCN5804.jpg
路上に伸びてきた枝も整理。投げ入れられて
しまったゴミも回収してもらいました。
DSCN5812.jpg
作業後。

午後のボランティアデーも続きの作業。
おかげさまで区間の3/4ほどが終了しました。

溜まった落ち葉が朽ちて土となり、草が生えてきたり
舗装の隙間から木や蔓が伸びて来るので定期的にやら
なくてはいけないのですが、普段の人手ではなかなか
取りかかれないのでとても助かりました。
ありがとうございます。
(スタッフN)



夕暮れ観察会 フユシャクが舞う宵

●穏やかな薄曇り。序盤は水鳥たちがコンスタントに登場した。
 コガモ、オオバン、コサギ、スズガモ、カンムリカイツブリ。
 カワセミが腰の青を輝かせて飛んできて、枝に止まってくれた。
●北池では、葦原の猛禽、チュウヒが飛んだ。なかなか高く上がって
 くれず、背後の住宅と夕闇に紛れて見ずらかったのが少し残念。
●日が暮れた観察路で、ガが舞っている。冬に活動するフユシャクの仲間。
 場所によっては10頭近くが集まっている。ちょうど発生時期にあたった
 のか、こんなことは初めて、と「蛾伯」ことF氏も興奮気味だった。

次回は2月22日(土)午後4時30分、管理事務所前集合です。
集合時間が30分遅くなりますのでご注意ください。(担当D)

ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

保護区鳥情報1/25

2020年1月25日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ
ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
ドバト
37種

1.風少なく時々日の差す曇り空でした。この時期にしては
  寒さ緩やかでした。鳥は全般的に少ない感じでした。
2.カワウコロニーの巣は先週のほぼ2倍の280巣ほど。人工巣台
  にも14巣かかっています。巣材を運ぶカワウの姿が目立ちます。
  午前中とはいえカワウは全部で650羽ほど。最近徐々に増えて
  いますが、この時期としては少ないです。
3.ホシハジロ27羽の群。(南極島付近海上)
4.今日の猛禽はノスリしか記録できませんでしたが、オオバンや
  スズガモの食べられた跡が見られました。
(スタッフK)

DSCN5818.jpg
25日正午、ノスリが飛び去った後に散乱していた食痕(浜通り)

21日にセイタカシギの鳴き声がしたとの事。
本日は欠真間三角でベニマシコ(♀)が3羽いたそうです。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:29| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

いちかわエコギャラリー

明日から始まるいちかわエコギャラリーの搬入をしてきました。

DSCN5783.jpg
DSCN5781.jpg

市川市内の環境関連団体の活動紹介パネル展示です。
お近くにお越しの際はどうぞご覧ください。

いちかわエコギャラリー
期間:1月23日(木)~2月4日(火)
会場:メディアパーク市川 1階ロビー
時間:10:00~19:30(土日は18時まで)
入場無料・月曜休館
※開館時間と休館日は中央図書館の開館に準じます
ラベル:告知
posted by スタッフN at 19:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

保護区の海苔

保護区内ではここ数年海苔(養殖由来のスサビノリ)が自然発生しています。

養殖の海苔網は種を付けた網を張って生長させていきますが、保護区では
ただ網を張っておくだけで天然の海苔が付着して生長していきます。

現在築山前に設置している網に今シーズンも無事海苔が育っている
と調査を担当している福田武司さん(福田海苔店)から報告を頂きました。
DSC_0366_20200113151550.jpg
DSC_0368_20200113151547.jpg
1月13日撮影(緑色は別の藻類)

実は昨年12月上旬時点で同様に生育していたのですが、
その一週間後には残念ながら消失していました(理由は不明)。
水温が高いと上手くいかないそうですが、今回のが順調に
行けば2月初旬に摘み取りできそうとの事。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 17:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

保護区鳥情報1/11

2020年1月11日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、コサギ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ
ベニマシコ、シメ
アオジ、オオジュリン
ドバト
44種

1.カワウの巣が39巣と急に増えました。コロニーには300羽ほどとまだまだ
  少ないもののディスプレイの声は対岸にもよく聞こえてきました。巣材の
  木の枝などを集める姿も見られるようになりました(長靴池海側松林)。
2.冬のこの時期にムクドリの大群(100羽以上)はめずらしい。
(スタッフK)

本日午後にはズグロカモメがおよそ一週間ぶりに導流堤で見られました。
7日、保護区内の標識調査でルリビタキが再捕獲(昨年11月末に標識した個体)
されました。越冬していると思われます。
キクイタダキは9日に虫調査班が保護区で確認している模様。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 16:52| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

ズグロカモメ

DSCN5714.jpg
本日午後、導流堤にズグロカモメ1羽がやって来ていました。
観察していた方によると割と大きめのカニ(たぶんヤマトオサガニ)
を捕まえて食べていたそうです。

DSCN5715.jpg
保護区では珍しいズグロカモメ、よく似たユリカモメ達
とはいつも微妙に離れていますが、今日はちょっと離れすぎ?
(矢印がズグロ、黄色い楕円がユリカモメ)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 15:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

1月行事案内

2020年1月の行事予定です。
寒い時期です。防寒対策をしっかりと。

観察舎新設工事に伴い工事車両の出入りが増えています。通行にはご注意ください。
特記なければ管理事務所前集合・当日受付・参加無料・雨天中止
いずれも小学生以下は要保護者同伴。
※敷地内に飲料自販機はありません。飲料はご持参ください。

・9日(木)平日観察会 10時~12時 
 毎月第1平日木曜開催。
 ※植物の名札付けも同時に行います。

・10日(土)友の会カウント 10時~昼 保護区入口扉前集合・要申込
 年3回実施している友の会の保護区鳥類カウント調査。
 参加希望の方は事前にご連絡ください。

・12日(日)定例新浜探鳥会 9時45分 行徳駅駅前広場集合
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催
 参加費200円(18歳未満無料) 雨天決行 要昼食
 保護区に直接向かうショートコース(解散13時半頃)と江戸川放水路経由の
 ロングコース(解散15時半頃、別途バス代400円)があります。解散はいずれも
 観察舎跡地付近。※天候状況によっては1コースのみとなる場合もあります。
 詳細は日本野鳥の会東京のサイトにて。

・13日(月・祝)江戸前干潟研究学校 10時~13時頃 小雨決行・要申込
 前日に設置しておいた網を回収して水生生物を調べます。採集量が少ない
 時期のため現場で記録していきます。
 持物:軍手・長靴(貸出用あり)・筆記用具・飲料
 ※冬季(3月まで)はスタッフ中心の自主調査となります。参加希望の方は
 事前にご連絡ください。

・25日(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
  持物:汚れてもよい服装・軍手・長靴(あれば)・帽子・飲料
 夕暮れ観察会 16時~18時
  日没前後の保護区を歩きます。10月から1月までは30分早くなります。ご注意を。

定例園内観察会 毎週日曜日・祝日 13時半~15時半

緑の国 土日祝日 9時半~15時半(最終入場は閉園30分前まで)
 ※11~2月は閉園が1時間早まっています。
 保護区外周の一画、行徳高校・塩浜学園側の緑地帯を週末・祝日に開放
 しています。入場無料。※台風通過等荒天時は休園する場合があります。


○1/23(木)~2/4(火)いちかわエコギャラリー メディアパーク市川1階エントランス広場
 市川市主催の市内環境活動団体ポスター展示に参加します。
 開館時間・休館日は同所の市川市中央図書館と同じです。


問合せ・申込
(旧行徳野鳥観察舎)管理事務所 047-397-9046(電話・FAX)
行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 13:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

保護区鳥情報1/3

2020年1月3日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ツミ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
シロハラ、アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、タヒバリ
ベニマシコ、シメ
アオジ、オオジュリン
ドバト
50種

1.風なく暖かな午前中でした。種数は50種と多くなりました。
2.この時期、例年でしたらカウントのたいへんなカワウもスズガモ
  も100羽以下でした。カワウの巣は、対岸から確認できたのは2巣。
  カワウコロニーのユニディ側にも巣造りしている姿が見られました。
3.エナガ8羽はメジロと混群。(保護区入口付近)
4.ムクドリ18羽の群を追う、ツミ雄の姿が見られました。(新浄化池)
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 17:48| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

謹賀新年

DSCN5710.jpg
明けましておめでとうございます。
2020年、いよいよ新施設開館の年となります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の初日の出は雲に覆われ、太陽本体は7時半過ぎに
ようやくお出ましでした。


新年は1月4日(土)から緑の国など通常通りの営業となります。
定例園内観察会は5日(日)から。野鳥病院は年中無休です。
posted by スタッフN at 07:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする