2019年12月28日

保護区鳥情報12/28

2019年12月28日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ、コガモ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、チュウヒ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ベニマシコ、シメ
アオジ、オオジュリン
42種

1.カワウは人工巣台からユニディ側はほとんどいません。
  人工巣台より緑の国側に集まっています。今日は350羽
  ほど数えましたがディスプレイしている個体は5羽ほど。
  例年のこの時期と比べると異例の静けさです。みんな、
  きれいな白髪鵜になっているんですけれど。
  巣上で交尾している姿が見られました。
2.スズガモはさらに減少、50羽ほど。キンクロハジロ、
  ホシハジロは今週も記録されず。
  その他のカモ類、夜になっても保護区にあまり入ってない
  様子とのこと。
3.ウミアイサ、雄2、雌3。
4.カイツブリのさえずりが北池で聞こえました。
(スタッフK)

DSCN3510.jpg
繁殖羽のカワウたち(27日)


夕暮れ観察会(12月28日) ミサゴと明星

●群青の空に一羽のミサゴが舞っている。滑空したり、はばたいたり、
 翼をすぼませたりしながら、頭上を静かに流れていく。
●西の空に金星が輝きだした。右下に細い月。
●小鳥たちがどんどん木の実を食べる季節。一羽のムクドリが残った
 センダンを食べていた。橙色のタチバナモドキはまだ残っていて、
 残照の中で燃えるように浮かび上がっている。
●ミサゴの他にハイタカ、オオタカ、種類不明の猛禽類(2~3羽)も飛んだ。
●カモ類は少なめ。千水門付近でオカヨシガモ、下池ではコガモの小群が
 笛のような声を残して飛び立ったのが素敵だった。

次回は1月25日。午後4時、管理事務所前集合です。
ねぐら入り前の猛禽類や小鳥などに期待。(担当D))
ラベル:鳥情報 行事報告
posted by スタッフN at 19:17| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

年末年始案内

年末年始の予定です。

12月28日(土)が年内最終日。ボランティアデー(13時~15時半頃)は
脱穀作業をやる予定です。夕暮れ観察会(16時~18時)は開催いたします。

○緑の国
年内は28日(土)が最終開園日。29日(日)と1月1日(水)は休園です。
新年は1月4日(土)から通常通り。

○定例園内観察会
12月29日(日)と1月1日(水)は休止。新年は1月5日(日)から再開。

○野鳥病院
年中無休です。

○元日
丸浜川沿いの通路から初日の出をご覧いただけます。見えるのは
旧観察舎前から緑の国入口手前の水門付近の区間。市川市の初日の出
(塩浜護岸付近)は6時49分頃ですが、保護区では湾岸の倉庫群の上から
昇るため旧観察舎前付近で6時59分前後に日の出となります。
DSCN4332.jpg
2018年元日の初日の出。旧観察舎前付近では三菱電機の
看板の隙間から上がります。

6時40分 旧観察舎前受付・集合 参加費200円(18歳未満無料)
導流堤上から初日の出(※)を見た後、早朝の保護区を歩きます。解散9時頃。
好天ならタカや富士山の姿が期待できます。霜・草露で足元が濡れ
ますのでご注意ください。
※堤防の上から初日の出を観察できるのはこの探鳥会参加者のみです。
(一般の方は通路側からのみ)

元日早朝の駐車場は満車となる可能性が高いのでご注意ください。


○平日観察会
1月は第2週の9日(木)開催です。
ラベル:行事予定 告知
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

捨てられていたのは・・・

年末という事で丸浜川沿いのゴミ拾いを行いました。
DSCN5658.jpg

目立つのは菓子等のプラ包装やレジ袋、タバコに
ビン、缶。今回はありませんでしたがビニル袋に
入った犬の糞も常連です。
KIMG0706.jpg
タバコの吸い殻
KIMG0707.jpg
飲料缶とタバコのパッケージ

ゴミ袋3,4つ分ほどを回収しましたが今回は
こんなものも。
KIMG0708.jpg
DSCN5678.jpg
DSCN5679.jpg
鉢ごとビニル袋で捨てられていたサボテン(合計3つ)

「自然に還るからいいだろう」とでも思うのでしょうか、
ちょくちょくプランターや鉢植えの中身が投げ入れられて
います(多くの場合プランターそのものも)。

花ゲリラにも困ったものですが、こういった形で
意図せざる外来種・園芸種が定着してしまう事も
あるので止めていただきたいものです。
ラベル:近況 作業
posted by スタッフN at 15:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

保護区鳥情報12/21

2019年12月21日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、コガモ、スズガモ、ウミアイサ
カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、チュウヒ、ツミ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ、シメ
カシラダカ、アオジ、オオジュリン
44種

1.カワウの営巣2巣。繁殖期が始まりました。他にディスプレイしている
  個体が数羽。しかしコロニー全体では150羽ほどしかおらず、この時期
  としては閑散とした感じです。
2.カモ類はさらに減少。スズガモは90羽ほど、キンクロハジロ、ホシハジロ
  は記録されず。
3.カシラダカ(新浄化池)。
4.ツグミが増えた感じです。
(スタッフK)

DSCN2706.jpg
シメ(21日)

DSCN2673.jpg
下北岬でちょくちょくウミウの若鳥が見られています(20日)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 16:47| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

CCC2019終了

15日、カワウ調査イベントCCC2019が行われました。

ここ最近保護区のカワウは数が少なく、今回は調査参加者も
少なめだったのもあり早朝調査ではこれといった動きは掴めませんでした。
DSCN5580.jpg
旧江戸川、篠崎水門付近にいた群れ

DSCN5593.jpg
DSCN5640.jpg

DSCN5599.jpg
講演会はバードリサーチ加藤ななえさんによる
「カワウの生態と管理」、日本大学大学院の
犬丸瑞枝さんによる「鳥類の血液に潜むマラリア」
の2本立て。

今回参加した皆さんお疲れさまでした。
実行委員会を担当した農工大と日獣大の学生さんたちは
意欲を見せていたので来年も開催されることでしょう。


16日、江戸前干潟研究学校は冬季の自主調査。
寒くなったので採れた量も種類も少なめでしたが、
長靴池(淡水池)でボラが1匹。どのタイミングで
上がってきたのでしょうか。
KIMG0692.jpg

次回調査は1月13日(月・祝)予定。普段と違い
事前申込制です。どうぞよろしく。

ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 17:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

保護区鳥情報12/14

2019年12月14日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ツミ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ヒレンジャク
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ
アオジ、オオジュリン
ドバト
43種

1.カワウのディスプレイが始まりました。樹上で羽をパタパタさせて、
  グルルルル…と声が対岸まで聞こえてきます。
2.ツミ雄(先々週も北池で確認されてます)、オオタカ若鳥、ノスリは2羽。
3.ヒレンジャク2羽。
4.カモ類はさらに少なくなりました。スズガモは130羽ほど、キンクロハジロ4羽、
  ホシハジロ2羽。他のカモ類も数羽づつといったところです。
(スタッフK)

DSCN2418.jpg
ヒレンジャク(撮影スタッフYM)
午前中通路の白鷺公園近くで見られたとのこと。
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:53| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

近況12月第2週

丸浜川のミコアイサは11日以降見られなくなりました。

保護区内ではメジロに混じってキクイタダキが先月末から
滞在しています。
DSCN2271.jpg
(11日撮影)

DSCN5501.jpg
繁殖羽のカワウ(12日撮影)
DSCN5501t.jpg
成鳥の目はエメラルドグリーン。繁殖羽は通常の
黒い羽根の間から糸状の白い羽根が出て色が変わります。
擦れたり抜け落ちていくようで繁殖期中に頭部は黒く
戻っていきます。頭部と比べると太もも付近の白は
長く残っています。

現在保護区内にカワウが非常に少ないです。
600羽いかないくらいでしょうか。繁殖場所を
求めて分散するのか例年は11月頃に数が激減する
時期があるのですが、今年は遅いようです。

DSCN2245.jpg
DSCN2247.jpg
DSCN2248.jpg
野鳥病院のミゾゴイ。給餌の度に羽根を膨らませて
威嚇してきます。(11日撮影)

残念ながら野鳥病院収容中のアカショウビンは11日お亡くなり。


posted by スタッフN at 16:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

すずがも通信239号に誤記

行徳野鳥観察舎友の会会報のすずがも通信2019年12月号(第239号)に
誤記がありました。前号に続き申し訳ありません。

8ページ(裏表紙)定例イベント案内の平日観察会
誤:2020年1月6日、2月6日
正:2020年1月9日、2月6日

2ページ イベント予定
誤:初日の出と取り始めを楽しむ+Young探鳥会
正:初日の出と鳥初めを楽しむ+Young探鳥会




ラベル:告知
posted by スタッフN at 10:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

サギの標識個体情報

行徳野鳥観察舎友の会は千葉県下のサギについてねぐらやコロニー
の調査を行っています。その内の館山市内と行徳保護区のコロニー
では幼鳥を捕獲してカラーリングを付けて移動状況も調べています。

調査担当のスタッフYMが最近のリング観察情報をまとめたので掲載。

--------------------------------------
まずは今年行徳で標識を付けたものから。
2019年は5月28日~6月25日にかけてダイサギ39羽(うちカラーリング28羽)
・アオサギ7羽(うちカラーリング4羽)に標識を付けています。
カラーマークは青で「00H」~「32H」となっています(「09H」は欠番)。

そのうち
ダイサギ16羽:「00H」「01H」「05H」「08H」「11H」「13H」「15H」「16H」
       「17H」「25H」「26H」「27H」「29H」「30H」「31H」「32H」
アオサギ2羽:「06H」「19H」
についてはその後無事に巣立ったのを保護区内で観察しています。
それ以降さらに情報があったものは

■ダイサギ青「01H」:2019年5月28日標識
→6月30日・7月3日・7月6日に行徳保護区内で観察
→7月15日に習志野市谷津干潟で観察・撮影

■ダイサギ青「08H」:2019年5月28日標識
→7月27日・8月28日に行徳保護区内で観察
→10月14日に保護区内で死体発見(オオタカに捕食されたもよう)

■ダイサギ青「25H」:2019年6月18日標識
→8月~9月にかけて行徳保護区内で頻繁に観察
→10月18日に保護区内で死体発見(オオタカに捕食されていた)
DSCN8035.jpg
ダイサギ青25H(2019年9月17日)
DSCN8887.jpg
DSCN8888.jpg
2019年10月18日発見時

■ダイサギ青「27H」:2019年6月18日標識
→8月2日・10日に行徳保護区内で観察
→8月11日に東京都江戸川区葛西臨海公園鳥類園の上の池で観察・撮影

■ダイサギ青「31H」:2019年6月25日標識・7月5日カラーマーク付け
→8月7日に行徳保護区内で観察
→11月20日に台湾・屏東県港里郷で漁師に捕獲される

■ダイサギ青「32H」:2019年6月25日標識・7月5日カラーマーク付け
→8月~9月に行徳保護区内で何度か観察。
→10月9日に保護区内で死体発見。脚と翼を骨折していたとのこと。

2010年以来久々に海外からの記録がありました!
今回で3回目です(フィリピン1回、台湾2回)。行徳放鳥では初になります。
海外の記録は全てダイサギです。

また、残念ながら3羽の死亡が確認されています。保護区には毎冬オオタカが
越冬に来ますが今年の個体は狩りが上手いのかも・・・
「32H」については電線事故等の可能性もあります。

次は昨年以前に標識をしたものの情報です。

■アオサギ青「00C」:2014年5月17日に行徳にて標識
→2017年7月29日に習志野市谷津干潟にて観察。
→2019年8月11日に習志野市谷津干潟にて観察。

■アオサギ青「02C」:2014年5月17日に行徳にて標識
→2015年12月30日に行徳保護区内で観察
→2018年6月26日に行徳保護区内で再度観察
→以降保護区に常駐しているようで主にカワウコロニー内で
 何度も観察されており、最近では12月3日にも見られています。

上記2羽は5年越えの長期の記録となってきました。「02C」はコロニーのどこかで
営巣しているのでしょうか。「00C」も繁殖期には帰ってきているかもしれません。

■コサギ黄「53F」:2017年6月15日館山市正木コロニーにて標識。
→2018年5月16日に東京都大田区南六郷・多摩川河口で観察
→2019年8月26日に東京都江東区新木場4丁目で観察
南六郷と新木場は15㎞程。中間に近い場所に第六台場があるのでそこで繁殖しているかも?

■ダイサギ白「04G」:2018年5月29日に行徳にて標識。
→2018年7月15日に行徳保護区内で観察
→2019年2月7日東京都板橋区赤塚・赤塚植物園で観察
→3月2日東京都練馬区光が丘公園で観察
→その後4月13日まで石神井川や光が丘公園で断続的に観察。
→4月21日に谷津干潟で観察されて5月4日には再び光が丘公園で観察。
→7月29日・30日・8月1日に埼玉県川越市の伊佐沼で観察
伊佐沼は光が丘公園の北北西約20㎞程の場所になります。
その後の情報はありませんがまた練馬に戻ったのでしょうか。
ちなみに伊佐沼は以前館山標識のコサギが見られたこともありました(2016年)。

■ダイサギ白「10G」:2018年5月29日に行徳にて標識
→2018年7月8日に行徳保護区内で観察
→2019年6月12日・7月3日に行徳保護区内で観察
昨年生まれのダイサギが帰ってきていました。

以上です。
皆さんの身近なところにも実は来ているのかもしれません。普段から
見慣れている鳥かもしれませんが、見かけたらちょっと足の所を気に
してみてください。

もし見かけましたら是非情報をお願いいたします。
(スタッフYM)

ラベル:鳥情報 調査
posted by スタッフN at 19:53| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

保護区鳥情報12/8

2019年12月8日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシブトガラス
キクイタダキ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
アカハラ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ、シメ
アオジ、オオジュリン
ドバト
44種

1.ミコアイサ1羽。野鳥病院前の丸浜川にいました。ここ数日同じ場所で
  見られているようです。ハシビロガモ、コガモ等と一緒に行動してました。
2.キクイタダキ、少なくとも2羽はいる様子でした。先週と同じくシジュウカラ、
  メジロと混群です。(旧淡水池西側の松林)
3.もう12月ですが、カワウのディスプレイを確認していません。今季は繁殖開始
  が遅くなりそうです。
4.スズガモは200羽ほどで安定しています。今年はキンクロハジロがとても少なく
  10羽ほどです。淡水ガモは種類、数ともに少ないです。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:39| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

近況12月上旬

DSCN1756.jpg
1日、標識調査でオオコノハズクが捕獲されました。
保護区での記録は2011年以来久しぶり。

DSCN2017.jpg
6日、7日と丸浜川でミコアイサが見られています。
丸浜川に入っているのは珍しいです。

DSCN1772.jpg
違法飼育押収個体の一時預かりで野鳥病院にメジロ11羽が入所。
元からいた1羽と一緒にカヤ内での一コマ。これぞ目白押し。
4日に警察立ち合いのもと無事放鳥しています。

PC070002.jpg
新施設建設工事は現場が囲いで覆われました(7日撮影)。
当面は地盤改良が進められるとのこと。建物の
建設は3月くらいからになる見込み。

ラベル:近況 鳥情報
posted by スタッフN at 10:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

12月行事案内

2019年12月の行事予定です。
寒い時期です。防寒対策をしっかりと。

観察舎新設工事に伴い工事車両の出入りが増えます。通行にはご注意ください。
また、駐車場の利用可能台数が大幅に減る(5,6台程度。職員も利用します)
ため(12月6日追記:1月いっぱいは今まで通り使えるようです)
なるべく公共交通機関をご利用ください。

特記なければ管理事務所前集合・当日受付・参加無料・雨天中止
いずれも小学生以下は要保護者同伴。
※敷地内に飲料自販機はありません。飲料はご持参ください。

・5日(木)平日観察会 10時~12時 
 毎月第1平日木曜開催。
 ※植物の名札付けも同時に行います。

・8日(日)定例新浜探鳥会 9時45分 行徳駅駅前広場集合
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催
 参加費200円(18歳未満無料) 雨天決行 要昼食
 保護区に直接向かうショートコース(解散13時半頃)と江戸川放水路経由の
 ロングコース(解散15時半頃、別途バス代400円)があります。解散はいずれも
 観察舎跡地付近。※天候状況によっては1コースのみとなる場合もあります。
 詳細は日本野鳥の会東京のサイトにて。

・15日(日)CCC2019 6時半~20時 要申込(12/8締切)
 保護区のカワウ調査を中心としたイベント。講演会のみ当日参加OK。
 6時半~9時早朝採餌場所調査(保護区・周辺河川)
 14時~16時講演会 会場:福栄連合自治会館
 18時~20時クリスマス会(打ち上げ) 会場:行徳駅前公園研修室
  参加費1000円(当日徴収)とプレゼント(500円程度)

・16日(月)江戸前干潟研究学校 10時~13時頃 小雨決行・要申込
 前日に設置しておいた網を回収して水生生物を調べて記録していきます。
 持物:軍手・長靴(貸出用あり)・筆記用具・飲料
 ※冬季(3月まで)はスタッフ中心の自主調査となります。参加希望の方は
 事前にご連絡ください。

・28日(土・祝)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
  持物:汚れてもよい服装・軍手・長靴(あれば)・帽子・飲料
 夕暮れ観察会 16時~18時
  日没前後の保護区を歩きます。10月から1月までは30分早くなります。ご注意を。

定例園内観察会 毎週日曜日・祝日 13時半~15時半
 ※12/29、1/1はお休みです。
緑の国 土日祝日 9時半~15時半(最終入場は閉園30分前まで)
 ※11~2月は閉園が1時間早まります。
 保護区外周の一画、行徳高校・塩浜学園側の緑地帯を週末・祝日に開放
 しています。入場無料。※台風通過等荒天時は休園する場合があります。
 ※12/28~1/3はお休みです。

問合せ・申込
(旧行徳野鳥観察舎)管理事務所 047-397-9046(電話・FAX)
行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp
ラベル:行事案内
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする