2019年11月17日

保護区鳥情報11/17

2019年11月17日の保護区鳥類調査の結果です。

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ
チョウゲンボウ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ
アオジ、オオジュリン
45種

1.猛禽類が多いですね。ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイタカ、オオタカ、
  ノスリ、チョウゲンボウと7種記録しました。築山前のカワウコロニー
  からオオタカ若が飛び出してきてアオサギに接近、周りのスズガモ達に
  緊張が走りましたが、ハシブトガラス10羽以上の群に追われて北池の方
  へ飛び去る一幕もありました。
2.スズガモは少々減って370羽。キンクロハジロ、ホシハジロも減ってます。
3.ハジロカイツブリ(6羽)、ウミアイサ(6羽)も見られるようになりました。
(スタッフK)

DSCN0626.jpg
ノスリ

DSCN0619.jpg
チュウヒ
(いずれも17日。スタッフYM撮影)

本日のカツオドリは16時25分頃帰還との事。保護区に出現して一週間となりました。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 22:08| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする