2019年08月31日

保護区鳥情報

2019年8月31日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
セイタカシギ、イソシギ
ミサゴ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
オオヨシキリ
ムクドリ、コムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
23種

1.カルガモの若鳥は3家族とも健在。一番大きな若鳥2羽(田の字池)、
  中くらいの若鳥2羽(新浄化池)、小さめの若鳥7羽(長靴池)。
2.コムクドリ少なくとも6羽の群、アカメガシワの実を食べている
  様子でした。(湊池棚田)
3.セイタカシギ若鳥1羽。(下北岬)
(スタッフK)

午後、保護区北の釜にてカワセミ。
夕方には保護区入口付近にてキビタキがいた模様。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 22:24| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

保護区鳥情報8/25+週末行事報告

2019年8月25日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
アオアシシギ、イソシギ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
16種

1.カルガモの若鳥は先週と同じ場所にいました。新浄化池の若鳥2羽は健在。
  田の字池の若鳥は7羽と先週より1羽減った様子。
2.スズメも先週と同じく上池のケイヌビエ群落に120羽以上とたくさん
  群れていました。
3.アオアシシギ1羽。(ウラギク湿地)今季初かな?
(スタッフK)

アオアシシギは8月16日に2羽観察されていました。

DSCN4503.jpg
カルガモ若鳥2羽(水面)(水車池・24日)

DSCN4495.jpg
上池でケイヌビエを食べるスズメ(24日)


本日のフィールドミュージアムのテーマは「カニ」
暑い中23名の一般参加者で保護区のカニを探しました。
KIMG0490.jpg
KIMG0496.jpg

午後は採集したカニの確認。
DSCN4528.jpg
DSCN4526.jpg
DSCN4543.jpg
20種ほど生息している保護区のカニの内、12種
が確認できました。1時間半ほどでこれだけ見つかる
のは保護区の多様な生息環境のなせるものでしょう。
(タイワンガザミのみ定置網での採集)
(スタッフN)





ラベル:鳥情報 行事報告
posted by スタッフN at 20:56| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

夕暮れ観察会8/24

夕暮れ観察会(8月24日)

●前回に続き、初めての方から常連さんまで多彩な
 顔触れが参加してくださった。

●今年の観察路にはカニが多い。ゾロゾロ、ワサワサ、シャカシャカ、どっさり。
 子どもたちもママも夢中。巨大なクロベンケイガニも。いつもは少ない赤い
 ベンケイガニもあちこちに。

●棚田(浄化池)には爽やかな夕風が吹きわたっていた。ツバメやギンヤンマが
 風を切るように飛んでいる。シラサギの小群が舞いあがり、そのうち2羽が
 近くの木にとまった。チュウサギとコサギ。ツーショットで望遠鏡に入った。

●はびこっている外来種ナガエツルノゲイトウに、シロオビノメイガの幼虫が
 ついていた。成虫は小型ながら美しい。ガガイモの薄紅色の花で吸蜜していた。
 木の葉とそっくりなアケビコノハも見られた。

次回は9月28日(土)午後4時30分、管理事務所前集合です。
の宵、虫たちの大合唱をお楽しみに(担当D)


ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 23:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

週末行事案内

DSCN6813.jpg
本日夕方大きな虹が出ていました。

さて、今週末の行事情報です。いずれも当日受付・管理事務所前集合
○8月24日(土)第4土曜行事
・ボランティアデー 13時~15時半頃 雨天中止
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 今月は海岸部のゴミ拾いか田んぼの草取りを予定。
 汚れたり濡れても良い服装・帽子・タオル・飲料、あれば軍手・長靴

・夕暮れ観察会 16時半~18時半 雨天中止
 日没前後の保護区を歩きます。鳴く虫たちがだいぶ増えてきました。
 一足早く秋の気分を味わってみましょう。

○8月25日(日)
・フィールドミュージアム「カニカニ大行進」 10時~14時半頃
 参加費50円 小雨決行
 保護区に生息する様々なカニを捕まえて観察してみましょう。昨年は
 12種出現しました。(※保護区全体では約20種生息しています)
 持物:軍手・長靴・帽子・飲料・昼食 あれば手網・虫かご等
 (※採集した生物はお持ち帰りできません。終了後保護区に戻します)

・定例園内観察会 13時半~15時半
 毎週日曜・祝日開催。天候状況・気温により短縮して開催となる場合があります。

○緑の国 毎週土曜・日曜・祝日開園 9:30~16:30(入場は16:00まで)
 保護区外周部の一画、行徳高校・塩浜学園沿いの緑地を開放しています。

問合せ:管理事務所 047-397-9046
ラベル:行事案内
posted by スタッフN at 19:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

8/21グンカンドリ

昨日16時頃、保護区上空をグンカンドリが飛んでいました。
RIMG6212s.jpg
カラスに追われるグンカンドリ幼鳥。オオグンカンドリ?

北東方向へ飛び去ったとの事。
この他21日には通路沿いでサンコウチョウ、
保護区内でサシバ2羽が観察されています。
IMG_4419.jpg
サシバ。

DSCN6682.jpg
左からチュウサギ・ダイサギ・アマサギ

DSCN6601.jpg
ホシハジロ。越夏の個体でしょうか。


ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 09:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

保護区鳥情報8/19

2019年8月19日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
セイタカシギ、イソシギ
ミサゴ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ドバト
23種

1.カルガモ、若鳥(ほぼ成鳥大)2羽:旧淡水池
  若(中くらいの大きさ)2羽:新浄化池
  若(小さめ)8羽:田の字池
  保護区内で最低でも3家族のカルガモが繁殖した模様。
2.上池のケイヌビエ群落に若鳥をたくさん含む70羽以上の
  スズメが群れて実を食べている様子でした。
3.セイタカシギ若1羽。(下北岬)
4.オオヨシキリ3羽。少なくとも一羽は成鳥、時折ゲゲッと
  鳴いていました。残りの若鳥、成鳥の後について飛んで
  いきました。(下池)
(スタッフK)

DSCN6458.jpg
若鳥2羽連れのカルガモ(16日)
現在水車が停止中の4系列の水車池でよく
見かけます。

DSCN6464.jpg
セイタカシギは17日から出ています。


ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:58| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

8/17夜の生き物観察会

日が暮れてもやや汗ばむ熱気の残る中無事終了しました。

今回は強風を避け樹林帯にライトトラップを設置。
DSCN4376.jpg
例年と比べると種数がかなり少なかった中、とにかく
多かったのはアブラゼミ。シーツや枝にびっちりと
集まっており、ライトに反応して飛び回るため人にも
バシバシ当たっていました。
DSCN4359.jpg

DSCN4367.jpg
コクワガタは複数いたようです。

DSCN4419.jpg
上池の観察壁には大きなオニグモが。

糖蜜にはそこそこ集まっていました。
DSCN4412.jpg

DSCN4356.jpg

DSCN4416.jpg

DSCN4423.jpg

DSCN4440.jpg



ラベル:昆虫 行事報告
posted by スタッフN at 23:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

保護区鳥情報8/12

2019年8月12日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
イソシギ
カワセミ
コゲラ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ、コムクドリ
スズメ
カワラヒワ
22種

1.カルガモ子連れ2家族。4羽の成鳥大の若鳥連れの家族(旧淡水池)と、
  2羽の小さい若鳥連れの家族(新浄化池)。
2.カワウコロニーは繁殖が終わり閑散としています。ほとんどの
  カワウは保護区の外に出て行った様子。
3.コムクドリ。(竹内が原観察壁付近)
(スタッフK)

9日から下池で見られていたクサシギは11日午後のゲリラ豪雨で
下池の水位が上がった夕方以降どこかへ移動した模様。
12日は確認できず。

DSCN4331.jpg
保護区内ではツクツクボウシの姿や鳴き声が
増えてきています。

DSCN4339.jpg
アブラゼミを捕らえたコガネグモ

DSCN4336.jpg
枝先に集中しているセミの抜け殻。
セミたちには具合の良い場所があるのでしょうかね。

DSCN4342.jpg
セイゴ水道でチチュウカイミドリガニが1匹。

以上画像は12日の観察会時に撮影
(スタッフN)
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

8/17保護区カウント調査

次の週末、保護区の鳥の数を数えて記録するカウント調査を行います。
初心者歓迎。参加希望の方は事前にご連絡ください。

行徳野鳥観察舎友の会夏の鳥カウント
8月17日(土)8時保護区入口(定例観察会で入る所)集合 荒天中止
持物:観察道具・筆記用具

8時~10時:保護区内
10時半~正午:三番瀬(市川側) 10時半観察舎駐車場集合

申込・問合せ
047-397-9046(野鳥観察舎管理事務所)
tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp(友の会)
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 09:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

セミ羽化観察会無事終了

本日のセミ羽化観察会は23組75名と大所帯でした。
DSCN4263.jpg

昨年と違ってすぐに見つけられました(なかなか
羽化が始まりませんでしたが)。

DSCN4270.jpg
ブレてしまいましたが、穴から出ようとする姿も
観察できました。

DSCN4261.jpg
今年は歩いている幼虫も多く、踏みつぶしそうに
なるくらい。

DSCN4264.jpg
見つけた時には羽根が伸びきっていた個体。19時半頃撮影。

DSCN4314.jpg
約1時間後。色がだいぶ付いていました。

DSCN4277.jpg
背中が割れ

DSCN4285.jpg
頭が出て

DSCN4303.jpg
頭を上に向けたら後少し

DSCN4317.jpg
最後まで出きったところ。

雨が降っていなければ後1週間くらいは観察できるかと。


来週は保護区内での夜間観察です。
「夜の生き物観察会」8月17日(土)19時~20時半(荒天翌日)
要申込・小学生以上定員30名(残りわずか)
参加費:大人200円・中高生100円・小学生無料

ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 23:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

セミ羽化観察会無事終了

本日のセミ羽化観察会は23組75名と大所帯でした。
DSCN4263.jpg

昨年と違ってすぐに見つけられました(なかなか
羽化が始まりませんでしたが)。

DSCN4270.jpg
ブレてしまいましたが、穴から出ようとする姿も
観察できました。

DSCN4261.jpg
今年は歩いている幼虫も多く、踏みつぶしそうに
なるくらい。

DSCN4264.jpg
見つけた時には羽根が伸びきっていた個体。19時半頃撮影。

DSCN4314.jpg
約1時間後。色がだいぶ付いていました。

DSCN4277.jpg
背中が割れ

DSCN4285.jpg
頭が出て

DSCN4303.jpg
頭を上に向けたら後少し

DSCN4317.jpg
最後まで出きったところ。

雨が降っていなければ後1週間くらいは観察できるかと。


来週は保護区内での夜間観察です。
「夜の生き物観察会」8月17日(土)19時~20時半(荒天翌日)
要申込・小学生以上定員30名(残りわずか)
参加費:大人200円・中高生100円・小学生無料

ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 23:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

明日はセミ羽化観察会

明日10日はセミ羽化観察会。18時半観察舎跡地集合です。
昨年はピークをかなり過ぎていたためか数も少なくなかなか
羽化を始めずやきもきしましたが、今年は大丈夫そうです。
本日帰宅途中に難なく3個体見つけました。

DSCN4223.jpg
DSCN4227.jpg
DSCN4232.jpg
いずれも9日19時30分~40分頃。

セミ羽化観察会 8月10日(土)18時半~20時半
当日受付・荒天中止・参加費1組300円

懐中電灯と虫除け対策をお忘れ無く。じっくり記録を
とりたい人は三脚があると便利かも。


以下本日日中の保護区から。
DSCN4212.jpg
丸々としたコガネグモがいました

DSCN4216.jpg
ジョロウグモも現れています。

サギ類は浄化池の他に下池、竹内ヶ原などでも。
DSCN4217.jpg
下池

DSCN6113.jpg
上北岬

DSCN6130.jpg
ここのところの晴天続きで水位の下がってきた下池
では久しぶりにクサシギの姿が。

posted by スタッフN at 21:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

コムクドリ

近年観察例の増えているコムクドリですが、
本日は6羽が保護区内にいたそうです。
コムクドリ.JPG
トラクター小屋付近で見られたとのこと。
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

マルタンヤンマ

本日の(昆)虫班調査でマルタンヤンマ(雌)が
観察されたそうです。保護区では初か稀。

RSCN9312.JPG
P8074537.jpg
竹のトンネル付近で見られたとの事。
(撮影・提供:(昆)虫班)


KIMG0461.jpg
トラクター小屋付近の水桶でまだ尻尾のある
アマガエルがいました。



ラベル:両生類 昆虫 近況
posted by スタッフN at 17:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

セミ

梅雨明け以降一気にセミの声が増えました。
抜け殻もそこかしこで見かけます。
DSCN4195.jpg
DSCN4199.jpg
DSCN4197.jpg
セミの抜け殻。いずれも5日撮影。

昨年はだいぶピークを過ぎていたみたいで
なかなか羽化する姿を見つけられませんでしたが、
今週土曜のセミ羽化観察会では十分期待できそうです。

10日(土)セミ羽化観察会 18時半~20時半
 観察舎跡地集合・当日受付・一組300円・荒天中止
 持物:懐中電灯・虫よけ
 芝生帯で羽化するセミを観察します。

 昨年の様子
 20180811_190335.jpg
 地面を歩く幼虫を見守る

 20180811_200950.jpg
 羽化する様子を観察。ちょっと高い位置でした。

 DSCN2199.jpg
 抜けきった姿。白く透けた姿はとても綺麗。

羽化観察会自体は荒天中止ですが、この時期なら
夜歩くだけで割と簡単に羽化の様子は観察可能ですので
時間が合わない・参加費払うまでもないという方はぜひ。
※注意事項※
・住宅地に隣接しています。騒音や灯り等ご迷惑とならないようお願いします。
・敷地内は外灯がありません。夜間の通行はお気を付けて。
・事前(日中)にご連絡いただければ駐車場の利用等配慮します
 (通常は夜間鎖をかけています)



ラベル:近況 行事情報
posted by スタッフN at 17:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする