2019年07月28日

7下旬行事報告

夏の到来 夕暮れ観察会(7月27日)
●台風接近中の猛暑・強風日。観察会中止も覚悟したが、元気な子供たち、
 初めての方から常連さんまで多彩な顔触れが参加してくださった。
 本当にありがとうございます。

●子供たちは、じつによく見つけ、よく捕まえる。極小のイトトンボから
 特大のベンケイガニ(しかも赤い)まで。たくさんのバッタやカマキリ、
 ハナムグリの仲間、アカボシゴマダラやカナヘビも見られた。

●丸々太ったコガネグモが複数。スマートなナガコガネグモも目立つよう
 になった。ニイニイゼミの声にアブラゼミが混じり始めた。夏の到来。

●事務所前で魚植性の猛禽ミサゴがみられた。浄化池の棚田を低空で
 すいすい飛びまわるツバメの群れは気持ちよさそう。本当はシラサギの
 小群やイソシギの歌も聞きたかったが、ま、それは次回ということで。

次回は8月24日。午後4時30分、管理事務所前集合です。(担当Ⅾ)

フィールドミュージアム「夏休み自由研究」(7月28日)
心配していた台風の影響もなく無事開催できたものの、午前中はかなりの
蒸し暑さでした。今回のテーマは貝の標本箱作り。
DSCN4123.jpg
保護区小島岬の海岸で貝殻採集

DSCN4138.jpg
集めた貝の一部

DSCN4148.jpg
採集してきた貝の同定

DSCN4152.jpg
百均の整理ケースに収納。現場では付箋で名前を
付けておくところまで。後は持ち帰って各自
ラベルを貼るなりして完成となります。

DSCN4156.jpg
本日観察・採集した貝。保護区の造成やその後の
作業などで流入した貝殻には既に東京湾では絶滅
したり数の少なくなった種類もいくつかあります。
(RLは千葉県レッドリスト掲載種)

現在保護区で多いのはマガキ・オキシジミ・カワアイ
・ホソウミニナ。谷津干潟でたくさん見られている
ホンビノスは今のところ生きた個体は見かけません。
この先どう変化していくでしょうか。

次回フィールドミュージアムは8月25日「カニカニ大行進」
さまざまなカニを捕まえて観察してみます。お楽しみに。
(スタッフN)
ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 09:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする