2019年06月30日

曇時々雨

KIMG0428.jpg
降雨中や雨上がりに保護区を歩くとクロベンケイガニや
ベンケイガニが草をよじ登っている姿にでくわします。
KIMG0429u.jpg
晴れの日には見かけない光景ですが、どういう理由が
あるのでしょうかね。


KIMG0431.jpg
本日のフィールドミュージアムは小島岬の海岸で
干潟の生き物調査。10m毎に5ライン、各ラインは
岸から沖へ向けて5m間隔で4か所、計20地点で
表面の土を採取して生息している生き物を記録しました。
DSCN3900.jpg

定点には引っかかりませんでしたが、浜辺では
オサガニとウミニナがそれぞれ1個体見つかりました。
いずれもおそらく保護区では初記録。
DSCN3895.jpg
オサガニ

DSCN8041.jpg
左からウミニナ、ホソウミニナ、カワアイ

次回フィールドミュージアムは7月28日(日)
今回と同じく小島岬の水辺で貝殻を集めて
ミニ標本箱作りに挑戦。
ラベル:行事報告 近況
posted by スタッフN at 16:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

保護区鳥情報6/29

2019年6月29日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
コアジサシ
コゲラ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
ドバト
16種

1.生憎の雨の中、カワウの巣のカウントはかなり
  見にくかったのですが、200個ほどに減っているようでした。
2.丸浜川のカルガモの雛、5羽健在。
3.コアジサシ6羽。小島岬付近海上で採餌している様子でした。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:34| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

近況6月下旬

ようやく(?)梅雨らしい天気になってきました。
今年は降水量も多く各池の干上がりを心配する必要は
なさそうですが、週末の行事と来週の小学校来訪には心配。


今週は外周部の管理通路(ユニディ側)でイソヒヨドリが見られています。
DSCN4055.jpg
(26日撮影)

27日には緑の国入口付近の林でアオバトが鳴いていました。
姿は確認できず。

KIMG0423.jpg
ネジバナも咲き出しています(24日撮影)

DSCN3889.jpg
千鳥水門近くに大きな魚が浮いていました。スズキ?(27日)


30日(日)はフィールドミュージアム「干潟生物調査」
小島岬の海岸部20地点で底泥をふるい、底生生物を調べます。
10時管理事務所前集合・当日受付・参加費50円・小雨決行
持物:軍手・長靴・帽子・飲料・昼食・筆記用具・雨具

ラベル:行事予定 近況
posted by スタッフN at 12:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

保護区鳥情報6/22

2019年6月22日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
コゲラ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
15種

1.カワウの個体数3600羽ほど。若鳥も自由に外に出るように
  なったみたいです。カワウ巣数は急に減って、350個ほど。
2.カルガモ、5羽の雛連れ親子(丸浜川)。保護区の中にはカルガモの
  ペアが2つ。いつもだいたい同じところで見ます(下池、新浄化池)。
  雛が見られるといいですね。
3.シジュウカラ、ハシボソガラス、スズメ、若鳥。
(スタッフK)


緑に染まる水辺で  夕暮れ観察会(6月22日)

●小雨がぱらつく微妙な天気だったが、ファミリー参加の方々と
 ご一緒に元気にスタート。
●子供たちは次々に小さな虫やカニを見つけてくれる。緑や茶色の
 バッタの赤ちゃんや、朱色が美しいベンケイガニなど。
●アオスジアゲハがオニグモの巣にかかり大ピンチ。どうにか自力で
 脱出成功したが、恐るべし、オニグモ。
●と思うのは早かった。今度は大きな飴玉ほどもあるコガネグモが、
 あっちこっちで巣を構えている。丸々太った見事な「虎模様」。
●浄化池では、アオサギやツバメのほか、カルガモ浮かんでいたり畦道
 を歩いていたり。何となくマッタリしていて面白かった。
★次回は7月27日午後4時30分、管理事務所前集合です。秋の渡りが始まります。(担当D)
ラベル:鳥情報 行事報告
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

2019年夏季短期バイト募集

※現在募集は終了しています(2019年7月17日追記)

行徳野鳥観察舎友の会では2019年夏場に保護区の草刈り作業等に
従事するアルバイトスタッフを募集します。

募集:保護区管理スタッフ1名
内容:行徳鳥獣保護区の管理作業(観察路や湿地の草刈・水管理調整等)
   野鳥病院収容鳥の世話(掃除・給餌)
勤務日:週2日
給与:日額6,440円(時給920円×7時間)。
   交通費(往復電車賃。上限1,000円まで)
勤務時間:9:00~17:00(休憩1時間)
勤務場所:行徳鳥獣保護区(市川市新浜3)
期間:2019年7月~2019年9月
作業着・長靴貸与

※刈払機取扱作業者安全衛生教育修了者優先。
※上記安全衛生教育未修了者については資格取得制度あり。

まずは一日体験をしていただき、終了後に委細面談。

問合せ:NPO法人行徳野鳥観察舎友の会
    佐藤達夫・野長瀬雅樹・山口誠
    080-1491-9898
    tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp
posted by スタッフN at 11:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

近況

RSCN7433.jpg
丸浜川でカルガモ親子が見られています。
画像は18日撮影(提供:Kさん)

DSCN3896.jpg
保護区では長靴池でウチワヤンマが今期初認(19日)

IMG_4282.JPG
チョウトンボ(20日)こちらもたぶん今期初認。

昨年は6月24日にアブラゼミが初鳴きしましたが
今年はどうなるでしょうか。


6月22日(土)は第4土曜行事の日です。
ボランティアデー 13時~15時半頃 管理事務所前集合・雨天中止
 今回も田植えを予定。
 持物:汚れても良い服装・膝までまくれるズボン・足袋やマリンシューズ等

夕暮れ観察会 16時半~18時半 管理事務所前集合・雨天中止
 カエルの鳴き声が賑やかです。虫の声も増えてきました。
ラベル:近況 行事等情報
posted by スタッフN at 16:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

トビハゼの日無事終了

雨は前夜の内に止み、台風一過のような晴天の中
無事トビハゼの日を開催できました。

DSCN3817.jpg
DSCN3819.jpg
DSCN3826.jpg
保護区内の様子。南風が強かったためか干潟が出ていた
時間は想定より短ったのですが、トビハゼ自体はしっかりと
見ていただけたようです。

DSCN3792.jpg
物販等テントブース

DSCN3877.jpg
野ゲーキの作品たち。

ひもクジ、フォトラリーも好評だったようです。

お越しいただいた皆様、出店いただいた皆様、
お手伝いいただいた皆様、どうもありがとうございました。

トビハゼ自体は通常の観察会時でも潮が引いていれば
10月いっぱいまではご覧いただけます。
興味がある方はぜひどうぞ。
ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 18:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

トビハゼの日予定

明日16日のトビハゼの日の内容です。

6月16日(日)10時~15時 荒天中止
(天候等状況により内容に一部変更・中止がでる場合があります)

●保護区会場
・導流提開放
 普段は通れない導流堤の一部を自由に歩けます。
 DSCN9983.jpg

・トビハゼ観察会 11時~/14時~ 各回30~45分くらい・無料
 導流堤からより更に近くでトビハゼを見に保護区内に入ります。
 導流堤入口フェンス付近受付・集合。参加者名簿に必要事項をご記入ください。
 IMG_4134.jpg

●芝生会場
・物販
 野菜・貝・海苔・ピザ・パン・クッキー・チョコバナナ・飲料・バザー

・工作
 マスコット色塗り 100円
  石粉粘土製トビハゼマスコットに絵の具で彩色。乾いたら持ち帰りいただけます。
  DSCN9222.jpgDSCN9704.jpg

 野ゲーキ作り 10時半~/14時~ 無料
  土を土台に木の実や葉っぱでデコレート。
  P9290049.jpg
●他
・傷病鳥施設ツアー 10時半~/13時半~ 各回30分程度・先着10組・無料
  スタッフが収容鳥を中心に野鳥病院の解説を行います。野鳥病院前受付・集合

・フォトラリー
 会場内と緑の国にあるポイント5か所で指定の写真を撮影。
 用紙配布と確認は受付スタッフまで。クリアした用紙は
 ひもクジ券として使えます。
 DSCN9705.jpg

・ひもクジ
 チラシ・行徳新聞(6/7号)・ちりつもクーポン(6/7号)・フォトラリー用紙(ハンコ押印済みのもの)
 各1枚につき1回(1人最大4回となります)
 DSCN9702.jpg
 チラシ

 DSCN9700.jpg
 行徳新聞掲載分

 DSCN9701.jpg
 ちりつもクーポン

・冊子配布
 オリジナルのトビハゼもの知り帳を配布(無料)

※販売物・配布物は限りがあります。無くなり次第終了。
※トイレは野鳥病院前の仮設トイレ2基をご利用ください。
 管理事務所のトイレもご利用いただけます(スタッフに声をおかけ下さい)


問合せ:047-397-9046(野鳥観察舎管理事務所)
posted by スタッフN at 12:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

保護区鳥情報6/14

2019年6月14日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン
ミサゴ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
17種

1.夏場にミサゴは珍しいですね。
2.田の字池にバン(成鳥)。繁殖しているのかな?
3.ハシボソガラスは少数派だったのですが、今年は多いです。
  干潟で餌を探している姿をよく見かけます。
(スタッフK)

12日には鴨場北池付近でホトトギスが、小島岬周辺でコジュケイの
鳴き声が確認されています。コジュケイは一昨年くらい前から
保護区近隣で鳴き声が聞かれており、今春は丸浜川沿いでも時折
鳴いています。まだ姿を見た人はいませんが、定着しているようです。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

トビハゼの日は16日(日)に順延

明日15日に予定していたトビハゼの日ですが、
降雨予報のため16日(日)に順延となりました。

16日は晴れるようですが、天候状況によっては
一部出展内容が変更されます。ご了承ください。

KIMG0417.jpg
とりあえず本日はテントの骨組みだけ準備。
16日に無事開催できると良いのですが。
ラベル:告知
posted by スタッフN at 09:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

6/9近況

8・9日と開催された谷津干潟の日フェスタは
雨に降られることもなく無事終了しました。
友の会テントにお立ち寄りいただいた皆様、
どうもありがとうございます。

DSCN3753.jpg
傷病鳥救護活動に対する募金箱には6,963円のご支援をいただき、
マスコット色塗りは90名以上が参加しました。
次回出展イベントはジャパンバードフェスティバルを予定しています。
どうぞよろしく。


保護区ではこの時期珍しくミサゴが観察されています。
DSCN3321.jpg
小島岬杭上のミサゴ

その他ホトトギスらしき鳥もいた模様。


ラベル:行事報告 鳥情報
posted by スタッフN at 21:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

保護区鳥情報6/8

2019年6月8日の保護区鳥類調査の結果です。

カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
コチドリ
コアジサシ
コゲラ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
18種

1.カワウの空き巣が目立つようになってきました。
  巣数は900個ほどまで減りました。
2.頭に産毛の残るアオサギの若鳥、握りこぶしくらいの木の塊を
  水中から取って落として取って、と3回繰り返していました。
  魚を採る練習なのかな?
(スタッフK)

江戸前干潟研究学校ではマハゼがトータル700匹以上採集された
そうです。百合ヶ浜沖ではトウゴロウイワシやギマも記録されました。


谷津干潟の日フェスタは心配された天気も午前中ちょっと
ぱらついた程度で過ごしやすい一日でした。鳥マスコット
色塗りとトビハゼ展示が好評でした。明日は15時まで。
どうぞよろしくお願いいたします。
DSCN3727.jpg
友の会テント。今年は芝生広場での出展です。

ラベル:鳥情報 行事報告
posted by スタッフN at 19:51| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

週末行事案内と獣医師募集のお知らせ

昨日の暑い晴天から一転の雨模様。保護区内ではクロベンケイガニが
嬉しそうに動き回っていました。

今週末の行事情報です。

○8・9日(土・日)
・谷津干潟の日フェスタ 9~17時入館無料
谷津干潟自然観察センターで開催される谷津干潟の日フェスタに出展します。
期間中のセンターは入館無料。友の会は市民参加模擬店(10時~16時。9日は
15時まで)の方で参加しています。マスコット色塗り(100円)や缶バッジ販売(100円)、
トビハゼ展示など。今年はセンター前広場ではなく、芝生広場のテントになります。
DSCN9847.jpg
昨年の友の会テント

緑の国 9時半~16時半(入場は16時まで) 入場無料
保護区外周部の一画、行徳高校・塩浜学園側の緑地を土日祝日に
開放しています。ちょっとした森林浴気分をお楽しみいただけます。
雨上がりにはカニの姿も。

○8日(土)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 
管理事務所前集合・参加無料・小雨決行
前日に設置しておいた網を回収して、保護区水辺の水生生物を調べます。
午前中は保護区内で生き物採集。午後は採集してきた生き物の名前や数を
記録していきます。
持物:軍手・長靴・飲料・昼食(午後も参加の方)・筆記用具・雨具

○9日(日)
定例新浜探鳥会 9時45分 メトロ東西線行徳駅北口広場集合
参加費200円(18歳未満無料)・雨天決行・要昼食
(日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催)
行徳駅から徒歩で保護区に向かうショートコース(13時半頃解散)と、
バスで江戸川放水路経由で保護区に入るロングコース(15時半頃解散・バス代400円)
があります。いずれも観察舎跡地付近で解散。
※天候等によりどちらか1コースのみの開催となる場合があります。

・定例園内観察会 13時半~15時半 管理事務所前集合・参加無料・雨天中止
毎週日曜日と祝日開催。普段は入れない保護区内を2時間ほど案内します。


○獣医師スタッフ募集中
野鳥病院で活動する獣医師(パートタイム)を募集中です。
週2回、13時~17時の間で3~4時間程度。時給1500円。
詳細は下記サイトをご確認ください。
https://www.pet-jobs.com/job81664.html (ペット求人ナビ)
https://pet-job.com/new/12836 (ぺっとのおしごと)

ラベル:行事案内 告知
posted by スタッフN at 14:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

保護区鳥情報6/1

2019年6月1日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アマサギ、アオサギ、ダイサギ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
19種

1.カワウの巣数は急に減っているようです。葉が茂って数え損なっているものも
  あると思いますが1050個ほどを数えました。カワウの若鳥は下北岬、上北岬な
  ど保護区の海岸線にあふれかえっています。
2.アマサギ。(新浄化池)
3.オナガガモのペアがまだ残っています。(旧淡水池)
(スタッフK)

DSCN3179.jpg
下北岬に集まるカワウたち(5/31撮影)
DSCN3151.jpg
上北岬のカワウ(5/31)

アマサギは昨日が今シーズン初認。
DSCN3027.jpg
5/31浄化池
DSCN3645.jpg
6/1浄化池。前日とは別個体

DSCN3670.jpg
6/1、先週のボランティアデーに続く田植え2回目を
実習に来ていた千葉保健医療大学の学生さんに
やっていただきました。

DSCN3652.jpg
先週植えた田んぼではツバメが泥を採取してました。
DSCN3686.jpg
ついばんだ跡でしょうか。

DSCN3693.jpg
アマガエル。今年は姿も鳴き声も多いです。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報 近況 作業
posted by スタッフN at 20:45| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする