2019年05月30日

6月行事案内

2019年6月の行事予定です。
特記なければ管理事務所前集合・当日受付・参加無料・雨天中止


6日(木)平日観察会 10時~12時 
 毎月第1平日木曜開催。巣立った若鳥やキノコの季節。足元には
 ネジバナが咲き出している頃です。

・8日(土)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 小雨決行
 前日に設置しておいた網を回収して水生生物を調べて記録していきます。
 午前:採集 午後:分類・計測・記録  要昼食(午前のみ・午後のみ参加も可)

・9日(日)定例新浜探鳥会 9時45分 行徳駅駅前広場集合
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催
 参加費200円(18歳未満無料) 雨天決行 要昼食
 保護区に直接向かうショートコース(解散13時半頃)と江戸川放水路経由の
 ロングコース(解散15時半頃、別途バス代)があります。
 ※2019年4月から集合が15分早くなっています。ご注意を。

・15日(土)トビハゼの日 10時~15時 荒天翌日 参加無料
 東京湾奥部は国内最北限のトビハゼ生息地。保護区にも多数生息する
 トビハゼに親しむ一日。導流堤の一部開放による干潟観察と観察舎跡地付近での
 物販や遊びコーナーなど。
 トビハゼの日2019_一般用.png

・22日(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。6月も多分田植え。

 夕暮れ観察会 16時半~18時半
  日没前後の保護区を歩きます。カイツブリやカルガモのヒナは見られるでしょうか。
  少しずつ虫の声も増えてきます。  

・30日(日)フィールドミュージアム「干潟生物調査
 10時~14時半頃 参加費50円
 小島岬にひろがる鈴ヶ浦干潟の定点調査。5地点4か所の底泥をふるって
 貝やゴカイ類などを探します。

定例園内観察会 毎週日曜日・祝日 13時半~15時半
緑の国 土日祝日 9時半~16時半(最終入場は30分前まで)
 保護区外周の一画、行徳高校・塩浜学園側の緑地帯を週末・祝日に開放
 しています。入場無料。

◎出展情報
・2日(日)いちかわ環境フェア2019 10時~15時半 荒天中止・入場無料
 ニッケコルトンプラザを会場に開催される環境フェアに出展。
 友の会はコルトンホール内でポスターとトビハゼ展示を行います。

・8・9日(土日)谷津干潟の日フェスタ 9時~17時
 谷津干潟自然観察センターで開催されるイベントの市民模擬店(10時~16時)
 ブースにて参加。鳥マスコット色塗りや缶バッジ販売(いずれも100円)など。


問合せ
(旧行徳野鳥観察舎)管理事務所 047-397-9046(電話・FAX)
行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp
ラベル:行事案内
posted by スタッフN at 18:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

本日の通路沿い

本日観察舎前の通路で見られたもの
DSCN9697.jpg
路上に落ちていたのは
DSCN9698.jpg
炊飯器でした。落とし物?

DSCN3641.jpg
通路の下、保護区が見える見通し部分では
スッポンが産卵していたとの事。画像は産卵後
丸浜川に向かうスッポン。
ラベル:爬虫類 近況
posted by スタッフN at 17:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

トンボ、蝶を捕食

本日保護区内で虫の調査をしていた(昆)虫班が
遭遇したのはクロスジギンヤンマがアカボシゴマダラ
を捕食しているところ。
RSCN6437.jpg
一心不乱に食べていたそうです。
ラベル:
posted by スタッフN at 17:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

保護区鳥情報5/25

2019年5月25日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
イソシギ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
19種

1.カワウの巣数は1500個以下となり、明らかに減って来たようです。
2.ツバメが湊池棚田で泥集めをしていました。
3.オナガガモのペアがまだ残っています。(旧淡水池)
(スタッフK)


初夏の水辺に歌う。夕暮れ観察会(5月25日)

●新緑の中で、サクラやクサイチゴの赤い実が夕陽に染まっている。
 何度見ても爽やかで美しい風景だ。スイカズラやトベラの花も香しい。
 レモンイエローのコマツヨイグサも控えめに香る。
●北池ではオオヨシキリが元気に歌っている。金色にそまる葦原を
 探してみたけれど、姿は一瞬だけ。アオサギやダイサギがこの時期に
 しては目立つ。近年周辺緑で繁殖しているからだろう。
●「湿地の初夏」ならではの虫たち。澄んだキンヒバリの歌に、ジーッ、ジッ、ジッ、
 とリズムをきざむのは、タンボコオロギ。美しい黄色の毛並みのスゲドクガの幼虫。
●その他、独特の三角形のガ「ウンモンクチバ」、美しい緑色のアオスジアゲハの
 幼虫なども観察。終盤では、暮れなずむむ藪でひっそり就寝するモンシロチョウ
 たちを見た。おやすみなさい。

★次回は6月22日。午後4時30分、管理事務所前集合です。
カニやトビハゼ。ネジバナの美しい花に期待。(担当D)
ラベル:鳥情報 行事報告
posted by スタッフN at 07:56| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

週末行事案内&近況

今週末の行事予定です。いずれも管理事務所前集合・当日受付・雨天中止・参加無料

25日(土)第4土曜行事
・ボランティアデー 13時~15時半頃 
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。今月は湊池棚田に田植えをします。
 持物:ひざ上までまくれる汚れても良い服装・タオル・飲料・足袋やマリンシューズ等
 ※保護区の水田は裸足で作業できません。軍足等ダメにしても良い厚手の靴下の
 重ね履きや上記履物をご用意ください。
20190519_170939.jpg
植える予定の苗。例年よりちょっと小さめです。

DSCN9757.jpg
昨年の様子

・夕暮れ観察会 16時半~18時半
 日没前後の保護区を歩く観察会。トベラやスイカズラなど
 甘い香りが漂っています。カエルの姿や声もチラホラと。
 桜やヤマグワの実が熟し始めています。

26日(日)
・定例園内観察会 13時半~15時半
 普段は入れない保護区をご案内。帽子や飲料のご用意をお忘れなく。


DSCN3598.jpg
通路沿いのビワはそろそろ食べられそうなのも
ちらほらと。味見程度は構いませんが、大量に
採集するのはご遠慮ください。昨年は採ろうとして
堤防下に落下された方もいました。

IMG_4206.jpg
ニホンアカガエル(23日)

DSCN3594.jpg
アマガエル(22日)

DSCN3597.jpg
夕方、UFO島にオナガガモが3羽。出発が遅いのか
居残り組なのか(22日)

DSCN3602.jpg
干潟に落ちてしまった蛾をすかさず捕食したトビハゼ(23日)

本日24日、保護区内鴨場との境付近でサンコウチョウの
鳴き声が聞かれたそうです。

posted by スタッフN at 21:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

近況

昨日は久しぶりの大雨でした。保護区内は各池の水位が上昇。
干上がっていた水路にも水がつきました。

DSCN3575.jpg
野鳥病院に本日来たのは今期初のハシボソミズナギドリ。
オーストラリアやニュージーランドで生まれ、今の時期
本州の太平洋側を北上しています。保護されるのは
天候不順や衰弱で主に若鳥が海岸や内陸部に不時着するケース。
年によって変動があり、ここ数年は少ないですが
多い年には20羽をこえる入所も。

DSCN3579.jpg
19日、常連のFさんが丸浜川沿いで発見した
オオムラサキの幼虫。行徳では生息していない
種類のため誰かが放したのでは?とのご意見。



葛西臨海公園の西なぎさで鳥類園主催の干潟の生き物観察会が
6月1日(土)に予定されています。まだ定員に空きがあるそうなので
是非どうぞ。

詳細は鳥類園ブログにてどうぞ。
ラベル:行事等情報 近況
posted by スタッフN at 13:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

保護区鳥情報5/18

2019年5月18日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
チュウシャクシギ
コアジサシ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ドバト
21種

1.カルガモ以外のカモやオオバンなど冬鳥が記録されませんでした。
  種数はだいぶ減って計21種でした。
2.ハシブトガラス、シジュウカラ、エナガ、スズメ、カワラヒワの若鳥。
3.夏鳥、コチドリ3羽(旧淡水池)。コアジサシ2羽(海上)。
4.カワウが上北岬、下北岬に計500羽ほど日向ぼっこしていました。
  ほとんど若鳥です。親鳥に餌をねだっている個体もいました。
  巣数は若干減った模様。
(スタッフK)

DSCN3534.jpg
丸浜川沿いではビワの実が色づき出していました。

DSCN3501.jpg
ヤマグワの実も熟してきています。
(スタッフN)
ラベル:植物 鳥情報
posted by スタッフN at 21:42| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

保護区鳥情報5/12

2019年5月12日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、スズガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
コチドリ
タシギ、チュウシャクシギ、キアシシギ
サンショウクイ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
メボソムシクイ
メジロ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
27種

1.渡りの季節ですね。タシギ、チュウシャクシギ、キアシシギ、
  サンショウクイ、メボソムシクイ。
2.カワウの巣は実質的増えてないのかななどと先週書きましたが、訂正です。
  過去のデータからもうそろそろ減るんじゃないかなと予測してたのですが
  増えてます。
3.田の字池のカイツブリの巣、4/28に卵を確認していたのですが放棄された様子。
  蛇にでも襲われたのでしょうか…残念。
(スタッフK)

本日開催の江戸前干潟研究学校では
・ウナギ稚魚1匹(田の字池出口)
・カレイ稚魚(イシガレイ・マコガレイ)に混じってヒラメ稚魚1匹
・マハゼは3~4cmサイズが多数。
などが見られました。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報 行事報告
posted by スタッフN at 22:08| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

11日行事報告

暑い一日でした。

フィールドミュージアムは三島池流入口の小改造。
DSCN3448.jpg
各池は塩ビ管でつながっているのですが、パイプ
の落差を低減して水生生物が遡上しやすくなるよう
に土嚢を積んで水が貯まるようにしました。
DSCN3455.jpg
DSCN3454.jpg
ここ数日の晴天のせいか上流からの水が途絶えて
いたので作業はやりやすかったのですが、果たして
作業の結果はどうなるでしょうか。

DSCN3458.jpg
DSCN3459.jpg
DSCN3457.jpg
最近管理通路の長靴池付近でコノシロが度々落ちています。
カワウの吐き戻しですが今日も点々としていました。
せっかく食べたのにもったいないですね。


DSCN9695.jpg
愛鳥週間探鳥会は久しぶりに晴天の開催。
DSCN2928.jpg
鳥は少なかったそうですが、巣材の泥を採っていく
ツバメなどが観察できたようです。

ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 16:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

週末行事案内

トベラやノイバラが満開で甘い香りを漂わせています。
川沿いのビワの実も少しずつ大きくなってきました。
本日午前、保護区入口付近でサンコウチョウが鳴いていたそうです。

今週末の行事案内です。いずれも当日受付。
※現在敷地内に自販機はありません。飲料は各自ご用意の上
お越しください。

〇11日(土)
フィールドミュージアム「真水−海水のつながりの小わざによる改造 その1」
10時~13時頃 管理事務所前集合 小雨決行 参加費50円
保護区水系の出入口の落差を改善して、海からの生き物が遡上しやすくなるように
作業します。今回は三島池流入口への土嚢積み。翌日の江戸前干潟研究学校の準備
(網張り)も合わせて行います。
持物:軍手・長靴・帽子・飲料

愛鳥週間探鳥会 13時半~15時半(受付13時~) 管理事務所前集合 雨天中止
愛鳥週間を記念した千葉県主催行事。春の保護区を歩きます。
参加者には記念品(缶バッジ)を贈呈。

〇12(日)
定例新浜探鳥会 9時45分 行徳駅駅前広場集合
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催
 参加費200円(18歳未満無料) 雨天決行 要昼食
 毎月第2日曜開催。保護区に直接向かうショートコース(解散13時半頃)と
 江戸川放水路経由のロングコース(解散15時半頃、別途バス代400円)があります。
 ※4月から集合が15分早くなっています。ご注意を。
江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 管理事務所前集合 小雨決行
前日に仕掛けておいた網を回収して採集された魚・エビ・カニ等を記録します。
持物:軍手・長靴・帽子・飲料・昼食(午後も参加の場合)

・定例園内観察会 13時半~15時半 管理事務所前集合 雨天中止
普段は入れない保護区の中を2時間ほどご案内します。毎週日曜日・祝日開催

問合せ:管理事務所047-397-9046

_DSC1935.jpg
外周部のカワウたちはヒナの最盛期(3日撮影)

DSCN2882.jpg
エナガ(7日)

DSCN2890.jpg
チュウシャクシギ。今年は頻繁に見かけます(8日)

DSCN3440.jpg
ハシビロガモ(9日)

DSCN3404.jpg
ノイバラ(8日)

DSCN3417.jpg
甘い蜜のスイカズラも咲き出しました(8日)
posted by スタッフN at 13:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

連休最終日

GW最終日。早朝は雨が降ったものの、日中は良く晴れました。
怒涛の園内観察会9連荘はのべ209名が参加。最多参加は
常連のFさんが8回、Kさんの7回でした。

夕方、UFO島の端にキョウジョシギがいました。
DSCN3385.jpg
保護区では少ない種類。10羽くらいいたのかも。


5日の南行ホコ天はオリジナルポストカード作りを実施。
ステンシルで小さなお子さんも楽しんでくれました。
KIMG0403.jpg
KIMG0397.jpg

連休中ご利用いただいたみなさまどうもありがとうございます。

今週は9日(木)平日観察会、11日(土)フィールドミュージアムと
愛鳥週間探鳥会、12日(日)定例新浜探鳥会、江戸前干潟研究学校
があります。こちらもどうぞよろしく。
ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 15:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

保護区鳥情報5/4

2019年5月4日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
ヒクイナ
オオジシギ、チュウシャクシギ、アオアシシギ、イソシギ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
オオジュリン
30種

1.旅鳥、オオジシギ、チュウシャクシギ、アオアシシギ。
2.カワウの巣は先週より50個ほど増えて1705個でした。
  実質的にはあまり増えていないかも。雛が大きくなった
  おかげで、木の陰などで見えない巣もカウントできた感触です。
3.ヒクイナの声。(旧淡水池)
(スタッフK)

ヒクイナは本日午後北池で鳴いていました。朝晩は欠真間三角で
鳴いている事が多いようです。
(スタッフN)


◎春の花に囲まれて。夕暮れ観察会(4月27日)報告

●カラスノエンドウやオオジシバリなど、春の花が咲き誇る畔を
 歩いていくと、タシギが一羽飛び立った。鳥のほうも「春の渡り」開幕。
 ツバメがとび、オオヨシキリも遠慮がちに鳴き始めている。
●以前の4月の夕暮れ観察会で皆で見たオドリコソウ。その後は
 絶えてしまったようだ。植物の世界も厳しい。
●新緑がまぶしい。イタドリにはキバラモクメキリガ・アヤモクメキリガの
 幼虫が、ギシギシにはコガタルリハムシの幼虫が見られた。
 しっかり栄養つけてね、と応援したい気分。

★次回は5月25日。午後4時30分、管理事務所前集合です。
 初夏の花の香、水鳥の声、カニなどが楽しみ。(担当D)

ラベル:行事報告 鳥情報
posted by スタッフN at 20:27| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

5月行事案内

DSCN9691.jpg
野鳥病院前のトベラが咲き出していました。

KIMG0379.jpg
緑の国入口ではニセアカシアが満開。


2019年5月の行事予定です。特記なければ管理事務所前集合、
当日受付・参加無料・雨天中止

〇5/1~6(水~月)定例園内観察会 13時半~15時半 
毎週日曜・祝日開催の定例園内観察会。GW期間中はピンバッジ
を参加者に差し上げています。
DSCN3296.jpg

〇5/5(日)
野鳥カウント調査 8時保護区入口(白鷺公園前側)集合
 保護区内と三番瀬(塩浜海岸)で野鳥の数と種類を調べます。
 参加希望の方はあらかじめご連絡ください。

南行ホコ天 11時~17時荒天中止 南行徳駅周辺
 南行徳駅南口道路で開催されるイベントに友の会として出展します。
 メトロセンター2番街にて保護区イベント案内や工作コーナー、
 生き物展示を予定。捌け具合によっては17時前に撤収するのでご注意
 ください。

〇5/9(木)平日観察会 10時~12時
毎月第1平日木曜開催。5月1週はGWにつき2週目開催となります。

〇5/11(土)
フィールドミュージアム「真水−海水のつながりの小わざによる改造 その1」
10時~13時頃 小雨決行 参加費50円
今年度は保護区水系の出入口を少し改造して、海からの生き物が遡上しやすく
なるようにしていこうと計画しています。今回は三島池流入口に土嚢を積んで
いきます。
持物:軍手・長靴・帽子・飲料

愛鳥週間探鳥会 13時半~15時半(受付13時~) 雨天中止
愛鳥週間を記念した千葉県主催行事。春の保護区を歩きます。
参加者には記念品を贈呈。

〇5/12(日)
江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 小雨決行
前日に仕掛けておいた網を回収して採集された魚・エビ・カニ等を記録します。
持物:軍手・長靴・帽子・飲料・昼食(午後も参加の場合)

定例新浜探鳥会 9時45分 行徳駅駅前広場集合
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催
 参加費200円(18歳未満無料) 雨天決行 要昼食
 保護区に直接向かうショートコース(解散13時半頃)と江戸川放水路経由の
 ロングコース(解散15時半頃、別途バス代)があります。
 ※今回から集合が15分早くなっています。ご注意を。
 
〇5/25(土)第4土曜行事
ボランティアデー 13時~15時半頃
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。5月は田植え予定。
 持物:ひざ上までまくれる汚れても良いズボン・足袋やマリンシューズ等・タオル
 ※保護区の水田は裸足で作業できません。泥に踏み込んでも平気な履物か、
  軍足等厚手の靴下の重ね履きを推奨。

夕暮れ観察会 16時半~18時半

定例園内観察会 日曜・祝日 13時半~15時半
緑の国 土日祝日 9時半~16時半(最終入場は30分前まで)
 保護区外周の一画、行徳高校・塩浜学園側の緑地帯を週末・祝日に開放
 しています。入場無料。

申込・問合せ
(旧行徳野鳥観察舎)管理事務所 047-397-9046(電話・FAX)
行徳野鳥観察舎友の会 tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 15:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

行徳野鳥観察舎友の会15期インターン募集

認定NPO法人行徳野鳥観察舎友の会(千葉県市川市)では、
 スタッフと共に働きながら、環境保全の現場を学ぶ
インターンを募集いたします。

都市近郊に造成された行徳鳥獣保護区での湿地再生、
野鳥病院での傷病鳥救護活動、環境NPOの運営などに
興味のある方は是非ご応募下さい。

○期間
 2019年6月~2019年9月までの間に14日間(最大30日間)
 期間中スタッフと一緒に働き、現場を体験しながら学ぶ。
 合計3名程度

○内容
 1:原則午前9時~午後5時。
   3回目までは極力2週間以内に出席し、仕事の流れを覚える。
  以降の実習日は本人の都合に合わせて決定。
 2:交通費支給(電車代として片道上限2,000円)
 3:実習ノート又はメール等で毎回の実習内容や感想・疑問等を
    記入・提出。友の会指導者はコメントを記入し返却する。
 4:インターン活動について修了時に口頭発表を行う。

○応募条件
 1:18歳以上(高校生不可)。
 2:心身健康で期間中規定の回数働くことができる方。
 3:応募前に必ず現場下見をし、担当者の説明を受けること(要予約)。
   できれば一日体験が望ましい。過去に実習・一日体験・ボランティア等
   をされた方は体験不要です。その旨をお知らせください。

○応募方法
 以下の書類をメール又は郵送で。必要書類は一日体験(又は下見)時に配布。
   1:応募申込書
   2:応募の理由(1200字程度)
    3:返信用封筒(メール応募の場合不要) 
 締切:2019年5月27日(月)必着
 採用の可否は6月2日(日)までにお知らせいたします。

〇問合せ・応募先
 行徳野鳥観察舎友の会 担当:佐藤・野長瀬・山口
 電話・FAX:047-397-9046(行徳野鳥観察舎)
 メール:tomonokai_kawau@ybb.ne.jp
 〒272-0137千葉県市川市福栄4-22-11 行徳野鳥観察舎気付

ラベル:告知
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする