2018年12月15日

保護区鳥情報12/15

2018年12月15日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
シロハラ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ、シメ
ホオジロ、アオジ
ドバト
42種

1.北風強いせいか、小鳥類が少な目。
2.カワウコロニーの300m周辺のコントロール区間はパトロール強化の
  お蔭でしょうかカワウはほとんどいませんでした。巣も減ったようです。
3.猛禽は多いです。オオタカは成鳥、若鳥と2羽はいました。他にハイタカ、
  トビ、ノスリ。
(スタッフK)

11日には久しぶりのミコアイサ(♀)が1羽いたとのこと。
残念ながらその日だけの確認です。
(スタッフN)
posted by スタッフN at 22:08| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする