2018年10月29日

保護区鳥情報10/27ほか

2018年10月27日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ
カワセミ
コゲラ
チョウゲンボウ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
キビタキ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
アオジ、オオジュリン
ドバト
30種

1.本調査では今季初めてのコガモ1羽です(南極島付近海上)。
  今季は今のところコガモがとても少ないです。
2.チョウゲンボウ♂が1羽のハクセキレイにアタックしたかと思ったら反転して
  2羽のハクセキレイに追われていました。(排水機場)
3.ウミアイサ2羽、スズガモ208羽の群と一緒。
(スタッフK)

オカヨシガモは26日初認。ハシビロガモも同日見られています。
25日には観察舎裏の福栄4丁目住宅地内でトラツグミの羽根が採集
されています。
(スタッフN)

ボランティアデーは湊池棚田の稲刈りを実施。小人数でしたが1枚分が終了。
20181027_134911_00002.jpg
20181027_145324_00000.jpg


夕暮れ観察会(10月27日)
●夕陽を浴びてたたずむ猛禽ミサゴで幕開け。キーッと叫ぶヒヨドリ
(参加した子供たちは「サルドリ」ですって)、黄葉の枝先から
 聞こえるシジュウカラの歌。
DSCN1911.jpg
DSCN1915.jpg
観察舎前からみたミサゴ

●トビハゼ、クロベンケイガニ。赤いベンケイガニも多い。藤紫の
 ウラギクも咲いている。いずれも塩性湿地のおかげで生きている。
 もうすぐ越冬期、そろそろ見納めだ。
●竹林では、キノコがたくさん。個性的なサンコタケ、スッポンタケなど。
 この世界、ハマリそう。
●茜色から藍色に染まる棚田に、アオアシシギの哀調が響く。鴨たちが、
 あちらから2羽、こちらから4羽、5羽と、次々に着水する音が聞こえる。
 まさに晩秋の水鳥の音風景。
●暗くなると、セイタカアワダチソウはガの仲間のレストラン。ヤガ、メイガ
 の仲間を中心に様々な種類が来ている。
●頭上に3つの星がかがやいている。参加者の方が早速調てくださった。
 なんと夏の大三角形。過ぎた夏の思い出のように、高く明るく輝いていた。
★次回は11月24日。観察者解体工事の影響で、集合場所が変わり、
「管理棟(野鳥病院のとなり)前」です。駐車場から観察舎までの道が
 封鎖されてしまうので、南行徳、塩浜橋、スポーツ広場方面からしか
 アクセスできません。行徳駅方面からお越しの際は、ご注意ください。
(担当Ⅾ)

28日は南行徳駅前で開催された南行ホコ天に出展。
DSCN1919.jpg
トビハゼ・カニの展示とパタパタ鳥工作、ポストカード配布
など。お立ち寄りいただいたみなさまありがとうございました。


ラベル:鳥情報 行事報告
posted by スタッフN at 13:32| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

近況10月下旬・週末行事案内

DSCN1899.jpg
シャリンバイの実が色づいてきました。

20181024_133029_00000.jpg
観察舎は解体に向けて急ピッチで荷物の整理中。
24日は備品類の廃棄を実施。観察舎1階はだいぶ
すっきりしました。

DSCN4497.jpg
本日動物園に移送予定だった野鳥病院のアカショウビンは
先方の都合で31日に延期。もうしばらくご覧いただけます。

○10月27日(土)
 行徳保護区は第1回選定箇所として参加している
 関東・水と緑のネットワークの交流会が開催されます。
 午前に保護区を見学し、午後は南行徳駅前の会場で
 事例発表など。参加無料。詳細はリンク先にて。
 締切は本日ですがまだ参加者には余裕があるとの事。

・ボランティアデー 13時~15時半頃
 先月に続き湊池棚田の稲刈りを予定。

・夕暮れ観察会 16時~18時
 今月から30分早い冬時間となります。

○10月28日(日)
南行徳ホコ天 11時~17時
 南行徳駅周辺で開催される南行ホコ天に出展します。
 ぱたぱた鳥工作(100円)や生き物展示、活動紹介など。
 ぜひ遊びに来てください。

・定例園内観察会 13時半~15時半
 ようやくカモが増えてきたようです。ジシギ類もちらほらと。
 来月になるとカニやトビハゼはがくっと減るので干潟の生き物
 を見るなら今のうち。

いずれも参加無料。



ラベル:行事等情報 近況
posted by スタッフN at 15:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

保護区鳥情報10/21

2018年10月21日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
ヤマシギ、イソシギ
セグロカモメ
オオタカ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メボソムシクイ上種
メジロ
セッカ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
ハクセキレイ
アオジ、オオジュリン
31種

1.先週より10種も増えました。冬鳥が今週一気にやってきた様子です。
  今季初認アオジ、キンクロハジロは本日、カンムリカイツブリ10/20、
  ハジロカイツブリ10/16、マガモ10/19、オオジュリンも確か数日前
  だったかな?調べておきます。
2.スズガモは200羽を越えました、マガモ、キンクロハジロ、ホシハジロと
  群を形成していました。(南極島付近)
3.秋の渡り、メボソムシクイ上種、キビタキ♀。
4.珍しい、ヤマシギ。
5.まだ数の少ないオオバンの羽が散乱(長靴池付近)、ふと見上げると
  オオタカが飛んでいました。彼女の仕業かな?
(スタッフk)

オオバンは10/19初認、ジョウビタキが10/18に出ています。
(スタッフN)
DSCN4352.jpg
オオバン(10/19スタッフYM撮影)

DSCN4391.jpg
マガモ(10/19スタッフYM撮影)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 22:46| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

着々と・・・

来月から始まる観察舎解体工事に向け、館内物品の整理が
進んでいます。

DSCN4324.jpg
観察舎3階。

DSCN4319.jpg
観察舎2階

DSCN9475.jpg
DSCN9478.jpg
観察舎1階。展示ケースの剥製はふなばし三番瀬環境学習館さんに
引き取っていただきました。(18日)

観察舎1階ポーチ部分では処分扱いの図書や物品を
無料提供しています。状態の悪いものが大半ですが、
マニアにはお宝があるかも?
DSCN9479.jpg
DSCN9480.jpg
28日頃まで。持ち帰り用の容器・袋等は用意
していませんので各自ご用意ください。

明日20日(土)10時より解体工事の説明会が
福栄連合自治会館(観察舎駐車場入口前の建物)にて
開催されます。事前申し込み不要。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 13:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

迷蝶

DSCN1674.jpg
常連の蛾伯ことFさんが本日丸浜川沿いで見つけたカバマダラ。
熱帯~亜熱帯が主分布の南方系の毒蝶で、近年は九州にも生息
し、分布が北上しているそうです。台風に乗って飛んできたの
でしょうかね。


昨日開催の江戸前干潟研究学校では長靴池でモクズガニが9匹
捕獲されました。今まで1匹ずつしか出現していないのでビックリ。
PA140003.jpg

ラベル:行事報告 昆虫
posted by スタッフN at 18:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

保護区鳥情報10/13

2018年10月13日の保護区鳥類調査の結果です。

スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
アオアシシギ、イソシギ
セグロカモメ
チュウヒ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
エナガ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
21種

1.10月に入ると増え始めるカモ類(カルガモ以外)がとても少ない、
  というか、ほとんどいません。いちばん個体数の多いスズガモ
  は70羽ほど、ここ数年の同時期では200~300羽になっていました。
  この時期、カモ類がこんなに少ないのは過去20年間では初めてです。
2.チュウヒ1羽(北池)。今季初かな?。時期的には例年通り10月の
  中旬頃にやって来ます。
3.アオアシシギ2羽。(小島岬付近)
4.エナガが、シジュウカラの群と一緒に行動しています。
5.調査開始時、カワウはほとんどいなかったのですが、11:25~11:50
  にかけて3,300羽ほどがTOYOTA方面から帰って来ました。
(スタッフK)

明日14日は10時から江戸前干潟研究学校(観察舎前集合)、同じく10時から
行徳駅駅前の広場集合の新浜探鳥会(参加費200円)があります。

先週7日から観察舎1階玄関前にてひっそりと書籍を提供中。観察舎解体工事
に伴い処分扱いになる本や図鑑等を少しずつ放出しています。古いものが
ほとんどですが、お宝もあるかも?
(スタッフN)

posted by スタッフN at 17:46| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

野鳥観察舎・保護区利用案内

野鳥観察舎解体工事・通行止めのお知らせ

2018年11月29日より2019年3月下旬まで、野鳥観察舎の解体工事が
行われます。工事期間中は観察舎駐車場から観察舎までの通路の通行
及び一般車両の駐車場利用が出来ません。

観察舎前の丸浜川沿い通路は通り抜け不可となり、野鳥病院や
管理事務所、緑の国へは丸浜川下流の塩浜橋側からのアクセス
(野鳥病院で折り返し)となります。

大変ご不便おかけいたしますが、ご来所の際はなるべく公共交通機関
をご利用ください。

野鳥病院や行徳鳥獣保護区での観察会等の活動は引き続き実施します。
ご利用の皆様には大変ご迷惑とご不安をお掛けしていますが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

丸浜川通行止め.png

南行徳駅から野鳥病院へのルート(徒歩)

駐車場から野鳥病院への迂回ルート


---------------------------------------------

保護区観察会・保護区・野鳥病院緑の国は引き続き営業中です。
団体利用も対応いたします。ご相談下さい。

(旧)千葉県行徳野鳥観察舎
管理事務所
〒272-0137 千葉県市川市福栄4-22-11
電話・FAX:047-397-9046
メール(行徳野鳥観察舎友の会):tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp
kansatsusya.jpg
開館:火~日曜・祝日 9時~16時半 利用無料
休館:毎週月曜(祝休日の場合は翌平日)、月末金曜(清掃休館日)
   年末年始(12/28~1/3)
駐車場:普通車約20台(無料)
※2018年11月29日~2019年3月下旬の解体工事期間中は
一般車両のご利用はできません。

・館内2・3階には望遠鏡42台が設置され、保護区や野鳥の様子を
 自由に観察できます。
・団体利用の際は解説の有無に関わらず事前にご連絡ください。
・館内飲食可(飲料自販機有。食品の販売はありません)

・視聴覚室を利用する場合(講座や句会等でのご利用)は
 事前に千葉県環境生活部自然保護課に行為許可申請書を
 提出していただく必要があります。申請書については
 観察舎までお尋ね下さい。

kansatsusya2f.jpg
観察舎2階

kansatsusya3f.jpg
観察舎3階からみた行徳鳥獣保護区


保護区内は野鳥等の保護のため、普段は入ることはできません。
以下の機会等をご利用ください

◎観察会 各2時間・当日受付・参加無料
・定例園内観察会 毎日曜・祝日13時半~15時半 雨天中止
 ※解体工事中の集合場所は観察舎駐車場入口
・平日観察会 毎月第1平日木曜10時~12時
 ※解体工事中の集合場所は管理事務所前
・夕暮観察会 毎月第4土曜16時半~18時半(10~1月は16時~18時)
 ※解体工事中の集合場所は管理事務所前

定例新浜探鳥会 参加費200円(18歳未満無料)・要昼食
日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催
毎月第2日曜 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
 (解散はいずれも野鳥観察舎※解体工事期間中は観察舎駐車場)
 ショートコース:直接保護区に向かいます。解散13時半頃
 ロングコース:江戸川放水路を経由して保護区へ。要バス代(400円)
        解散15時半頃

◎その他
・ボランティアデー 毎月第4土曜13時~15時半頃 雨天中止
 ※解体工事中の集合場所は管理事務所前
 観察舎スタッフと保護区の管理作業体験。
 草むしり・観察路整備・水田作業等を行っています。

◎上記以外で保護区に立ち入りしたい場合

・保護区内の観察会や生物調査等を希望される場合は、 
 千葉県環境生活部自然保護課に保護区立入許可申請書を提出
 して交付を受ける必要があります。利用日の日程調整等が必要
 となりますのでまずは管理事務所までご連絡ください。

 申請書用紙については管理事務所でお渡しする他、上記のリンク
 (千葉県サイト内)にてダウンロードすることも可能です。

◎トイレについて
・管理事務所に声をおかけいただくか、近隣の公衆トイレをご利用
 ください。最寄は福栄公園(24時間)、福栄スポーツ広場
 (9-17時・毎月最終月曜と年末年始は休み)内にあります。
 いずれも管理事務所より徒歩約10分。
・解体工事期間中は駐車場設置の仮設トイレ(2基)は閉鎖し、
 定例観察会時のみの利用となります。
ラベル:利用案内
posted by スタッフN at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 利用案内 | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

OK牧場解体

観察舎解体工事に先駆けて、野鳥病院と観察舎の間に設置していた
囲い(通称OK牧場)を撤去しました。
DSCN9467.jpg

元々は大部屋に入れておくには大きく、他の個体を
圧迫するので隔離用に作成した大型水禽ケージで、
当初は野鳥病院の裏、物置とらせん階段の間のスペース
に設置していました。
20100702P1100466.jpg
2010年7月旧OK牧場

その後水交換等の手間もかかるため、現在の
野鳥病院と観察舎間のスペースに移動。
20120816P8160008.jpg
新スペースに作成中のOK牧場(2012年8月)

20121009PA094585.jpg
20121009PA094571.jpg
完成して利用開始したのは2012年10月9日でした。

当初収容していたのはコブハクチョウ2羽に
コクチョウ1羽、カナダガン1羽。時折大きく
育ったカルガモのヒナ軍団を放鳥前に入れたり
しながら利用していましたが、野鳥病院の収容方針
の変更により、ハクチョウ類が他所へ引き取られた
後は猛禽やハトなど様々な鳥を入れていました。

手狭な野鳥病院である程度飛べるスペースがあり、
通行人からも見やすいためとても重宝していましたが、
本日6年の役割を終えて解体となりました。

ラベル:野鳥病院
posted by スタッフN at 18:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

11/3キノコ観察会

保護区のキノコ観察会のお知らせです。
181103キノコ観察会ポスター.jpg

キノコを探そう!@行徳保護区

日時:11月3日 午前9時45分集合~午後3時半まで
(午前のみ参加・午後のみ参加ok)
場所:千葉県市川市行徳鳥獣保護区(集合場所・観察舎駐車場)

講師:糟谷大河先生(千葉科学大学)
内容:午前・保護区で観察会
   午後・糟谷先生の講演「千葉県のキノコ」&机上観察会・検証会

参加費:小学生以下無料 大人200円、中学生~19歳100円
定員:15名(先着順)
持物:飲料・昼食・雨具(雨天時)
服装:長袖・長ズボン・運動靴または長靴・帽子を推奨

申込み:氏名・住所(市町村まで)・連絡先電話番号・参加人数と
    未成年者がいる場合は年齢を下記までおしらせください。
  
    行徳野鳥観察舎(管理事務所) 047-397-9046
    メール tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp

[担当者より]
保護区の晩秋のキノコは、写真のマツカサキノコモドキ、ニセマツカサシメジが
期待されます。保護区フィールドでは、糟谷先生が見つかるキノコをひとつひとつ
解説してくださいます。興味深いキノコの生態について丁寧にお話しくださるのが
毎回好評です。

また、午後のご講演では、千葉県に生息するキノコについてお話しくださる予定
です。顕微鏡による観察や、保護区で観察・採取したキノコの名前の検証も行い
ます。みなさま、どうぞふるってご参加ください!


*この観察会は千葉県環境財団による助成金を受けて開催しております*
ラベル:行事案内
posted by スタッフN at 14:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

くわえていたのか抜けなかったのか

20181009_141730185.jpg
本日導流堤に、何かのカップ的なものを被ったタヌキが
歩いていました。躊躇なく歩いていたので、前は見えて
いるようです。(スタッフSY)
ラベル:哺乳類
posted by スタッフN at 21:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

保護区鳥情報10/6

2018年10月6日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、スズガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
イソシギ
セグロカモメ
ミサゴ、トビ、オオタカ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
ノビタキ、キビタキ
スズメ
キセキレイ、ハクセキレイ
ドバト
26種

1.秋の渡り鳥。キビタキ(笹トンネル付近)、ノビタキ(三島池観察壁)。
2.冬鳥スズガモ、50羽弱(南極島付近)。セグロカモメ(下北岬)
3.モズが増えているようす、鳴き声が頻繁に聞こえます。
  ヒヨドリが10羽前後の群で行動している姿が目立ちます。
4.オオタカが脚に何かつかんで鴨場方面へ飛んでいきました。(北池)
(スタッフK)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 22:31| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

台風過ぎて(10月1日)

台風が通過した1日、幸い保護区周辺は降雨量も
大したことなくすみましたが、強風で樹木が折れたり
倒れたりしていました。

RIMG4222.JPG
通路を塞いでいたニセアカシア


DSCN1463.jpg
芝生のヤマモモは根元から倒れました。

RIMG4226.JPG
野鳥病院前の街灯はガラスが割れて
しまいました。

DSCN1453.jpg
保護区内では稲架が破損。
DSCN1490.jpg
補修後

DSCN1461.jpg
保護区入ってすぐ、セイゴ水道の堤防部分。
シャリンバイが折れてました。
DSCN1462.jpg
撤去後

DSCN1458.jpg
竹のトンネルではアカメガシワが倒れました。
DSCN1495.jpg
処理後

大きなところでは以上ですが、細い枝の落下や
倒伏は多数みられました。

・おまけ
田の字池の観察壁前でタヌキが一心不乱に
何かをかじってました。
DSCN1475.jpg
DSCN1479.jpg
こちらに気づいた後、
DSCN1480.jpg
何かをくわえて去って行きました。魚?

ラベル:近況
posted by スタッフN at 15:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

10月行事予定

2018年10月の保護区等行事予定です。
特記なければ野鳥観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止

〇定例行事
・4日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。

・14日(日)新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
 (日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催)
 参加費200円(18歳未満無料)・雨天決行
 持物:昼食・観察道具(あれば)
 保護区に直接向かうショートコース(13時半頃解散)と、バスで
 江戸川放水路経由のロングコース(15時半頃解散、別途バス代400円)
 があります。いずれも観察舎前で解散。
 天候等により1コースのみとなる場合もあります。

・27日(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。10月も稲刈りを予定
 夕暮れ観察会 16時~18時(通常より30分早くなっています)
  日没前後の保護区を歩きます。色付く植物、増えてきたカモ類
  などを楽しみます。

・毎週日曜日・祝日 定例園内観察会 13時半~15時半
 普段は入れない保護区の中を2時間ほど案内します。

〇その他行事
・14日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 小雨決行
 保護区水辺に前日設置の網を回収して採集された魚やエビ・カニ類を調べます。
 午前のみ参加も可。11月~3月はスタッフによる自主調査となるため、今年度
 の一般参加行事としては今回がラストです。
 持物:軍手・長靴・筆記用具・昼食

・28日(日)南行徳ホコ天
 メトロ東西線南行徳駅前周辺にて開催されるホコ天に友の会として参加します。
 ぱたぱた鳥の紙工作で出展予定。

申込・問合せ:行徳野鳥観察舎管理事務所 047-397-9046(TEL/FAX)
ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする