2018年09月19日

ケリが出た

18日、保護区小島岬に久しぶりにケリがいました。
2005年以来になるでしょうか。

その他エゾビタキ・コサメビタキ・キビタキに
サンコウチョウも見られたそうです。

22日(土)のボランティアデーは稲刈りを予定して
いますが、今週は夜に豪雨が続いておりなかなか
水が抜けません。

23日(日)はフィールドミュージアム。カニの巣穴に
石膏を流して形を取り出してみます。
DSCN7451b.jpg
DSCN7486.jpg
メインはコメツキガニですが、昨年断念した
クロベンケイガニの穴も再挑戦する予定。

DSCN3485.jpg
20180918_150550_00001.jpg
来週木曜27日はキノコ観察会。先月はカラカラに乾燥した
保護区でしたが今月はたくさん見られそうです。

午前10時〜午後3時(午前だけ、午後だけ参加OK)
参加費:大人200円、中学生以上100円、小学生以下無料
集合:9時45分観察舎駐車場
午前は行徳保護区にてキノコの観察会、昼食を挟んで午後は
隣接するかもめ自治会集会所にて講演「キノコと虫たち」、
机上観察会
講師:糟谷大河(千葉科学大学)
posted by スタッフN at 14:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

保護区鳥情報9/16

2018年9月16日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
イソシギ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
セグロセキレイ
ドバト
19種

1.オオヨシキリ、久しぶりでしたが、あまり気合いは入っていない
  感じの囀りでした。もうそろそろ南の国へ帰るころですね。(田の字池)
2.モズのキチキチ・・・とけたたましい声、一方こちらは縄張りの主張に
  余念がない感じです。(ウラギク湿地付近)
3.カワウ、4000羽弱でした。主に周辺緑地で記録されましたが、コントロール
  区間(400~100m)にもびっしり止まっていました。コントロール区間に、
  今までこれほどたくさん止まっているのを見たのは初めてでした。
(スタッフK)

DSCN3296.jpg
14日に観察されたコムクドリ

午後の観察会ではコガモが見られたそうです。
今シーズン初?

KIMG0096.jpg
保護区内でもヒガンバナ開花していました(水車池付近)。
植えてはない場所の筈ですが・・・

本日開催の江戸前干潟研究学校では
トビハゼルートでシラタエビが1,000尾を
超えたくらいで、その他は種類も数も少なめでした。
DSCN1299.jpg
久しぶりの大きなスズキ

DSCN1300ヒイラギ.jpg
保護区では少数派ヒイラギ

DSCN1304ギマ.jpg
指先に乗るくらいの小さなギマ。同じくらいの
サイズのアミメハギ(初記録)も1個体いました。

DSCN1311.jpg
今回はガザミ・タイワンガザミが良く捕れました。
総計15匹以上。

次回江戸前干潟研究学校は10月14日(日)開催。
どうぞよろしく。
(スタッフN)







ラベル:鳥情報 行事情報
posted by スタッフN at 20:02| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

ヒガンバナ開花

野鳥病院の脇でヒガンバナが咲きだしました。
DSCN9429.jpg
posted by スタッフN at 16:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

膨らむ鳥

野鳥病院に収容している鳥は主に衝突事故が多いのですが、
気嚢という器官の損傷で体内に空気がたまってしまう事が
たまにあります。

P9132175.jpg
背部が風船のように膨らんだヒヨドリ幼鳥。

たいていは自然に傷が塞がるようで、その内
体内への空気漏れは無くなるのですが、治るまでは
たまに針で空気を抜いてやる必要があります。

P9132176.jpg
空気抜き後。

本人たちはあまり気にしていないように見えるのですが、
息苦しかったりつっぱり感があったりするのでしょうか。

ちなみに画像のヒヨドリは巣立ちビナ。他の小鳥と比べると
ヒヨドリはまだ飛べない段階でもう巣から出てしまいます。
たいていは親鳥が面倒を見ているので野外で見かけても
基本的には放っておいて大丈夫です。
ラベル:傷病鳥
posted by スタッフN at 19:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

近況9/13

今週は過ごしやすい気温ですがこのまま秋になって
くれるといいですね。

野鳥病院収容中だったオオグンカンドリは残念ながら
今朝方お亡くなり。少し調子が良くなっていたのに無念。

浄化池のアカエリヒレアシシギは11日を最後に観察されていません。


DSCN3214.jpg
10日の降雨で旧淡水池の水位も戻りつつあります(11日撮影)

DSCN3153.jpg
9日時点の旧淡水池

野鳥病院裏ではヒガンバナの茎が伸びてきています。
開花も後数日といったところでしょうか。
DSCN1292.jpg

週末、15日(土)はクモ観察会(10時集合・参加費100円)
小雨決行ですがちょっと天気が不安です。以下の画像は
観察会担当の(昆)虫班の12日調査から。
チュウガタシロカネグモ.JPG
チュウガタシロカネグモ

メスジロハエトリ♂.JPG
メスジロハエトリ♂

posted by スタッフN at 23:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

明日NHKにて保護区映像放映

9月1日に取材対応した映像が明日のNHK
ひるまえほっと(11時5分~11時30分)にて放映
されるそうです。

保護区のほかに梨園や江戸川放水路など市川市の紹介
がされます。6日の首都圏ネットワーク内にて放映
されたものよりちょと長めのバージョンになるとのこと。

posted by スタッフN at 16:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

保護区鳥情報9/9

2018年9月9日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
コチドリ
イソシギ、アカエリヒレアシシギ
ウミネコ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
セッカ
ムクドリ、カラムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
25種

1.アカエリヒレアシシギ1羽。(新浄化池3系列) 
  木曜日から見られているらしく、今日も午前中、
  午後ずーっと同じ池で見られています。
2.カラムクドリ1羽。ムクドリ4羽と一緒でした(湊池棚田)。
  実は先週もドブ池付近で見ていたのですが、しっかり
  確認できず保留にしていました。
3.コチドリ2羽、モズ1羽(旧淡水池)
(スタッフK)

カラムクドリは保護区初記録となります。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 22:51| Comment(2) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

アカエリヒレアシシギ

アカエリヒレアシシギは本日も見られました。
ツメナガセキレイは見当たらず。

DSCN1284.jpg
本日のミニガイドはアカエリヒレアシシギを見に行きました。
人を恐れないというか気にしないようで近くまで寄ってきました。
(画像の黒丸内)

DSCN1289.jpg
ナンバンギセル。今年はまだ少ないです。

DSCN1291.jpg
野鳥病院のオオグンカンドリは本日大部屋本体に
出してみました。入所当初よりは元気になったものの
まだまだ放せそうにはないです。
posted by スタッフN at 17:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

ヒレアシシギとセキレイ

ヒレアシシギは本日もいたそうです。
ハイイロではなくアカエリヒレアシシギの様ですね。
昨日のは誤報という事で。
DSCN3035.jpg

DSCN3010.jpg
その他浄化池ではツメナガセキレイもいた模様。
どうやら保護区初記録2例目
(2011年10月に初記録のようです)


ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 18:08| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

9月6日ヒレアシシギ

本日の平日観察会時に浄化池でハイイロヒレアシシギが
観察されました。
DSCN1235.jpg
DSCN1237.jpg
台風の影響で流されてきちゃったのでしょうね。
保護区では2001年5月以来の記録。
(17:55追記。色々と調べてみましたが、
 どうもアカエリヒレアシシギのよう?それだと
 2002年以来の記録となります。)



DSCN1255.jpg
こちらも久しぶりのジムグリ。
ラベル:鳥情報 爬虫類
posted by スタッフN at 12:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

台風過ぎて

猛烈な勢いの台風21号でしたが、保護区周辺は風でいくつか枝が
折れた程度で通過していきました。トビハゼルートの木道が一部
流されたり小島岬の止まり木が折れてしまったのはその内直さなくては。

風は強かったものの降水は大してなく、干上がりかけの旧淡水池は
あまり水位は変わりませんでした。シギチ類にはちょうどよいみたい
でアオアシシギやコチドリがよく入っているようです。

DSCN1156.jpg
8月30日時点の旧淡水池。池中央部に埋設してある
遮水シートの縁部分が白っぽく見えています。

DSCN2875.jpg
本日の旧淡水池。水面は画面右奥に水たまり程度。
乾いた池底には草が生えてきています。
DSCN2869.jpg

DSCN2955.jpg
ヒメアマツバメが飛んでいた模様。

DSCN2786.jpg
4日にはクロハラアジサシが見られたそうです。

(以上画像撮影スタッフYM)
ラベル:近況
posted by スタッフN at 15:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

保護区鳥情報9/2

2018年9月2日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
アオアシシギ、キアシシギ、イソシギ
オオタカ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ドバト
26種

1.雨が思ったよりたくさん降っていましたが、涼しくて鳥たちも急に増えた感じです。
  こんな日はハプニングが多いものですが、オオタカがコサギを食べている様子が
  見られました。(新浄化池)
  オオタカ180902.jpg
2.セッカが久しぶりによく鳴いていました(北池、竹内が原、小島岬)。
  ゴイサギも久しぶり(新浄化池)
3.アオアシシギ3羽(下北岬)、キアシシギ1羽(上北岬)。
(スタッフK)

1日には同じく新浄化池でオオタカ若鳥がコサギを捕食
していました。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:21| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

グンカンドリその後

先週保護区周辺で観察されたグンカンドリは、
27日を最後(29日にも飛んだみたいですが)に
見られなくなった模様。外洋に戻ってくれてる
と良いのですが。

野鳥病院収容中のオオグンカンドリは入所当初と
比べると回復したようですが、まだ立てないまま。
現在大部屋に収容中ですが外からは基本見えません。

ずっと床にいると尻周りが汚れてよろしくないので
本日は一時的に脚立の上に載せて様子を見ました。
DSCN1176.jpg
止まり木に止まれるくらい回復してくれると
希望が持てるのですが・・・

ラベル:鳥情報 傷病鳥
posted by スタッフN at 20:37| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする