2018年08月12日

保護区鳥情報8/12

2018年8月12日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
セイタカシギ、ソリハシシギ、イソシギ
ウミネコ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
20種

1.カワウの今期の繁殖について、コロニーに昨年12/9に
  初めての巣を確認して以来、今日、ようやく営巣を確認
  できませんでした。カワウの繁殖期の終わりが、ここ
  数年遅くなっているように見受けられます。
2.ソリハシシギ(今季初?)が1羽でしたが、導流提に
  止まっていました。シギ・チの季節が来ましたね、
  盛夏もそろそろ終わりでしょうか?
(スタッフK)

昨日は昼にハヤブサ、本日は新浜探鳥会でオオタカ(若)が
出たそうです。

昨夜のセミ羽化観察会は70名を超える参加者となりました。
今年はセミの出が早く、本当に観察出来るかやきもきしていましたが、
幼虫は割と直ぐにみつけることが出来ました。ただ、なかなか羽化を始めず、
このまま羽化を見られず終了となるかと思いましたが、

20180811_190335.jpg
地面を歩く幼虫を見守る

20180811_200950.jpg
終了間際、ようやく羽化している個体を発見。

その後は相次いで羽化する姿を見ることができました。
DSCN2199.jpg

12日のフィールドミュージアムのテーマは「カニ」
保護区や東京湾岸でカニ調査をされていた柚原剛さん(東北大)
を講師に保護区でカニを探しました。
DSCN0710.jpg
水路でクロベンケイガニ探し

DSCN0719.jpg
小島岬ではコメツキガニ

DSCN0728.jpg
午後は採集したカニの種類をチェック。
11種+1種(脱皮殻)が見つかりました。

DSCN0733.jpg
狭いながらも多様な環境に棲み分けているのが
わかるでしょうか。

来週19日は江戸前干潟研究学校。今回は
見られなかった海中のカニが見られるかも。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報 行事情報
posted by スタッフN at 20:14| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする