2018年06月16日

保護区鳥情報6/16

2018年6月16日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ドバト
15種

1.朝まで雨、最高気温も17℃とかなり寒い。
2.ムクドリ数百羽の群。ツバメも若鳥を含む群、
  とくに新浄化池では20羽以上が水面すれすれに
  飛び続けいて壮観でした。
3.北池で、カイツブリの雛の声。
4.鳥の少ないこの時期に、オオヨシキリは相変わらず
  大きな声でさえずっています。
(スタッフK)

16時半頃より観察舎正面鈴ヶ浦にクロツラヘラサギが出現。
盛んに採餌しながら歩いていました。
(スタッフN)
DSCN9919.jpg
DSCN9915.jpg
DSCN8652.jpg

DSCN8619.jpg
浄化池を飛び交うツバメ

DSCN8626.jpg
浄化池畦のムクドリ

明日のトビハゼの日は以下の予定です。
10時開始 15時終了
○第1会場(保護区)参加無料
・導流堤開放(一部)
 保護区入口で受付名簿に立入人数と居住市町村のご記入
 をお願いします。
・トビハゼ観察会 11時半~/13時半~
 各回30~45分程度。保護区入口集合。
・トビハゼ水槽展示
※干潟は午後の方が潮が引くためよく出ています。

○第2会場(観察舎玄関前)
いずれも品切れになり次第終了。
・コーヒー(150円)
・クッキー(250円・300円)
・トビハゼバンダナ(100円)
・トビハゼマスコット色塗り(100円)
・カップランタン作り(100円)
・その他販売(500円くらいまで)
・ガチャ・・・ガチャ券の提示が必要です。掲載は以下のいずれか。
 (チラシ・先週の行徳新聞掲載のチケット・ちりつもタイムラインクーポン)
 お一人様1種に付き1回(最大1人3回)

お待ちしております。
ラベル:行事情報 鳥情報
posted by スタッフN at 22:36| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする